コモンズ株式会社

企業名 コモンズ株式会社
所在地 東京都新宿区四谷坂町12番21号
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/10/01

■こんな課題をお持ちではありませんか?
・顧客理解/顧客セグメントができていない
・提供しているサービス・製品のなかでロイヤリティに寄与しているものがなんなのか明確になっていない
・4P(製品・価格・流通・販売促進)の中でロイヤリティに影響しているものがなんなのか知りたい
・離反予備軍を見つけ出したい

このように、顧客に関するお悩みをお持ちの企業様にご紹介したいのが、弊社オリジナルの顧客調査メソッド「ロイヤリティエンジン」です。


■ロイヤリティエンジンとは?
一般的に顧客のロイヤリティを計測する際には、RFM分析などの行動軸を計測する手法が有名かと思いますが、弊社の考える「ロイヤリティエンジン」では、行動軸と合わせて心理軸も計測する手法を取り入れております。

顧客の企業あるいはブランドの感情的な結びつき=心理軸とし、行動軸と心理軸の2軸から顧客を分析することで、正しい顧客セグメントが可能になります。
正しいセグメントが分かると、それぞれの顧客に合ったより効果的な施策を行うことができ、ロイヤリティ向上へと繋がります。


■ロイヤリティ向上に寄与している4Pは何か?
4P(製品・価格・流通・販売促進)、あるは提供しているサービスのうち、ロイヤリティに寄与しているものは一体どんなものなのか?
ロイヤリティとの関係を可視化し把握することで、ロイヤリティのレベル別での製品利用・サービス利用の違いを確認し、今後、優先的にコミュニケーションを行っていきたいポテンシャルの高い顧客を導き出すことが可能です。


※詳しくは下記資料をDLのうえ、ご一読いただけますと幸いです。
※より詳細な説明、事例紹介依頼、お問合せ等は資料内の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/10/01

■こんな課題をお持ちではありませんか?
・優良顧客を組織化できていない
・既存顧客からの他者推奨が行われていない
・User Generated Content (UGC)を活性化させたいがやり方が分からない
・顧客との新たな製品/サービス開発を共同で開発したい
以上のようなお悩みをお持ちの方に効果的な施策がアンバサダープログラムです。

■コモンズのアンバサダープログラムとは?
アンバサダープログラムも含めたコモンズの顧客ロイヤリティマネージメントの特徴はRFMなどの行動履歴だけでなく顧客とブランドの結びつきである「心理ロイヤリティ」も同時に計測・分析すること。
心理軸の多寡を踏まえたコミュニケーションを行うことにより、顧客とブランドの間により良い関係値を築くことができ、ブランドの優良顧客を育成していくことが可能です。
さらに、値引きありきではないリピート購入/アップセル・クロスセルを向上させ顧客との生涯にわたる関係(LTV)を構築出来る効率的なコミュニケーションの実践を目指し大手企業様で、ロイヤリティマーケティングの実施経験豊富なコモンズならではの実践的なアンバサダープログラムを事例も含めてご紹介。

「優良顧客(高ロイヤルユーザー)は、優秀なセールスマン」になっていただけます。

※アンバサダー適任者の抽出方法から、その組織化の方法、他者推奨を促す方法などアンバサダープログラムの詳細資料は以下よりDLをお願いいたします。
※より詳細な説明、事例紹介依頼、お問合せ等は資料内の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/10/01

■このような課題をお持ちではありませんか?
・CRMシステムやMAツールを導入したものの、どのようなプログラムを開発するべきか分からない
>顧客のセグメントができていない
>どのように顧客育成を行えば良いのかわからない
・会員のアクティブ率が低下しているが、改善策が見つけられない
>新商品情報やキャンペーン情報しか送れていない
・他社との差別化が困難で、価格でしか顧客を引き付ける事が出来ない
>収益率が圧迫されている
・顧客の心理を計測するためにNPSを導入したが、次に打ち手が見つからない 
・RFMのセグメント化による顧客管理に限界を感じている
>スイッチャー予備軍を把握できない
など顧客管理に限界を感じている方も多いのではないでしょうか?

■一般的なCRM
CRM(Customer Relationship Management)は、データベースなどを活用して企業が顧客と長期的な関係を築くダイレクトマーケティングの中核的な戦略と言われています。
しかし顧客との具体的なコミュニケーションと言えば、新商品情報や値引きやセールなどの情報を送るだけになっている事が多いです。また、MAツールを導入して、顧客へのステップメールを送っている企業でも、トランザクションデータ(取引結果、行動結果データ)を基に、再購入促進やセール情報を送るなどで終わっている場合が多いです。

■コモンズのCRM
コモンズではトランザクションデータに加えて心理的な繋がり(心理ロイヤリティ)を計測して、顧客を多面的にセグメント化しCRMプログラムを運用することを大きな特徴としています。
購買記録や調査・分析による顧客セグメントおよびセグメント別のCRM戦略の立案で、値引きありきではないリピート購入/アップセル・クロスセルを向上させることで顧客との生涯にわたる関係構築(LTV)を目指します。


※コモンズのCRMプログラムの詳細資料は以下よりDLをお願いいたします。
※より詳細な説明、事例紹介依頼、お問合せ等は資料内の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/09/28

「より選ばれるブランド」に育成していくためには。
ブランド・トゥルースは、
調査手法を用いて「選ばれるブランド」を導き出す独自のブランド解析・メソッド。

もう少し詳しくご説明すると、、、、。
統計的手法(多変量解析)を用いて、ターゲットの潜在意識にあるニーズやウォンツを解明し、
ブランドを選択する上での重要なファクターを導き出していきます。
そして、競合他社にはないブランドの魅力や持ち味を様々な角度から浮き彫りにしていきながら
ブランドの優位性を引き出していく。
それがブランド・トゥルースになります。

①ブランド調査は定期的に行っているが、ブランド戦略に活かしきれていない。
②日頃からブランディング活動はしているものの、なかなかイメージが構築できない。
③もっと選ばれるブランドに育成して、今後のコミュニケーション活動に役立てたい。

このような課題をお持ちのブランドマネージャー様にとっては、
極めて活用価値のあるメソッドになります。

同様なメソッドはあるかもしれませんが、弊社のメソッドは一味も二味も違います。
資料内をご覧いただき、その一端をご理解いただければ幸いです。
是非ご一緒にお取組みさせていただければと存じます。
----------------------
【ホワイトペーパー概要】
1:弊社を紹介させていただきます。
2:唯一無二のブランディング・メソッド「ブランド・トゥルース」とは!?
3:顕在(建前)意識と潜在(本音)意識って、こんなに違うの!?
4:将来に向けて「選ばれるブランド」を導き出すステップ。
5:採用実績企業様について
----------------------

※代理店の方々から情報収集目的でDLいただくことがございます。
大変恐れ入りますが、本資料は『事業会社』の方が対象です。代理店の方々はDLを避けて下さい。

ご予算:200万~*競合するブランド数によります。競合3ブランド想定。
ご対象企業様:事業会社様

>>資料の詳細を見る

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top