VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)について


VR(仮想現実)とは、「バーチャル リアリティ」の略で、デジタル映像の世界へ没入する仮想現実のこと。ARとの大きな違いはユーザーが実際に体感できる点があり、体験するにはヘッドセットの装着が必要です。ゲームや映画などエンターテインメント業界との相性も良く、近年では医療、教育、旅行、自動車、宇宙などの業界でも活用されています。

AR(拡張現実)とは、「オーグメンテッド リアリティ」の略で、実在する風景にバーチャル情報を重ねて表示すること。ARマーカーの位置や位置情報に一致していれば情報を手軽に表示させられるので、商品プロモーションや企業マーケティングに向いています。大ヒットしたアプリ「ポケモンGO」や、カメラアプリ「SNOW(スノー)」、IKEA「バーチャルレイアウト」や天気予報アプリ「アメミル」もARアプリです。

MR(複合現実)とは、「ミクスト リアリティ」の略で、現実世界と仮想現実を融合させたもの。専用のゴーグルを装着すると室内位置や家具をデバイスが把握して空間にデジタル映像を重ね合わせ、利用者の動きとシンクロするのでSFの世界さながらに動きながら手で操作することも可能。



「VR・AR広告」「海外・外国人」の資料一覧

検索結果:8件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
ONOFF
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2019/10/29

※ 本資料はセミナー講演資料です。
※ 資料内には実際の動画もご紹介しております。

【「360度VR研修・人材育成」の魅力とは?】

すでに、飲食・物流・製造・小売・介護・医療業界などで導入が進んでいる「360度VR研修・人材育成」。これらの業界で「360度VR研修・人材育成」の導入が進む理由は、効率的かつ、即戦力人材を生み出す効果的な研修体験がVRなら実現するからです。

エドガー・デールの学習法則によると、「聞く」「読む」などの受動的な学習行為の定着率が20%未満に対して、「言葉にする」「書く」など、体験する能動的な学習行為の定着率は70%と言われております。「360度VR研修・人材育成」はこの能動的な学習行為に該当します。

実際、ウォルマートでは従来のトレーニングとVRトレーニングを比較を行った結果、VRを活用したトレーニングでは訓練にかかる時間が40%削減され、さらに70%の従業員が従来のトレーニングを受けたスタッフと比べ高いパフォーマンスを発揮したという成功事例が出ております。

「360度VR研修・人材育成」では、クイズやゲーム形式の実践的な研修プログラムを作成することで、研修内容の理解度を正確に測ることができますし、各人の理解度に合わせた適切なサポートも可能になります。研修効果を可視化することで、効率的に即戦力人材を生み出すことができるようになります。

本資料では、2019年の最新VR研修事例6選とその目覚ましい効果をご紹介いたします。


【株式会社スペースリーとは】

360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を開発。2016年11月の開始以来3年間で、不動産・飲食・旅行・HR・製造業などの分野を中心に3,000社以上にサービスを提供。スペースリーは、リーズナブルな価格、直感的な操作で、ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。

他にはない遠隔接客機能や、手のひらサイズのVRグラス「カセット」の開発など技術力の評価は高く、2018年4月には、360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labを設立。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/10

施設内のあらゆる所でARで海の生きものに出会えるバーチャルな水族館イベントです。
「撮る」「見る」「学ぶ」「作る」を切り口に幅広い層に楽しんでいただけるARコンテンツをご用意しました。

ARイベントは、個人スマートフォンを使って、非接触でイベントが行えます。

館内のあらゆるところを使った演出:
メインブースだけでなく、柱やガラス面へのディスプレイにもARコンテンツを組み合わせることができます。
新技術のARだからこそ、わかりやすく、誰でも参加できる設計を心がけます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/10

新型コロナ感染症対策により、イベント実施にお困りの商業施設や自治体のみなさま
ARイベントは、三密+接触対策を行った新しいイベントが実施できます。

・フォトスポットをアプリで読み込むと、アニメーションが動き出します。ふしぎで楽しい写真や動画が撮影でき、ファミリー層に大人気です。
・アプリでARマーカー(画像)を読み込むと、画像などが現れ、スタンプがたまります。テーマや物語を設定することで、ゲーム感覚で楽しみながら回遊させることが可能です。また、スタンプを集めた後の抽選会や賞品受け渡しも、アプリ内で完結できます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/10

新型コロナ感染症対策により、イベント実施にお困りの商業施設や自治体のみなさま
ARイベントは、三密+接触対策を行った新しいイベントが実施できます。

・専用アプリでフォトスポットを撮影すると、ARで、キャラクターやアニメーションが浮かび上がったり、音楽
が流れたりします。これまでにない驚きで、思わずシェアしたくなる写真や動画が撮れるフォトスポットです。
・ARマーカー(画像)にアプリのカメラをかざすと、画像などが現れ、スタンプがたまります。
テーマや物語を設定し、目標を達成することで、ゲーム感覚で楽しみながらエリアを回遊させることも可能です。
また、スタンプを集めた後の抽選会や賞品受け渡しも、アプリ内で完結できます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/10

新型コロナ感染症対策により、イベント実施にお困りの商業施設や自治体のみなさま
ARイベントは、三密+接触対策を行った新しいイベントが実施できます。

・フォトスポットにアプリをかざすと、ARでそこにはないハロウィンのキャラクターやアニメーションが浮かび上がり、写真や動画が撮影できます。店内でハロウィン気分を味わえる、周遊型フォトイベント
・ポスターにアプリのカメラをかざすと、ARでゴーストなどの画像が現れてスタンプが溜まっていきます。テーマや物語に入り込み目標を達成することで、楽しみながら回遊できます。また、スタンプを集めた後の抽選会や賞品受け渡しも、アプリ内で完結できます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/10

ARフォトスポットとはフォトスポットパネルにAR(拡張現実)を組み合わせ、アプリ内のカメラを通すと、そこにはないキャラクターや絵が浮き上がるしくみです。

1. 新しい技術で話題になりやすく、写真や動画でSNSにも投稿しやすい!
2. アプリからWebサイトやキャンペーンに誘導できる
3. アプリ上でイベント告知、クーポン配布などが出来る!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/08

VR旅行では、360度映像や360度写真などにより実際に現地にいるような臨場感を味わえることに加え、現実の旅行にはない観光体験もできるなど、仮想現実ならではの醍醐味もあります。

ウィズコロナ・アフターコロナにおける観光客誘致の新たな取組として注目が集まっているVRですが、具体的にどうすればいいのかわからない、そんなご担当者様向けの資料になっております。


本資料では、VR旅行サービスをご検討の観光協会や自治体様向けのVRサイト制作サービスの紹介をしております。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/17

店舗・施設・物件等をお持ちの事業者様に!
WEB上で、リアルな下見・内見・見学を提供するサービスです。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

YouTubeマーケティングのいろは ~始め方から売上の伸ばし方まで~ 「リアルメディア」の今 ~ニューノーマル時代の活用方法を解説~ 資料掲載について メディアレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top