GumGum Japan

企業名 GumGum Japan
所在地 東京都千代田区丸の内1-6-5丸の内北口ビルディング WeWork 8階
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2021/04/09

【GumGum(ガムガム)について】
独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のテクノロジー・カンパニーです。AI画像解析・言語解析を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験の実現を行うことをミッションに活動しています。サービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解し、コンテンツの文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスト・ターゲティング」、徹底したブランド毀損回避(ブランドセーフティ)、不正取引(アドフラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブ表現です。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開しています。日本国内でも2017年後半からサービスを開始しており、現在150社以上の広告キャンペーンを手掛ています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/10/09

GumGumのコンテキスト解析エンジン『Verity』を使い、2020年後半注目される100のキーワードを選出し、話題性・ボリューム・ブランドセーフティ等を解析。GumGumが推奨するターゲティング活用方法を業界別にレポート化しました。是非貴社ビジネスにご活用ください!

【GumGum(ガムガム)について】
独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のテクノロジー・カンパニーです。AI画像解析・言語解析を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験の実現を行うことをミッションに活動しています。サービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解し、コンテンツの文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスト・ターゲティング」、徹底したブランド毀損回避(ブランドセーフティ)、不正取引(アドフラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブ表現です。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開しています。日本国内でも2017年後半からサービスを開始しており、現在150社以上の広告キャンペーンを手掛ています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/09/25

【GumGum(ガムガム)について】
独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のテクノロジー・カンパニーです。AI画像解析・言語解析を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験の実現を行うことをミッションに活動しています。サービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解し、コンテンツの文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスト・ターゲティング」、徹底したブランド毀損回避(ブランドセーフティ)、不正取引(アドフラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブ表現です。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開しています。日本国内でも2017年後半からサービスを開始しており、現在150社以上の広告キャンペーンを手掛ています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/08/28

【GumGum(ガムガム)について】
独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のテクノロジー・カンパニーです。AI画像解析・言語解析を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験の実現を行うことをミッションに活動しています。サービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解し、コンテンツの文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスト・ターゲティング」、徹底したブランド毀損回避(ブランドセーフティ)、不正取引(アドフラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブ表現です。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開しています。日本国内でも2017年後半からサービスを開始しており、現在150社以上の広告キャンペーンを手掛ています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/08/24

【GumGum(ガムガム)について】
独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のテクノロジー・カンパニーです。AI画像解析・言語解析を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験の実現を行うことをミッションに活動しています。サービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解し、コンテンツの文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスト・ターゲティング」、徹底したブランド毀損回避(ブランドセーフティ)、不正取引(アドフラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブ表現です。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開しています。日本国内でも2017年後半からサービスを開始しており、現在150社以上の広告キャンペーンを手掛ています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/08/17

【GumGum(ガムガム)について】
独自の画像認識技術を持つ米国カリフォルニア発のテクノロジー・カンパニーです。AI画像解析・言語解析を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験の実現を行うことをミッションに活動しています。サービスの特長は、ウェブサイト上の画像と文章をAIで理解し、コンテンツの文脈に沿った広告配信を行う「コンテキスト・ターゲティング」、徹底したブランド毀損回避(ブランドセーフティ)、不正取引(アドフラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブ表現です。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業向けの広告を展開しています。日本国内でも2017年後半からサービスを開始しており、現在150社以上の広告キャンペーンを手掛ています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/06/29

個人情報保護で注目を集めるコンテキスト広告。しかしその実力とは?
AIコンテキスト広告のGumGumと、脳科学調査のSPARK Neuroが共同で、コンテキストがヒトの潜在意識や感情にもたらす影響を検証しました。

デジタル広告は、外部データ(サードパーティデータ)を利用し、消費者の属性・位置・購買履歴や検索・閲覧履歴などの情報を活用することで、その効果を上げてきました。しかし、GDPRやCCPAの施行、更に改正個人情報保護法の成立により、企業がサードパーティクッキーを使い、消費者の個人情報を収集・使用することは、極めて難しくなりました。こうした時代に、「適切な広告を、適切な人に、適切なタイミングで届ける」ためにはどういった方法を使えばよいのでしょうか。
答えは、コンテキスト(文脈)の活用にあります。本レポートでは、サードパーティデータが使えない時代のコンテキスト広告の実力を探るべく、GumGumが脳科学と人工知能による消費者の心理や行動の分析を行う『SPARK Neuro(スパークニューロ)』 と協力し、消費者文脈が広告に対する情緒的反応や行動に与える影響を調査しました。

>>資料の詳細を見る

「リアルメディア」の今 ~ニューノーマル時代の活用方法を解説~ 資料掲載について メディアレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top