グローバル40,000アカウントが利用するGoogle広告不正クリック対策ツール

Powered by SOPHOLA株式会社

メディアレーダー
グローバル40,000アカウントが利用するGoogle広告不正クリック対策ツールの媒体資料
資料更新日:2021/05/19

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • 20210224_SOPHOLA_アドフラウド_ver1.0.pdf(5.02MB)

メディアレーダー特別割引

メディアレーダーを見たとお伝えいただければ、アカウントモニタリング・保護の有料サービス利用の初月分無料
弊社戦略的パートナーである英国のPPC Protect社は、2016年にデジタルマーケティング、サイバーセキュリティーの専門家4名によって設立されたマーケティングテクノロジー企業です。同社が独自に開発した技術によって、Google広告(検索、ディスプレイ、ショッピング広告)のすべてのクリックデータをリアルタイムに分析、不正なクリックかどうかを瞬時に判別し、不正クリックが発生しているIPアドレスを自動的にブロックすることが可能となります。

PPC Protect社は英国の様々なアワードのみならず、国際的なデータセキュリティー/コンプライアンスの認証を受けているSaaSソフトウェア企業でもあります。

PPC Protect社は、以下の4つのステップを踏み、クリックデータをリアルタイムに分析し、Google広告のクリックを適正、不正(および疑わしい)クリックかどうか瞬時に判別しています。また、同時に不正クリックが発生しているIPアドレスを自動的にブロックすることで、悪質なユーザーやボットによる広告コストの無駄な浪費を防止します。(ソリューション導入は、数分で完了します)

STEP1:クリックデータの収集・分析
Google広告へのクリック発生後100ミリ秒以内にクリックデータを収集、分析にかける。

STEP2:250以上のシグナル分析
250以上のシグナル(例:IPアドレス/ネットワーク、デバイスタイプ、ロケーション、クリック頻度)を分析、不正クリックかどうか判断。同時に、同社の不正クリックユーザーリストと照合。

STEP3:不正判断した場合、IPアドレスをブラックリストに追加
クリックが不正と判断されれば、該当ユーザーを同社およびGoogleのブラックリストに追加。

STEP4:ブラックリストを基に対象IPアドレスを自動ブロック
Google広告のIPアドレス除外の上限数を加味し、除外すべきIPアドレスの優先順位付けを行いつつ、対象IPアドレスを自動ブロック。
オススメ
グローバルにおいてクリックフラウド領域にはPPC Protectと類似した機能、サービスを有するSaaSベンダー企業が多く存在しています。その中でもPPC Protect社は、Google広告においてルールベースからAIを用いた不正クリック検知からの自動IPアドレスブロック除外の一連のプロセスを世界で初めて完全自動化したプラットフォームになります(※同社調べ)。主なブランドやエージェンシーの例としては、以下になります。

[ブランド]
・NIKE
・マクドナルド
・SHAKE SHACK
・DIESEL
・ヒューゴ・ボス

[エージェンシー]
・Performics
・ピュブリシス・グループ

本ソリューションを活用することで、企業規模に関わらずGoogle広告のクリックフラウド対策ができるようにご支援していきます。
※参考:国内トライアル実績例
2020年11月12日〜25日にトライアルでは、業界・予算規模が全く異なるクライアント企業で実施しました。クリックフラウド率の最も高かった大手銀行カードローンサービスでは、クリックフラウド率が41.2%という非常に高い数値結果となりました。

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • 20210224_SOPHOLA_アドフラウド_ver1.0.pdf(5.02MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について メディアレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top