最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘ユーチューブ’ タグのついている投稿

youtube広告関連のまとめ

2018 年 12 月 27 日 木曜日
youtube広告関連のまとめyoutube広告関連のまとめ Youtubeとは Youtubeとは、google社が提供する世界最大の動画共有サイトです。 誰でも無料で動画を提供でき、いつでも視聴できるために、現在ではテレビよりも個人の生活に身近なものになっていると言っても過言ではないでしょう。 人気のある動画だと億を超える再生回数にもなっておりその影響力は大きくなっています。 マーケッターの中にもYoutubeを利用した広告について検討している方も多いのではないでしょうか。 Youtube広告関連をまとめましたので、ぜひご活用ください。 Youtube動画広告の種類 Youtube動画広告の種類は主に3つあります。 1.インストリーム広告 インストリーム広告とは、視聴しようとしている動画の始まる前や再生途中、視聴後に配信される広告のことです。 5秒経過するとスキップ可能な広告と、15秒以下ではスキップすることができない広告があります。 ユーザーが30秒以上広告を視聴した場合や、クリックなどのアクションをした場合に課金が発生します。 多くの人の目に触れる機会が多いので、認知向上に効果的です。 2.バンパー広告 バンパー広告は、インストリーム動画と同じく、動画再生中に表示される広告のことです。 6秒以内の短い広告で、再生終了までスキップすることができないのが特徴です。 インプレッション課金型で、広告が1000回表示されるごとに課金が発生します。 バンパー広告も、認知度を高めるために活用できます。 3.ディスカバリー広告 Youtubeのトップページや検索結果ページ、動画視聴ページの関連動画一覧に表示される広告のことです。 動画のサムネイルとテキストで表示され、ユーザーがクリックした場合に広告が配信されます。 クリック課金型で、ユーザーがの広告をクリックして視聴した場合に課金が発生します。 ユーザーが自発的に動画をクリックする仕組みなので、購買意欲の高いユーザーにアプローチすることが可能です。 これらのYoutube動画広告を目的に応じて上手く活用することで、広告効果を高めることが期待できます。 Youtubeの動画広告のメリット ・ 配信するターゲットを絞り込めるため、費用対効果が高い ・ ...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る