LINE株式会社

企業名 LINE株式会社
所在地 東京都新宿区四谷一丁目6番1号 四ツ谷タワー23階
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2021/07/13

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチは、約540万人の国内最大級のスマートフォン調査パネルをもつリサーチサービスです。
その中でも、10代・20代の登録者が約280万人と、他社の調査では回収が難しい若年層の生の声を多く回収する事ができるモニター組織です。
実績として、新成人15,000人アンケート、大学生30,000人、高校生20,000人を対象とした大規模調査などがございます。

豊富な若年層モニターを活かし、LINEリサーチで3ヶ月ごとに若者のトレンドを把握する「流行調査」を実施しています。
この調査では、四半期ごとの流行を選択肢式ではなく「純粋想起※」で答えてもらっています。
※ヒントを与えずに自由回答で記入してもらう形式

本資料では、最新の「流行調査」の結果を30位まで、男女×年齢区分別にご紹介します。
若年層、若者、Z世代など、若者のトレンドは一括りにされやすいですが、
『高校生』『大学生』『若手社会人』は数年の違いでライフステージが全く異なりますので、
ぜひ本資料でそれぞれの傾向をご参考ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/07/09

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチは、業界最大級のリサーチプラットフォームです。
保有するアクティブモニターの総数は約540万人。10-20代の若年層が豊富です。
また、他社アンケートモニターへ「登録していない」フレッシュサンプルの割合は約7割。

【LINEリサーチの特徴】
①スマホ時代にあうモニター組織
②豊富な若年層のモニター
③LINEならではのスピーディーな回収

【目次】
01_サービス概要
・LINEリサーチとは
・LINEリサーチモニターデータ

02_リサーチメニュー
・リサーチメニューについて
・サポートコースとは
・サポートコース 写真提出機能について
・サポートコース サブパネルについて
・サポートコース 料金
・サポートコース ご利用フロー
・ライトコースとは
・ライトコース 料金
・ライトコース ご利用フロー
・定性調査とは
・定性調査 料金
・定性調査 ご利用フロー

03_よくある質問・お問合せ
・LINEリサーチについて
・サポートコースについて
・ライトコースについて
・定性調査について
・お問合せ

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/07/09

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

ピンポイントな時間指定の瞬間的な調査や、毎日のコーデ写真などデイリーリサーチに。

【LINEリサーチのチャットBOTリサーチの強み】
①LINEのメッセージ配信のためリアルタイム性のある回答を取得できる
②全国530万人以上のモニターから調査対象を探すことができる。
③フレッシュなモニターが多く、番組や商品に対するリアルな声を取得できる。

【媒体資料の内容】
・チャットBOTリサーチの概要
・チャットBOTリサーチ <TV番組評価パッケージ>
・チャットBOTリサーチ <TV番組評価パッケージ>スペック
・チャットBOTリサーチ <ファッションスナップパッケージ>
・チャットBOTリサーチ <ファッションスナップパッケージ>スペック
・チャットBOTリサーチ ご利用フロー
・LINEリサーチへのお問い合わせ

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/07/09

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチでこれまで実施していた対面のインタビューに加えて、
オンラインインタビューの提供を開始しました。

コロナ禍で難しかった定性の調査もオンラインインタビューなら対応可能です。

国内最大級のモニター数を保有するLINEリサーチだから出現率の低い・珍しい属性の調査も可能です。
また、他のアンケートモニターに登録していない方が多く、
調査慣れしていないリアルな声を聴取することができます。

現在、デプスインタビュー、グループインタビューの対応が可能です。

【資料の内容】
・定性調査について
└実施概要や参考事例
・オンラインインタビューについて
・定性調査(対面インタビュー/会場調査)ご利用の流れ
・定性調査(オンラインインタビュー)ご利用の流れ
・定性調査 料金目安
・LINEリサーチへのお問合せ
・LINEリサーチの情報

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/07/09

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチのオープン型リサーチは、QRコード※やアンケートURL、Beaconを利用して
LINEアプリからアンケートを実施できるメニューです。
※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。

あなたが声を聞かせてもらいたい人は、普段何を使っていますか?
コミュニケーションはもちろん、サービスも広告も、
あらゆるものがスマートフォンへシフトしています。
LINEリサーチがあなたのスマホリサーチのお手伝いをいたします。

【オープン型リサーチができること】
①LINEアプリがあれば誰でも回答可能
②インセンティブにLINEポイント
③公式アカウントの活用や友だち追加
④回答結果はリアルタイムにwebレポートで

【媒体資料の内容】
・オープン型リサーチとは?
・オープン型リサーチでできること
・オープン型リサーチ実施フロー
・機能:LINEポイントを謝礼として利用
・機能:リアルタイムレポート
・オプション機能:回答後遷移先指定
・オプション機能:自動友だち追加(コンサルプランのみ)
・オプション機能:UID提供(コンサルプランのみ)
・調査スペック
・実施費用とオプション費用
・セルフプラン実施までの流れ
・コンサルプラン実施までの流れ(ご相談ください)
・LINEリサーチへのお問合せ

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/07/09

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチでは多様な広告効果測定が可能です。

・LINE広告出稿時の広告接触ログを活用した「ブランドリフト調査」
・LINE公式アカウントをフォローしている方を対象にした「公式アカウントフォロワー調査」
・マス広告・デジタル広告などの出稿効果を測る「ブランドリフト・クロスメディア調査」
・テレビCMなどのマス広告出稿期間中に、広告や訴求内容の認知度、広告の好意度やイメージ等を
 毎日測定しレポートする「広告認知デイリー調査」

LINEリサーチを利用することで、LINEならではの調査はもちろん、効果的なプロモーションやプランニングをサポートする調査が可能です。


【目次】

01_LINE広告専用 ログ連携リサーチパッケージ
・ブランドリフト調査 概要
・ブランドリフト調査 調査スペック
・ブランドリフト調査 調査項目
・ブランドリフト調査 報告書イメージ
・企業アカウントフォロワー調査 概要
・企業アカウントフォロワー調査 調査スペック
・企業アカウントフォロワー調査 調査項目
・ログ連携リサーチパッケージ 実施の流れ

02_その他広告のカスタムリサーチ
・ブランドリフト クロスメディア調査
・広告認知デイリー調査
・広告クリエイティブ調査
・カスタムリサーチ 料金体系・料金表

03_LINEリサーチの実施ポリシー/お問い合わせ

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/04/20

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

この資料がおすすめの方
☑ 食品/飲料/日用品など消費財メーカーの方
☑ 小売関係の方
☑ 広告関係の方
☑ マーケティング/マーケティングリサーチに興味のある方

LINEリサーチは、540万人以上の国内最大級のスマートフォン調査パネルをもつリサーチサービスです。その中でも、10代・20代の登録者が約280万人と、他社の調査では回収が難しい若年層の生の声を多く回収する事ができるモニター組織です。

LINEリサーチでは継続的にマーケティングの必須情報であるブランド認知や利用・継続意向を
様々なカテゴリーで聴取し、自主レポートとしてまとめております。

今回は日頃から飲用頻度の高い「お茶飲料のブランド浸透度」調査レポートをお届けします。
止渇や癒し、 健康増進など様々な特徴をもつ18ブランドのリサーチ結果をまとめております。
ブランド認知や飲用経験・頻度・意向を性年代別(13歳~59歳の男女)にご覧いただけます。

また、実際にLINEリサーチのアンケートを体験できる体験用アンケートもご用意しておりますのでこの機会にお試しください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/02/22

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

【ジオターゲティング調査とは】

位置情報を利用して、特定エリアを訪れたことがあるLINEアンケートの
モニターへアンケートを配信することが可能です。
屋外広告の接触者、店舗や商圏の利用者・居住者等へ調査を行う際に有効な調査メニューです。

【ジオターゲティング調査だからできること】

LINEリサーチの約540万人の調査パネルと位置情報の利用を許諾している
LINEユーザーの規模から、特定地点での調査を効率的に実施できます。
これまで対象者の抽出や調査の実施が難しかった特定エリアに関連した調査にもご利用いただけます。
LINEリサーチが保持するモニターの属性情報を基にセグメントすることで、
年代ごとのアンケート回収数をコントロールすることも可能になります。

【このような調査が実施ができます】

*特定の商業施設を中心に半径2km圏内の利用者・居住者にアンケート
*屋外広告の付近にいた人に広告の印象を聴取
*対象サービスの利用者や居住者のインサイト発見!

【目次】

・LINEリサーチとは
・ジオターゲティング調査概要
・実施できる内容
・利用パターン
・調査フローと費用
・LINEリサーチメディア掲載/参考資料
・LINEリサーチへのお問合せ

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/12/23

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

本レポートは、LINEリサーチのセルフ型アンケート「ライトコース」で実施をした
高校生・大学生の実態調査(身支度編)になります。
LINEリサーチは高校生の6人に1人が、大学生の5人に1人がLINEアンケート会員という
若年層に非常に強い、リサーチサービスです。高校生、大学生が学校に行く前の
「身支度」としてどのようなことをしているのか実態をご紹介します。

LINEリサーチのライトコースでは、2020年12月に、世界中で利用されている
ビジュアル分析プラットフォーム「Tableau」を活用したWEB集計機能を
新たに追加しました。無料のアカウントさえあれば、だれもが手軽に、
2、3日でスピーディーに調査を実施することができます。

LINEリサーチのライトコースの調査結果が、「Tableau」を活用した
WEB集計結果によってどのように見えるのか、ぜひ本調査レポートをご参考いただき、
今後のライトコースの活用およびLINEリサーチについてご検討ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/12/23

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

本レポートは、LINEリサーチのセルフ型アンケート「ライトコース」で実施をした
ランキング調査になります。2020年、流行を巻き起こしている「鬼滅の刃」について、
年代や男女別にどのような傾向があるのか、コラボ商品などは
どのくらい購入されているのかなどをご紹介しています。

LINEリサーチのライトコースでは、2020年12月に、世界中で利用されている
ビジュアル分析プラットフォーム「Tableau」を活用したWEB集計機能を
新たに追加しました。無料のアカウントさえあれば、だれもが手軽に、
2、3日でスピーディーに調査を実施することができます。

LINEリサーチのライトコースの調査結果が、「Tableau」を活用した
WEB集計結果によってどのように見えるのか、ぜひ本調査レポートをご参考いただき、
今後のライトコースの活用およびLINEリサーチについてご検討ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/11/20

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

この資料がおすすめの方
☑ 食品/飲料/日用品など消費財メーカーの方
☑ 小売関係の方
☑ 広告関係の方
☑ マーケティング/マーケティングリサーチに興味のある方

LINEリサーチは、約534万人の国内最大級のスマートフォン調査パネルをもつリサーチサービスです。
その中でも、10代・20代の登録者が約280万人と、他社の調査では回収が難しい若年層の生の声を多く回収する事ができるモニター組織です。

LINEリサーチでは継続的にマーケティングの必須情報であるブランド認知や利用・継続意向を
様々なカテゴリーで聴取し、自主レポートとしてまとめております。

今回はコロナ禍で感染症が気になる冬季に向けて
「乳酸菌・乳性飲料のブランド浸透度」の調査レポートをお届けします。
嗜好品でありながら、健康促進の特徴をもつ12ブランドの結果をまとめた内容になります。
ブランド認知や飲用経験・頻度・意向を性年代別(13歳~59歳の男女)にご覧いただけます。

また、実際にLINEリサーチのアンケートを体験できる体験用アンケートもご用意しておりますのでこの機会にお試しください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/11/13

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

【リアルタイム調査概要】

指定した時間に”LINEプッシュ通知”を送信します。
TV番組やTVCMの放送直後(1-2時間以内の回答のみ)に
リアルタイムに”フレッシュな意見や評価”を聴取することが特徴です。
課題やポテンシャル(強み)などを把握でき、今後のアクションに
繋がるヒントを得ることが可能になります。


【リアルタイム調査の特徴】

今までの調査手法では、TV番組やTVCMの放送後から回答までに時差があり
記憶が曖昧になる等、回答精度の低下や細かい粒度の質問が困難でした。

しかし、LINEリサーチのリアルタイム調査では
TV番組やTVCM直後にLINEでメッセージを配信できるため、
記憶が鮮明なうちにリアルタイムで回答が可能です。
そのため、回答精度を担保でき、細かい粒度の質問も可能です。


------------------------------------------------------------------------

【目次】

・リアルタイム調査概要と特徴
・調査実施フロー
・調査イメージ
・オプション費用に関して
・LINEリサーチへのお問合せ

------------------------------------------------------------------------

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/08/03

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチでライトコースをご検討される方へ、機能や活用方法などをまとめた資料です。

【目次】

・スマホ調査の考え方
・LINEアンケートの回答画面
・スマホで本格的な調査をする極意!
・スマホ調査のコツ
 01 文字表現
 02 選択肢の数
 03 調査票に必要な基本要素
 04 みんなが答えられる質問にするには?
 05 質問の順番、どうすればいい?
 06 選択肢づくりのコツは、ネット上のオープンデータの活用
 07 マトリクス質問はどう表現する?
 08 客観性のある選択肢づくりのためには?
 09 回答の精度を向上させる質問の作り方
 10 調査結果の読み方
 11 回答者数はどう決めたらいいの?
・調査票チェックシート
・LINEリサーチライトコースを活用しよう

>>資料の詳細を見る

資料掲載について メディアレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top