最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘LBM’ タグのついている投稿

ロケーションベースマーケティングのまとめ

2018 年 10 月 25 日 木曜日
ロケーションベースマーケティングのまとめロケーションベースマーケティングのまとめ ロケーションベースマーケティングとは ロケーションベースマーケティングとは、LBMとも呼ばれるマーケティング施策の一つであり、ユーザーの位置情報を元に、必要なタイミングと場所において適切な広告を表示させることができる仕組みです。近年スマートフォンフォンの普及に伴い、ユーザーの位置情報を簡単に入手できるようになり、位置情報を活用した広告はマーケターにとって、必須のアイテムとなっています。 今まではwebやアプリ上での来店促進のマーケティング施策を行ったとしても、実際にどれくらいの効果があり、またどのような広告がどのようなターゲットに効果があったのか明確に測ることができない状況でした。そのため正しいKPIの設定や、PDCAを効率よく回すことができず、マーケティングが曖昧という課題があったのです。 しかし、ロケーションベースマーケティングを活用することによって、広告の効果が明確になることが期待できるのです。例えば、来店コンバージョン率を把握することが可能となり、効率の良いPDCAを回し来店促進につながるマーケティングを実施しやすくなるなどが挙げられます。 ここでは、位置情報を活用した広告について、いくつかまとめてご紹介したいと思います。 それぞれ、媒体資料もダウンロード出来ますので、以下ご参照ください。 < NTTドコモの技術搭載> 位置情報アドネットワーク「Adgram」 | 株式会社ヴァル研究所 ヴァル研究所、NTTドコモ、ジオロジックにより開発された、 月間790億impの配信ポテンシャルを持つ位置情報アドネットワーク Adgramでバナー配信することで、チラシのように 場所・地域にあった広告を配信することが可能です。 累計ダウンロード数860万の経路検索アプリ「駅すぱあと」が 集客のお手伝いをさせていただきます! ==================================== 【導入事例掲載中】 ①大手スポーツ用品店 「競合店エリアターゲティング」による店舗集客 ②コンタクトレンズ小売り 「店舗商圏エリアターゲティング」による店舗来店促進 ==================================== ...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る