「炎上対策・風評被害対策」「成果報酬」の資料一覧

検索結果:3件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2019/11/21

「最適なテクノロジーを駆使し、世界中の課題を最速で解決する」
を企業理念に掲げる弊社。

その言葉の通り、
お客様のお悩みにあった最適な施策を提案し、
尚且つそのお悩みを最速で解決します。

【サービス内容】

◆誹謗中傷対策施策
 ・該当記事の削除コンサルタント
 ・関連キーワード対策
 ・サジェスト対策
 ・オウンドメディア制作


◆SNS運用代行
 ・アカウント初期構築
 ・ターゲット層の分析
 ・SNS活用プランニング
 ・ターゲット選定
 ・進捗共有やレポート定例会


◆WEB広告運用代行
・Instagram(SNS広告)
 ・Facebook(SNS広告)
 ・Google(リスティング広告)
 ・Yahoo!(リスティング広告
※他媒体での運用も可能。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/11/21

ブランディング(英: branding)…ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。
ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。 また、その手法。

国民総スマホ世代と言われるスマートフォンの普及率に伴い、
顧客の情報リテラシーが近年一層高まっています。

一例として、例えばランチを食べようと、近隣のお店を検索した時に「〇〇料理店 まずい」なんて出てくるお店にわざわざ食べに行きたいと思うでしょうか?

おそらくほとんどの方はそこじゃない、他のお店で済ますと思います。

これはビジネスにおいても全く同じことが言えます。

就職活動において、
ネガティブ情報がある企業への応募を取りやめる、又は内定辞退する人の割合は80%、
商品やサービスの場合購入を再検討する人が70%を超えます。

たった一つの悪評がその真偽を問わずネットで拡散され、
緩やかな壊死のように企業生命を脅かします。

そうなる前に、企業ブランド取り扱いプロフェッショナルの弊社にお任せ下さい。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/07/25

■デジタルリスク・WEBリスクを放置する企業は機会損失している!?

・社名を検索したら「ブラック」等のネガティブなキーワードが表示されている

・クチコミサイトや掲示板サイトに「ユーザーからの誹謗中傷」が表示されている


上記のような状態を放置していると、
求職者はもちろん、エンドユーザーや銀行の融資担当は不安材料として認識し、
検討候補から除外してしまいます!

■悪影響は気づかないところで発生している

『ブラックって出てたので面接を辞退します』
『悪質って書いてあったので、そのサービスは使いません』
『デジタルリスク・WEBリスク面での不安要素が大きいので融資額を下げます』

このように、直接言ってくれる方はどれくらいいるのでしょうか?
ほぼ、0%であると言えます。

国内には様々なサービス・企業であふれています。
消費者にとっても、求職者にとっても、たくさんある企業のうちの1社が貴社です。

検討初期段階での見込み離脱、そして入社確定・利用確定間近での離脱は、貴社の知らないところで起きています。

ソルフェリオーナのシノビでは、上記のようなデジタルリスク・WEBリスクの
発見~分析、そして改善を目的としたコンサルティングが可能です。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top