機会損失防止!CV最大化!LTV向上!LINE×チャットボットによる新・購買体験

Powered by 株式会社wevnal

メディアレーダー
機会損失防止!CV最大化!LTV向上!LINE×チャットボットによる新・購買体験の媒体資料
資料更新日:2021/10/22

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • 機会損失防止!CV最大化!LTV向上!LINE×チャットボットによるヒアリングファーストの購買体験「BOTCHAN Engagement」.pdf
昨今、デジタルマーケティングにおいては様々な課題があり、売り上げ拡大の壁に直面する企業が多く存在します。
例えば、D2C企業であれば薬機法・景表法の規制強化があります。その他の業種の企業においても、競合商品(サービス)の新規参入による情報過多、ITP2.3やiOS14のアップデートによるWEB広告への影響などにより、これまで以上に新規顧客獲得が難しくなっていたり、コストがかさむといった課題はよくあることでしょう。

新規顧客を増やすために、広告媒体の選定、ランディングページの改修に多くの時間とコストをかけている企業がほとんどかと存じますが、本当にそれだけでいいのでしょうか?
ランディングページの離脱率は平均90%程度といわれています。
見込み顧客が広告に接触して即購入するケースは少ないのです。多くの見込み顧客が一度離脱し、他社商品(サービス)と比較検討し、購入の意思決定をします。
せっかく集客した見込み顧客を競合他社に取られる可能性は低くはありません。

つまり、離脱する見込み顧客に自社商品(サービス)の情報を的確に届けて、刈り取る場があれば機会損失を防ぐことができるというわけです。

本サービスでは、そんな機会損失を防ぎ、CVを最大化させることができます。
具体的には、LINEのトーク画面上でチャットボットによるヒアリングファーストのコミュニケーションによって、見込み顧客の求める情報の提供、悩みや懸念に合わせた接客・販売ができ、高いCVRでCVを獲得します。

マーケティングご担当者様の痒い所に手が届くサービスとなっておりますので、ぜひ資料をご一読いただければと思います。
オススメ
企業側のメリットと顧客側のメリットを、それぞれ3つずつお伝えします。

【企業側のメリット】
①追加で広告費・運用工数をかけず追客ができ、CVを獲得することができる
②ヒアリングファーストのコミュニケーションによりパーソナライズした情報を提供できるためCVRが高い
③顧客それぞれに合った接客ができ、納得性が高いためLTVが向上しやすい

【顧客側のメリット】
①普段から使い慣れたLINEで操作できるためストレスが少ない
②他人に相談しづらい悩みを抱えていても、チャットボットの接客を通じて自分に合った商品に出会える
③商品への理解を深めたうえで購入できるため満足度が高い

納得性の高い接客・購買体験によって、高CVR・高LTVを実現することが可能です。

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • 機会損失防止!CV最大化!LTV向上!LINE×チャットボットによるヒアリングファーストの購買体験「BOTCHAN Engagement」.pdf(MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について メディアレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

めでぃぱす

クラウドレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top