国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー
メディア担当者のつぶやき・めでぃつぶ
アンダーライン
公開日:2020年12月18日 更新日:2020年12月23日

オムニチャネルとは?収益最大化のマーケティング戦略法と、施策のメリットについて

オムニチャネルとは?収益最大化のマーケティング戦略法と、施策のメリットについてオムニチャネルとは?収益最大化のマーケティング戦略法と、施策のメリットについて

オムニチャネルとは?

この記事では、主にオムニチャネルの用語解説と、具体的な活用方法についてご紹介します。
まずオムニチャネルとは、オフラインとオンラインのサービスにおいてその流通経路を連携させるマーケティング戦略のことです。オムニチャネルを実施することにより、顧客との間で生じる全ての接点で同等の情報・サービスを提供することが可能になります。
分かりやすい事例を用いて簡単に説明すると、例えば実店舗を持っている雑貨屋がECサイトを新しく開設したとします。この実店舗とECサイト内で販売する商品やサービス内容は変更せず、顧客が双方の区別を付けることなく買い物ができるようなシステム作りをすることが、オムニチャネルというマーケティング戦略です。
どこいても商品を買うことができるシステムを作ることで顧客の購買体験に均一性を持たせ、結果的に売り上げやリピーター、ファンを増加させていくことがオムニチャネルの最大の目的です。ECサイトに限らずその他コーポレートサイトなどのWebサイト、アプリを作る際などにおいても同じことが言えます。

オムニチャネルで売り上げ最大化をするコツ

会社全体で取り組み、データを連携させる

オムニチャネルの施策を行う際、複数のサービスなどを統合させる必要が出てきます。その際、特に大企業の場合などは細かくそれぞれのサービス運営元が分かれている場合が多く、一つの部署やチームだけで実施しようと思っても難しい場合が多いです。成果の出るオムニチャネル戦略を行うためには、サービス利用時の障害発生を防ぐためにも大きな一つのプロジェクトとして、必要な担当者を巻き込みながら動いていく必要があります。

顧客目線で考える

もう一つのコツは、顧客目線に立ってオムニチャネルの改良や開発を行うことです。いくら制作側で意見が一致し成功が見込めると思っても、実際にサービスを利用する側の意見や体験を盛り込んだものでなければ売り上げの最大化は見込めません。そしてただチャネル同士をつなげるだけでなく、顧客のニーズをしっかりと投影することで顧客にとっての「いい体験」を提供することができ、結果として売り上げ最大化を実現することができます。

下記では、そんなオムニチャネルをはじめとしたマーケティング代行サービス、また販売促進などを得意とする便利なサービスなどについてご紹介します。媒体資料をリンクからダウンロードすることも可能ですので、ぜひ一つの施策案として検討してみてください。

【不動産特化】クレジットカードデータを活用したターゲティング広告のご案内 | 株式会社オムニバス

クレジットカード大手のクレディセゾンと、アドテクベンダーのオムニバスが開発した最新鋭のターゲティング広告メニューです。

約2600万人のカード会員、約1400万人のネット会員を基盤とした、非常に高い正確性、信憑性を持ったデータを元に、狙ったユーザーへダイレクトにアプローチが可能です。

カード会社ならではの強みとして以下のような正確なデータを保持し活用することが出来ます。

・年収や性別、年代などのデモグラフィック情報
・家族構成(子供の有無)、居住形態、住所変更タイミング、名義変更タイミングなど『ライフステージ』直結情報
・クレジットカードの利用金額、利用回数、利用店などの決済情報

これら強力なデータを、ダイレクトメール、会員向けEメール広告、さらにネット広告などオムニチャネルに連携・展開することが可能です。

詳細はお問い合わせください。

https://media-radar.jp/detail5980.html

事例で分かる!抑えておきたい2020年最新マーケティングトレンド『OMO』とは? | 株式会社ハッシャダイ

※当資料は「広告主様/クライアント様向け」の内容です。
競合調査及び、代理販売をご希望の企業様は、ダウンロードをお控えください。

ECのみの強化はもう遅い・・・?
小売業、サービス業のマーケティング担当者は必見!
2020年最新マーケティングトレンド「OMO」について解説します。

『ECと店舗のボーダレス化』の意味を持つOMO。
これまでのマーケティング戦略との違いは何なのか、
消費者行動はどう変わったのか、
各社はどのような変化が求められるのか、事例と共にまとめました。

━━━━━━━━━━
▼目次
━━━━━━━━━━
・最新マーケティングモデル「OMO」とは
・OMOモデルの活用事例
・OMOの実現によって目指すべき姿とは
・OMOモデルの今後
・まとめ
━━━━━━━━━━

https://media-radar.jp/detail13101.html

OMO最前線2020~デジタルとリアルを融和させた新たなる消費体験とは~ | Repro株式会社

【Reproが提供するOMO最新トレンド】
デジタルと実店舗を融合した最新のマーケティング事例をご紹介!
2020年代のトレンドに取り残されないために、今すぐDL!

2010年代のwebマーケティングでトレンドとなっていた、オムニチャネル、O2O(Onlineto Offline) といったキーワード。これらは急速に過去のものとなりつつあります。日常のすべてがオンライン ( デジタル ) となり、その中にオフラインが完全に包含される OMO(Online Merges withOffline)の時代が、ついに到来しつつあるからです。

これまで実店舗偏重といわれ続けてきた日本の To C ビジネス。おそらく OMO は今後、小売業のみならずあらゆるインダストリーでビジネスの大前提となるでしょう。その波に乗り遅れないためにも、本書を読んで、あらゆるものがデジタルに飲み込まれる「少し先の未来」を一足先に体験してみませんか?

<こんなことが書かれています>
・必要なのは顧客との「新しいコミュニケーション」の形。実現するにはどうするべきか。
・店舗と web の壁を超え、顧客感動を最大化するための専門部隊を結成。そのKPIとは?
・OMOを成功させている企業の共通点は?

https://media-radar.jp/detail10391.html

B2B、エンタープライズIT商材なら「ビジネス+IT」媒体資料【2019年下期】 | SBクリエイティブ株式会社

ビジネス+ITはソフトバンクグループの出版社(株)SBクリエイティブ(旧ソフトバンクパブリッシング)が制作、運営しています。「ITと経営の融合でビジネスの課題を解決する」をテーマとし、20万人のビジネスパーソン会員を有する会員制Webメディアです。

会社名、業種、役職、職位などまで入力された20万人のビジネスパーソンDBをもとに、企業マーケター、広告代理店様向け媒体メニューを豊富にご用意。15年以上にわたり大手外資系ITベンダー、中小ベンチャー、SIer、大学・官公庁・地方自治体など多くのクライアントにご利用いただいております。

ビジネス+ITは企業に潜む多様な経営課題を明らかにし、経営者・CIO・情報リーダーが日々抱えているビジネス上の課題(売上アップ、内部統制、コスト削減、セキュリティなど)に対して、IT活用による解決策を、オンライン・オフラインを問わずさまざまなメディア形式でお伝えしています。

【記事ジャンル抜粋】
BPO・シェアードサービス
人材育成・人材獲得
ワークスタイル・在宅勤務・テレワーク
生産・製造管理・PLM
物流管理・在庫管理・SCM
BPM・BPR
BCP(事業継続)
セキュリティ戦略
IFRS
CSR
新エネルギー
グリーンIT
ビッグデータ
AI・人工知能・機械学習
ブロックチェーン
ソーシャル・エンタープライズ2.0
VR/AR/MR/SR/xR
O2O・オムニチャネル
データベース
ERP・財務会計・人事給与
EAI・ETL・SOA
電子帳票・帳票出力
RFID・ICタグ・NFC
デジタルマーケティング・マーケティングオートメーション・O2O
BI(DWH、OLAP、マイニング)
クラウドストレージ・ファイル共有・ファイル転送
CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク
Office、文書管理・検索
統合運用管理・サーバ監視
仮想化ソフトウェア
IT資産管理・ソフトウェア資産管理
ネットワーク管理・アナライザ
データセンター・ホスティングサービス・IaaS
PaaS
標的型攻撃
Webセキュリティ
アンチウイルス
ファイアウォール・IDS・IPS(不正侵入検知/防御)
UTM(統合脅威管理)
IoT・M2M
VPN・広域イーサ
プロジェクト管理・ワークフロー管理
レガシーマイグレーション
CAD

https://media-radar.jp/detail9708.html

【メーカー様必見】「買いたい!」と思わせることが仕事です! 通信販売のプロ集団 | 株式会社インターワールド

『ショップジャパン』の購買データを使った販促支援

㈱インターワールドはTV通販番組(インフォマーシャル)としておなじみの『ショップジャパン』を運営する『㈱オークローンマーケティング』のハウスエージェンシーです。
トゥルースリーパー(寝具)・スレンダートーン(フィットネス器具)・ワンダーコア(フィットネス器具)等、数多くのヒット商品を生み出しております。

私達は、ショップジャパン運営の中で蓄積された膨大なデータ、そして豊富な映像制作のノウハウなどを駆使し、消費者が商品購入に至るプロセス全体に関する施策を企画、実行する通信販売のプロフェッショナル。
オムニチャネル戦略から商品情報を的確に伝えるコールセンター業務のクオリティ、受注からお届けに至るまでのロジスティックスの構築など、オークローンマーケティングのグループシナジーを最大限に活用し、課題解決にお応えします。

・TVソリューション
年間放送回数70,000回以上の実績を誇り、地上波からCSまで幅広い広告枠をご提案。より多くの売り場をご提供します。

・映像制作(インフォマーシャル)
商品の特性やこだわり、そして愛用者のインタビューなどが盛り込まれ、商品本来の価値をより強く伝えることができます。

・クロスメディアソリューション
新聞・雑誌・ラジオ・WEB(SNS)といった多彩なメディアをクロスさせたソリューションをご提案しています。

・Eコマースソリューション
思わず「購入」ボタンを押したくなるECサイトを構築します。

・コールセンターソリューション
広告費をかけてインフォマーシャルやCMを流しても、きちんと受注が取れる体制がないと、売上向上にはつながりません。
私達は、質の高いコールセンターソリューションを提供しています。

・ロジスティックソリューション
対面販売ではない通販では、ロジスティクス品質、デリバリー品質も重要です。顧客目線での業務で好感度を高め、リピーター増に貢献します。

https://media-radar.jp/detail6981.html

【リピート来店促進】電子スタンプを活用した集客施策 | 株式会社エム・フィールド

新型コロナウィルスの影響もあり、店舗への集客施策・リピート来店施策にお悩みの企業様も多いかと思います。
——————————
「非接触の集客施策を実施したい。」
「紙では難しい不正防止や効果測定を実施したい。」
「お客の目を引く施策を実施したい」
——————————
このようなご要望をお持ちのお客様に、ご提案したいのが、
デジタルスタンプサービス「HiTAP」です。

HiTAPは、スマホに、ポンと電子スタンプを押印するだけで、スタンプを貯めることができる、画期的なスタンプラリー/スタンプカードサービスです。

▼▼次のようなお客様におすすめです。▼▼

●紙のスタンプカードを導入しているが、不正利用が多くて困っている。
 →電子スタンプを利用することで、不正対策ができます。

●店舗ごとの来店数を把握したい。
 →店舗ごとに異なるパターンの電子スタンプを配置することで、店舗ごとの集計が可能です。

●来店者様に楽しんでもらえる、目新しい来店施策を実施したい。
 →HiTAPは、スタンプラリー形式、クイズ形式、ビンゴ形式、ランクアップ形式など
  アイデア次第でゲーム性の高い施策が可能です。

●新型コロナウイルス対策のため、非接触の来店施策を実施したい。
 →HiTAPは、電子スタンプを介して来店者様のスマホにタッチするため、非接触の施策が可能です。

●既に店舗アプリでポイント還元施策を実施しているが、アプリ会員が伸びない
 →WEBでライトなキャンペーンとしてHiTAPのスタンプラリー/スタンプカードを実施してはいかがでしょう。
  アプリ会員登録で1スタンプ押印とすれば、アプリ会員の増進施策にも繋がります。

●既存の会員向けアプリで、電子スタンプラリーを実施したい。
 →HiTAPはアプリを入り口として、スタンプラリーを提供することや、
  アプリの中にスタンプ機能を組み込んで頂くことも可能です。

来店/来館/来場/集客/送客/促進/飲食/店舗/スタンプカード/ポイントカード/スタンプラリー/イベント/キャンペーン/リピート/アプリ/デジタルスタンプ/電子スタンプ/商店/商業施設/スーパー/モール/デパート/百貨店/ラーメン/カレー/居酒屋/O2O/OMO/買い周り

https://media-radar.jp/detail13109.html

LINE Business Guide | LINE株式会社

<コミュニケーションサービスについて>
LINE公式アカウント
LINEプロモーションスタンプ
通知メッセージ
LINE Chat API, LINE Call API
LINE LIVE

<広告サービスについて>
LINE 広告(旧LINE Ads Platform)
LINE 広告ネットワーク(旧LINE Ads Platform for Publishers)

<販促・OMOについて>
LINEセールスプロモーション
LINEポイントAD

https://media-radar.jp/detail9776.html

B2B、エンタープライズIT商材なら「ビジネス+IT」媒体資料【2019年版】 | SBクリエイティブ株式会社

ビジネス+ITはソフトバンクグループの出版社(株)SBクリエイティブ(旧ソフトバンクパブリッシング)が制作、運営しています。「ITと経営の融合でビジネスの課題を解決する」をテーマとし、20万人のビジネスパーソン会員を有する会員制Webメディアです。

会社名、業種、役職、職位などまで入力された20万人のビジネスパーソンDBをもとに、企業マーケター、広告代理店様向け媒体メニューを豊富にご用意。15年以上にわたり大手外資系ITベンダー、中小ベンチャー、SIer、大学・官公庁・地方自治体など多くのクライアントにご利用いただいております。

ビジネス+ITは企業に潜む多様な経営課題を明らかにし、経営者・CIO・情報リーダーが日々抱えているビジネス上の課題(売上アップ、内部統制、コスト削減、セキュリティなど)に対して、IT活用による解決策を、オンライン・オフラインを問わずさまざまなメディア形式でお伝えしています。

【記事ジャンル抜粋】
BPO・シェアードサービス
人材育成・人材獲得
ワークスタイル・在宅勤務・テレワーク
生産・製造管理・PLM
物流管理・在庫管理・SCM
BPM・BPR
BCP(事業継続)
セキュリティ戦略
IFRS
CSR
新エネルギー
グリーンIT
ビッグデータ
AI・人工知能・機械学習
ブロックチェーン
ソーシャル・エンタープライズ2.0
VR/AR/MR/SR/xR
O2O・オムニチャネル
データベース
ERP・財務会計・人事給与
EAI・ETL・SOA
電子帳票・帳票出力
RFID・ICタグ・NFC
デジタルマーケティング・マーケティングオートメーション・O2O
BI(DWH、OLAP、マイニング)
クラウドストレージ・ファイル共有・ファイル転送
CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク
Office、文書管理・検索
統合運用管理・サーバ監視
仮想化ソフトウェア
IT資産管理・ソフトウェア資産管理
ネットワーク管理・アナライザ
データセンター・ホスティングサービス・IaaS
PaaS
標的型攻撃
Webセキュリティ
アンチウイルス
ファイアウォール・IDS・IPS(不正侵入検知/防御)
UTM(統合脅威管理)
IoT・M2M
VPN・広域イーサ
プロジェクト管理・ワークフロー管理
レガシーマイグレーション
CAD

https://media-radar.jp/detail2950.html

オムニチャネル施策のメリット・デメリット

メリット

販売の機会を逃さない

オムニチャネルの一つ目のメリットは、連携の取れたチャンネルが増えることによって販売の機会を増やすことができるという点です。例えばこれまで夜の9時までしか営業していなかったタピオカドリンクの店舗が、アプリで24時間オーダー可能のテイクアウト販売を開始すれば純粋に販売機会を増やすことができ、売り上げの幅の拡大にも期待が持てるようになります。

顧客データの集計・分析がスムーズになる

オムニチャネルを施行すれば、各チャネルに分散していた顧客情報も一か所で管理できるようになるほか、集計や分析の手間も大きく省くことができます。こうした効率化を図る側面と、データ量の必要な精密なマーケティング分析も可能にするという面で大きなメリットがあると言えます。

デメリット

顧客データの移行が難しい

現在ではインターネットの普及によりオムニチャネル化を図る店舗が多く、実店舗しか持っていなかったショップもECサイトやWebサイトを複数持つようになり、どんどんオムニチャネル化が進んでいます。しかし、オムニチャネル化はそう簡単なものではなく、特に顧客情報を移行するのには手間とお金がかかります。
アパレルショップの事例をあげると、アパレルショップが持つ顧客情報はだいたい社内システム(レガシーシステム)に入っていて、それらのシステム構造は比較的古いものが多く、専門の知識がないとデータの一元化はなかなか難しいのが現実です。デジタル投資に積極的な企業はオムニチャネル化による恩恵を受け、そうでない企業は衰退が進むという枝分かれが顕著になってきているのが現実です。

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る