国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘マーケティング’ タグのついている投稿

同梱チラシとは?効果な手法│レスポンス率│メリットまとめ

2021 年 4 月 15 日 木曜日
同梱チラシとは?効果な手法│レスポンス率│メリットまとめ同梱チラシとは?効果な手法│レスポンス率│メリットまとめ 同梱チラシとは 電話で定期顧客獲得⁈電話×メディア!!通販のニッセン アウトバウンドサービス!! | 株式会社ニッセン ニッセン(nissen)は通販会社でありながら通販支援事業の老舗でもあります。 化粧品、健康食品の通販企業様、メーカー様からご支持を頂戴しております。 ◆サービス概要 ・通販意欲の旺盛な50歳以上の方へアプローチ ・新規の定期顧客の促進を基本としており、新規獲得メディアとして満足度が非常に高い! ・ニッセン顧客に対して、貴社商品をアウトバウンドにてご案内 ・ニッセン以外のリスト属性も対応可能。 ■実施不可業種及び不可商材 ①風俗・ギャンブル関係 ②宗教信仰・布教活動関係 ③金運・開運関係 ④弊社重複商材 ・消費者向けの個人金融商品(キャッシング並びにローン商品) ・個人向け生命保険商品・損害保険商品・共済保険商品 ・アパレル商品・インテリア商品・宝飾品・呉服 その他、公序良俗に反するサービスや誇大広告、コンプライアンス上問題があると思われるもの。 ニッセンのイメージに則さない広告内容や企業広告に関してはその都度判断となります。 30代/40代/50代/女性/サンプリング/コスメ/化粧品/食品/サプリメント/サービス系商材/来店誘致/ブランディング/ファミリー/主婦/ママ/プロモーション/販売促進/コールセンター/物流支援/紙媒体/バナー広告/設置/催事/アウトバウンド/定期顧客獲得/サンプリング/解約阻止/カタログ同送/商品同梱/通販/健康食品/DM発送代行/ターゲティングメルマガ/セグメントOK/通販属性高い/プロモーション支援/フルフィルメント支援/ダイレクトマーケティング/新規顧客獲得/コールセンター委託/EC/シニア/同封同梱/ニッチメディア/通販媒体/テレマーケティング/LTV/発送代行/サブスク/リピート通販/CRM https://media-radar.jp/detail9473.html 【美容師7万名にリーチ】 ダイレクトマーケティングサービス【リーチ単価@45円】 | BEAURA株式会社 ■bangsとは “なりたい私” と ”叶えてくれるスタイリスト” が⾒つかるWEBマガジ...

テレビCMの媒体資料一覧と種類まとめ

2021 年 4 月 8 日 木曜日
テレビCMの媒体資料一覧と種類まとめテレビCMの媒体資料と種類まとめ テレビCMの媒体資料一覧 テレビCMはテレビで番組の前後や途中で放送される広告のことで、番組内で放送できる広告枠を購入することで広告配信を行うことができます。テレビCMは15秒のスポットCMと30秒のタイムCMがあり、企業や商品、サービスの目的に応じて出稿します。放送局のエリア別のターゲティングも可能です。制作やCMの放映にコストは掛かりやすいですが、テレビCMは世の中にある様々な広告媒体やメディアの中で影響力は圧倒的に大きく、認知拡大、信頼性の向上など多様なメリットをもたらします。 下記にテレビCMに関する媒体資料を掲載しています。媒体資料のダウンロードはいくつでも無料なので、テレビCMをご検討中の方は是非お気軽にご活用ください!また関連ページも是非ご覧ください! 【関連記事】テレビ広告・テレビメディアについて 【関連記事】CMの効果や事例・種類をご紹介! 富裕層/決裁者/男性 ディスカバリーチャンネルのテレビCMサービス資料21Q1 | ディスカバリー・ジャパン合同会社 全世界200以上の国と地域で放送されているディスカバリーチャンネルへのテレビCMサービスです。 ■ターゲットとしているユーザーが以下の広告主様にぴったりです! ・男性全般 ・高所得者層 ・決裁者向け ・シニア ■想定クライアント ・自動車関連企業 ・BtoB企業全般(認知度アップ) ・高級品メーカー ・トラベル業界 ・アウトドアメーカー ・小売など日用品メーカー ・デリバリー/在宅/リモートワーク/テレワーク向け ■導入メリット(自社による視聴者アンケート結果) 以下のブランドリフト効果が得られることが実証済みです。 ・CM視聴後の関心度20%アップ ・CM視聴後の理解度22%アップ ■ディスカバリーチャンネルの特徴 ・クルマ、テクノロジー、サイエンス、アドベンチャーなどの豊富なジャンル ・40代以上の男性視聴者メイン ・こだわりが強く、自分の好きなことに時間とお金を費やす視聴者が多い ■その他 動画配信サービスdplayと組み合わせた割引可能 ディスカバリーチャンネルが誇る高品質かつグローバル感のある映像制作サービスと組み合わせた割引可能 海外へのPRを目的として、...

アドワーズ(現Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツ

2021 年 3 月 26 日 金曜日
アドワーズ(現Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツアドワーズ(Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツ アドワーズ(現Google広告)とは アドワーズとは「Google Adwords」というGoogleが提供するクリック課金型のインターネット広告の総称です。アドワーズは2018年の8月から「Google広告」という名前に変更されています。アドワーズを使用することでGoogleの検索結果表示ページや提携Webサイトに自社広告を配信することができます。Googleの広告アカウントを作成し、管理画面で広告予算やターゲティング設定を行い広告を配信します。広告の設定は管理画面のみで完結するので出稿の手順は非常に簡単です。 アドワーズ(現Google広告)の種類 アドワーズでは「検索広告」、「ディスプレイ広告」、「動画広告」の3種類の広告配信が可能です。 検索広告 Googleの検索エンジンに入力された検索クエリに応じて検索結果表示ページの上部または下部にテキストの広告が表示されます。SEO対策で検索結果表示ページの上位位置を占めることはサイトの質を高めることに時間がかかるので、キャンペーンの集客などの急ぎの場合はコストをかけて出稿するとすぐに反映されるので効率的です。検索クエリを入力する顕在層にアプローチできるので特にコンバージョンに強く導入したい場合に効果的です。 ディスプレイ広告 Googleのディスプレイ広告は「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」の名称で呼ばれています。GDNは広告配信システム「アドネットワーク」の一種であり、アドワーズからGDNに出稿します。これを利用することでGoogleとの提携ウェブサイトやアプリにバナー上の広告を配信することができます。コンテンツ連動型なのでWebサイトやアプリの属性によって関連性のある適切な広告が表示されます。Googleは大手の媒体から個人サイトまで300万以上のWebサイトやアプリと連携しており、配信先は豊富です。関連性の高いサイトに配信されるため、潜在層の興味を集めてアプローチできます。 【関連記事】Google広告の種類や設定手順について徹底解説! 【関連記事】アドネットワークとは?仕組みや特徴、サービス一覧 動画広告 動画広告は主に動画共有プラットフォーム「YouTube」で配信されます。YouTubeの見たい動画コ...

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧

2021 年 3 月 26 日 金曜日
DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは 「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は「進化していくデジタルテクノロジーが浸透することで人々の生活を豊かに変化していく」という概念で2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱されました。 経済産業省の定義するDX 上記は広い意味で概念的に捉えられた言葉ですが、近年ビジネスシーンにおいて「DX」という言葉が具体的にが解釈され始めています。経済産業省が2018年12月にまとめた「DX推進ガイドライン」では ”「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争性の優位を確立すること」”(出典:経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」平成30年12月) と定義づけられています。つまりIT技術を活用し既成概念を根底から覆すような商材のデジタルイノベーション、業務の効率化を図り新しい付加価値を生み出していくことと捉えられます。 DXのメリット DXのメリットをご紹介します。 業務の生産性の向上 非生産的な業務を自動化し、生産性の高い業務に時間を当てることができます。また、人の手による単純作業はミスが起こりうるものでしたが、正確にプログラミングされた自動化システムでは作業の精度も向上します。 新規ビジネスの創造 オフラインで成しえなかった新しい概念のビジネスを創造できます。インターネットやデジタル技術を活用して人々の暮らしはより効率的に便利に改善しています。デジタル技術ではAI分析などより緻密な分析が可能なので、人々の生活に寄り添ったより便利な商材を開発することができます。 DXツール一覧 マーケティングにおけるDXツールのサービス資料や関連資料を下記に掲載しています。資料ダウンロードは無料で可能なので、企業のDX化をご検討中の方は是非お気軽にご活用ください。 コロナ禍で急成長中のNewsDigestでDXマーケティング! | 株式会社JX通信社 <サービス> 国内のニュース速報や事件・災害情...

Instagramの集客の効果・成功事例・コツ

2021 年 2 月 24 日 水曜日
Instagramの集客の効果・成功事例・コツInstagramの集客の効果・成功事例・コツ Instagramの集客効果について インターネットの普及に伴いSNSの利用は急速に発展拡大しています。誰でも写真や動画を投稿し世界中の人と共有できるSNSアプリ「Instagram」も例外ではなく10代~30代の若者を中心に人気を集めています。最近では、Instagramに広告を出稿したり、自社アカウントを運用してブランディングを行ったり、集客に活用する企業も多くあります。 Instagramは写真や動画に文を添えて投稿できるので、ユーザーに対し視覚的に訴求することができます。また一つの投稿だけでなくアカウントを見たときに投稿されている全体の写真を通して、会社や商品の「世界観」が発信され、ブランディング形成効果を発揮します。さらに写真を投稿するだけでなく、写真についた商品タグから直接商品を購入することも可能です。 このようにInstagramの機能を活用し、自社の世界観やテーマをフォトジェニックな写真や動画と共に発信することで集客効果が生まれます。アカウント運用は無料でできるので企業は利用しない手はありません。 Instagramの集客の成功事例 Instagramを活用した集客の成功事例をご紹介します。 美容師 美容師さんがInstagram集客をする目的は実店舗への来店と自分の指名です。美容師さんがInstagramを使って成功した集客事例では「Before/Afterの比較」「インフルエンサーの活用」「世界観の統一」が主に挙げられます。 「Before/Afterの比較」では名の通り施術前と施術後を比較した投稿です。一枚の写真を2分割して比較を行ったり、動画を使ってよりリアルなbefore/Afterを演出したりします。比較を行うことで「こんなに変わる」とユーザーにインパクトと施術への期待を与えることができます。また、どんな施術を行ったか写真にわかりやすく記載している美容師さんもいます。 「インフルエンサーの活用」では、美人なインフルエンサーの施術投稿を行いインフルエンサーのファンへの訴求効果を高めます。また、インフルエンサーの元来持っている美貌によって施術がより効果的に見えるように演出できます。そのためプライシングにも繋げることができます。またインフルエンサー投稿を受けて他のインフルエンサ...

SNSの効果と企業戦略、活用法のまとめ

2021 年 2 月 16 日 火曜日
SNSの効果と企業戦略、活用法のまとめSNSの効果と企業戦略、活用法のまとめ 企業のSNS戦略について インターネットやSNSサービスの普及、拡大、発展により、企業の広告戦略においてSNSマーケティングは外せない存在となりました。SNS広告ではTVCMなどの従来のマス広告の手法では実現できなかった消費者との双方向な関係性の形成や消費者間の口コミ拡散が期待できます。企業のSNS戦略は今後も重要なキーとなることが予想されます。そのため、本記事では「SNS活用の効果」、「SNS戦略の成功事例」、「効果的なSNS活用法のまとめ」を掲載しています。是非、企業のSNS戦略にお役立てください! SNSの効果 SNSの活用は企業に様々な効果をもたらします。具体的にSNSの効果をご紹介します。 企業と消費者のコミュニケーション 企業SNSは発信だけでなく、消費者と相互にコミュニケーションをとることができます。消費者の近くで発信することで、企業をより身近に感じることができるので親近感を演出できます。また、「この商品が消費者に良くも悪くもどう刺さっているのか」直接的な意見を聞くことができるので商品開発やマーケティングに役立ちます。 広告宣伝効果の測定 SNSではpv数、ユーザー数、エンゲージメント、いいね!数、シェア数など様々な数値が把握できるので、その企画や商品の反響を数値化できます。様々な属性の数値が出せるので、「目的に応じてどの属性の数値を伸ばしていくか」段階を踏んだ施策を講じることができます。そのため、広告宣伝戦略のPDCAが回しやすいです。 【関連記事】SNSを活用した広告と種類について解説! LTVの向上 上手なSNS運用は一つの商品やサービスの広告宣伝を行うだけでなく、長期的な企業やブランドの愛を形成します。そのため、一回だけの商品購入で終わらず、そのブランドを贔屓リピートし、ファンが自ら口コミを発信してくれる状態になります。このようにSNSは一時的な広告効果だけでなく長期的な利益や信頼効果を生みます。 SNS戦略の事例 実際に行われたSNS戦略の成功事例6つをご紹介します。 SNS戦略例①マクドナルド 2014年頃、マクドナルドは異物混入事件や期限切れの食材が問題となり業績が顕著に落ちていましたが、緻密なSNS戦略によって2016年からV字回復に成功しました。当時...

LINE運用の方法や代行会社、費用についてご紹介!

2021 年 2 月 4 日 木曜日
LINE運用の方法や代行会社、費用についてご紹介!LINE運用代行の比較 LINE運用について LINEは、日本で最も使用されているコミュニケーションインフラサービスの一種で老若男女問わず使用されています。2020年9月末時点で月あたりのLINEのアクティブユーザー数(MAU)は8,600万人に上ります。 LINEは企業のSNSマーケティング施策の一環で活用されることが多いです。ユーザー数が多く、どの年代にも訴求が可能なので既存顧客の強化や新規顧客の獲得に繋ぐことができます。また顧客対応にかかる費用や工数を減らしコスト削減に貢献します。このようにLINE運用は企業にとって様々なメリットをもたらします。 LINE運用の方法 LINE運用の方法でオーソドックスなものは「企業アカウント」と「LINE運用型広告」の2種類です。 企業公式アカウントの運用 企業アカウントは自社のLINE公式アカウント(旧LINE@)を作成してから運用します。企業アカウントは友だち登録してくれたユーザーに対してメッセージを配信できます。サイトに遷移する手間が省ける面で情報伝達力に優れている媒体です。LINEスタンプやクーポン配布と交換条件に友達登録を促すことが多いです。 LINE運用型広告 LINEには、LINEとファミリーアプリに広告出稿できる運用型広告配信プラットフォーム(旧LINE Ads Platform)があります。 LINEアプリ内の広告はSmart Channel(トークリスト最上部)、LINE NEWS、タイムラインに配信できます。毎日のコミュニケーションの中で目に入りやすい部分なので広告効果が高いです。 LNEのファミリーアプリ内の広告はウォレット、LINEマンガ、LINEポイントクラブ、LINE Blog、LINEチラシ、LINEショッピング、LINE広告ネットワーク(旧LINE Ads Platform for Publishers)に配信できます。ファミリーアプリの特性によって、広告のターゲティングを行うことができます。例えば、LINEマンガは若年層のユーザーが多いので若者向け商材の広告出稿が適しています。 LINEの広告に関する記事も是非ご参考ください。 【関連記事】LINE広告とは?ターゲティング設定と媒体資料まとめ LINE運用代行の比較 自社完結でLINEを運用すると...

OOHとは?種類や事例とOOH広告媒体の比較

2021 年 1 月 7 日 木曜日
OOHとは?種類や事例とOOH広告媒体の比較OOHとは?種類や事例とOOH広告媒体の比較 OOHとは OOH広告とは自宅以外の場所に設置された屋外の広告のことを指します。また最近では、「OOH」という言葉がそのままOOH広告・OOHメディアを示す意味合いで使われることもあります。OOHは屋外の看板やデジタルサイネージなどの広告枠を使用したい企業が媒体に費用を払い、広告を出稿するペイドメディアに分類されます。 OOHの特徴は屋外に広告を設置することで、近隣を行き交う人々の視界に広告を強制的に入れられることです。そのため、人の興味関心に関わらず不特定多数へのリーチが可能となり商材の認知向上に繋げることができます。 目次 OOH広告の比較 OOHの種類と事例 OOHの広告費や料金相場 OOH広告のメリット コロナ禍におけるOOHの市場規模 OOHの英語の意味 OOHの歴史 OOHの進化「DOOH」 OOHと屋外広告の違い OOHの申請 OOHメディアの効果測定 OOHに関わる資格 OOH広告会社一覧 OOH広告の比較 OOHでは、目的に応じた媒体選定が最も大切です。下記では、OOHについての媒体資料やマーケティング資料を掲載しました。資料のダウンロードは無料なので、OOHの比較・検討されている方は是非ご活用ください。 位置情報を活用した来店計測・分析サービス【2021年1月版】 | シナラシステムズジャパン株式会社 通信キャリアの位置情報 ・契約者情報により来客者の全体像を把握することできる、 リアル来客分析サービス「VENUE VITALICS」 ・看板広告などのOOHからの店舗への誘導貢献度 ・失敗できない新規出店時の集客予測 ・可視化しづらいショールームや展示場の投資効果 →高い精度のデータで正確に分析します。 たとえば・・・ ・来客者はどんな人?行動習慣は? ・体験型店舗による効果は? ・交通広告・屋外広告を見た後、来客している? ・イベント参加者は後に店舗に来てくれた? ↓つまり↓ ◇来店者数と属性を知ることが可能 (特定エリアのユーザー数、性別、年代、居住エリア、興味関心など) ◇イベントや電車広告・屋外看板の送客効果を知ることができる(来客パス分析) □導入実績業種 ・自動車販売、商業施設...

ネットリサーチとは?市場規模や相場、方法と各社の比較ができる資料まとめ

2020 年 12 月 22 日 火曜日
ネットリサーチとは?市場規模や相場、方法と各社の比較ができる資料まとめネットリサーチとは?市場規模や相場、方法と各社の比較ができる資料まとめ ネットリサーチとは ネットリサーチとは、企業が顧客の意見を集めるために行うインターネットを利用した市場調査の1種です。事前に登録したWeb上のアンケートモニター会員に対してメールやアプリでアンケートを依頼し、会員がWeb上のアンケート画面で回答する手法となっています。元々は訪問面接調査や街頭アンケート、郵送調査などの手法で市場調査を行っていましたが、ネット上で完結できるので従来の手間を削減することができました。 ネットリサーチのメリットとデメリット ネットリサーチには様々なメリットとデメリットがあります。 ネットリサーチのメリット 自動で実施・集計するため、紙で実施した調査に比べコストや納期が大幅にカットできるので、短期間での調査が可能となります。また、アンケートモニター会員が空き時間で回答可能なため、回答のハードルが低く調査対象者や回答を集めやすくなります。また匿名性が高くインターネットを媒介するため、対象者属性を絞り込みやすく調査の精度を高められるメリットがあります。 ネットリサーチのデメリット デメリットは、インターネットの利用率やアンケートモニターサービスの認知度によって回答者の偏ることが挙げられます。特に高齢者などはインターネットの利用率が低いので個体値の世代差が生じる可能性があります。また、報酬目的や短時間回答を目的に虚偽回答をする悪質なユーザーも一定数います。そのため、従来の調査よりも信頼性が低いデータが集まる側面があります。 ネットリサーチの市場規模 アンケート実施方法の中でも年々シェア伸ばし、1999年は全体の2%だった。2006年までの8年で30%まで拡大。 日本の市場調査業界の2017年度の市場規模は2,147億円でした。市場規模自体は年々増加傾向にあります。中でもインターネット調査は705億円程度で、全体の30%を占めています。 ネットリサーチの相場と料金表の具体例 ネットリサーチにかかる費用は基本的に設問数と回答数のよって決められます。実際の実績を見てみましょう。 ・A社の場合 設問数 5問、100サンプル回収の場合は3万円~ 4万円 設問数10問、100サンプル回収の場合は4万円~ 5万円 設問数10問、200サンプル回収の場合は7万...

オムニチャネルとは?収益最大化のマーケティング戦略法と、施策のメリットについて

2020 年 12 月 18 日 金曜日
オムニチャネルとは?収益最大化のマーケティング戦略法と、施策のメリットについてオムニチャネルとは?収益最大化のマーケティング戦略法と、施策のメリットについて オムニチャネルとは? この記事では、主にオムニチャネルの用語解説と、具体的な活用方法についてご紹介します。 まずオムニチャネルとは、オフラインとオンラインのサービスにおいてその流通経路を連携させるマーケティング戦略のことです。オムニチャネルを実施することにより、顧客との間で生じる全ての接点で同等の情報・サービスを提供することが可能になります。 分かりやすい事例を用いて簡単に説明すると、例えば実店舗を持っている雑貨屋がECサイトを新しく開設したとします。この実店舗とECサイト内で販売する商品やサービス内容は変更せず、顧客が双方の区別を付けることなく買い物ができるようなシステム作りをすることが、オムニチャネルというマーケティング戦略です。 どこいても商品を買うことができるシステムを作ることで顧客の購買体験に均一性を持たせ、結果的に売り上げやリピーター、ファンを増加させていくことがオムニチャネルの最大の目的です。ECサイトに限らずその他コーポレートサイトなどのWebサイト、アプリを作る際などにおいても同じことが言えます。 オムニチャネルで売り上げ最大化をするコツ 会社全体で取り組み、データを連携させる オムニチャネルの施策を行う際、複数のサービスなどを統合させる必要が出てきます。その際、特に大企業の場合などは細かくそれぞれのサービス運営元が分かれている場合が多く、一つの部署やチームだけで実施しようと思っても難しい場合が多いです。成果の出るオムニチャネル戦略を行うためには、サービス利用時の障害発生を防ぐためにも大きな一つのプロジェクトとして、必要な担当者を巻き込みながら動いていく必要があります。 顧客目線で考える もう一つのコツは、顧客目線に立ってオムニチャネルの改良や開発を行うことです。いくら制作側で意見が一致し成功が見込めると思っても、実際にサービスを利用する側の意見や体験を盛り込んだものでなければ売り上げの最大化は見込めません。そしてただチャネル同士をつなげるだけでなく、顧客のニーズをしっかりと投影することで顧客にとっての「いい体験」を提供することができ、結果として売り上げ最大化を実現することができます。 下記では、そんなオムニチャネルをはじめとし...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る