株式会社ヒット

企業名 株式会社ヒット
所在地 東京都中央区銀座7-14-14 GINZA7ビル

株式会社ヒットの資料一覧

●圧巻4連続ビジョン!「新御堂筋デジタルLEDボード」大阪 資料更新日:2019/10/21
とんでもない媒体が完成したんです!!
関西一の交通量でお馴染みの新御堂筋に。

車からも電車からもメチャクチャ見えます!!
あの付近を通ると間違いなく目に入ってきます。

設置した場所には絶対の自信があります。

新大阪と梅田の導線ですよ?
800mもある橋を渡った一番手前ですよ?
4面も連続して出るんですよ?

この媒体の価値が分からないよーという方、
、、いない?、、念の為、、、、
その気持ち全然分かりません!!!

点灯した時のあの喜び、、あの衝撃、、
そしてお問合わせの嵐。

私たちは今日から忙しくなる事、、
心よりお喜び申し上げます。

~大阪・新御堂筋デジタルLEDボード4面~
通称『新御堂デジ4(フォー)』 >>資料ページへ
●道頓堀!最大級のLED大型ビジョン!『ツタヤエビスバシ ヒットビジョン』 資料更新日:2019/10/21
見てください!この形!!

このビジョンは広告媒体としてのインパクトはもちろん、
クリエイティブを作る方、見ている方、全員にワクワクしてもらえる媒体です!

全面連動で1つの画にするも良し、縦3段積みにして3面シンクロするも良し、真ん中を静止画にして上下に動画で動きを付けるも良し、下2面は静止画で大きな1面ポスター使いで上に動画を入れるも良し。

考え始めたらキリがない放映パターン!!

TSUTAYAの店舗壁面に設置しているため、放映しながら店舗でサンプリングなどのイベントを実施することもできます。

すぐ目の前にはグリコの看板もあるので、立地も最高です!!

大きくてインパクトのある広告媒体が少ない関西エリアで、
デジタルサイネージとなると数えるほどしかありません。
ツタヤエビスバシヒットビジョンは関西NO.1と言っても過言ではなく、
現地で見ると他を圧倒する迫力です!!

ほな、全国!いや、、全世界からの連絡を心よりお待ちしております!! >>資料ページへ
●日本最大級LEDビジョン!『シブハチヒットビジョン』渋谷スクランブル交差点! 資料更新日:2019/10/21
Q.あなたは渋谷のスクランブル交差点にビジョンがあることを知っていますか?
A.はい、知っています。

・・でしょうね。

日本中の誰もが知っている『渋谷スクランブル交差点』その中でも圧倒的な存在感と大きさを誇るビジョンがある。
ハチ公前で待ち合わせをする人、道玄坂へ向かう人、センター街に向かう人、オフィス街からバスターミナルに向かう人、宮益坂を降る人、ヒカリエにいる人、この全てを視認範囲とするビジョンである。

数年前、4マス媒体のスクラムを崩したデジタル系広告も、今や媒体・スペースが増え続け、溢れ出ている現状。

そんな中、変わらず成長を続けるDOOH。

あなたは本当にこのビジョンの良さを知っているだろうか。。

日本の屋外広告界で中心に君臨する渋谷スクランブル交差点、
中でも最大級の大きさとインパクトを誇るビジョン、、
唯一無二の存在、、、その名も、、、、

『シブハチヒットビジョン』 >>資料ページへ
●『NEXT21』東京大阪ロードサイドビジョン23面(21面保証)の最強セット!! 資料更新日:2019/10/21
この媒体について、興味深いお話しをしましょう。


1991年 HITはロードサイドで看板の運営を始めました。

2012年 HITはロードサイドにLEDビジョンを設置しました。

2013年 〇業界の〇〇〇というカテゴリーは、前例のない上がり幅で過去最高のシェアを記録。

2015年 〇業界の〇〇〇は前年比を超え、更にシェアを拡大。

2016年 〇業界の〇〇〇は前年比を超え、更にシェアを拡大。

2017年 〇業界の〇〇〇は前年比を超え、更にシェアを拡大。

2018年 〇業界の〇〇〇は前年比を超え、更にシェアを拡大、過去最高のシェアを記録。

〇業界の〇〇〇は私たちが運営するロードサイドのLEDビジョンを
最も活用して頂いているカテゴリーです。


そして2019年、、、
この情報を聞きつけたかのように、
それぞれの業界の最大手企業様が続々と実施を始めました。

なぜ違う業界の最大手企業がこの媒体を選ぶのか?
それはこの媒体に明確なターゲットが存在しているからです。

・30~50代
・富裕層
・役職者
・電車や駅でリーチ出来ない層


やれば分かるさ、何事も。
使えば分かるさ、媒体も。


皆様、〇の中に文字を入れ、
この媒体のお問い合わせと合わせて〇の答えをご連絡ください。

見事に〇の中を当てられた方には、
ダウンロード頂いた資料に載っているプランのご活用時期、
空き状況などについてお打合せをさせて頂きます。


この媒体をご活用頂くかは、、あなた次第です。 >>資料ページへ
●リニューアル!センター街『渋谷ジャックボード』イベント感満載!! 資料更新日:2019/10/21
【10~30代の若者向け】というキーワードがあれば、
この渋谷ジャックボードはマストです!!

大人気の渋谷エリアで、
皆様埋まっているだろうと諦めがちですが、
意外と空いている週があったりします!!

しかも『渋谷センター街』という超有名な場所では考えられない、
コストパフォーマンス!!

このページを見ているあなたは、間違いなく今日の運勢が良いでしょう。

なぜかって?

日本中の若者で知らない人はいない、
「渋谷センター街」のこんな穴場媒体に出会ってしまったのだから。。

どうせ空いてないでしょとか、どうせ高いんじゃないかとか、
先入観は時としてチャンスを見逃す原因になります。 >>資料ページへ
●【圧倒的ボリューム感】富裕層・経営層向け ターゲティングDOOHパッケージ 資料更新日:2019/10/21
「富裕層や決裁権者へ直接アプローチ」したいが

富裕層は公共交通機関を利用しない。どうすれば。。。

明確なターゲットに最大のインパクトを与えることができる、
最強の認知力を持つ媒体です!!
富裕層、経営層をターゲットに広告展開をしようとお考えの方、
必ず候補に入れて、社内をあっと言わせましょう!!

決して安いですよとは言いません。
でもこの価格でここまでのことができるなら、使う価値、間違いなくあります!

この媒体を使うと掲出期間中『圧巻』を体感しに広告主企業の関係者様が、
掲出場所に何度も訪れ、溢れ、、、渋滞が発生するとか、、しないとか。

皆様、今後この掲出箇所がいつもよりが混んでるなと思ったら、
広告を実施している企業の関係者様が『圧巻』を味わいに来ているからとか、、じゃないとか。

渋滞していても企業の関係者様は全く悪くありません!
この媒体に魅力があり過ぎるから自然な行動なんです、、、とか不自然だとか。

詳細は、、、まずはダウンロードしてからお話ししましょう。 >>資料ページへ
●「Hit-movi」ビジョンと連動で配信!追いかけ配信で訴求率アップ!! 資料更新日:2019/10/21
ヒットの大型LEDビジョンに放映中の映像と連動する「HIT-movi」。
リアルタイム配信はもちろん、追いかけ配信も可能!!
配信エリアも繁華街のヒット大型LEDビジョン半径200mにある
スマートフォンのGPS情報を入手しリアルタイム・追いかけ配信!

首都高速LEDビジョンは、首都高速道路を走行中の
スマートフォンGPS情報を入手し、リアルタイム・追いかけ配信!

配信セグメントを設定可能で、配信先はアプリ広告、インフィールド広告、動画広告など
さまざま状況に合わせ配信されます。

ヒットLEDビジョンと「HIT-movi」を組合わせることにより
訴求率アップ間違いなし!! >>資料ページへ
●圧巻!!!『首都高セットボード』30面セット・2週間~ 資料更新日:2019/08/20
『圧巻』

この言葉が一番合うと思います。

首都高に乗られたことがある方で、
「見たことないよ」という方はダウトです。

絶対見たことあるはずです。

これ程までにロードサイドを彩る事が出来る、
インパクトの強い媒体は、類を見ません。

明確なターゲットに最大のインパクトを与える事が出来る、
最強の認知力を持つ媒体です!!

・男性
・企業決裁者
・車関連
・富裕層

この4つの中に1つでもターゲットが当てはまる広告展開をしようとお考えの方、
間違いなく候補に入れて、社内をあっと言わせましょう!!

決して安いですよとは言いません。
でもこの価格でここまでの事が出来るなら、使う価値、間違いなくあります!

この媒体を使うと掲出期間中『圧巻』を体感しに広告主企業の関係者様が、
首都高に何度も訪れ、溢れ、、、首都高が渋滞するとか、、しないとか。

皆様、今後いつもより首都高が混んでるなと思ったら、
このボードを実施している企業の関係者様が『圧巻』を味わいに来ているからとか、、じゃないとか。

渋滞していても企業の関係者様は全く悪くありません!
この媒体に魅力があり過ぎるから自然な行動なんです、、、とか不自然だとか。

詳細は、、、まずはダウンロードしてからお話ししましょう。 >>資料ページへ

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top