国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,095件  会員数83,811人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2021年11月30日 更新日:2021年12月23日

【2021年最新】PR会社売上高ランキング!選定ポイントも解説。

【2021年最新】PR会社売上高ランキング!選定ポイントも解説。【2021年最新】PR会社売上高ランキング!選定ポイントも解説。

・PR会社について知りたい
・PR会社に依頼するメリットを知りたい
・PR会社を選ぶ際のポイントを知りたい


上記のような悩みや疑問を解決していきます。
これから会社のPRを強化して事業を拡大していきたいと考えている企業は多いでしょう。 しかしながら、PR会社が具体的にどのような業務を行なっているのか、依頼するメリットは何なのか把握できていない人は多いはずです。 そこで本記事では、PR会社について徹底解説しました。それだけでなく、PR会社に依頼するメリットや、PR会社を選定する際のポイントについてもまとめています。 PR会社について詳しく知りたいという人は、是非最後までご覧下さい。

会員登録ページ

PR会社とは?

PR会社とは、クライアントの様々な課題をPRを通して解決するような企業になります。 例えば、売上の拡大を目指すためにPRを依頼された場合は、商品やサービスをどのようなターゲット選定と宣伝で認知を広げるのか決定して実行するのがPR会社の業務です。 他にも新卒採用を強化したいのであれば、どのようにして大学生に認知を広げるのか企画してPRを行うなどもあるでしょう。 上記のように、クライアントの課題をPRで解決していくのがPR会社になります。

PR会社に依頼するメリット

それでは、PR会社に作業を依頼するメリットを紹介していきます。 これから紹介するメリットが良いと感じるのであれば、PR会社に依頼する価値は十分にあると言えるでしょう。

自社の目標を達成できる

PRを行うことで、自社が掲げている目標を達成させることができます。 採用や集客など、それぞれの会社には何かしらの目標があるでしょう。しかしながら、なかなか目標を達成できていないと悩んでいる企業も多いはずです。 例えば、採用の応募人数を100人に目標設定して、50人しか応募されなければ選択肢が狭くなります。もし目標の100人の応募があったら、選択肢が広がり優秀な人材が採用できる可能性は高くなるでしょう。 自社の目標を達成させるために認知の拡大が必要なのであれば、PR会社に依頼する価値はあると言えるはずです。

リソースが必要ない

PRを自社で行なっている企業も多いですが、リソースが奪われるだけでなく、専門的な知識を持っていない人材が作業して結果が出ないと悩むケースは非常に多いです。 PR会社に業務を依頼すれば、自社のリソースが奪われるだけでなく、専門的な知識を持っている人が作業するので効果を実感できる可能性が高くなります。 自社のリソースでPRを行なっていて、効果が実感できない場合や、他の業務に支障が出る場合は、PR会社に業務を依頼するようにしましょう。

すぐに効果を実感できる

PR会社に依頼して実際にPRが行われると、かなり早く効果を実感することができます。 例えばSNSでPRを行い1万人のユーザーに閲覧されると、すぐに商品・サービスの購買などの行動を確認することが可能です。 他にもWEBマーケティングやイベントなど、PRの手法は複数あります。 少しでも早く効果を実感したいのであれば、PR会社に依頼してPRを行いましょう。

様々な人脈がある

実績のあるPR会社は、既に様々な人脈があるので対応できることが非常に多いです。 例えばイベントを開催したいとなれば、取引のあるイベント会社とすぐに連絡を取り合って企画・構成を作ることができます。 自社が抱えていない人脈を抱えているのは、PR会社の大きな強みと言えるでしょう。

客観的にPRができる

自社のリソースでPRを行うデメリットとして、客観的にPRすることが難しい点です。 自社のことを全て知っている状態だと、客観的な視点でPRの企画・構成を作るのが難しくなります。 PR会社であれば、客観的な目線から多くの人に刺さるPRを作ることが可能です。

PR会社に依頼するデメリット

それでは、PR会社に依頼するデメリットもあるので紹介していきます。

外注費が必要

PR会社に作業を依頼する場合は、外注費が必要になります。 そのため、外注費を入れても利益を作れるようにPRを行わなければいけません。 例えば、PRによって利益が500万円発生しても、外注費(PR費込み)で700万円の費用が発生していたら、200万円の赤字になります。 しっかりとPRに掛かる費用を回収できるのか計算して、依頼することが大切です。

絶対に効果が実感できる保証はない

PR会社は、専門的な知識や成功ノウハウを持っている人が作業を行うので、効果を実感できる可能性は高いと言えるでしょう。 しかしながら、PR会社に依頼しても絶対に成功するという保証はありません。 例えば、1000万円をPR会社に支払って、売上が0円という可能性もあります。 PRは絶対に効果を実感できるという保証がないので、しっかりとPR会社を選ぶことが大切です。

KPIの分析ができない

PRはKPIの分析ができないので、どのような手法で効果を実感できたのか把握するのが難しいです。 例えばリスティング広告などは、広告費に対してどれくらいのユーザーが商品・サービスを購入したのか分かるので、分析を行うことができます。 分析ができないと改善施策などを検討するのが難しいので、PRの大きなデメリットと言えるでしょう。 もし分析を行いたいのであれば、複数の手法で一気にPRを行うのではなく、1つ1つPRを行なっていき、それぞれの手法の効果を確認することをおすすめします。

PR会社の選定ポイント

それでは、どのようにしてPR会社を選定していけば良いのか解説していきます。

実績

実績がある会社であれば、様々な成功事例やノウハウを抱えているので、他のPR会社に比べて効果的なPRを行える可能性を高めることができます。 これからPR会社を選定する際は、どのような実績を持っているのか確認しておくべきだと言えるでしょう。

業界と合う

PR会社の中には、特定の業界に絞ってPR事業を展開している場合もあります。 例えば、自社が飲食店の事業を行なっているなら、飲食店に特化しているPR会社に業務を依頼するなどです。 業界を絞ってPR事業を展開しているPR会社は、業界の知識が豊富にあるので、他のPR会社より効果を実感できる可能性は高いと言えるでしょう。 これからPR会社を選ぶ際は、自社の業界について詳しいPR会社を選ぶのも選択肢の1つです。

WEBに強い

これからPRを行なっていく上で、WEBを活用する可能性は限りなく高いです。
・WEBサイトでの集客
・広告運用での集客
・SNSでの集客


上記のようなWEBマーケティングの強いPR会社に業務を依頼することで、PRの効果は大きく変わってきます。 PR会社を選ぶ際は、WEBの業務がどれくらいできるのか確認しておくようにしましょう。

予算

PR会社によっては用意しなければいけない予算が決められているので、自社が用意できる予算で対応してくれるPR会社を選ばなければいけません。 例えば、自社の用意できる予算が100万円であれば、最低200万円を用意しなければいけないPR会社には業務を依頼することは難しいです。 まずは自社が用意できる予算を把握して、そこから対応できる会社を選定するようにしましょう。 特に大手のPR会社は、用意しなければいけない予算が高く設定されているので注意が必要です。

作業量

PR会社によって、どのような業務を行なってくれるのか全然違います。 例えば、PR活動まで請け負ってくれる企業もありますが、作業はしないでコンサルタントとしてコンサルティングのみ行うPR会社もあるので注意して下さい。 基本的には、PR活動の業務まで請け負ってくれる会社を選ぶようにしましょう。 コンサルティングしか行わないPR会社だと、自社のリソースで全てのPR活動の業務を行わなければいけないので、あまりおすすめしません。

PR会社売上ランキング

最後に、PR会社の売上ランキングを紹介しておきます。 これから紹介する会社は、日本のPR会社の中でも大きな売り上げを作っているので、実績やノウハウは非常に多いと言えるでしょう。
・1位:株式会社ベクトル(375億円)
・2位:株式会社サニーサイドアップ(146億円)
・3位:株式会社電通パプリックリレーションズ(110億円)
・4位:株式会社プラップジャパン(61億円)
・5位:株式会社共同ピーアール(57億円)

 会員登録ページ

ライタープロフィール

メディアレーダー 運営事務局株式会社アイズ
国内No.1媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」を運営中。
「めでぃつぶ」では、広告業界の方、マーケター必見のマーケティング知識・ノウハウを発信しています。

公式Twitter:@mediaradar_jp
中の人Twitter:@mediaradar_
TEL:03-3501-5993
タグ:PR
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る