VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)について


VR(仮想現実)とは、「バーチャル リアリティ」の略で、デジタル映像の世界へ没入する仮想現実のこと。ARとの大きな違いはユーザーが実際に体感できる点があり、体験するにはヘッドセットの装着が必要です。ゲームや映画などエンターテインメント業界との相性も良く、近年では医療、教育、旅行、自動車、宇宙などの業界でも活用されています。

AR(拡張現実)とは、「オーグメンテッド リアリティ」の略で、実在する風景にバーチャル情報を重ねて表示すること。ARマーカーの位置や位置情報に一致していれば情報を手軽に表示させられるので、商品プロモーションや企業マーケティングに向いています。大ヒットしたアプリ「ポケモンGO」や、カメラアプリ「SNOW(スノー)」、IKEA「バーチャルレイアウト」や天気予報アプリ「アメミル」もARアプリです。

MR(複合現実)とは、「ミクスト リアリティ」の略で、現実世界と仮想現実を融合させたもの。専用のゴーグルを装着すると室内位置や家具をデバイスが把握して空間にデジタル映像を重ね合わせ、利用者の動きとシンクロするのでSFの世界さながらに動きながら手で操作することも可能。



「VR・AR広告」「その他」の資料一覧

検索結果:4件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/05/14

【ロマンテックVRについて】
ロマンテックVRは、営業提案・展示会・プレゼンテーションをVRで行うための、完全カスタマイズ型の開発を行っております。

<特徴>
VRを用いて参加するショールーム(展示会)を開催できます。来場者は、VRグラスを用いて参加します。バーチャル空間には、企業イメージ・製品・ブランドに合わせた会場をバーチャル空間上に設営します。
来場者は、バーチャル空間内で、実際に製品を手にとって体験が可能です。また、製品の大きさや重さを問わず様々な製品の体験ができます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/05/06

【ロマンテックVRについて】
ロマンテックVRは、営業提案・展示会・プレゼンテーションをVRで行うための、完全カスタマイズ型の開発を行っております。

<特徴>
「製品・サービスの良さ」を、VRコンテンツ化します。
パンフレットや動画では伝えきれない「体験」を提供する次世代型の営業・展示会ツールです。
VRグラスを営業先に持参する・展示会に出展するだけで、商品やサービスの効率的な訴求が可能です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/27

あるぞうくん(AR蔵くん)でARを体験しよう!
簡単・低コストですぐにはじめられるARアプリサービスです。

ARマーカーにカメラをかざすと、3Dコンテンツを空間に出現、学校案内・キャンパスマップ、飛び出すぬりえ、商業施設などのイベントになど様々シーンにおいてARプロモーションを開始できます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/17

店舗・施設・物件等をお持ちの事業者様に!
WEB上で、リアルな下見・内見・見学を提供するサービスです。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top