株式会社オトナル

企業名 株式会社オトナル
所在地 東京都中央区入船3-9-2 佐久間ビル 4F
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2021/04/08

『YouTube Audio』は、YouTube音声広告への出稿と音声広告クリエイティブ制作のセットプランです。

■YouTube音声広告とは
Googleが提供する動画共有サービス「YouTube」と音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」に音声広告を配信可能です。
YouTube Musicには、7,000万を超える公式トラックがあり、豊富な楽曲が存在します。また、世界的に高いシェアを誇るプラットフォーム、YouTubeでの音声広告配信は、国内・海外ともに広いユーザーへのリーチをすることができます。

YouTube音声広告では、YouTubeとYouTube MusicのPC、モバイル、タブレットの広告枠に音声広告を配信できます。
音声広告配信時に表示される画面には、クリック可能な「静止画」か「静止画ベースの動画」の2種類があります。そのため、音声広告と同時に広告の《CTRの計測》を行うことも可能です。

■YouTube音声広告でできること
①ターゲティングによってパーソナライズ化された広告配信
《ユーザー属性、キーワード、カテゴリー、ユーザーの興味・関心、エリア、デバイス》などでターゲティングを行い、それぞれのユーザーにマッチした広告配信ができます。広告主は、商材や広告キャンペーンに最適な広告配信を行うことが可能です。

②複数の方法で広告配信の効果検証が可能
YouTube音声広告配信後に、《ブランドリフト調査、リッスンスルーコンバージョン(間接CV)》など、商材にあわせた方法で効果検証が可能です。クリエイティブやターゲティングの《ABテスト》で広告効果を可視化し、運用改善を行うことによりその効果を最大化できます。

③YouTube以外の複数の音声メディアの音声広告枠へ連携配信も
DSPを使用したYouTube音声広告配信では、《YouTube音声広告以外の音声メディア》の音声広告枠(Spotify音声広告、radikoオーディオアド、ポッドキャストオーディオアドなど)への配信と合わせて配信し《一括でレポーティング》することができる点も特徴です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/04/08

『ラジコオーディオアド プログラマティック広告配信』は、
radiko(ラジコ)が持つ差し替え可能な広告枠に対して、
プログラマティックに音声広告を配信することができるサービスです。

■radiko(ラジコ)とは
radiko(ラジコ)とは、あなたが今いるエリアで放送しているラジオを
PCやスマートフォン、スマートスピーカーなどで無料で聴ける音声サービスです。

radiko(ラジコ)には、民放連加盟放送局《99局》が参加しており、
月間平均利用者数は《約900万人》、1ユーザーあたり1日約130分を利用しています。
サラリーマンの40・50代の男性を中心に、幅広い層が聴取している
国内最大規模のインターネットラジオアプリです。

■ラジコオーディオアド プログラマティック広告配信とは
特定の指定した枠に決められた期間広告配信する純広告に対し、
プログラマティック配信はリアルタイムに広告枠を買い付け、広告を表示する手法です。

位置情報や興味関心といった《サードパーティーデータを利用したターゲティング》や
《ブランドリフト調査》などを連携させることができます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/04/08

世界79ヵ国以上に展開されている音楽ストリーミングサービス「Spotify」
の楽曲間にプログラマティックに音声広告の配信ができます。

楽曲やプレイリストを再生する際、
楽曲間のブレイクに最大30秒の音声および動画広告が挿入されます。
合わせてバナーの掲載も可能となっています。

◎Spotifyオーディオ広告の効果
 ブランド想起 →24%UP
 関心・購買意向→2倍
 広告理解   →28%UP
 完全聴取率  →90%以上
音声広告の強み=認知訴求・ブランディング効果

《デジタル音声広告のプランニングからプログラマティック広告の運用まで》をワンストップ対応
・Spotifyオーディオアドのプランニング
・音声広告クリエイティブの複数パターン制作
・ABテスト/データ改善といったプログラマティック広告運用

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/04/08

『Podcast(ポッドキャスト)オーディオアド』では、大手パブリッシャーの展開する複数のポッドキャスト番組への広告配信が可能です。Apple podcastsやGoogle podcasts、Spotifyなど各種プラットフォームに広告入りのポッドキャスト番組を配信できます。

国内ポッドキャストランキング上位の番組に広告配信ができ、オーディオアド配信対象番組の中から、広告主様にあった番組を選択して配信を行います。

ポッドキャストオーディオアドは従来のラジオ広告同様、認知訴求やブランディングに強みを持った広告枠で、番組冒頭(プレロール)・番組中盤(ミッドロール)・番組末尾(ポストロール)の3種類の広告枠から買い付けが可能です。

デジタルオーディオアドならではのターゲティングや再生数に応じた課金プランで広告出稿ができます。ポッドキャストオーディオアドの課金はストリーミングorDL時に1カウントされ、配信量に応じた課金が行われます。また、広告を挿入する日時、曜日、エリア、デバイスなどの配信ユーザーに合わせた細かなターゲティング設定が可能です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/04/08

『デジタル音声広告 for リターゲティング
-音声広告に接触したユーザーをリタゲで追跡-

■デジタル音声広告forリターゲティングとは
聴覚と視覚への広告接触を連携させ、広告効果を高める運用型の広告配信ソリューションです。
消費者に向けた広告による初回接触を、年齢、性別、趣味嗜好やシーンなどでターゲティングした《デジタル音声広告》で行い、音の広告によるブランド認知を高めた状態で、《ディスプレイ広告や動画広告》を配信、消費者の購買行動を促します。

■リターゲティング配信面
音の広告で認知接触したユーザーを「ディスプレイ(静止画)」「動画」」「音声」の3種類のクリエイティブで追跡。クリエイティブフォーマットに依存してプログラマティックにウェブ/アプリ面に配信されます。

■3つの特徴

①【音声広告のブランディング訴求によるCV率の強化】
聴覚に向けたデジタル音声広告は、視覚に向けた一般的なディスプレイ広告に比べて《ブランド想起が24%》高く、《広告理解の効果が28%》高いというデータが出ています。
(Spotify for Brands|Nielsen Media Lab Study 2017より)

音声広告はスキップができず確実に再生されるため《アドフラウドレス性*》が高く、《ブランド訴求》を目的とした広告を確実にユーザーに届けられるという特徴があります。その特徴を生かし、消費者への初回接触は音声広告で行い、その後音声以外の広告を配信することで、《コンバージョン率の強化》が見込めます。

*アドフラウドレス性
適正ではない広告消化の発生や不正が発生しにくいこと


②【音声広告を100%聴取したユーザーのみを追跡することも可能】
アプリのデジタル音声広告では、広告配信の聴取完了データが細かく取得できるため、音声広告に接触し《100%最後まで広告を聴いたユーザーのみ》を追跡してリターゲティングを行うことができます。
自社の商品広告に深く接触したユーザーに対して追加の広告施策を行うことで、獲得の効率を上げることができます。

③【コンバージョン数の可視化でデータドリブンな広告運用】
クロスデバイスでのアトリビューションにより、音声広告の聴取ユーザーとその先のコンバージョン数の関係性における《広告効果の見える化》が可能です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/04/08

『デジタル音声×プレミアム動画 OTT広告配信』は、デジタル音声メディアへの音声広告と、プレミアム動画サービスへの動画広告出稿を連携して行う広告配信プランです。

オトナルの運用するDSP(デマンドサイドプラットフォーム)を通じて、デジタル音声広告とインストリーム動画広告への配信を行います。
これにより、スマートフォンなどでラジオや音楽を聴くリスナーへの広告配信と、タブレットやコネクテッドTVなどでYoutubeやテレビ局の展開するプレミアム動画の視聴者への広告配信を連携して行うことができます。

音声×動画の広告を、ブランドリフト調査、サイトCV計測、来店計測の3つの手法で効果検証も可能です。


■特徴①【統一配信システムからの広告出稿によりリーチを自動最大化】
広告の配信システムであるDSPから複数のメディアにフリークエンシーキャップをかけて広告配信を行うことで、音声メディアと動画メディアを横断してユニークなユーザーへのリーチを最大化することが可能です。

■特徴②【動画素材をベースに音声広告素材を制作】
広告主が、既存の広告出稿を行っている動画素材をベースに、音声広告に最適化した音源制作を行います。音源制作の手間を軽減し、かつ既存の動画クリエイティブで行なっている広告コミュニケーションと統一感のある音声広告を出稿できます。

■特徴③
【音声広告と動画広告の効果を3つの手法で可視化、効果検証が可能】
効果検証手法として、ブランドリフト調査、コンバージョン計測(ビュースルーCV)、来店コンバージョン(地点CV)の3つの手法で「デジタル音声広告」と「プレミアム動画広告」の効果を検証できます。

■実施可能メディア
・デジタル音声メディア
 -『Spotify』 世界最大級のオーディオストリーミングサービス
 -『radiko』 国内最大規模のインターネットラジオサービス
 -『朝日新聞アルキキ』 朝日新聞社が提供する音声ニュースサービス
・プレミアム動画メディア
 -『TVer』 民放テレビ局の見逃し番組配信サービス
 -『ABEMA』 国内初の無料インターネットテレビ配信サービス
 -『Youtube』 世界最大級の動画共有サービス

>>資料の詳細を見る

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top