国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,472件  会員数92,735人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2019年03月13日 更新日:2022年07月19日

Instagram運用の基本と、代行会社の選び方を解説!

snsimgl4199_tp_vInstagram運用の基本と、代行会社の選び方を解説!

Instagram運用とは

企業がInstagramを活用して情報発信をし、マーケティングを行うことをInstagram運用と言います。 ここでは、Instagram運用をはじめる前に知っておきたい基本的な知識や準備すべき項目を紹介します。

Instagram運用代行会社10選

Instagramのアカウント運用で、効果に伸び悩んでいる企業は多いのではないでしょうか。もはや当たり前となったSNSのビジネス活用ですが、なんとなくハッシュタグを使ってしまったり、フォロワーとのコミュニケーションがうまく取れていなかったりと、レッドオーシャンと言われるInstagram内で上手く運用設計が立てられずにいるマーケティング担当者も少なくないはずです。
今回はそんな運用にお困りの方に向け、Instagramの特徴集客のポイントアカウント運用代行会社の資料などをまとめて紹介いたします。
企業のInstagramアカウントを作ったものの、担当者が忙しくてそのまま放置になってしまうケースも多いと思います。そこで、Instagramのアカウント運用代行会社に依頼する事で、フォロワーが増えるよう、写真やハッシュタグを選び、適切なタイミングで投稿するなどの運用をしてもらえます。


下記には、Instagram運用について知見のある企業様の資料を掲載しています。無料でダウンロードできるので、インスタグラムのアカウント運用にお困りの方、代理店やInstagram運用ツールについての情報をお探しの方は、ぜひ使ってみてくださいね!

【DL特典有】インスタグラム運用の企画立案~運用代行まで[まるっと]お任せプラン | 株式会社GLAPentertainment

【DL特典有】インスタグラム運用の企画立案~運用代行まで[まるっと]お任せプラン

SNSの活用が主流になってきている中、自社のリソースだけで運用するのはなかなか難しいのがInstagramのアカウント運用。
メディアレーダー限定のお得なプランをご用意いたしましたので、是非この機会にご活用ください!

【こんな方におススメ】
・Instagram公式アカウントを始めたいが何から始めていいかわからない
・Instagram公式アカウントを運用中だが、きちんと運用できていない
・Instagram公式アカウントを運用中だが、社内的に何をKPIにしてよいのか、何をゴールに運用したらよいのかわからない
・とにかくフォロワー数を増やしたい(1万人にしたい)
・コンテンツの企画~制作~投稿まで「丸っとお願いできる」パートナーを探している
・キャンペーンや広告運用をプロにお任せして、短期的にフォロワーを伸ばしたい
・Z世代への訴求としてのSNS運用/広告運用もできると嬉しい

ファッション、コスメ、香水、ホテル、飲食など幅広い商品やサービスの公式アカウントをお任せいただいてきた為、コンテンツ制作のノウハウはもちろん、フォロワー数を伸ばす広告運用のメソッドも熟知しています。

社内にSNS総フォロワー数4万人を超えるインフルエンサーも在籍しており、「インスタグラムのプロ」としてアドバイスをさせていただくことも可能です。

ご予算に合わせて内容を検討することも可能ですので、まずはお問い合わせください。

インスタグラム運用代行 30万円〜運用を依頼できるサービス資料 株式会社リプカ | 株式会社リプカ

インスタグラム運用代行 30万円〜運用を依頼できるサービス資料 株式会社リプカ

■リプカのインスタグラム運用代行がおすすめな理由
1インスタグラム代行業者の中で圧倒的なコスパ
・最安の20万円のプランでも、投稿数(画像文章作成込み)が20件/月
・プランごとに行なってもらえる内容が明確で、運用後の問題が起きにくい
・レポートや定期mtgがどのプランにも付いており、安心運用

2豊富な実績がある
・アカウント運用数500以上と充分な運用実績とノウハウがある
・上場企業を含む大手有名企業のアカウントを多数運用(実績資料集で確認できます)
・専業で8年以上の実績・経験
・多くの業種業態の運用実績があるため、ほとんどの業種業態をカバー

3リプカのインスタグラム運用代行の強み
・フォロワー数のみを目的とせず、会社全体の広告戦略に沿ったSNS運用戦略を立案
・投稿やクリエイティブ作成だけでなく、KPIを設定して目標にコミットして運用してくれる
・大企業にはないスピーディーな対応と個別の相談にも柔軟に対応

■プラン内容
・STARTARプラン 30万円/月
アイコン・カバー画像の設定
投稿ごとのハッシュタグ選定
フィード投稿(画像編集&文章作成を含む) 8投稿/月
ストーリーズ投稿(画像編集&文章作成を含む) 12投稿/月
アカウントパトロール 1回/週
分析レポートの提出 1回/月
定期オンラインmtg 1回/月

・BUSINESSプラン 35万円/月
アイコン・カバー画像の設定
投稿ごとのハッシュタグ選定
フィード投稿 12投稿/月
ストーリーズ投稿 16投稿/月
【追加】動画コンテンツの編集&作成
【追加】キャンペーンの企画~1回/月
アカウントパトロール 3回/週
分析レポートの提出 1回/月
定期オンラインmtg 1回/月

・PROFESSIONALプラン 50万円/月
アイコン・カバー画像の設定
投稿ごとのハッシュタグ選定
フィード投稿 16投稿/月
ストーリーズ投稿 20投稿/月
動画コンテンツの編集&作成
キャンペーンの企画~2回/月
【追加】インフルエンサーキャスティング ~5名/月
アカウントパトロール 5回/週
分析レポートの提出 2回/月
定期オンラインmtg 2回/月

「運用のクオリティー確認のために事例が見たい」
「実際施策を始めた場合の流れが知りたい」
という方は下記の資料をDL下さい!!

【※無料ギフティング施策付き】Instagram公式アカウントの運用代行 | UNITY株式会社

【※無料ギフティング施策付き】Instagram公式アカウントの運用代行

Instagram公式アカウントの運用代行・サポートをします。
抱える課題に対しスピーディーにPDCAを回していき、 公式アカウントの運用を最適化していきます。

▼課題例
・公式アカウントのフォロワー数を増やしたい
・商品の認知を拡大したい
・公式アカウントから販促につなげたい
etc...

▼実施概要
・投稿クリエイティブ(制作・画像含む)の制作・インサイト分析
・投稿戦略の立案
・投稿ディレクション
・月1回のレポート提出

※運用自体は最低3ヶ月~から対応致します。
※上記以外の内容をご希望の場合、別途ご相談くださいませ。

-月額6万円ではじめる、インスタグラム運用代行サービス- 売れるSNS運用代行 | FAST BPO株式会社

-月額6万円ではじめる、インスタグラム運用代行サービス- 売れるSNS運用代行

売れるSNS運用代行は、独自のノウハウにより、3ヶ月でインスタグラム運用を軌道に乗せます。
月額費用は6万円+広告費用のみ
SNS運用のお悩みを全て引き受けます。

美容領域のInstagramの運用代行なら「Really」 | IWCreation株式会社

美容領域のInstagramの運用代行なら「Really」

弊社はインフルエンサーマーケティング事業を手がけている会社でして、
Instagramでのアフィエリイトを得意としております。

事業で培ったノウハウを活かして大手美容機器メーカー様をはじめ、
多くの企業アカウントの運用を任せて頂いており、大変ご好評頂いております。

自社アカウントの運用を外注したいというご要望ございましたら、
ぜひ資料をダウンロード頂き、お打ち合わせのお申し込みをご検討頂けると幸いです。

撮影重視のInstagramアカウント運用代行※代理店様DL不可 | 株式会社アンダーバー

撮影重視のInstagramアカウント運用代行※代理店様DL不可

【当資料は、BtoCのメーカー様向けの資料となります。それ以外の業種の企業様や、代理店様・代理販売をお考えの企業様、類するサービスを提供されている企業様はダウンロードをお控えください。】

Instagramアカウントの運用にお悩みの担当者様、必見!
累計300社様以上、現在も100社以上のアカウント運用を行うアンダーバーがお客様のアカウント運用をご支援します。

【こんなお悩みはありませんか?】
「ノウハウがないため、どのようにアカウント運用を進めるべきかわからない」
「Instagramへの投稿を行いたいが、投稿素材が足りない」
「モデルを起用できないため、物撮りばかりを投稿している」

そんなInstagramの担当者様向けの資料です。
300社様以上のInstagram運用をご支援してきた、当社がお手伝い致します!



【サービスの特徴】
・インスタジェニックな撮影
モデル、ハウススタジオを当社が用意し、プロカメラマンがインスタジェニックに撮影します。
化粧品やスキンケア商材、家電製品や文房具まで、豊富な商材の制作実績がございます。

・ワンストップでの運用
アカウント開設、撮影、テキスト作成、投稿などのInstagram運用に必要な作業から、
プレゼントキャンペーンの開催まで、ワンストップでアカウント運用を代行致します。

・二次利用OK
撮影した画像はインスタグラム以外にも掲載可能なため、WEBサイトや広告などにもご活用可能です。
「潤沢な写真素材があるから、商品発売ごとの撮影が不要になった」など、喜びのお声を頂いております。

-----
■お願い■
本資料は、【BtoCのメーカー】様を想定して作成された資料です。
以下のような企業様はダウンロードをお控えください。

・当社の競合に当たる、Instagramマーケティングやクリエイティブ製作を提供する企業様
・広告代理店様、代理販売をお考えの企業様
・サービス業やBtoBの業態の企業様

代理販売や情報収集を目的としたダウンロードが多く、非常に困っております。
DLごとに費用が発生しますので、上記に該当する企業の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
-----

インスタの「勝ちパターン」運用で 売上・集客を最大化! | AIQ株式会社

インスタの「勝ちパターン」運用で 売上・集客を最大化!

※弊社と競合関係にあたる企業様のダウンロードはご遠慮ください。

Instagramを”なんとなく”で運用していませんか?

実はInstagramにもGoogleやYahoo!と同様に上位表示のためのSEOアルゴリズムが存在します。

▼ こんな方におすすめ!
・ インスタグラムのフォロワーが伸び悩んでいる
・ 投稿を上位表示させたいけど具体的な方法がわからない
・ 最適なハッシュタグの選び方がわからない

Instagram運用でお悩みの方は必見のノウハウ資料です!

数あるSNSの中でも「購買につながりやすい」Instagramで潜在顧客と繋がるにはどうすれば良いか?
ぜひ、本資料でヒントを掴んでください!

■資料のポイント

◯ Instagramのアルゴリズムについて
◯ Instagram運用のポイント
◯ InstagramのSEO対策
◯ Instagram運用ナビゲーションツール「Moribus Navi」を利用した最適なInstagram運用方法

■Moribus Naviとは!

AI(人工知能)と培ってきた3,000アカウント超の実績データでアカウントを可視化!
自動アシストで運用の勝ちパターンをレコメンドするInstagramナビゲーションツールです。

ショート動画を活用したInstagram運用戦略 | テテマーチ株式会社

ショート動画を活用したInstagram運用戦略

Instagramではリール動画を使い、短時間で直感的なブランド訴求が注目されています。一方で、SNSの全体戦略の中でその役割の定義や具体的な施策の設計は難しい領域でもあります。
こちらの資料では、ショート動画市場が盛り上がる中で「Instagramではどのような運用戦略が必要なのか?」「支持される動画コンテンツに必要な設計ノウハウとは何か?」をお伝えします。

▼ こんな方におすすめ!
・ ショート動画市場の動向や各プラットフォームの特徴を知りたい方
・ Instagram運用戦略の中でショート動画に期待できる役割や事例を知りたい方
・ 具体的な動画制作プロセスを知りたい方

━━━━━━━━━━
▼目次
━━━━━━━━━━
1. ショート動画市場と今後のビジネス貢献への可能性

2. Instagramの運用戦略とショート動画活用術

3. ユーザーに支持される具体的な動画設計プロセス

━━━━━━━━━━
▼ ご支援が可能な領域
 ・ SNSアカウント運用 (Instagram / Twitter / TikTok)
 ・ SNSキャンペーン支援 (Instagram / Twitter/ TikTok)
 ・ SNS広告運用支援 (Instagram / Facebook / Twitter/ TikTok)
 ・ インフルエンサープロモーション支援
 ・ SNSキャンペーンツール提供 (Twitter)

▼ 業界実績
 ・ アパレル (カジュアルアパレルブランド / スポーツアパレルブランド)
 ・ コスメ/美容 (コスメブランド / ヘアケアブランド / 新興ブランド)
 ・ 小売/卸 (スーパー / ブランド古着)
 ・ 観光/レジャー (地方公共団体 / 旅行代理店)
 ・ 生活関連 (トイレタリー / 製薬 / インテリア / 文具)
 ・ 食品 (菓子 / 飲料 / 調味料)
 ・ 不動産 (マンション / 戸建て)
 ・ 通信 (MVNOブランド)
 ・ 物流 (鉄道) ...etc

上記、業界以外にもご紹介が可能です。
SNS活用に課題を感じている方、SNSを活用したプロモーションをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

Instagram運用を成功に導く42の必須チェックリスト | 株式会社SAKIYOMI

Instagram運用を成功に導く42の必須チェックリスト

Instagram運用で抑えておくべきポイントを把握していますか?

本書ではInstagram運用において必須の全7テーマ/42項目について体系的に網羅しております。
Instagramを運用している方、これから運用しようとしている方は是非ご活用ください。
【テーマ】
①成果から逆算してアカウントの運用目的を設定する
②Instagramについて正しく理解できているか
③正しいアカウント設計ができているか
④アルゴリズムに基づいた運用をしているか
⑤適切な運用施策を打てているか
⑥日々の運用で正しくPDCAを回せているか
⑦悩みに合わせて外部の専門家を活用できているか

運用支援実績
・運用8ヶ月:フォロワー12万
・月間リーチ数:960万
・月間Webページ遷移数:10万セッション
・月間収益:100万円(アフィリエイト商品のみ)  などなど詳しい実績は資料をご覧ください。

【運用改善】Instagramで成果を出せる50のチェックリスト | テテマーチ株式会社

【運用改善】Instagramで成果を出せる50のチェックリスト

Instagram運用で成果を出すために抑えておくべきチェックリストをおまとめしました!
Instagram運用の基礎から応用まで、すぐに実践できるものもありますので是非ご活用ください!

▼ こんな方におすすめ!
・ これまでの運用が本当に合っているのか振り返りたい!
・ これから新しくInstagram運用を始めたい!
・ 新しいメンバーにInstagram運用を引き継ぎたい

━━━━━━━━━━
▼目次
━━━━━━━━━━

1. Instagram運用の心得

2. Instagram運用の必須項目

3. 価値あるInstagram分析のコツ

4. アルゴリズムを攻略するためのコツ

5. Instagram分析で重要な指標

6. 各指標を改善する方法

7. 業界別アカウントの傾向

8. ハッシュタグの基礎知識

9. 「UGC」の基礎知識

10. 一流のInstagram運用のコツ

━━━━━━━━━━

▼ ご支援が可能な領域
 ・ SNSアカウント運用 (Instagram / Twitter)
 ・ SNSキャンペーン支援 (Instagram / Twitter)
 ・ SNS広告運用支援 (Instagram / Facebook / Twitter)
 ・ インフルエンサープロモーション支援
 ・ SNSキャンペーンツール提供 (Twitter)

▼ 業界実績
 ・ アパレル (カジュアルアパレルブランド / スポーツアパレルブランド)
 ・ コスメ/美容 (コスメブランド / ヘアケアブランド / 新興ブランド)
 ・ 小売/卸 (スーパー / ブランド古着)
 ・ 観光/レジャー (地方公共団体 / 旅行代理店)
 ・ 生活関連 (トイレタリー / 製薬 / インテリア / 文具)
 ・ 食品 (菓子 / 飲料 / 調味料)
 ・ 不動産 (マンション / 戸建て)
 ・ 通信 (MVNOブランド)
 ・ 物流 (鉄道) ...etc

上記、業界以外にもご紹介が可能です。
SNS活用に課題を感じている方、SNSを活用したプロモーションをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

なぜInstagramが注目されているのか

Instagramは10代の半数以上が利用し、20代から40代の女性ユーザーがボリューム層になっているSNSです。写真投稿をストックし形成された独特の世界観に惹きつけられたユーザーの8割は、何らかの企業アカウントをフォローし、検索エンジンよりもInstagramコミュニティの口コミ(UGC)を参考に商品・サービスの購入を検討しています。 こうしたユーザー行動の背景にあるのは、ホリスティックショッパー(全体を見て判断する買い物客)とインフォメーションコレクター(タッチポイント多く、コンバセーションも多い)という女性特有の性質です。前者の性質はその推奨を得られれば高いロイヤリティとなり、後者は企業にとって有益なファン・コミュニティとなります。 そしてInstagramが醸し出す独特の世界観ときれいな画像、ユーザーコミュニティで活発に語れる商品・サービスの体験談が企業の求めるコンバージョンを生み出しています。 こうしたInstagramの世界観とユーザーコミュニティが、他のSNSには無い企業が求める コミュニケーション空間を創り出しているので、ビジネスの世界でInstagramが注目されているのです。

Instagramの特徴

Instagramは、写真や動画の投稿に特化したSNSです。10代~20代の若年層を中心として、老若男女問わず幅広いユーザーに利用されています。オシャレな写真を投稿するユーザーが多く、「インスタ映え」という言葉が生まれ、2017年には「インスタ映え」が流行語大賞になりました。

2016年には24時間で投稿が消える「Instagramストーリーズ」機能が追加されたことにより、ユーザーが気軽に投稿を行えるようになり、さらにユーザーを増やしています。また、Instagramを活用して収益を得る「インスタグラマー」という職業も誕生しています。

Instagram投稿の種類

Instagramの投稿の種類は、大きく分けて4種類です。写真と動画の両面でInstagramの世界観を造っているフィード投稿(通常投稿)とストーリーズ投稿。動画だけに絞ってInstagramのコンテンツの幅を広げているリール投稿とIGTV投稿です。 フィード投稿は、写真投稿をストックしInstagram独特の世界観を形成し、ストーリーズ投稿は掲載時間を24時間に制限することでフォローしている投稿者のリアルタイムを感じ取れるようにしています。 リール投稿は再生時間を30秒にすることで動画投稿を容易にし、縦長動画とTikTokでトレンドになったリップシンク動画を簡単に作れる機能で新たなクリエイターとユーザー層を呼び込んでいます。 IGTV投稿は動画時間を60分にすることで、企業が行ったインスタライブをアーカイブできるようにし、フォロワーを増やすのに貢献しています。

Instagramのその他機能

Instagramは綺麗な画像をストックすることで独特の世界観を形成し、ホリスティックショッパー(全体を見て判断する買い物客)とインフォメーションコレクター(タッチポイント多く、コンバセーションも多い)の性質を有する女性を中心とするコミュニティを抱えていることに強みがあります。そのためメインとなる投稿機能の他に、強みを活かす様々な機能を備えています。 同じ趣味嗜好を有するコミュニティの形成を促す機能として、ハッシュタグとリグラム・リポストがあります。ハッシュタグは関連コンテンツの閲覧を容易にし、リグラム・リポストはシェア機能を強化するものです。 コミュニティを強化する機能として、アーカイブの非公開機能と鍵アカウントが役立っています。

Instagramでフォロワーを増やす方法

Instagramでブランド認知を高めたり、ファンを獲得するためには、フォロワーを増やすことが近道になるでしょう。フォロワーを増やすためには、下記のようなアクションが必要です。
・投稿するジャンル・テーマを決める
・定期的に投稿・更新する
・適切なハッシュタグをつける
・投稿に一貫性をもたせる
・プロフィールを充実させる
・フォロワーとコミュニケーションをとる
・キャンペーンを行う
・インフルエンサーを起用する
・他のユーザーにメンションやタグをつけて投稿してもらう
・位置情報を活用する
・タグ付けする
中でも最も重要なのが、「ブランドの世界観を伝えるような投稿を定期的に行う」ことだと言われています。テクニックも大切ですが、まずはブランド価値を正しく世に伝え、その世界観に共感したユーザーがフォロワーになることが望ましいでしょう。

なお念のため補足すると、多くのSNSマーケティング企業が「フォロワーを増やすこと」そのものが目的になってはならないという主張を行っています。いわゆるフォロワー至上主義では、その先にある真の成果に目を向けることができなくなる危険性があります。フォロワーを増やすことは、あくまで成果を生み出すための手段であることに注意しましょう。

コミュニケーションを積極的にとる

Instagramは、独特の世界観を表現する画像と映像に共鳴する趣味嗜好を同じくするコミュニティが沢山存在することが特色になっています。従って、フォロワーを増やすには既に存在するコミュニティとの関係を深めることが賢明です。 そのためには自ら世界観を持つコンテンツを投稿することもコミュニケーション手段として有効です。フィード投稿は世界観をストックするのに最適な機能であり、ストーリーズは全画面表示というインパクトと24時間という特別感で投稿者のリアルを届ける手段として有効な機能です。ストーリーズにはアンケート機能や質問機能もありますし、フォロワー数が伸びれば、URLリンクを貼ることもできるのでコミュニケーションを積極的にとるには欠かせない存在になっています。

Instagramで成果を出すためのマーケティング戦略

Instagramで成果を出すためには、まずは運用の目的を決定することが何よりも重要です。ブランド認知を高めることなのか、商品の購買を促進することなのか、消費者のインサイトを獲得することなのかなど、それぞれの目的に沿って取るべき手段が変わるためです。目的に対して、どういった手段をとるのかを判断する指針が戦略だと言えます。

目的を設定する際、そのターゲットも同時に設定しましょう。商品(商材)はターゲットありきで作られると思いますが、Instagramユーザーの中に自社商品のターゲットが含まれているかを検討することが必要です。

また、ターゲット設定後、実際の打ち手を考える際に役立つのが「ペルソナ」という考え方です。ターゲットとペルソナはよく混同されますが、異なる概念です。年齢や性別などの複数の属性を組み合わせてグルーピングを行ったものが「ターゲット」で、自社のメインターゲットの中でさらに解像度を上げた架空の人物像が「ペルソナ」です。ペルソナを設定することで、「顧客ニーズの解像度が高まる」「伝えたい魅力が明確なため、打ち手が思いつきやすくなる」などのメリットがあります。

目的・ターゲット・ペルソナまで設定できたら、次はKPIを設定しましょう。KPIとは「Key Performance Indicator」の略で、重要業績評価指標を意味するビジネス用語です。成果(ゴール)に対する中間目標と捉えても差し支えないでしょう。KPIを設定することで、成果に対して影響を与える指標の到達具合を図ることができるようになり、施策の良し悪しを判断することが可能になります。
ここまで準備ができたら、初めて投稿するテーマや内容を考え、実際に運用していく業務に進みましょう。

限られた時間や人手で成果を残すには、その使い方が非常に重要です。精度の高いKPIをつくり、ゴールに向けて戦略的に資源を使いましょう。

Instagramのアルゴリズムを意識した運用

投稿されたコンテンツを、ユーザーごと、投稿種類や機能ごとに、表示順位を決めている仕組みをアルゴリズムといいます。 こうしたアルゴリズムを動かしているのは、投稿者の投稿頻度やユーザーとのやり取り、フォロワーの視聴傾向など様々なシグナルです。 従って、企業がマーケティング戦略に沿った運用するためには、ユーザー像が期待するInstagram活動を企業がする必要があります。 定期的に投稿することは当然で、そのターゲットが求める頻度はどれくらいか、寄せられたコメントに対するコミュニケーションは具体的にどのようなものが必要なのか等、しっかりインサイト分析して改善していくことが求められます。 こうして積み上がった運営主体とユーザーのシグナルがマーケティング戦略に沿ったアルゴリズムを作り出すのです。

Instagramを分析するときのポイント

Instagramを使って自社内外の分析や調査を行うとき、主に見るべきポイントは下記となります。
・フォロワー数
・エンゲージメント数
・リンク遷移数
・ハッシュタグ付きの投稿数
・投稿時間
これらの指標を過去の自社や、競合他社のアカウントと比較することで、適切な分析を行い、次の施策を考えることができるでしょう。
また、企業や商品によっては、ここに挙げた以外の指標も非常に重要となってくることがあります。自社の状況に合わせた分析指標を設定しましょう。

Instagram分析ツール

Instagramには、Instagram公式が提供している分析ツールがあります。また、企業が提供する高機能なツールもあり、自社の状況によって利用するツールを選択することをおすすめします。
ここでは、企業が提供する分析ツールを紹介します。当サイトに資料が掲載されているものもありますので、興味があったらぜひダウンロードしてみてくださいね。(無料です!)

SINIS|テテマーチ株式会社★掲載中★

SINISは、運用の成果を可視化するInstagram分析ツールです。 フォロワーを増やしたい、エンゲージメント率を向上させたい、競合他社の運用の様子も知りたい、といったInstagram運用にあたって誰もが持つ課題を解決することを目的として作られました。 この点、分析ツールを導入したけれど、使いにくい、何を表示しているのかわかりにくいといったケースも少なくありません。 そこで、SINISは「見やすさ、使いやすさ」にこだわり、運用の成果や様々な分析結果を運用初心者でも直感的にわかるよう表示しています。 さらに料金プランには初期費用も月費用も無料のプランがあり、その「見やすさ、使いやすさ」を、コストをかけず試せるようにしています。

コムニコマーケティングスイート|株式会社コムニコ★掲載中★

コムニコマーケティングスイートは、InstagramとFacebook、Twitterの承認を受け、最新APIに対応した分析・効果測定ツールです。 複数名のアカウントで運用する際の作業負荷を軽減するため、分析・効果測定だけでなく、承認機能や投稿機能を備えている点が特徴です。 また、目標の進捗を分かり易くするためにKPIの設定とともに表示項目を自由にカスタマイズできるようにしています。 さらに、口コミ分析やコメント管理することで、ユーザーの動向を集約できるようにしているのは、SNSマーケティングを得意とする開発会社の強みを生かした機能といえます。

HOTARU.AI|株式会社AI Marketing

HOTARU.AIは、個人事業主や副業に挑戦しようと考えている個人でも導入できるよう、アカウント分析や投稿分析といった基本的なInstagram分析を無料で行えるようにしているツールです。 無料といっても、フォロー数や平均いいね数、フォロワー数とエンゲージメントの相関関係、使用ハッシュタグといった分析ができます。 無料で基本的な分析とその使い勝手を試した後、競合他社の成果と比較しながら本格的な運用を始める際も月1万円で済み、かなりリーズナブルなプラン設定になっている点が魅力です。

Aista|notari株式会社

Aistaは、Instagramでフォロワーを増やす際に最も重要な役割を果たすハッシュタグの分析に強みを持つツールです。 ハッシュタグは、フォロワーでないInstagramユーザーをフォロワーと同じ趣味嗜好を有する者に絞り込めるので、Instagram運営者はその機能を十分に活かしたいと考えています。しかし、一般的なInstagram分析ツールでは、どんなハッシュタグを使えばよいか、いくつハッシュタグを付ければよいか等の課題を解決できません。 この点、プレミア料金を払って、Aistaを使えば、ハッシュタグ毎の投稿数とそのエンゲージメント率を把握できるようになり、同時頻出ハッシュタグを抽出できるようになります。

AISIGHT|AIQ株式会社

AISIGHT(現moribus)は、AIを使うことによって、PDCAの全てを任せられる万能Instagram分析ツールです。 一般的なInstagram分析ツールでは、運用成果を計算しグラフ化してくれますが、次の打ち手や改善計画はアカウント運営者自ら行わなければなりません。 この点、AISIGHT(現moribus)は、フォロワーの投稿内容をAIが解析してフォロワーの趣味嗜好を予測できるようになっています。そのため、運営成果の改善点を発見できますし、次の投稿プランを立てることもできるのです。 従って、AISIGHT(現moribus)導入者は、PDCAの作業負荷から解放され本業に専念できるようになります。

Insight Suite|スマートシェア株式会社

Insight Suiteは、無料プランだけでも、運用改善に活かせる機能を十分搭載したInstagram分析ツールです。 初期費用も月額費用も無料でInstagramアカウントを分析できるのみならず、過去の投稿データ収集や自社ハッシュタグの集計、競合アカウントのチェックもできます。 Instagram分析ツールを使ってみたいと考えている企業にとっては十分な機能です。 さらにベンチマークアカウント分析や予約投稿で本格的な分析ツール導入を考えている場合でも、トライアル期間があるため安心して有料に切り替えられます。

Social Insight|株式会社ユーザーローカル

Social Insightは、RTキャンペーンやハッシュタグキャンペーンを自動化できるツールです。Instagramのメインユーザーである女性は多くのタッチポイントを持ち、高い口コミ力を有するインフォメーションコレクターです。従ってInstagramでキャンペーンする場合、単なるプレゼント企画ではなく、口コミを誘発するユーザー参加型のキャンペーンが行われます。しかしどのようにRTを誘発するか、どんなハッシュタグが適切なのか、課題になる場合も少なくありません。 そこで、Social Insightは、フォローなどのアクションをしたユーザーに抽選でプレゼントするといったキャンペーンを自動開催したり、「いつ、誰に、どんな内容でキーワードが話題になっているか」を可視化することで適切なハッシュタグを提案したり、できるようになっています。

Instagram運用の方法

ここでは、Instagram運用の具体的な方法について解説していきます。

Instagram運用の基本

InstagramなどのSNSアカウントを運用する方法や、運用において大切なポイントなどをご紹介します。先述のマーケティング戦略の部分と重なる部分がありますが、重要なことのため繰り返し伝えています。

明確なゴールを設定する

Instagramアカウントの運用を始める前に、どの数字をどのように向上・改善し、最終的にどのような目標を達成したいのかというゴールを設定しておく必要があります。特にチームで運用を行う場合、大枠の「認知向上」や「購買率の引き上げ」等といった目標のほかに、その目標値に対してどのようなターゲティングを行い、どの程度のリーチを獲得する必要があるのかといった細かい目標を事前に定めておくことで、チーム全体が共通認識を持って運用できるようになります。

ルールを設定する

Instagramを運用する上で、社内ルールの設定も必要でしょう。前述の戦略部分で設定した目的やKPIなどのマーケティングの上流工程に対して、こちらは実務担当者が作業を行いながら徐々に作り上げていくことをおすすめします。
例えば、下記のような項目は優先的に考えた方がいいかもしれません。
・加工方法の設定
・チェック担当の設定
・投稿頻度と投稿時間の設定
・コメントへの対応ルール

ブランドの世界観を守り、効果的に伝えていく上では、画像はどこまで加工するのか?実務担当とチェック担当を分けるか?どの時間帯が最も反応があるか?予期せぬコメントがついたらどう対応するか?など、細かい運用ルールをつくることが重要だと言えます。

運用方法をマニュアル化する

SNSアカウントを企業で運用する際、運用のルールや規定を決め、マニュアル化することでより精度の高い結果が期待できるようになります。個人での運用とは違い、企業アカウントにおいては複数人が同じアカウントを運用する機会が増えます。その際、個人単位で細かい認識のズレがあると結果として成果が得られなくなる可能性もあります。これを防ぐために、特に企業などで運用要員が複数人にわたる場合は運用方法をマニュアル化し、細かい部分に至るまで手順をグループ内共有しておくことが大切です。

定期的に運用する

InstagramをはじめとしたSNSアカウント運用では分析、更新などを定期的に行い、長期的な視点で運用を行っていく必要があります。運用を定期的に行っていくことで、ファンの育成や顕在層の研究、さらには勝ちパターンを確立できるという可能性も生まれます。

運用レポートを残す

Instagram等のSNSを企業活用を長く続けていく上で、大切なのは第三者の視点を持って運用していくことです。そのためには、単にInstagramインサイト(公式分析ツール)を確認するだけでなく、定期的に運用レポートを作成し、結果を数値化することで自社アカウントの強みや弱み、ユーザーが持つ潜在的なニーズなどを認識していく必要があります。
また、レポートを作成することで、社内の誰もがアカウントの状況を数字で理解できるようになるため、SNS運用の成果や課題を社内で共有できるようになります。

ここではそんな運用レポート制作について、Instagramインサイトの情報を用いたレポートの作成方法をご紹介します。
手動でエクセルにデータをまとめる
まずはお金をかけず自力でインサイト情報をエクセルシートなどにまとめる方法です。ただし、パソコンからはInstagramのインサイト詳細を確認することはできないため、CSVデータなどでインサイト数値をPCへ抽出することも残念ながら現在はできません。
しかしFacebookとInstagramを連携させた上で「クリエイタースタジオ」が利用できれば、PCからインサイト情報を閲覧することは可能になります。

クリエイタースタジオを利用するためには、下記の条件をクリアしておく必要があります。

・FacebookとInstagramを連携させる
・ビジネスアカウント、もしくはクリエイターアカウントを使用する

この設定ができていれば、それぞれのInstagramのインサイト数値がPC上で確認できるようになります。しかし、あくまで数値の確認がパソコン上からもできるようになるというだけで、データをCSV等で一括抽出する等の機能は利用できませんのでご注意下さい。
インサイト分析のレポートツールを使う
Instagramのインサイトを分析し、上記のような手打ちでのデータのまとめ方をするのではなく、もっと効率よくレポートを作成したい場合には、Instagram分析ツールを利用するのも手です。 レポートツールを使えば、各インサイト情報の分析はもちろん、グラフでの分析データ生成や、競合他社分析などの細かい分析までをパソコン上で行うことが可能になります。
運用に割くリソースが限られている、または業務を少しでも効率化したいというマーケターや広告担当者におすすめです。 Instagram上のインサイト内では、下記の項目の数値が確認できます。
インサイト内の計測項目概要

リーチ

リーチとは、投稿を見たユニークユーザー数のことを指します。
リーチにカウントされる投稿はInstagram内のフィード上と発見画面上、そしてハッシュタグ流入を介して表示されたものに限り、同一ユーザーが該当の投稿を重複して閲覧した場合も1ユニークユーザーとしてカウントされます。
このリーチ数は、アカウントの認知がどこまで広がっているかを表す指標ともなるため、特にブランディングや企業好感度、認知度の向上を目的とした施策において注視しておきたい数字です。

インプレッション

インプレッション数とは、投稿がユーザーによって閲覧された合計回数のことを指します。
リーチはユニークユーザーの数をカウントしますが、インプレッションではユーザー単位ではなく、回数単位で数値を検出します。つまり1ユーザーが該当の投稿に対し複数回アクセスを行うと、アクセスされた回数が全てインプレッション数として反映されます。
インプレッションはウェブサイトで言ういわゆるページビューのようなもので、直接的なコンバージョンを目的とするよりも、表示の回数が与える認知向上効果の指標として計測されることが一般的です。

エンゲージメント

エンゲージメントとは、ユーザーによって行われる「いいね」やコメント、シェアなどのアクションを指します。
エンゲージメントはユーザーからの興味や関心などが直接形となった数値であるため、そのアカウント、投稿がどのくらい人気であるのかということを推定できる指標でもあります。日々投稿毎のエンゲージメントをチェックすることで、どんな投稿が反応がいいのかという分析を行うことが可能となります。

インタラクション

インタラクションとはユーザーが起こしたアクションをカテゴリー分けし、数値化したものです。
インタラクションは英語でInteraction、マーケティングでは特に「企業とユーザー間における双方間のコミュニケーション」などと表現されます。
Instagram上のインタラクション値では、ユーザーのプロフィールへのアクセス、ウェブサイトのタップ数、メールアドレスのタップ数、ビジネスの住所のタップ数、電話番号のタップ数などを確認することができます。

合計フォロワー

インサイト内では、アカウントをフォローする合計ユーザー数を確認することも可能です。
Instagram上では過去7日間、または30日間でのフォロワー数の変動推移を見ることができます。ただし日ごとの変動値を確認することはできないため、毎日地道に手打ちで計測していくか、Instagramのインサイト分析ツールなどを利用して分析を重ねていくことをおすすめします。

<引用>:Facebookビジネスヘルプセンター/Instagramインサイトについて

Instagram運用の具体的な手法

ここでは、Instagram運用の具体的な手法について、チェックリスト的に紹介していきます。自社がすべて行えているか、確認してみてくださいね。

プロフィールを充実させる

・Instagramアカウントのテーマを決定する
・プロフィールをもれなく記入する
・写真の見せ方を工夫する
・Instagramストーリーズのハイライトを追加する

Instagram運用におけるプロフィールは、様々な経路を経てアクセスしてきたInstagramユーザーをフォロワーに育てる大事な役割を担っています。そのためには公式アカウントを開設することで利用できるようになった様々な機能を有効活用することが必要です。 プロフィール画面でまず目に入る概要文は運営側のセンスを示す重要な機能です。Instagramのメインユーザーである若い女性を意識して絵文字などを使って視覚的アクセントをつけた親しみやすさを印象付けましょう。 次に目にとまるストーリーズのハイライト機能は、初めてアクセスしてきたユーザーにリアルな企業姿勢を知ってもらいファンを育てる大切な役目を果たします。過去のストーリーをジャンル別に見やすく編集し、もっとも評価の高かったストーリーが一番左に表示されるよう、最後に投函することもテクニックの一つです。

ハッシュタグを活用する

ハッシュタグは、投稿テキストのキーワードの頭に付ける「#」で、クリックすると同じハッシュタグをつけたコンテンツ一覧が表示されます。同じ趣味嗜好を有するコミュニティの形成を促す機能があるので、ハッシュタグを活用すればフォロワーでない一般ユーザーをアカウントに導けます。また、独自のハッシュタグを生みだすことで、フォロワーに特別感を醸成しブランディングを強化することもできます。このようにハッシュタグは、フォロワーでない一般ユーザーに対しても、フォロワーに対しても、有益な機能を持っています。

ハッシュタグ検索の人気投稿を狙う

・ハッシュタグ検索しているユーザーのニーズを満たす
・Instagramアカウントの規模に合わせてハッシュタグを選ぶ

ハッシュタグ検索で一覧表示される投稿の内、トップに分類されるのが人気投稿です。人気投稿になるとフォロワー以外のユーザーにも認知してもらえるのでアカウントのフォローを増やすチャンスになります。 もっとも、トップに分類するアルゴリズムがどのようなシグナルを重視しているのかは常に変化しているため、わかりにくくなっています。 しかし、ハッシュタグとコンテンツの関連性とコメント数が重視されていることは確かです。従って、トレンドのハッシュタグとコンテンツの関連性の幅や、どのようなコメントを促す工夫があるのか、を注視して人気投稿を分析することが必要です。

他のSNS媒体やWebサイトでの告知する

Instagram開設のお知らせを、他のSNSや自社のオウンドメディアで行うことも運用上重要です。ユーザー層が異なるのでフォロワーを増やすチャンスになりますし、既存の自社顧客とのタッチポイントが増え、ロイヤリティを向上させる機会に恵まれるからです。 その際、InstagramというのはどのようなSNSで、仕組みはどうなっているか等、速やかにInstagramに進めるよう、既存顧客のレベルに合せたサポートをすることも忘れないようにしましょう。さらに、なぜInstagramを始めたのか等、自社のストーリーに厚みを加えてブランディング力を高めることも重要です。

ファンへのアクション(いいね・フォロー・コメント)をする

自社のInstagramアカウントに興味を持ってくれそうなユーザーに直接アクション(いいねやフォロー、コメントなど)をすると効果的です。

アカウントを開設しただけでは、Instagramユーザーに自社の存在を気付いてもらえません。 そこで、投稿や他のアカウントへ「いいね」やフォロー、コメントすることで逆にその存在を気付いてもらえます。 もっとも、自社や自社製品と無関係な投稿にこういったアクションすることはビジネス的側面が強すぎてマイナス効果です。同じ趣味嗜好を持つ一般ユーザーの目線で「いいね」、フォロー、コメントすることで、コミュニティの仲間になったことをアピールする程度にとどめておくのが賢明です。

Facebook・Instagram広告を活用する

FacebookやInstagramで広告を配信して、多くのユーザーの目に触れさせることも有効です。
FacebookはInstagramの親会社であり、広告はリーチ数が稼ぎやすく、ページヘの誘導に効果が期待できます。
Instagram内での行動履歴や視聴傾向からターゲティングできるのでフォロワーになってくれる確率の高い属性を持つユーザーに絞って広告ができます。 また、Facebook広告を出すことも有効でしょう。Twitter・LINE・TikTokと比べると、FacebookとInstagramのユーザーは信頼性のある情報を求める傾向がある点で親和性があり、Instagramアカウントへアクセスしてくれたり、フォロワーになってくれたりする確率が高いからです。さらに運営母体が一緒なのでサービスの相関性が高いことも理由です。

キャンペーンをおこなう

キャンペーンすることはSNSの運用施策として一般になっています。 しかし、単なるプレゼントキャンペーンではInstagramを活用している意味は半減します。他のSNSに比し伝搬力が弱いとされるInstagramですが、そのメインユーザーである女性はインフォメーションコレクターとしてタッチポイントが多く、口コミ力の高い属性を有します。従って、口コミを誘発するよう、独自のハッシュタグをつけてユーザーに自社製品・サービスを利用してもらうキャンペーンが有効です。ユーザーの参加意欲をかき立てるアイデアが満載の事例が沢山あることもInstagramの魅力です。

インフルエンサーに協力してもらう

インフルエンサーを企画に協力してもらい、連動したキャンペーンをつくることで認知拡大につながります。
「インスタグラマー」という呼び名があるように、Instagramは、インフルエンサーの力が大きいSNSメディアです。 もっとも、インフルエンサーに協力を求める場合、いくつか注意が必要です。同じ「インスタグラマー」でも自社や自社製品・サービスと関係のない分野に影響力があっても、そのフォロワーの興味を獲得できませんし、ビジネス面を嫌うコミュニティの「インスタグラマー」では逆効果のリスクがあるからです。 「インスタグラマー」の影響力ある分野とそのコミュニティの性質を良く分析してから協力を求めるようにしましょう。

投稿に位置情報を追加する

検索エンジンよりも、Instagram内の検索機能をつかって情報収集するユーザーが多いことがInstagramの強みの一つになっています。その検索機能はハッシュタグ以外に位置情報でも使えます。 実際、位置情報を使って検索するユーザーも沢山いるのです。これは美しい風景や建造物を求めるユーザーが多いInstagramの特徴です。 投稿するコンテンツにハッシュタグの他に位置情報を追加することも、アカウントへのアクセスを増やす方法として有効であることを忘れないようにしましょう。

タグ付け機能を利用する

Instagramユーザーに公式アカウントのフォロワーになってもらうためには、各種投稿からプロフィール画面に来てもらう必要があります。その投稿とプロフィール画面を橋渡しするのがタグ付けとメンションです。タグ付けは投稿した写真や動画に写っている人のアカウントへの導線をつくる機能を有しています。コンテンツをタップすることで、アカウントのプロフィール名のタグが表示され、そのタグをタップすることでプロフィール画面にアクセスできるのです。 これは投稿した本人のタグだけでなく、親和性の高いユーザーのタグ付けもできます。タグ付けされたユーザーにはその情報が届けられ、投稿した本人のアカウントへのチャネルが開かれるのです。

ユーザーにメンションを付けて投稿してもらう

Instagramでは、メンションがフォローのきかっけになることがよくあります。
自社のアカウントのフォロワーに対して、メンションをつけて投稿してもらうことを促すと有効です。 メンションはタグ付けと同じように投稿とプロフィール画面を橋渡しする機能を有します。タグ付け機能と異なり、テキストに含まれるアカウント名の頭に@を付けることで公式アカウントへのチャネルが開かれます。 既にフォロワーになっているユーザーが自社製品・サービスを紹介する投稿に「@+アカウント名」を入れてもらうことで、フォローしていないユーザーをアカウントへ導くのです。従って企業は常にフォロワーに対してメンションを付けて投稿するよう促すこと忘れないことが大切です。

アカウント運用を継続する

フォロワーを増やすためには、アカウント運用を継続することが重要です。
フォロワーを増やすには時間がかかりますが、ユーザーにとって有益な投稿をし続けることでフォロワーは徐々に増えていきます。
SNSは日常的なコミュニケーションメディアなので、ユーザー行動はルーティン化しています。従ってそのルーティンに沿わないアカウント運用は不誠実な印象をフォロワーに与えてしまいます。 ユーザーに有益な情報を配信し、定期的に魅力的な写真と動画を投稿。返ってきたコメントに対しては堅苦しくない親しみのある雰囲気で返答することでフォロワーとの信頼関係を構築していくことが必要です。 特にInstagramは、その8割ものユーザーが何らかの公式アカウントをフォローしているので、企業のアカウント運用を見る目はそれだけ厳しくなります。その反面、一旦その推奨を得れば企業にとって有益なファン・コミュニティになります。

ストーリーズ・リール機能を活用する

ストーリーズは、フォローしている投稿者の今を伝える24時間限定の投稿形式でフォロワーをファンとして常連になってもらうには最適な機能です。リールは、拡散性が比較的弱いInstagramにおいて「パズる」ことが多いコンテンツを投稿する機能です。そのためアカウントをフォローしていないユーザーと繋がる大事な役割を担っています。従ってリール機能を活用することでユーザーをフォロワーに育て、ストーリーズ機能を活用することでフォロワーをファンに育てロイヤリティを高めることが運用の1つのノウハウです。

Instagram運用の事例

Instagramの運用例として、ぜひとも参考にしたいInstagramの企業アカウントをご紹介します。

DELISH KITCHEN

DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)のInstagramアカウントでは、ユーザーに好まれる手軽なレシピ、フライパンでできるデザートレシピなどをはじめ、斬新かつ親しみの持てるコンテンツを発信し大きな反響を集めています。
DELISH KITCHEN

TOKYOディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートの公式アカウントでは、パーク内で楽しめるコンテンツをはじめ、運営側が発信する隠れミッキーやスポットなど、他では知り得ない情報を発信しています。
TOKYOディズニーリゾート

Relux

Reluxは宿泊予約サービスを展開しており、Instagramからの集客で大きな成功を納めていることで有名です。投稿は提携ホテルの室内からの眺めや外観など、全てラグジュアリーな雰囲気で統一されています。どのホテルの写真も泊まってみたくなるようなものばかりで、このInstagramのアカウントから宿泊先を検討するというユーザーも多いようです。
Relux

Instagram運用代行会社とは

Instagram運用代行会社とは、SNS運用代行会社のうちInstagramの運用に特化した代行会社をいいます。 具体的には、クオリティの高い画像を造りだせるクリエイティブ力や依頼企業の世界観を忠実に表現できる分析力、ホリスティックショッパー(全体を見て判断する買い物客)として特質を有する女性ユーザーの審美眼に叶うきめ細やかな心遣いのできる能力、インフォメーションコレクター(タッチポイント多く、コンバセーションも多い)という女性特有の性質にマッチした親しみある対応ができるコミュニケーション力を備えている運用代行会社です。

Instagram運用代行会社に依頼できること

SNS運用代行会社に依頼できることは一般的に3段階に分かれます。ライティングや動画作成等コンテンツ作成とその投稿の代行にとどめる段階、さらにコメントへの返答と簡易的なレポートの作成まで含める段階、成果の分析と施策の改善も含むすべてを依頼する段階です。 しかし、Instagramでは、レベルの高いクリエイティブ力と厳しい審美眼を持つユーザーに対応できる能力が要求されるので、一般的な3段階の他に、コンテンツ作成の素材となる投稿写真・動画の撮影とその加工に特化した依頼もできますし、インスタライブなどキャンペーンに特化した依頼もできます。 さらに、Instagramは、他のSNSには無い優良なファン・コミュニティをつくれる点にビジネス上の魅力があります。そのため、将来的には自社運営、つまりインハウス化を考えている企業も多いので、コンサルタントに特化した依頼を受ける会社も沢山存在します。

Instagram運用代行のメリット

ここまで、Instagram運用をおこなう準備や具体的な方法を紹介してきましたが、多岐に渡るマーケティング業務の中では、Instagram運用に充てるリソースの不足が度々課題になります。また、専門的なナレッジの不足によって、成果が全然上がらなかったり、成果が出るまでに時間がかかってしまうケースもあり、なかなか社内の理解を得るのが難しいという意見もよくあります。

そこで検討したいのが、「運用代行」サービスを利用することです。自社内で成果を出すことが難しいInstagram運用で、プロに依頼することによって解決を図る方法となります。代行サービス利用のメリットを紹介します。

Instagram運用に割く社内のリソースを削減できる

言わずもがなですが、業務を外注することができるため、社内の運用リソースを減らすことができます。InstagramなどのSNS運用の他にも、SEOや広告など複数の領域に及ぶマーケティング業務の中で、どのように人員を配置しリソースを確保するかは、マーケティング担当者や責任者にとっては永遠のテーマだと言えます。代行会社に依頼することは、それを解決するための大きな助けになるでしょう。

プロによる専門的な運用を行える

代行会社のほとんどは、社内に専門のスタッフを抱えていて、その道のプロによって運用してもらうことができます。反響の出やすい投稿内容や時間、頻度、テクニックなどを熟知しているため、自社内で行うよりも成果を出しやすい可能性があります。

レポートや改善提案をもらえる

これは代行会社によりますが、ほとんどの場合で運用レポートや改善提案が提出されるはずです。その内容をもとに運用内容のブラッシュアップを行ったり、社内提案の材料に使ったりすることもできるでしょう。

Instagram運用代行の料金相場

Instagram運用代行の料金は、主に代行会社が行う内容によって月額いくらになるかが決まります。運用代行費だけでなく、初期費用や、コンテンツ作成費などが別途で必要になることがあるので注意が必要です。

月額10万円前後

月額10万円前後のアカウント運用代行は、記事作成や写真・動画投稿、ハッシュタグの選定が主な業務となります。この月額の場合、動画や写真は自社で用意することが前提となっており、投稿コンテンツの作成は別途金額が必要な場合が多い傾向にあります。

月額30万円~

月額30万前後のアカウント運用代行は、コメントやDM対応などのユーザー対応が含まれるようになります。ユーザーのコメントに対する反応や、返信代行、また不適切なコメントの削除対応などを代行してもらうことが可能です。

月額50万円~

アカウント運用代行の月額が50万を超えると、本格的な集客のための運用を依頼することができます。ユーザーへの対応だけでなく、運用の効果検証・分析などコンサルティングも含めて運用代行を行ってくれます。

Instagramアカウント運用代行会社の選び方

Instagramのアカウント運用代行でも、会社によってそれぞれやり方が異なります。 PDCAの回し方をはじめクリエイティブの活用方法、レポートに記載される内容など、各社特徴がありプランによって金額も異なるため、自社が求めるゴールや予算によって選べる運用代行会社も変わります。ここではそんなInstagramのアカウント運用代行におけるサービス・会社の選び方についてご紹介します。

目的やサービス内容が合致するか

Instagram運用代行のサービスを利用する際、アカウント運用でどのような目的を達成したいかを事前に明確にしておくことが重要です。単に評判がいいアカウント運用代行サービスを選んでも、サービス内容が自社が持つ目的とかけ離れていては意味がありません。 それぞれのInstagram運用代行サービスの特徴を事前に調べ、効果測定方法などのプランの詳細、金額などを目的・予算と照らし合わせておくことで高い費用対効果を期待することができます。

レポートの有無

レポートの有無や内容の濃さなどは、運用代行会社によって異なります。レポートはなくても特に問題はありませんが、レポートがあれば今後活かせる場面は増えていくと言えます。 例えば、今は代行会社に運用を依頼しているがゆくゆくは自社リソースでまかないたいと検討している場合、細かいレポートがあれば将来の自社運用に活かすことができます。 また、今後も継続的に代行業者に運用を依頼するという場合にはレポートは必要ないように思えますが、レポートがあれば費用対効果を細部まで確かめられるほか、運用範囲外の指針決定などあらゆる場面で役立つ可能性があります。

複数の代行会社を比較する

複数の代行会社を比較することで、「安い」「強み」といった代行会社のアピールが、相対的に見て正しいのか、ある程度判断できます。 もっとも、比較サイトを1つ見ただけで相対的判断できるとは考えない方がよいでしょう。一定の傾向のある企業を集めただけの比較サイトやタイアップのある比較サイト、情報が更新されていないため、すでに廃業している会社を含む比較サイトもあるからです。 複数の比較サイトとアカウント運用代行会社のホームページも閲覧し信用できるかどうか確認する必要があります。 さらに、あまり予算を組めないならツールを導入するだけ、将来的にはインハウス化するならコンサルタントを依頼するだけ、に留め置くことも検討すべきです。

Instagram代行会社の強みを知る

Instagram代行会社の強みは他のSNS代行会社とは異なるものが求められます。 Instagram代行会社に求められる強みは、依頼主である企業の再現したい世界観を、厳しい審美眼を持ったInstagramユーザーに受け入れる高いクオリティの写真・動画で、造りだせるデザイン力やクリエイティブ力です。さらにフォロワーを育てるコミュニケーション力も必要です。これらの能力が本当に強みとなっているかは、代行会社が公開しているデータだけでは推し量れません。同業他社がクライアントになっているのか、どれくらい契約が継続しているのか等、多角的視点で判断する必要があります。

【関連記事】Instagram広告、Instagramマーケティング、Instagramプロモーション関連の比較・一覧・まとめ
【関連記事】Instagramキャンペーンのツールやサービスのまとめ
【関連記事】Instagramのインフルエンサーのキャスティングやマーケティングについて
【関連記事】Instagram(Instagram)を活用した宣伝のやり方をご紹介!

ライタープロフィール

メディアレーダー 運営事務局株式会社アイズ
国内No.1媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」を運営中。
「めでぃつぶ」では、広告業界の方、マーケター必見のマーケティング知識・ノウハウを発信しています。

公式Twitter:@mediaradar_jp
中の人Twitter:@mediaradar_
TEL:03-6427-6331
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録

めでぃぱす

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る