国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘ブランディング’ タグのついている投稿

広告とは?マーケティングとの違い、種類や媒体のまとめ

2020 年 12 月 15 日 火曜日
広告とは?マーケティングとの違い、種類や媒体のまとめ広告とは?マーケティングとの違い、種類や媒体のまとめ 広告とは 広告の定義は主に世間に広く情報を知らせることであり、主に企業の情報や商品・サービスをビジネス目的で世間に周知させることを広告と言います。英語ではAdvertisementといい、日本でもAd、アドと略称で呼ばれることもあります。 広告を配信する媒体・メディアとしてテレビや新聞、Webサイト、看板広告などが利用され、そこに投資をして広告を出すことによって一定の消費者、またはユーザー層から興味や購買意欲を引き出すことができます。尚、この広告を依頼する広告主と、掲載の場である媒体・メディアとを仲介するために、広告代理店というものが存在します。広告代理店には様々な種類の広告枠を扱う総合広告代理店、また専門的な業界や枠に特化し広告枠を扱う専門広告代理店などと種類が分かれており、仕事も仲介業者としてだけではなく、広告主側の会社から依頼を受けて広告制作を行うなど内容は多岐にわたります。 広告とマーケティングの違い また、よくマーケティングと同じものとして認識されることがありますが、広告とはマーケティング手法の中の一つであり、マーケティングがイコール広告であるというわけではありません。マーケティングでは商品・サービスの開発から販売の戦略策定、広告の結果測定など、販売に関する動きを全て管理します。一方、広告とはマーケティング戦略の中に組み込まれるうちの一つの宣伝戦略であり、販売における情報活動の一環です。 広告の種類 広告代理店などが打つ広告にはマス広告、インターネット・Web広告、セールスプロモーション(SP)広告と大きく分けて3つのカテゴリーが存在します。 この記事では、3つのカテゴリーに振り分けられる計11種類の広告ついて解説していきます。各広告手法の概要について説明したあと、それぞれの広告手段においておすすめの資料を掲載しています。無料で資料ダウンロードが可能ですので、ぜひ参考資料としてご利用ください。 【マス広告】 テレビ広告 新聞広告 ラジオ広告 【インターネット・Web広告】 バナー広告 動画広告 リスティング広告 ネイティブ広告 アプリ広告 【セールスプロモーション(SP)広告】 DM広告 折込チラシ広告 イベントプロモーション マ...

ペルソナとは?マーケティングにおける活用方法をご紹介

2020 年 12 月 10 日 木曜日
ペルソナとは?マーケティングにおける活用方法をご紹介ペルソナとは?マーケティングにおける活用方法をご紹介 ペルソナマーケティングとは?基礎知識を解説! ペルソナとは、製品・サービスを利用する典型的な特徴を持った架空のユーザーを指すマーケティング用語です。ペルソナマーケティングでは、ペルソナ詳細設定し、その人物のニーズに沿って商品設計、販売戦略を行いコンバージョン率の向上を目指します。実在する人物に近づけるために、住所、性別、年齢 家族構成、職業、ライフスタイル、趣味、性格、人生のシナリオなど詳細を具体的に設定していきます。 このようなペルソナを設定することでユーザーの細かな要望を引き出し、より深くニーズに刺さる商品設計が可能になるなど様々なメリットがあります。そのため、BtoC、BtoBに関わらず多くの企業がペルソナマーケティングを実施しています。 ペルソナとターゲットの役割の違い ペルソナはターゲットの概念は一見似ているように感じますが、具体的には異なります。ターゲットは製品・サービスを利用する大きな属性で設定された典型的なユーザーの母集団ですが、ペルソナはより詳細な情報でユーザーを絞り込み、より実在人物に近い人物像となっています。 ターゲットは幅を利かせて人物像を想定していますが、ペルソナは極限までピンポイントに近づけてリアリティのある人物像に設定しています。そのため、ターゲット設定だと認識が担当者によってバラバラだったユーザーのイメージが、ペルソナの作成によって共通認識となり業務の効率化に繋がります。 具体例を見ていきましょう。 ターゲットの具体例 40代、女性、既婚 ペルソナの具体例 会津花子、23歳、女性、三鷹市在住、会社員、母(47歳)、祖母(69歳)の3人暮らし、 ラーメン巡り、スイーツビュッフェに行くことが趣味、ジムの会員になったばかりだが既にさぼり始めている、スマホのアプリで漫画を読むことが多い ペルソナは名前を含め「こんなことまで考えておくの!?」と思うような細かい部分まで、設定します。それによってより解像度の高い具体的なアイデアが出しやすくなります。 ペルソナマーケティングの4つの重要性 ペルソナマーケティングは何故企業から重視されているのでしょうか。 その理由をご紹介します 商品企画者の先入観をなくすことができる 架空顧客を設定することで、「自分ならこう...

ブランドコミュニケーションに適した広告・メディアの比較、一覧、まとめ

2020 年 11 月 30 日 月曜日
ブランドコミュニケーションに適した広告・メディアの比較、一覧、まとめブランドコミュニケーションに適した広告・メディアの比較、一覧、まとめ ブランドコミュニケーションとは ブランドコミュニケーションとは、ブランドに対する一定の価値観を消費者に浸透させるためのブランディング活動のこと。SNSを活用してユーザーにブランドメッセージを発信したり、WEBサイト、広報、PR、タイアップなど様々な戦略を取り入れながらブランドイメージを伝えるために行います。 ここでは、ブランドコミュニケーションに適した媒体をまとめました。 資料をお探しの方は、ダウンロードして確認してみてくださいね。 【最短1ヶ月納品!】2次利用無料の動画制作配信プラン_子育てメディアKIDSNA | 株式会社ネクストビート 納品スケジュールについては、 動画の内容と案件の受注内容により変動がございます。 詳細は営業担当までご相談くださいませ。 ★POINT ・顧客のWEBシフトが進む今、WEB上でも使える動画コンテンツが作れる! ・動画を制作するだけでなく、広告とセットで実施することで的確なユーザーへのリーチも可能! ★こんなことができます! ・イメージ動画から製品紹介動画まで幅広く制作可能 ・保育士、医師、栄養士等々 的確なキャスティングが可能 ・日本最大級の子育てメディアKIDSNAをはじめとする豊富な配信・掲載プラン [提供商品] ■動画制作 ■動画広告 ■動画バナー広告 ■SNS広告 ■タイアップ記事広告 ■タイアップ動画記事広告 ■タイアップマンガ記事広告 ■KIDSNAママインフルエンサーPR ■KIDSNA 記事内バナーAds ■ブランド カテゴリ ■保育士認定 評価サービス #キズナ #KIDSNA #育児情報メディア #タイアップ広告 #動画 #動画制作 #WEBPR #5G #オンライン #オンラインシフト #PR #ママ #パパ #子育て #ファミリー #FAMILY #教育 #富裕層 #高所得 #医師 #保育園 #保育士 #コラボ #20代 #30代 #レシピ #料理 #離乳食 #主婦 #女性 #共働き #ワーキングママ #働くママ #SNS #ソーシャルメディア #Facebook #フェイスブック #インスタグラム #Instagram #ツイッター #Twitter ...

口コミマーケティングのメリットとは?ヒットを生むヒントについてもご紹介

2020 年 11 月 27 日 金曜日
口コミマーケティングのメリットとは?ヒットを生むヒントについてもご紹介口コミマーケティングのメリットとは?ヒットを生むヒント 口コミ(クチコミ)とは 口コミ(クチコミ)とは口伝えに広がった評判のことを言い、最も信頼できる情報として消費者行動に大きな影響を与えます。事実、商品の販売市場においてはこの口コミが決定打となり購入につながるというケースが多くみられます。また、従来の口コミという言葉の意味をたどると「口伝いに」情報が広まるという意味合いを強く含みますが、現在では口コミを公開する口コミサイトを作る企業や、SNSなどを活用して口コミを拡散するブランドなど、オンラインで口コミを活用する方法がメジャーとなっています。 口コミマーケティングでヒットを生む方法 そしてマーケティング市場には、この口コミの特性を活かした口コミマーケティングという市場戦略があります。このマーケティング戦略では、口コミを利用した販売力の促進だけでなく、商品またはブランドのイメージや認知度の向上も目的とされています。 この戦略は、分かりやすく説明すると消費者やユーザーが持っている口コミを意図的に広める仕掛けをつくり出すというもので、広く知られているものだとブログで記事を発信したり、SNSなどで影響力のあるインフルエンサーを広告塔として起用し、彼らに自社製品やサービスなどをたくさんのフォロワーに紹介してもらうことで集客効果を期待するなどの方法があります。 口コミマーケティングの効果を上手に生み出し、思わず「誰かに教えたい」とユーザーに思ってもらえることができれば、商品に話題性を持たせることや販売の促進、もっとうまくいけばヒットを生み出すことも不可能ではありません。 では、具体的にはどのような戦略を練れば口コミを使ってヒットが生み出せるでのしょうか? 下記では、そんな口コミマーケティングを代行して販売促進を行ってくれるサービスなどについてまとめました。媒体資料のダウンロードも可能ですので、ぜひ資料を確認してみて口コミマーケティング施策の際にご活用ください。 【クチコミマーケティング】約347万件のクチコミを活用した販促や認知拡大施策とは | CCCマーケティング株式会社 こんにちは!CCCマーケティングです。 弊社は、7,000万人を超えるT会員が日々利用するTカードのデータベースを活用した、マーケティングソリューションをご提案してい...

ブランディングとは?目的と手法、会社の比較

2020 年 11 月 13 日 金曜日
ブランディングとは?目的と手法、会社の比較ブランディングとは?目的と手法、会社の比較 ブランディングとは ブランディングとは、消費者からの共感や信頼などの好感的な印象を得ることで、自社商品やサービスを競合他社と区別、市場におけるポジションを確立して自社商材の価値を高めることです。 「飛行機といえばANAとJAL」「旅行といえばJTBとHIS」「遊園地といえばTDLとUSJ」のように市場における位置づけを消費者のイメージに植え付けることで、消費者の認知や信頼感売上に繋がってきます。 ブランディングの目的 ブランディングを行う目的は「企業ブランディング」と「製品ブランディング」に分かれます。 企業ブランディング 企業ブランディングは企業のイメージアップをはかる戦略であり、これにより企業の認知度や高感度を高めることができます。例えば商品やサービスを新しく打ち出した時に、付加価値として「ここの会社の商品なら買っても大丈夫だろう」といった信頼を消費者から勝ち取ることができるようになります。もちろんこれが全てのケースに当てはまるわけではありませんが、このように企業に対して消費者から特定の良いイメージを持ってもらうことは、商品の販売時やブランド力を強化したいときなどに有効に働く場合があります。また企業に限らず、個人で事業を行っているフリーランスなどの場合にも、似たような個人ブランディングという手法を用いてブランド価値の向上を図ります。 製品ブランディング 製品ブランディングはプロダクトブランディングとも呼ばれ、製品のブランド力を強化し、消費者に特定の価値のある製品として認知してもらうものです。製品は品質がいいというだけではなかなか購入につなげることが難しく、製品そのものにブランドという付加価値がついてこそ購入したいという欲求を消費者から引き出すことができます。具体的には市場調査をもとに、主に製品のロゴや製品のキャッチコピーなどを改良し、リピートしてもらえるような製品のブランド力を築いていきます。 効果的なブランディング手法 効果的なブランディング手法をご紹介します。 トーン&マナーを活用する 広告やロゴ、パッケージデザインなど消費者の目に入る情報において、デザインや色のトーンなどを統一して発信するというブランディング手法の一つです。略してトンマナとも呼ばれ、このルールをしっかり守っていけ...

アンバサダーマーケティングのまとめ、比較、一覧

2019 年 8 月 27 日 火曜日
アンバサダーマーケティングのまとめ、比較、一覧アンバサダーマーケティングのまとめ、比較、一覧 アンバサダーマーケティングとは アンバサダーマーケティングとは、自社商品・サービスの熱心なファンを「アンバサダー(Ambassador)」として起用し、自社商品の宣伝を行ってもらうPR施策のことです。 アンバサダーマーケティングの意味 「アンバサダー(Ambassador)」は元々は英語で「大使、使節」という意味ですが、マーケティングにおける「アンバサダー」は「自身のSNSアカウントやブログ上で自社商品・サービスを使用した感想の投稿など情報発信や宣伝を自発的に行ってくれるユーザー」を意味します。アンバサダーは普段から自社商品を愛用しているので商材の使用感、感想、魅力を熱く発信してくれます。また自分の好きな商品の企業からの承認がユーザーの宣伝活動に対しての責任感を強くします。このようにアンバサダーマーケティングは同じ消費者という立場から効果的に発信できるPR施策の一つです。 アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティング アンバサダーマーケティングと近しい手法としては、インフルエンサーマーケティングが挙げられます。インフルエンサーマーケティングとはSNS上で影響力を持つインフルエンサーに自社商品・サービスを宣伝してもらうPR施策のことです。インフルエンサーマーケティングでは「インフルエンサー」そのものが信用されているので、発信された商品そのものに対する信用や認知に繋がります。一方でアンバサダーマーケティングでは「投稿内容・口コミ」が信用されているので、商品比較や購入前の口コミ確認のために発信された商品のより詳しい内容や説明が求められます。 両手法とも企業側ではなく消費者側からの発信ですが、活用目的が異なります。具体的に言うと、一般的にあまり知られていない商品やブランドの認知拡大施策を行う場合はインフルエンサーマーケティングで、ブランドの認知はそこそこだが競合の多い商品の場合、アンバサダーマーケティングが勧められます。 また、公募形式でアンバサダーを募る場合もあります。 例えば、企業のInstagramのアカウント上でアンバサダーキャンペーンを実施し、アンバサダーの応募を募ったりもします。 【関連リンク】インフルエンサーマーケティングとは?メリットや種類を解説! アンバサダ...

ブランディング広告のまとめ

2018 年 11 月 9 日 金曜日
ブランディング広告のまとめブランディング向け広告のまとめ ブランディング広告とは ブランディング広告とは、サービスや企業のブランド認知向上を目指した広告のことです。△△といえばあのサービス、このロゴ(シンボルマーク)といえばあの製品、風邪をひいたら□□、のようにすぐ想起されるほど意識に浸透させることを目的にした手法です。 ここでは、即効果が出るというよりも、認知向上を目指したブランディング広告をまとめました。媒体資料もダウンロード出来ますので、ブランド広告媒体をお探しの方は、確認してみてくださいね。 【会員数288万人】アクティブなショッピングユーザーに訴求できる「すぐたま」 | 株式会社ネットマイル ネットマイルが運営するポイントサイトです。 Web広告メニューやメール広告メニューがあります。 ・web広告 タイムセール 期間限定マイルアップでプレミアム感を演出!! 短期間で多くのアクティブユーザーに訴求することができます。 ・web広告 スペシャルショップ アクティブなショッピングユーザーに訴求することができます。 ・web広告 厳選ショップ 強化商品や一押し特集をバナーで告知!! 旬な情報をユーザーにダイレクトに告知できます。 ・web広告 ローテ枠(TOP/ショッピング/登録資料請求) ユーザーのファーストビューに掲載される視認性の高いWEBバナーです。 ・web広告 すぐたまクリック枠 各ページ掲載のクリックインセンティブ付きの送客力の高いメニューです。 ・web広告 トラベルページ ・web広告 プロモーションアンケート アンケート内で商品を訴求し、認知・理解度を高めた後に、 商品サイトへ遷移させる刷り込み型プロモーションツールです。 ・mail広告 週刊すぐたま 安く!広く!ユーザーへリーチできる約620,000通メールマガジンです。 ・mail広告 ショッピング通信 ショッピングに特化したメールマガジン! ユーザーのお買い物欲を刺激する情報豊富なメールマガジンです。 ・mail広告 ターゲティングメール ターゲット層に絞って,メール配信可能な1社独占号外メールです。 http://media-radar.jp/detail...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る