出版企画書を作るときに押さえておくべき4つのポイント

Powered by 株式会社幻冬舎メディアコンサルティング

メディアレーダー

出版企画書を作るときに押さえておくべき4つのポイント資料更新日:2017/07/04

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • 出版企画書を作るときに押さえておくべき4つのポイント.pdf(1.91MB)
企業の「伝えたいこと」を読者の「知りたいこと」に

私たち幻冬舎メディアコンサルティングは、インターネットやCMとは異なる、「書籍」×「書店」が持つ、高い信頼性と情報発信力を活かした、新しいメディア戦略を展開しています。
そこに、幻冬舎の「表現する」ノウハウを組み合わせることにより、これまでに800社を超える企業の課題を、1冊の書籍出版で解決してきました。
書籍制作を通して作り上げたコンセプトは、会社案内、事業報告書、社員教育資料、営業現場や入社説明会へ転用可能な、貴社独自の武器となります。
書籍制作・流通のみを目的としない、「一貫性のあるブランディング」を目的とし、「表現する」ということを使命とするのが、私たち幻冬舎メディアコンサルティングです。

本資料では、ブランディング書籍の出版を考えている方々に向けて、出版企画を作るときに押さえておくべき4つのポイントをご紹介します。
オススメ

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • 出版企画書を作るときに押さえておくべき4つのポイント.pdf(1.91MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル) ビシュラン
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top