国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘SNS広告’ タグのついている投稿

Instagramの集客の効果・成功事例・コツ

2021 年 2 月 24 日 水曜日
Instagramの集客の効果・成功事例・コツInstagramの集客の効果・成功事例・コツ Instagramの集客効果について インターネットの普及に伴いSNSの利用は急速に発展拡大しています。誰でも写真や動画を投稿し世界中の人と共有できるSNSアプリ「Instagram」も例外ではなく10代~30代の若者を中心に人気を集めています。最近では、Instagramに広告を出稿したり、自社アカウントを運用してブランディングを行ったり、集客に活用する企業も多くあります。 Instagramは写真や動画に文を添えて投稿できるので、ユーザーに対し視覚的に訴求することができます。また一つの投稿だけでなくアカウントを見たときに投稿されている全体の写真を通して、会社や商品の「世界観」が発信され、ブランディング形成効果を発揮します。さらに写真を投稿するだけでなく、写真についた商品タグから直接商品を購入することも可能です。 このようにInstagramの機能を活用し、自社の世界観やテーマをフォトジェニックな写真や動画と共に発信することで集客効果が生まれます。アカウント運用は無料でできるので企業は利用しない手はありません。 Instagramの集客の成功事例 Instagramを活用した集客の成功事例をご紹介します。 美容師 美容師さんがInstagram集客をする目的は実店舗への来店と自分の指名です。美容師さんがInstagramを使って成功した集客事例では「Before/Afterの比較」「インフルエンサーの活用」「世界観の統一」が主に挙げられます。 「Before/Afterの比較」では名の通り施術前と施術後を比較した投稿です。一枚の写真を2分割して比較を行ったり、動画を使ってよりリアルなbefore/Afterを演出したりします。比較を行うことで「こんなに変わる」とユーザーにインパクトと施術への期待を与えることができます。また、どんな施術を行ったか写真にわかりやすく記載している美容師さんもいます。 「インフルエンサーの活用」では、美人なインフルエンサーの施術投稿を行いインフルエンサーのファンへの訴求効果を高めます。また、インフルエンサーの元来持っている美貌によって施術がより効果的に見えるように演出できます。そのためプライシングにも繋げることができます。またインフルエンサー投稿を受けて他のインフルエンサ...

LINE運用の方法や代行会社、費用についてご紹介!

2021 年 2 月 4 日 木曜日
LINE運用の方法や代行会社、費用についてご紹介!LINE運用代行の比較 LINE運用について LINEは、日本で最も使用されているコミュニケーションインフラサービスの一種で老若男女問わず使用されています。2020年9月末時点で月あたりのLINEのアクティブユーザー数(MAU)は8,600万人に上ります。 LINEは企業のSNSマーケティング施策の一環で活用されることが多いです。ユーザー数が多く、どの年代にも訴求が可能なので既存顧客の強化や新規顧客の獲得に繋ぐことができます。また顧客対応にかかる費用や工数を減らしコスト削減に貢献します。このようにLINE運用は企業にとって様々なメリットをもたらします。 LINE運用の方法 LINE運用の方法でオーソドックスなものは「企業アカウント」と「LINE運用型広告」の2種類です。 企業アカウントの運用 企業アカウントは自社のLINE公式アカウント(旧LINE@)を作成してから運用します。企業アカウントは友だち登録してくれたユーザーに対してメッセージを配信できます。サイトに遷移する手間が省ける面で情報伝達力に優れている媒体です。LINEスタンプやクーポン配布と交換条件に友達登録を促すことが多いです。 LINE運用型広告 LINEには、LINEとファミリーアプリに広告出稿できる運用型広告配信プラットフォーム(旧LINE Ads Platform)があります。 LINEアプリ内の広告はSmart Channel(トークリスト最上部)、LINE NEWS、タイムラインに配信できます。毎日のコミュニケーションの中で目に入りやすい部分なので広告効果が高いです。 LNEのファミリーアプリ内の広告はウォレット、LINEマンガ、LINEポイントクラブ、LINE Blog、LINEチラシ、LINEショッピング、LINE広告ネットワーク(旧LINE Ads Platform for Publishers)に配信できます。ファミリーアプリの特性によって、広告のターゲティングを行うことができます。例えば、LINEマンガは若年層のユーザーが多いので若者向け商材の広告出稿が適しています。 LINE運用代行の比較 自社完結でLINEを運用すると躓くことが多いです。LINEの公式アカウントを作成したけれど運用がなかなか上手くいかなかったり、LINE広告による広告効果を...

WEB集客の種類とメリットとサービス・会社の比較

2020 年 12 月 18 日 金曜日
WEB集客の種類とメリットとサービス・会社の比較WEB集客の種類とメリットとサービス・会社の比較 Web集客とは WEB集客とは、インターネット上にあるWEBツールや媒体を活用して自社サイトやブログなどに集客をすることを指します。大量情報時代を背景にユーザーの購買フローは興味、発見を得るためにSNSのコンテンツやインターネットのページを閲覧する割合が増加しました。そのため、商品やサービスの販売においてWEB集客は必須になりました。 WEB集客方法の種類 様々な種類のWEB集客があるので、目的や用途、費用に応じて使い分けるとより効果的です。今回はWEB集客の主な方法5種「自然検索流入」「有料検索流入」「SNS流入」「外部サイトからの流入」「直接流入」をご紹介します。 自然検索流入(SEO対策) 自然検索とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワード検索時に検索結果に表示されるサイトで、広告表示を含まないサイトを指します。自社サイトへの流入を増加させるために検索結果の掲載順位を上げることは非常に重要です。このような自社サイトを上位に表示させるために行う施策を『SEO(英語でSearch Engine Optimization)対策』といいます。 【関連リンク】SEO対策とは?メリットと会社・ツール・サービスの比較 SEO対策のメリットとデメリット SEO対策は、広告費を掛けずアクセス数の増加、能動的なキーワード検索による質の高いユーザーの流入などの強い効果があります。一方でSEO対策で効果を出すためには、掲載順位を上げる手法などのSEO知識、上位に掲載されるまでの時間、質の高いコンテンツ内容が要求されます。SEO効果は徐々に発揮されていくので、時間をかけても今後確実に効果を上げたい方にお勧めな集客方法です。 有料検索流入(リスティング広告) 有料検索とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワード検索時に最上位位置に表示される広告表示が含まれたサイトです。この有料検索は、「リスティング広告」という有料広告の一種です。 【関連リンク】リスティング広告とは?仕組みやメリット・デメリット、資料のまとめ リスティング広告のメリットとデメリット SEO対策と異なり運用費用は掛かりますが、検索結果の一番目立つ位置にありユーザーの目を惹くことができます。また、即効性...

Instagram広告の効果、種類、課金方法のまとめ

2020 年 12 月 18 日 金曜日
Instagram広告の効果、種類、課金方法のまとめInstagram広告の効果、種類、課金方法のまとめ Instagram広告とは Instagramは、誰でも写真や動画を投稿し世界中の人と共有できるSNSアプリです。Instagram広告とは、Instagram上で配信される広告です。 Instagramは匿名性の高いアプリで個人情報の詳細は入力しませんが、親会社で詳細な個人情報入力が必須なFacebookのプラットフォームから配信するため、広告を配信する際に精度の高いターゲティングが可能です。 Instagramには主に20~30代のユーザーが多く、アプリの利用率も半数以上と高いので、このような若年層がターゲットの企業はInstagramの運用・広告掲載が必須となってきています。 Instagram広告の出し方は非常に簡単です。Facebookのビジネスマネージャーを開設後、Instagramアカウントの連携し、Facebook上で広告アカウントを作成することでInstagram広告を出稿できるようになります。 Instagram広告の種類 Instagramには「ストーリーズ」「フィード」「発見タブ」の3種類の配信面があります。目的や予算に応じて適切なものを選びます。 Instagramの配信面①ストーリーズ ストーリーズは24時間で消える投稿なので、「今起こっていること」が掲載される傾向があります。そのため、企業の配信するストーリーズにもタイムリーな情報が求められます。そのため、キャンペーンの告知や期間限定セールなど時期性の高い広告に適しています。また、一定期間必要とされる情報の載ったストーリーズはカテゴライズしてハイライトに残せます。日本の毎日Instagramを活用するユーザーの70%がストーリーズを利用しているのでリーチ率が高いです。 ストーリーズ広告において画像の場合は5秒、動画の場合は最大15秒表示できます。画像のみテキスト入力が可能となります。 Instagramの配信面②フィード 自分のタイムライン(フィード)で自分がフォローしたアカウントの写真をスクロールしていると、フォロー外の投稿主の写真が出てきます。これがフィード広告です。自分がフォローしたアカウントの投稿が流れてくるため、ユーザーはフィードのコンテンツに興味が強いです。そのため、ユーザーの目に付きやすい...

ペイドメディアとは?メディア戦略と活用方法をご紹介!

2020 年 12 月 15 日 火曜日
ペイドメディアとは?メディア戦略と活用方法をご紹介!ペイドメディアとは?メディア戦略と活用方法をご紹介! ペイドメディアとは?仕組みを理解&解説! ペイドメディアとは、英語のpaid(支払われる)が語源であり、広告枠を使用したい企業が媒体に費用を払い広告を掲載する、いわゆるトリプルメディアの中の一種です。主な媒体の事例はTV、ラジオ、雑誌、新聞の4マス広告、Web広告、交通広告などが挙げられます。 ペイドメディアの役割とメリット ペイドメディアのメリットは2つあります。 1つ目は、興味や関心に関わらずに不特定多数へのリーチが可能になることです。マス広告など不特定多数に晒される媒体を使用することによって、本来は接点のない潜在顧客や低関心顧客へのリーチが可能になります。 2つ目は、訴求したい商材情報を伝えられることです。広告の出し方や手法は広告主側で決められるので、商材への印象をある程度コントロールすることができます。そのため、商材のメリットや有益な情報を効果的に訴求することで、ブランドイメージの向上に繋がります。 これらのメリットからペイドメディアの主な役割は、「不特定多数に対し、狙い通りの訴求ができること」だと考えられます。ペイドメディアへの広告出稿料金は必ずしも安くありませんが、訴求方法によってはそれに見合った高い広告効果を得ることもできます。 ペイドメディアと他メディアとの組み合わせ ネット社会の普及や個人の購買に対する価値観の変化を背景に、ペイドメディアと他のメディアを組み合わせて広告を発信することでより高い効果が期待されます。 オウンドメディア 自社サイト、自社SNSなど、広告主が自ら運用・管理するメディアです。オウンドメディアは既存顧客に対するアプローチが主なので、ペイドメディアと併せることで既存顧客に加え、潜在顧客に対してのアプローチも可能となり、より多くの消費者に広告を発信できます。またリピーターなどの企業ファンの獲得もしやすくなります。 アーンドメディア インフルエンサーや芸能人など信頼できる第三者を媒介し、PRや宣伝することでより高い信頼を得るメディアです。認知に強いペイドメディアと信頼性の高いアーンドメディアを組み合わせることで、不特定多数の人に信頼性の高い広告を発信でき、広告効果をより確実なものにします。 シェアードメディア Twitter、Facebook、Ins...

Instagramマーケティングとは?手法・方法や企業のまとめ

2020 年 12 月 15 日 火曜日
Instagramマーケティングとは?手法・方法や企業のまとめInstagramマーケティングとは?手法・方法や企業のまとめ Instagramマーケティングについて Instagramは20~40代の若年層を中心に日常生活に浸透しています。Instagramの公式HPには、「Instagramでは毎月10億以上がアクティブアカウントとしてカウントされている。」「90%のアカウントがビジネスアカウントをフォローしている」と表記があります。Instagramは写真を投稿するだけでなく購買機能やストーリーズの機能ツールの追加に伴い、多様な表現を可能にし消費者に強く訴求できる場所となりました。 このようなInstagramの大規模ネットワークと多様なツールを使用した企業によるマーケティング、ブランディングは現在、主流となっています。 Instagramの特徴 Instagramは写真や動画などのビジュアル投稿をメインとしているサービスです。 Instagramの投稿はフィードとストーリーズの2つがあります。フィードは、当初から存在する機能でアカウントのプロフィールに蓄積していく投稿で、ストーリーズは、比較的近年できた機能で24時間後に消える投稿です。これらの投稿手法はコンテンツ内容や目的に応じて使い分けることが多いです。 Instagramには「リポスト」と呼ばれるシェア機能はありますが、Twitterのリツイートのような拡散効果は少ないです。一方で、ハッシュタグを検索することで関連する写真や動画を探すことができます。このハッシュタグ機能からプロフィールへのユーザー流入が多いので、拡散を待つ受動的な姿勢よりも検索に引っ掛ける能動的な姿勢が求められます。 Instagramのユーザー数、コンテンツ数の増加を背景にユーザーの画面スクロール速度が上がり、その中からユーザーをより引き付けるコンテンツが必要になりました。しかし、コンテンツを消費されるだけでなく、蓄積できることもInstagramの特徴の一つです。マーケティング、ブランディングなど、どの企業施策においても「ユーザーを獲得し引き付ける」ことは絶対条件なので、コンテンツが蓄積されたフィード、アイコン、プロフィールなど、目に見える全てに「自社らしさ」と「ビジュアル」の付加価値を与え整備する必要があります。 近年のユーザーのInstagramの使い方 近年、Inst...

Web広告とは?メリットと12種類の手法をご紹介!

2020 年 12 月 15 日 火曜日
Web広告とは?メリットと12種類の手法をご紹介!Web広告とは?メリットと12種類の手法をご紹介! Web広告とは Web広告とは、インターネット上に存在する広告枠を持つ媒体に掲載される広告のことです。具体的な媒体事例としてはWebサイト、検索エンジンの検索結果欄、Twitter、LINE、InstagramなどのSNS、動画、メールなどが挙げられます。オンライン広告、インターネット広告、デジタル広告とも称されます。 大量情報時代とマーケティングツールの普及を背景にテレビなどのマス広告からWeb広告に広告市場が拡大しつつあります。従来のマス広告と異なり、Web広告は年齢や性別などの属性に合わせて広告が配信されるターゲティング性と、クリックすると広告の開閉が行われる双方向性が特徴的です。 Web広告のメリット DSP/SSP、DMPなどのデジタルマーケティングツールの普及により、ユーザーに応じて広告の表示が最適化され細かいターゲティングが可能になりより高い広告効果を出せるようになりました。また、マス広告と比べ低料金での運用、具体的な数値での広告効果の測定が可能となりました。運用中のデータを分析してターゲット属性を変更することも可能で短期間での広告効果が高く効率的な広告運用ができます。 WEB広告におけるターゲット層と種類の一覧 ターゲット階層は4段階に分類されます。 ・顧客層 自社商材を使用したことがある ・顕在層 自社商材で解決可能な課題があって、自社商材を認知している ・潜在層 自社商材で解決可能な課題があって、自社商材を認知していない ・低関心層 自社商材で解決可能な課題がなくて、自社商材を認知していない このような各ターゲット層に合った広告手法を選択します。 Web広告には多様な種類が存在します。 ・リスティング広告 ・アドネットワーク ・DSP ・純広告・バナー広告 ・SNS広告 ・メール広告 ・動画広告 ・リターゲティング広告 ・アフィリエイト広告 ・ネイティブアド ・記事広告 ・リワード広告 次の項目でweb広告の代表例の各種詳細をご紹介します。 Web広告の例①リスティング広告 リスティング広告とは検索ワードに応じて、検索エンジンの検索結果表示ページの上位に表示される広告のことです。 リスティング広告のターゲット 購買の後押しに繋が...

媒体とは?意味や広告媒体の種類について解説!

2020 年 12 月 10 日 木曜日
媒体とは?意味や広告媒体の種類について解説!媒体とは?言葉の意味と広告媒体の種類について解説! 媒体とは? 媒体とは、双方の間を仲立ちするものを表します。 広辞苑によると「媒介するもの。伝達の媒介となる手段。メディア。」と記述があります。 抽象的な表現が多いので具体例をお話ししましょう。 媒体の意味 「媒体」という言葉は主に ①病気の媒介物 ②伝達手段 の意味で使用することが多いです。 媒体の例文 媒体の例文をご紹介します。 ①「マラリアやデング熱の媒体は蚊である。」 ②「テレビは最も身近な広告媒体の一つである。」 媒体は上記のような文脈で使用します。 媒体の類語 類語の「媒介」と間違われやすいですが、 媒体は、双方を仲立ちする「そのもの」(主に名詞的用法)であり 媒介は、双方を仲立ちする「働き、現象」(主に動詞的用法)を意味します。 上記の例文①を言い換えると「蚊はマラリアやデング熱を媒介する。」になります。 媒体の英語 媒体は英語で「medium」といいます。「medium」は単数形なので複数形の「media」の方がよく使用されます。媒体と同じ意味でカタカナの「メディア」という言葉もよく使用されます。 マーケティングにおける媒体の意味とは 言葉の意味をマーケティング分野に限定し、意味を深堀します。マーケティング分野における媒体の意味は「テレビや雑誌、Webなど広告や情報伝達の媒介手段となるもの」です。上記の「②伝達手段」に当てはまります。時代の変化と共に様々な広告媒体が増え、現在では多くの種類の媒体が存在します。広告を出したい人(広告主)は、用途と目的に応じて媒体を選ぶ必要があります。 媒体の特徴と資料のご紹介 本記事では大きく3つ、さらに細分化して16つの媒体に分類しました。次項では各媒体のメリットや特徴と媒体資料、関連するマーケティング資料を合わせてご紹介します。 資料は無料でダウンロードできるので、興味があるものはお気軽にご活用ください。 【マス媒体】 テレビ ラジオ 雑誌 新聞 【SP媒体】 交通広告 屋外広告 POP DM チラシ プレゼントキャンペーン イベント 【インターネット媒体】 バナー広告 ネットCM リスティング広告 メルマガ SNS広告 マス媒体 テレビ テレビCMは...

ブランディングとは?目的と手法、会社の比較

2020 年 11 月 13 日 金曜日
ブランディングとは?目的と手法、会社の比較ブランディングとは?目的と手法、会社の比較 ブランディングとは ブランディングとは、消費者からの共感や信頼などの好感的な印象を得ることで、自社商品やサービスを競合他社と区別、市場におけるポジションを確立して自社商材の価値を高めることです。 「飛行機といえばANAとJAL」「旅行といえばJTBとHIS」「遊園地といえばTDLとUSJ」のように市場における位置づけを消費者のイメージに植え付けることで、消費者の認知や信頼感売上に繋がってきます。 ブランディングの目的 ブランディングを行う目的は「企業ブランディング」と「製品ブランディング」に分かれます。 企業ブランディング 企業ブランディングは企業のイメージアップをはかる戦略であり、これにより企業の認知度や高感度を高めることができます。例えば商品やサービスを新しく打ち出した時に、付加価値として「ここの会社の商品なら買っても大丈夫だろう」といった信頼を消費者から勝ち取ることができるようになります。もちろんこれが全てのケースに当てはまるわけではありませんが、このように企業に対して消費者から特定の良いイメージを持ってもらうことは、商品の販売時やブランド力を強化したいときなどに有効に働く場合があります。また企業に限らず、個人で事業を行っているフリーランスなどの場合にも、似たような個人ブランディングという手法を用いてブランド価値の向上を図ります。 製品ブランディング 製品ブランディングはプロダクトブランディングとも呼ばれ、製品のブランド力を強化し、消費者に特定の価値のある製品として認知してもらうものです。製品は品質がいいというだけではなかなか購入につなげることが難しく、製品そのものにブランドという付加価値がついてこそ購入したいという欲求を消費者から引き出すことができます。具体的には市場調査をもとに、主に製品のロゴや製品のキャッチコピーなどを改良し、リピートしてもらえるような製品のブランド力を築いていきます。 効果的なブランディング手法 効果的なブランディング手法をご紹介します。 トーン&マナーを活用する 広告やロゴ、パッケージデザインなど消費者の目に入る情報において、デザインや色のトーンなどを統一して発信するというブランディング手法の一つです。略してトンマナとも呼ばれ、このルールをしっかり守っていけ...

LINE広告とは?ターゲティング設定と媒体資料まとめ

2020 年 9 月 10 日 木曜日
LINE広告とは?ターゲティング設定と媒体資料まとめLINE広告の比較、一覧、まとめ LINE広告とは LINE広告(旧LINE Ads Platform)とは、コミュニケーションアプリ「LINE」に広告出稿するための運用型広告配信プラットフォームです。 LINE広告を利用した広告戦略の全般をLINEマーケティングといいます。 生活インフラとして定着しているLINEはユーザー数が多く集客ツールとしても効果的です。LINEの2020年9月末時点での月辺りのアクティブユーザー数(MAU)は8,600万人で、老若男女問わず連絡手段としてLINEを使用している人が多いので様々な年代層に訴求することができます。 LINE公式アカウント(旧LINE@)から友だちへ配信するメッセージは、LINEのトーク画面に直接届きポップアップなどで通知されます。 別途アクセスして画面を開く手間が省ける面で情報伝達力に優れている媒体です。 LINE広告のターゲティングの設定 LINE広告のターゲティング方法は「LINEデモグラフィックデータ配信」「オーディエンス配信」「類似配信」の3種類です。 LINEデモグラフィックデータ配信 LINEデモグラフィックデータ配信では様々なでもグラフィックの予測データに基づき、指定されたターゲットに応じて広告配信されます。この予測データはLINEの登録データやスタンプ購入履歴などから判別されるみなし属性をもとに構成されています。LINEはFacebookなどと異なり実名を公開しなくても使用できるSNSです。そのため、LINEのユーザー数は他のSNSと比較してダントツで多いですが、属性データはあくまで「みなし」で確実でないので高い精度のターゲティングでの広告配信は苦手です。セグメントは地域、年齢、性別、OS、興味関心、行動、属性(携帯キャリア、推定収入、配偶者の有無、子供の有無)で設定できます。 オーディエンス配信 オーディエンス配信では、広告主が決めた一定条件を満たしたユーザーに対し広告を配信できます。一定条件とは、特定のサイトページを訪問していたり、自社会員リストの電話番号とユーザーデータを照会して顧客してオーディエンスを作成したり、公式アカウントの友達登録ユーザーまたはブロックユーザーに焦点を当てたりすることができます。 類似配信 類似配信では、オーディエンス配信で使用されたオーデ...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る