「位置情報」のマーケティング資料一覧

検索結果:6件の媒体が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2017/01/17

リクルートと電通のジョイントベンチャーとして設⽴したブログウォッチャーでは、
位置情報データを活用した、広告やデータ分析などを開発・提供しています。

■プロファイルパスポートAD
生活エリア情報や来店情報を活用し、
高精度のターゲティング配信ができるスマホディスプレイ広告
”見込みがある人に、効率的な来店促進の実現”

■プロファイルパスポートDMP
御社店舗と競合店の来店状況を比較した分析に

■プロファイルパスポートSDK
位置情報を用いたプッシュ通知が可能なアプリ開発、O2O施策を可能に
”店舗の近くに来たときに、今すぐ使える情報やクーポンをプッシュ通知”

>>資料の詳細を見る

位置情報アドネットワーク「GeoLogic Ad」

資料更新日:2017/01/16

新しい形の位置情報アドネットワーク。
・スマートフォンの位置情報データをもとに「都心の高層マンションセレブ」「子育てマイホーム」「ひとり暮らしの都市労働者」などの独自のマーケティングセグメントを指定して配信
・ユーザーの現在位置を半径を指定して配信するジオフェンスも可能
・大学キャンパスを偏差値別に狙ったり、鉄道路線でのターゲティングもできる足あとターゲティング
・位置情報系メニューはすべて安心のCPC課金

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/01/13

先日、海外高級ブランドが相次ぎ値下げをするという記事が日経新聞に掲載されていましたが、もはや高額消費を牽引してきた訪日観光客の需要が⽇⽤品へとシフトし始めている中、今年の年末は、日本人の消費欲をどう刺激するのかが重要なポイントになってくることが予想されます。

モバイルの位置情報を基に昨年12月の生活者動向を分析して、今年の年末需要を捉えるためのポイントについて検証いたします。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/01/13

広告の世界で当たり前になりつつあるWeb行動データの活用。

今や、多くの企業が自社の会員データベースで把握できる属性情報とWeb行動データの紐づけを通して、ユーザーの趣味嗜好・行動パターンの分析を行い、ターゲティングに活かしています。

しかし、一見万能に見えるWeb行動データですが、実は多くの人が見落としているポイントがあります。

それは、Web上の行動は日常の一部でしかないということ。

実際にクリックや検索をしているからといって、ユーザーの属性やライフスタイルならびに生活特徴はわかりません。

それはユーザーが当たり前のように過ごしている日々の生活と、何かについて「もっと知りたい」と思いながらネットで調べる瞬間が必ずしも一致しないからです。

そこで、今注目されているのが「リアルデータ」です。

本資料では「リアルデータ」により、広告配信がどのように変革するのかを詳しく解説していきます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/01/13

通信キャリアの位置情報を、いままでビジネスでの活用は難しかったのですが、匿名化しての利用を構築し、位置情報の広告活用を実現しました。

通信キャリアのユーザー属性と過去/現在に検知される場所×日時というリアルな行動パターンを基にしたセグメント配信が可能です。
既存のGPSを活用した位置情報やWeb上での行動履歴を分析したターゲティングに比べ、精度が高いのが特徴です。

モバイルを活用した広告が行えるため、リアル店舗の集客などにご活用をいただけます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/10/31

ポケモンGOの大ヒットを受けてマーケティングにおける位置情報活用の可能性は広まっています。

ユーザーのリアルな行動の瞬間を捉えるジオロケーションデータを、高精度で収集し広告配信などのデジタルマーケティング施策に活かすプラットフォームの活用をご紹介致します。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top