国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘F1層 広告’ タグのついている投稿

F1層の特徴やトレンド、広告まとめ

2018 年 7 月 25 日 水曜日
F1層の特徴やトレンド、広告まとめF1層の特徴やトレンド、広告まとめ マーケティング用語・F1層とは F1層とは、20~34歳の女性を表す性別・年齢区分の通称で、広告業界をはじめ、調査、視聴率、マスコミ等で広く使われているマーケティング用語です。 FはFemale(女性)の頭文字で、他は下記のように分類されています。 ・C層 [Child] 男女 4~12歳 ・T層 [Teenage] 男女 13~19歳 ・M1層 [Male-1] 男性 20~34歳 ・M2層 [Male-2] 男性 35~49歳 ・M3層 [Male-3] 男性 50歳以上 ・F0層 [Female-0] 女性 13~19歳 ・F1層 [Female-1] 女性 20~34歳 ・F2層 [Female-2] 女性 35~49歳 ・F3層 [Female-3] 女性 50歳以上 F1層の人数 日本国内のF1層の人口は9,517,000人(2018年)で日本の全人口の7%程度を占めています。一見少なく見えますが、F1層はマーケティングにおいて非常に強い力を持っており企業から特に重要視される層になっています。 F1層の特徴 F1層の女性は美容やスキルアップなどの自己投資に対して消費意欲が強いことが特徴的です。経済力は他の層に届かないこ傾向にありますが、未婚者が多い世代なので自由なお金の使い方ができます。現在のSNS時代において、トレンドに敏感なF1層の世代をターゲットすることで企業は情報拡散やブランディングなど売上以外のメリットも得ることができるので非常に重要な層となっています。 2020年のF1層の消費動向とトレンド F1層は、上記に記載の通り自己投資に対しての消費意欲が強い一方で、コストパフォーマンスを重視する傾向があります。例えば、ユニクロやGUなどのファストファッション、CANMAKEやセザンヌなどのプチプラコスメが挙げられます。このような「安くていいもの」に関するテレビや雑誌の特集は勿論、SNSの#(ハッシュタグ)投稿が多く見受けられます。ひと昔前までは「ブランド至上主義」でしたが、情報時代を背景にマネーリテラシー、節約志向の向上により消費に対しシビアになったことがわかります。また、コロナ流行を経て人々の価値観...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る