シナラシステムズジャパン株式会社

企業名 シナラシステムズジャパン株式会社
所在地 東京都港区芝公園1-6-8 泉芝公園ビル7F
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/07/06

本書では、実際にジオマーケティングを活用して、
イベントでROI(投資利益率)が出せるようになり、効果が可視化できるようになったり、
広告経由で来店する来店者のデータを使った検証を通してPDCAを回したり、
Web広告の送客効果を精緻に分析できるようになったことで成果をあげている
自動車業界の3社の成功事例をご紹介いたします。

是非、今後のデジタルマーケティング活動のご参考にしていただければ幸いです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/07/06

「企画したイベントの集客がうまくいかない…」
「もっとたくさんの人を呼べるようにしたい…」
「プロモーションは完ぺきなはずなのに…」
ご自身もマーケティングの担当者であれば、
そんなお悩みや問題意識をお持ちではないでしょうか。

これらのお悩みを解決するジオマ―ケティングの活用法について、マンガでわかりやすく解説します。

【内容】
・企画が問題なのでしょうか?もしかしてそれ…プロモーションに問題があるのかも知れません。
・来店分析では来店者を定量的に分析できるので、分析結果をもとに集客施策を考えることができます。
・精度の高い広告配信を使えば、仕事終わりに商業施設の洋服売り場に頻繁に訪れている30代の女性をターゲットに広告を配信することもできます。
・Webサイト・デジタル広告など既に実施中の媒体からの来店が計測可能。
・広告が来店に結びついているかの統一指標を作って広告予算の最適化が図れます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/06/30

2020年もすでに上半期を終えました。
誰も予想し得なかった勢いで感染拡大した新型コロナウィルスの影響により、テレワークの導入や在宅勤務にシフトする企業が増え、今までの働き方が見直され始めたと共に、コロナと共存するニューノーマル(新常態)の時代を迎えようとしています。

店舗をお持ちの企業様におかれましては、新型コロナウイルスによる経済活動の自粛により、売上げに影響が及んでいる企業様もあるかもしれませんね。

ご自身もマーケティング担当者であれば、新型コロナウイルスの影響によるさまざまな生活者行動の変化を目の当たりにし、その対応を進めている最中かと思います。

これから夏の商戦を迎えるにあたり、既存顧客の呼び戻し、及び新規顧客を獲得して売上げを盛り返すには、多角的できめ細かな調査・分析が必要となりますが、位置情報を活用すれば効果的なマーケティングが行えます。

そこで本書では、この夏、どういう店舗保有企業様が位置情報システムを活用するのに最適なのか、業界毎にご紹介いたします。

夏本番前に、一度本書を手にしていただき、ご自身の店舗において有効な手立てとならないか、ご参照いただければ幸いです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/06/21

最近は大手広告配信プラットフォーム各社も来店計測サービスを提供し始めていますが、そもそもアプリやカードによる会員データがある中で、なぜ来店データが重要で、来店計測をどうやってマーケティングに活用すべきなのか?また、自社に最適な計測手法はどれなのか?そういった疑問を解消すべく、それぞれの特徴を検証します。

Wi-Fi、GPS、ビーコン、手動カウントなどを比較しました。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/05/21

2020年は東京オリンピックの年、来日外国人はもちろん、日本国内での人の往来も増えると見込まれていたところ、突然の新型コロナウイルスショック…
販促プランの見直しが早急に迫られていることと思います。
とりわけ、店舗をお持ちの企業様にとっては、一刻を争う状況ではないでしょうか。
そんな中で、私達「位置情報マーケティング」のプレイヤーとして、どういったことが皆様にとっての貢献となりえるか、真剣に皆で議論し、その結果を、今回無料のEbookという形式でまとめさせていただきました。
店舗保有企業様に向けて、位置情報という切り口から「今何ができるのか?」具体的な2つのアイデアを共有いたします。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/13

□サービス概要
1日30億以上のWi-Fiアクセスポイントにて取得する位置情報、
通信キャリアの性別・年代・居住エリアなどの契約者情報を活用した、
位置情報にあらわれるリアルな行動をベースとした広告配信システム(DSP)です。

□サービスの強み
・ユーザーの実際の行動やデモグラ/居住地(契約者情報)に合わせた広告配信
・ユーザの興味関心やライフスタイルを定義し多彩なターゲティング

シナラオリジナルのセグメントや国勢調査や購買行動調査を元にしたセグメント等々
様々なセグメントをご用意!


これによりWebターゲティングでは実現できなかった
本当にリーチしたいユーザーに『精度の高い』ターゲティングを実現できます。



□導入実績業種
交通、小売り店、不動産、イベント、通信機器、保険、フィットネスジム

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/13

こんなお悩みありませんか
・デジタル広告が本当に来店促進に寄与しているのかを計測できていない
・WEB広告で精度の高いターゲティングがしたい。

分析サービス「Real Sight/Vital Sight」は
タグを挿入するだけで上記を解決に導きます。

Web広告や自社サイト経由での来店を計測(O2O分析)。

・REAL SIGHT-どのWeb広告から来店につながったのか
 来店に最も繋がるWEB広告媒体を特定し、投資対効果を上げることができます。

・VITAL SIGHT-自社サイト内のどのコンテンツから来店につながったのか

計測されたユーザを性別年代、居住エリアやシナラ独自の様々な切り口でレポート可能

□導入実績業種
・自動車販売、商業施設、娯楽施設、電機・家電メーカー

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/13

【サービス概要】
大手調査会社と共同開発した調査サービス「Location Based Research」。

通信キャリアの位置情報を用いて調査対象を選定し、定性調査を行うことができ、
生活者を実行動ベースでスクリーニング(選別)することができ、より精度の高い調査結果が得られるようになります。


【サービスの特徴】
□デジタル広告経由の来店後の検討状況や購買状況の調査が可能に
 来店計測と掛け合わせることで来店後の検討状況や購買状況を調査が出来ます。

□オフライン広告の広告認知、態度・意識変容の調査が可能に
 位置情報を活用することで、今まで困難だった屋外広告の効果測定が実現出来ます。

□商圏内の生活者を統計データの「数」ではなく、インサイトを含めた「ヒト」として分析可能
 趣味嗜好や行動特性を含めた「ヒト」として分析可能のため、競合店舗利用状況等が調査可能です。

□商圏内生活者の、非日常的行動での分析も可能
 商圏内での活動という日常的行動に加えて、旅行などの非日常的行動でのユーザー抽出も可能です。

【リサーチ対象セグメント例】
・自社店舗訪問者
・流通店舗訪問者
・店舗商圏内ユーザー
・イベント訪問者
・観光者
etc…

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/03/30

*本資料の説明*
位置情報を活用して特に外出が減ったユーザーを捉えました。
通販、動画サービス、ゲームなど自宅での可処分時間を使うサービスのブランディングに最適なセグメントです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/03/30

最近、来店計測を活用した広告配信は飛び道具としては良いけれども継続が難しいと聞きます。

今回は来店計測を活用した広告配信をマーケティング活動にどう組み込めばいいのか、また結果を基に、どのような継続的な取り組みが可能なのかについて、具体例を交えながらお話させていただきます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/03/10

◇シナラの強み
位置情報データと携帯キャリアの契約者情報2つのデータでクライアント様の課題を解決します。
他社と違いアプリ依存でないため全端末から偏りなく高頻度に位置情報を取得しております。

◇本資料について
本資料は弊サービスを網羅的にご紹介している資料となっております。

◇広告配信サービス
 ・RealPeople~モバイル広告配信~
  ターゲティング広告、来店計測、オーディエンス分析機能を有する
  店舗集客に強いジオ広告配信プラットフォームです。

◇来店計測・分析
 ・Real Sight~デジタル広告の来店計測~
   様々なデジタル広告媒体をシナラが第三者の立場で来店計測を行うサービ スです。

 ・Vital Sight~WEBサイトの来店計測~
   自社WebサイトのURL別に来店したか計測可能なサービス。

 ・Venue Vitalics~店舗来店者の分析~
   広告接触問わず、来店計測ユーザーを様々な角度で分析出来るサービスです。

 ・OOH・イベント~オフライン施策の効果可視化~
   位置情報を活用することで従来定量的な効果測定が難しかった
   屋外プロモーションの効果計測を行うサービスです。


◇アンケート・調査
 ・Location Based Research
   位置情報でスクリーニングしたユーザーに対して、
   マクロミルのアンケート調査をかけることが出来るサービスです

店舗集客を全方位で支援できるサービスラインアップをご用意しておりますので、
店舗集客のPDCAサイクルを回す全方位ソリューションをご提供

■導入事例実績
旅行代理店、カーディーラー(自動車販売店)、商業施設、百貨店、小売店、家電量販店、娯楽施設、
電機・家電メーカー、不動産、イベント、通信機器、保険、フィットネスジム、交通etc…

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/27

【資料内容】
そもそも位置情報広告って何?からメリットや特徴、活用方法など、
事例も合わせて詳しくご説明させていただきます。

【こんなご担当者様にオススメです!】
「位置情報広告について詳しく知りたい!」
「効果的に店舗集客がしたい!」
「屋外広告やイベントの具体的な効果検証がしたい!」

【ジオマーケティングを使った下記の活用方法を説明!】
・ブランディング
・店舗集客促進
・OOH・イベント効果検証

【事例】
□メーカー×流通
位置情報を活用した店舗販促の可能性

□飲⾷店
来店計測技術を活⽤した広告効果検証とLTVの 可視化

□旅行代理店
旅行洗剤層のアプローチと来店検証

□自動車メーカー 
来店アップリストからターゲティングの予算アロケを改善

◆関連キーワード
#位置情報広告 #ジオターゲティング #競合 #店舗商圏 #エリアターゲティング #オーディエンスターゲティング #来店促進 #来店計測 #販売促進 #来店分析 #来店データ #キャリアデータ

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/24

通信キャリアの位置情報 ・契約者情報により来客者の全体像を把握することできる、
リアル来客分析サービス「VENUE VITALICS」

・失敗できない新規出店時の集客予測
・可視化しづらいショールームや展示場の投資効果
・看板広告などのOOHからの店舗への誘導貢献度、

→これら全てを、高い精度のデータで正確に分析します。


たとえば・・・
・来客者はどんな人?行動習慣は?
・体験型店舗による効果は?
・交通広告・屋外広告を見た後、来客している?
・イベント参加者は後に店舗に来てくれた?

→VENUE VITALICSを活用することで、

◇来店者数と属性を知ることができる(店舗来客分析)
 →特定エリアのユーザー数、性別、年代、居住エリア、興味関心など

◇イベントや電車広告・屋外看板の送客効果を知ることができる(来客パス分析)

□導入実績業種
・自動車販売、商業施設、小売店など

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/06/30

来店計測を継続的に利用するためには、ただ単に見える化を目的とするのではなく、しっかりとマーケティング戦略に即した形の指標設定とアプローチが必要です。


それは必ずしも、WEBの世界の獲得単価を店舗に当てはめた「来店単価」ではないでしょう。


今後、来店指標がより多角化していくことが予想される中、どういう視点で来店を見ていくべきなのか?以下のような内容で、よくある課題に対する考え方をまとめました。


・来店コンバージョン率が0.1%の場合、それは高いのか、低いのか?


・広告による来店数をどう測定するか?(元から来る予定だった人の除外方法)


・異なる配信プラットフォームの来店率、Cost per Visitの捉え方(比較は可能?)


・来店数を実際のマーケティング活動に組み込むために必要なのは?

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/05/08

OOH(屋外広告や交通広告、大型ビジョンなど)は、枠によっては数千万円かかる大きな投資です。しかし、その投資額の大きさの割には、担当者の主観で選ばれる場合が多く、ROIの評価もあいまいな印象が、他の媒体と比べて印象強いです。定量調査を行っても、特定のエリアにおける広告認知について聴取することはサンプルが少ないため難しいようです。

また、売上との相関分析については、“Call to Action”が中心で短期間集中型のチラシや、リーチが広いTVCMの場合はわかりやすい結果が出るものの、屋外広告の場合、特に他媒体と並行して実施していると、なかなか貢献度合いを測るのが難しいです。


~メディア毎の予算配分、更には屋外広告を選ぶ際の基準はどうすればいいのか?~

今回は通信キャリアが持つREALデータを活用したら、既存の技術でどこまでOOHの効果を見える化できるかについて考えてみました。

・OOHの掲載エリア、どう選んでいますか?
・OOHの接触者、どのように定義付けていますか?

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/02/23

アメリカでは、数年前から“People-Based Marketing”というワードですが、Facebookが買収したAtlas社が数年前に掲げたアプローチですが、“Cookie”に対する“People”というのが当初の発想です。従来のCookieに基づく分析や広告配信では、リーチ数やユーザー属性の精度が低い上に「デバイス間の分断」によって、生活者一人ひとりのジャーニーを把握しきれないという課題を指摘し、FacebookのID情報を活用したマーケティングの有効性を提唱したのです。


デジタルマーケティングにおいては非常に重要なポイントですが、実際に店舗で商品を売らなければならないブランドにとっては、デバイス間以前に「WEBとREALの分断」が大きな課題です。


今回はWEBとREALを繋ぐという視点で、Cookieに依存しないREALデータのポテンシャルについてご説明します。

 ~ REALデータによる新たなカタチのO2Oとは? ~

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/02/09

近年、ターゲティング広告やデータ分析にクッキー以外の情報が使われるようになってきています。
「リアル行動」や、シナラが掲げる「REALデータ」といった概念はその一例であり、WEBのクッキーデータの対義語として、モバイル広告業界で使われています。今回はREALデータが、生活者のどういう側面を捉えることができて、どのような活用方法に期待ができるかをご紹介させていただきます。

たとえば、”野球好き”という嗜好は、クッキーを元にしたWEBデータと、REALデータでは、どういった属性の違いがあるのか、解説をさせていただいております。


シナラは、膨大なREALデータに基づく生活者分析と広告配信を強みとする企業です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/01/24

【コンビニとカフェ、利用者数が多いのは?利用頻度が高いのは?】

月間ベースでみる全国の業界別来店者数と来店頻度を、店舗単位で捉えるユーザー層の幅や回転率とはまた別の視点で、今後の市場ポテンシャルが「新規獲得」と「リピート率向上」のどちらに潜んでいるのかを考察したレポートをお届けします。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/01/13

先日、海外高級ブランドが相次ぎ値下げをするという記事が日経新聞に掲載されていましたが、もはや高額消費を牽引してきた訪日観光客の需要が⽇⽤品へとシフトし始めている中、今年の年末は、日本人の消費欲をどう刺激するのかが重要なポイントになってくることが予想されます。

モバイルの位置情報を基に昨年12月の生活者動向を分析して、今年の年末需要を捉えるためのポイントについて検証いたします。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/01/13

広告の世界で当たり前になりつつあるWeb行動データの活用。

今や、多くの企業が自社の会員データベースで把握できる属性情報とWeb行動データの紐づけを通して、ユーザーの趣味嗜好・行動パターンの分析を行い、ターゲティングに活かしています。

しかし、一見万能に見えるWeb行動データですが、実は多くの人が見落としているポイントがあります。

それは、Web上の行動は日常の一部でしかないということ。

実際にクリックや検索をしているからといって、ユーザーの属性やライフスタイルならびに生活特徴はわかりません。

それはユーザーが当たり前のように過ごしている日々の生活と、何かについて「もっと知りたい」と思いながらネットで調べる瞬間が必ずしも一致しないからです。

そこで、今注目されているのが「リアルデータ」です。

本資料では「リアルデータ」により、広告配信がどのように変革するのかを詳しく解説していきます。

>>資料の詳細を見る

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top