最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘広告代理店’ タグのついている投稿

広告とは

2019 年 5 月 6 日 月曜日
広告とは広告とは 広告とは 広告とは、商品やサービスなどの情報を広く告知する事です。 英語では「advertisement」といいます。 略して「ad(アド)」とも呼びます。 なお、広告を掲載する場所の事を広告媒体やメディアと呼びます。 広告業界について 広告業界に関わる会社としては、次のような種類があります。 ・広告主 ・広告代理店 ・メディアレップ ・媒体社 広告主 広告主は広告を出稿する企業の事です。 広告出稿費が多い企業としては、トヨタ自動車、ソニー、日産自動車、イオン、セブン&アイ・ホールディングスなどがあります。 広告代理店 広告代理店は広告主から依頼を受けてプランニングし、広告主の代わりに広告媒体に出稿する企業の事です。 広告会社とも呼ばれます。 広告代理店は広告主からお金を受け取り、広告媒体にお金を支払います。 広告媒体が提示する定価の価格をグロスと言い、広告代理店に卸す価格をネットと言います。 そして、グロスからネットを引いた価格を代理店マージンと呼びます。 主な広告代理店には次のような会社があります。 ・株式会社電通 ・株式会社博報堂 ・株式会社サイバーエージェント ・株式会社アサツーディ・ケイ 広告代理店の売上はこちらに詳しく記載しています。 広告代理店の種類 広告代理店には次のような種類があります。 ・総合広告代理店 ・専門広告代理店 ・ハウスエージェンシー 総合広告代理店は、マスコミ四媒体など全ての広告媒体を扱う代理店の事です。 専門広告代理店は特定の媒体に特化した代理店です。 例えば「交通広告専門」や「インターネット広告専門」などの代理店があります。 ハウスエージェンシーは特定の企業のための広告を専門に扱う代理店の事です。 例えば東日本旅客鉄道株式会社の100%子会社の株式会社ジェイアール東日本企画、トヨタ自動車株式会社の100%子会社の株式会社デルフィスなどがあります。 メディアレップ メディアレップは主にネット広告を取りまとめる代理店の事です。 略してレップと呼びます。 媒体社は広告媒体を運営する企業の事です。 主なメディアレップには次のような会社がありま...

メディアレップとは

2019 年 4 月 3 日 水曜日
メディアレップとはメディアレップとは メディアレップとは メディアレップとは、広告主や広告代理店に対してインターネット広告を販売する広告代理店の事です。 略してレップとも呼ばれます。 メディアレップの役割 総合広告代理店はテレビなどの広告枠を販売していましたが、大量に存在するネット広告まで把握する事が困難でした。 そこで、メディアレップがネット広告の媒体枠を、広告代理店に販売するようになりました。 また、媒体社から見ても、数多くある代理店の対応が難しい場合もあり、メディアレップに販売してもらうメリットがあります。 代表的なメディアレップ 代表的なメディアレップは、電通グループの株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)、博報堂グループのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)の2社です。 株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI) もともとはソフトバンクと電通の合弁会社で、Yahoo! Japanの広告枠の販売から開始しました。 2009年には電通の完全子会社となり、上場を廃止しています。 そして現在は、株式会社VOYAGE GROUPと経営統合し、株式会社CARTA HOLDINGSという持株会社を作っています。 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC) もともとは博報堂、ADK、読広、I&S BBDO、デジタルガレージ、徳間書店の共同出資によって設立されています。 そして、アイレップとともに、D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社という持株会社を作っています。 その他のメディアレップの一覧 GMOアドパートナーズ株式会社(GMOグループ) 株式会社シーエー・モバイル(サイバーエージェントグループ) 株式会社mediba(KDDIグループ) 株式会社D2C(株主はNTTドコモ、電通、NTTアド) ...

広告会社・広告代理店の売上ランキング 2018年版

2018 年 5 月 25 日 金曜日
広告会社・広告代理店の売上ランキング 2018年版広告会社・広告代理店ランキング2018年版 広告代理店とは、広告を取り扱う会社の事です。最近では、広告会社とも呼ばれています。 広告代理店は、テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどの広告を掲載するメディアと、広告を出稿したい広告主をつなぐ役割をしています。 メディアレーダーにて、広告会社・広告代理店の売上ランキングを調べました。 決算書など財務情報が公開されている大手広告会社・広告代理店の最新情報をまとめています。 広告代理店に営業したい媒体社、サービス会社様はメディアレーダーでの見込み客獲得もご覧いただければと思います。 順位 企業名 売上高(百万円) 前年比 対象期間 1 株式会社電通 1,561,528 98% 2017年1月~2017年12月 2 株式会社博報堂 947,054 108% 2017年4月~2018年3月 3 株式会社サイバーエージェント 419,512 113% 2017年10月~2018年9月 4 株式会社アサツーディ・ケイ 352,851 100% 2017年1月~2017年12月 5 D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社 208,342 113% 2017年4月~2018年3月 6 株式会社大広 167,636 104% 2017年4月~2018年3月 7 株式会社ジェイアール東日本企画 115,981 102% 2017年4月~2018年3月 8 株式会社東急エージェンシー 104,686 102% 2017年4月~2018年3月 9 株式会社オプトホールディング 82,602 118% 2017年1月~2017年12月 10 株式会社セプテーニ・ホールディングス 73,281 114% 2016年10月~2017年9月 11 ...

【最新】ネット広告会社・ネット広告代理店ランキング2018 売上高・前期比などを公開!

2018 年 3 月 27 日 火曜日
【最新】ネット広告会社・ネット広告代理店ランキング2018 売上高・前期比などを公開!【最新】ネット広告代理店ランキング2018 売上高・前期比などを公開! ネット広告代理店とは、ネット広告に特化した広告代理店の事です。 これに対して、従来のマス広告も含めて販売している代理店の事を総合広告代理店といいます。 今回はメディアレーダーで、ネット広告会社・ネット広告代理店の売上を調べました。 決算書など財務情報が公開されているネット広告会社・ネット広告代理店をまとめています。 ネット広告会社・ネット広告代理店ランキング [caption id="attachment_1687" align="alignnone" width="600"] ネット広告会社・ネット広告代理店ランキング2018[/caption] 株式会社サイバーエージェント 株式会社サイバーエージェントの媒体資料はこちらからダウンロード出来ます。 2016年10月1日~2017年9月30日(期間) 371362(売上高 単位:百万円) 120%(前期比) サイバーエージェント、連結子会社106社(うち6組合) 及び関連会社10社(うち1組合)によって構成。 前期比の伸びがまとめた企業内で2番目の伸び。 インターネット広告事業の販売高は208,182(単位:百万円) 販売高の前年同期比をセグメント別に記載。 インターネット広告事業(+18.7%)、メディア事業(+17.0%)、 ゲーム事業(+14.4%)、投資育成事業(+288.4%)、その他事業(+37.6%) 各事業の主な内容 <インターネット広告事業> サイバーエージェント:広告代理事業、アドテクノロジー事業等 CyberZ:スマートフォン向け広告に特化した広告代理事業 <メディア事業> サイバーエージェント:「Ameba」、「FRESH!」の運営 AbemaTV:インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営 <ゲーム事業> Cygames:スマートフォン向けゲーム事業 サムザップ:スマートフォン向けゲーム事業 Craft Egg:スマートフォン向けゲーム事業 <投資育成事業> サイバーエージェント:コーポレートベンチャーキャピタル事業 サイバーエージェント・ベンチャーズ:ファンド設立及び運営 <そ...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る