導入するだけでは意味がない?【使える】チャットボットを育成する方法

Powered by 株式会社スピードリンクジャパン

メディアレーダー
導入するだけでは意味がない?【使える】チャットボットを育成する方法の媒体資料
資料更新日:2021/09/09

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • 導入するだけでは意味がない?【使える】チャットボットを育成する方法(2.04MB)
新型コロナウイルスの流行により、多様な働き方が浸透してきました。
その中で、これまで以上にチャットボットへの注目も高まっています。

一方で、チャットボットの導入後、
●質問をしても「よく分かりません」と言われるばかりで全然解決しない(回答精度が上がらない)
●回答内容が古くて、利用できない
●新しい規則やシステムが導入されたのに、それに関するFAQが追加されていないから使えない
●チャットボットの利用数が伸びず、対応工数が減らない
●思った以上に運用する時間が必要だった。でもその時間を捻出できない
こうした声も度々聞かれます。

AIチャットボットを成功に導くか否かは、【メンテナンス】によって大きく変わります。
実は、公開した直後の回答精度は良くて【60%程度】という状況です。
作成者が想定していない質問が入力されることが主な要因であり、公開前にそれらをすべて網羅することは現実的に困難です。

使えるAIチャットボットにするには、【公開後ユーザーから多くの質問をしてもらい、それを基にチューニングを行うこと】【公開から3か月後に回答精度80%を目指すこと】が重要です。

AIチャットボットは自動で賢くなりません。
人の目と手でメンテナンスをする必要があります。
どのようなメンテナンスをすれば回答精度が高いAIチャットボットになるのか、本資料でご案内します。
オススメ
◆◇◆M³(エムキューブ)は『導入~育成まで完全フルサポート』いたします! ◆◇◆

【1】元となるQAデータを社内で持ち合わせていない
【2】シナリオを作成する時間や人手、知識が足りない
【3】導入、メンテナンスにかかる費用面で手が出ない

■M³は導入から育成までフルサポート、「使えるチャットボット」へ育てます
 お求めやすい価格で導入前~運用までフルサポート。
 まずはどういったことでお悩みか担当までお気軽にご相談ください。
 お悩みに応じたプラットホームをご提案いたします。
■毎月の会話データを分析し、CVへ導くシナリオへブラッシュアップ
 会話をデザインするプロ集団がデータ解析を行い、毎月レポーティングいたします。

詳しくは、サービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
まずはお気軽に資料ダウンロード&お問い合わせください!

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • 導入するだけでは意味がない?【使える】チャットボットを育成する方法(2.04MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について メディアレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top