生活エリアや来店履歴に基づいた位置情報広告【ProfilePassportAD】

Powered by 株式会社ブログウォッチャー

メディアレーダー
生活エリアや来店履歴に基づいた位置情報広告【ProfilePassportAD】の媒体資料
資料更新日:2019/05/29

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • 生活エリアや来店履歴に基づいた ターゲティングができる「位置情報広告」-圧縮済み.pdf(2.28MB)
◆位置情報広告「ProfilePassportAD」(プロファイルパスポートアド)とは
生活エリア情報や来訪履歴を活用した高精度な位置情報広告(ジオターゲティング広告)。

<こんな方々にオススメです!!!>
⇒実店舗や施設をお持ちで認知や集客を行いたいと思っている方
⇒位置情報データを活用して特殊なセグメントを作成したい方
⇒広告施策により対象地点・施設への来店までを効果測定したい方


GPS機能のついたスマートフォンの普及や、来店計測と呼ばれる計測技術の進歩などにより
最新の位置情報広告(ジオターゲティング広告)では”セグメント”がより細やかに。

「生活エリア」と「来店履歴」を軸に位置情報データでターゲティングした複雑なセグメント配信が可能となりました。
広告効果を可視化する来店計測も可能で、集客施策や認知拡大に効果を発揮します。


◆位置情報広告 配信メニュー
位置情報データをもとに対象のユーザーをターゲティングし、
指定エリア内で検知したユーザーに広告を配信。
広告の「接触・非接触」の「来店者数」までを可視化。

●位置情報データ ターゲティング方法①:生活エリア

特定の位置情報エリアを生活圏にしているユーザーをターゲティング
取得した位置情報から居住地/勤務地などの「生活エリア」を推定。
【居住地】22時〜6時までの間で最も多く滞在した位置情報をそのユーザーの居住地として判定
【勤務地】10時〜18時までの間で最も多く滞在した位置情報をそのユーザーの勤務地として判定
※直近3ヶ月の位置情報データを使用。

●位置情報データ ターゲティング方法②:カスタムピンポイント

任意の住所/店舗の位置情報に来訪履歴を持つユーザーをターゲティング。
位置情報データを基に抽出しますので、自社店舗のみならず、競合店舗を指定できます。

●位置情報データ ターゲティング方法③:パッケージ(カスタムセグメント)
特定の位置情報地点への来訪履歴からユーザー属性を推定してターゲティング。
※具体例は、下記「導入事例/おすすめポイント」を参照して下さい。
オススメ
◆配信実績
不動産、商業施設、大学・専門学校、学習塾・予備校・スクール、自動車・カーディーラー、スポーツジム、美容整形・コスメ・脱毛サロン、金融機関
など幅広い業種での配信実績がございます。

◆オススメ
ProfilePassportAD(プロファイルパスポートアド)での位置情報広告では、
「特定の地点への来訪履歴からユーザー属性を推定してターゲティング」する事が可能です。

例えば『子育てママ』ターゲティングという時に、デモグラ情報を基にターゲティングするのではなく、朝や夕方に保育園・幼稚園に来訪しているユーザーを子どもを預けに/迎えにきた"子育てママ"さんと推定して抽出する、など。

その他『富裕層』ターゲティングでは、高級住宅エリアに住んでいるユーザーという前提条件に加え、近隣のパーソナルジムに通っている、高級スーパーマーケットに来店している、
などといった通常では中々難しい条件でのユーザーを実際の位置情報データを基に抽出します。

他社様の成功事例や、ご要望の多いセグメント、またどのようなセグメントが作成可能かはぜひ営業担当にお問い合わせ下さい。

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • 生活エリアや来店履歴に基づいた ターゲティングができる「位置情報広告」-圧縮済み.pdf(2.28MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top