テレビとYouTube【徹底】比較資料

Powered by ドルフィンスルー株式会社

メディアレーダー
テレビとYouTube【徹底】比較資料の媒体資料
資料更新日:2020/10/01

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • TVvsYouTube.pdf(0.97MB)
テレビとYouTubeを【徹底】比較することで映像メディアの理解が深まる資料です。

日本で初めてテレビCMがオンエアされたのは1953年。そして、日本で初めて YouTubeに動画がアップロードされたのは2005年。テレビもYouTubeも、映像による社会的な影響力は絶大です。また、広告主をスポンサーとしてユーザーは無料で視聴できるのが共通点です。
しかし、 テレビはテレビ局が映像コンテンツを制作したオンエアするのに対し、YouTubeは誰でも映像コンテンツをアップロードできます。YouTubeを販促やブランディングに利用する「チャンネルプロデュース」をご提案します。

テレビとYouTubeをマーケティング視点で徹底比較して映像メディアへの理解を深めましょう。
【資料の内容】
・テレビとYouTube
・日本の広告費の推移
・テレビメディアの概要
・テレビCMの種類「タイムとスポット」
・YouTube 広告の種類
・YouTube のコンテンツ管理システム
・まとめ コミュニケーション構造比較
・YouTubeでのチャンネルプロデュースのしくみ
・ドルフィンスルー株式会社について
・ドルフィンスルー株式会社の制作例
メディアのしくみとパワーの本質がわかる資料です。
オススメ
以下のような内容(一例)です。

国内のテレビの普及率は99%で世帯当たり保有台数は約2台ともっとも普及しているメディアです。(総務庁平成29年度資料より)一方、YouTubeは、世界中の10 億人以上のユーザーに利用されており1 日あたりの動画視聴時間は10億時間を超えます。(2017年1月グーグル公表資料より)

日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京の放送エリアは、東京・千葉・神奈川など関東全域でエリア内世帯数はおよそ1,944万世帯。
関西およそ968万世帯。中部およそ465万世帯(広告主協「民放テレビ局エリア調査21次」より)エリア内世帯数がテレビのパワーの源泉なのです。

テレビCMの約85%は15秒。ただし、15秒CMの音声は14秒。スポットの料金はCMの本数ではなく、獲得が想定されるGRP(Gross Rating Point:のべ視聴率)を基準とします。視聴率1%あたりの単価計算となります。

では、YouTubeは?どうなのか?(ぜひ、ダウンロードしてご覧ください)

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • TVvsYouTube.pdf(0.97MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top