最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト

メディアレーダー

導入事例 株式会社フルアウト様

アンダーライン

株式会社フルアウト様

メディアレーダーを導入した経緯、またその効果について、
株式会社フルアウトの広川様にお話を伺いました。

株式会社フルアウト
アカウントエグゼクティブ 広川 裕太郎様
URL : http://fullout.jp/

御社はどのようなサービスを提供されていますか?

FullouT DSPというDSPのサービスを提供していて、次の3つの特徴があります。

1.DMPの精度が高い
  IPアドレス、キャッシングで月間いくら使っているか、ショッピング課金、ゲーム課金、
  趣味嗜好など、細かいターゲティングが出来ます。

2.配信先の媒体を開示している
  配信先を開示しているので、ブランドイメージを保てます。

3.運用担当が手動で運用している
  運用にとても力を入れていて、人による運用力でご評価いただいています。

メディアレーダーを導入していかがですか?

メディアレーダーには資料の一括ダウンロード機能が無いので、ダウンロード件数は多く無いのですが、その分、質が良いですね。
ダウンロードのうち50%ぐらいがアポに繋がっています。

また、ダウンロードの10件に1件が受注になっています。
導入8ヶ月で10件の受注を獲得しました。

他にもいろんなメディアに掲載してみたのですが、ダウンロード件数が多くてもアポに繋がらないし、アポに繋がっても受注に繋がらないというのが多かったです。
そうすると、無駄アポになってしまい、お互い時間工数をかけた結果、何も結びつかず、営業としても効率的にならず、アポを取るのが目的になってしまいます。

ユーザーの視点に立ったら、資料を一括でダウンロードされても見ないですよね。
電話しても、資料をダウンロードしたことすら覚えていない事もありました。

メディアレーダーは一括ダウンロードが無いため、電話したら、メディアレーダーでダウンロードしたことを覚えてくれているし、もともと興味があってダウンロードしているので、話がスムーズです。

積極的なお客様の場合、アポの時にお客様がメディアレーダーでダウンロードした資料を印刷されていた事もあり、温度感が良かったです。
こういった事から、メディアレーダーのアポは良いアポなんじゃないかという気持ちで営業マンがアポに行けるようになりました。

費用対効果が悪いメディアは掲載を停止しましたが、メディアレーダーは費用対効果が良いので、続けています。

メディアレーダーを使うコツはありますか?

資料を頻繁に更新すると、ダウンロード数が増えます。
頻繁に更新するようにしたら、ダウンロード件数が約2倍に増えました。

また、ダウンロードされたその日のうちに連絡するようにしています。
早い時は5分以内に連絡しています。やはり、鉄は熱いうちに打つのがいいですね。

株式会社フルアウト様の資料はコチラ
●【高精度ターゲティング】「FullouT DSP」

会員登録はこちらから
提携企業登録(無料プラン)提携企業登録(通常プラン)

株式会社フルアウト
http://fullout.jp
株式会社フルアウト

[本社]
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-2 ヒューリック渋谷宮下公園ビル4階
TEL:03-6451-1075

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る