国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,808件  会員数98,531人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2022年11月18日 更新日:2022年11月18日

ピンタレスト広告(Pinterestアド)とは?特徴やアカウント解説を解説!

ピンタレスト広告(Pinterestアド)とは?特徴やアカウント解説を解説!ピンタレスト広告(Pinterestアド)とは?特徴やアカウント解説を解説!

ピンタレスト(Pinterest )とは?

Pinterestとは、Web上の画像や動画を収集し、自分のボードにピン止めすることで、保存・整理するツールです。2008年アメリカのPinterest, Inc.が開発、運営を開始しました。イギリス、フランスに次いで3番目の海外展開先として2013年日本法人が創設され、2022年6月には広告サービスが開始されています。「ひらめきを行動につなげる「Pinterest アド」、登場」Pinterest For Businessによれば、月間利用者数(MAU)は全世界で4億3300万人、日本でも約870万人が利用しています。Pinterestのピンとは、画像や動画をクリックすることで、そのWebサイトへの移動を可能とするクリエイティブです。ボードとは、収集した他人のピンや自作したピンを保存するファイルのようなもので、興味・関心別のボードを作ることで画像・動画を整理するのです。 【出典】ひらめきを行動につなげる「Pinterest アド」、登場  

ピンタレスト(Pinterest)の特徴

Pinterest, Inc公式は「ビジュアルディスカバリーエンジン」と自らを表現しています。つまり、アイデアを探し、インスピレーションを呼び起し、新しいことに挑戦できることがこのプラットフォームの特徴なのです。SNSのような他人との交流ツールではなく、自分のためのツールであり、Googleのような答えを見つける検索ツールではなく、新たな自分を見つける探索ツールなのです。公式が分析した探索キーワードに基づくトレンド予測の8割が現実になっていることから、Pinterestで見つけたアイデアが人々の新しい行動を促すものになっていることも、このプラットフォームの特徴といえます。  

ピンタレスト(Pinterest)のユーザー層

「ひらめきを行動につなげる「Pinterest アド」、登場」Pinterest For Businessによれば、 Pinterestのユーザー層は、男女比43対57で女性が若干多く、1980~1995年生まれのミレミアム世代が30%、1996〜2010年生まれのZ世代が23%で40歳以下が過半数を占めているとのこと。ライフスタイルでの特徴は、子供のいる親が3分の1(35%)を占めていることです。「アイデア志向の Pinterest」Pinterest For Businessによれば、こうした属性を持つユーザーが他のプラットフォームの2倍、ショッピングしているとのこと。97%のユーザーが、非ブランド指名探索、つまり特定商材やモノ・サービスを決めていない探索者であり、日本のユーザーの5人に2人が何か購入する際、Pinterestで特定ブランドではなく、「アイデア」を探しています。40歳以下の購買意欲旺盛な若い世代が何かを購入する際、Pinterestを使っているのです。 【出典】アイデア志向の Pinterest  

ピンタレスト(Pinterest)とInstagramの違い

画像や動画を求めるユーザーという意味で共通するのがInstagramです。しかし、InstagramとPinterestには大きな違いがあります。Instagramは過去や現在の自分の痕跡や世界観を投稿し、同じ趣味嗜好を有するユーザーとコミュニケーションをとるツールです。Pinterestは将来の自分のため、他人が作ったコンテンツを収集し、アイデア・インスピレーションを醸成するツールなのです。心理学者マズローが提唱する、欠乏欲求に属する所属欲求や承認欲求を充たすのがInstagramで、成長欲求に属する自己実現欲求を充たすのがPinterestともいえます。そのため自分の投稿よりも他人の画像・動画を収集・整理するのがメインであり、同一プラットフォームでコミュニティを形成するのではなく、ピンした画像や動画をキッカケにWebサイトやオフラインでの行動を引き起こしています。こうした行動を促すため、Instagramには無い、外部リンクやリピンと呼ばれる拡散機能をPinterestは備えているのです。  

ピンタレスト(Pinterest)でよく検索されるコンテンツ

PinterestのJapanカントリーマネジャーによれば、Pinterestのサービス開始当初は、家の建て替えやリフォームなど人生の一大イベントのアイデア探索に使われていました。しかし、現在ではインテリアやエンターテインメント、ファッション、美容、フード等日常生活を豊かにするためのひらめき探しに使われているとのこと。ターゲティングに使われる「インタレスト」カテゴリも、食品と飲料関係が28カテゴリ、エンターテインメント関係に属するスポーツが25、アートが24カテゴリ、インテリア関係に属する室内装飾が19、DIYが14カテゴリ、ファッション関係に属するウエディングが17、レディースファッション12、メンズファッションが10カテゴリと、日常生活を豊かにするカテゴリが上位を占めています。また、自分と同じピンをしたユーザーの情報も見られるので、興味・志向を中心に、一度検索されたコンテンツは他のPinterestユーザーに急速に広がっていくのです。

ピンタレスト(Pinterest)広告とは?

広告とは、advertisingの訳語で、広く知らしめることを意味し、認知させることに重きがあります。つまり、製品・サービスの存在や名前を認知していない人に対して、製品・サービスの存在や名前を、広く知らしめることが広告の役割なのです。こうした役割をPinterest上で行うのがPinterest広告です。「ひらめきを行動につなげる「Pinterest アド」、登場」Pinterest For Businessによれば、9割のユーザーがPinterestを「オンライン上のオアシス」と回答し、そのプラットフォームの安全性を称えるほど、Pinterestのコンテンツポリシーは優れており、政治的キャンペーンや半ワクチン関連コンテンツをブロックしています。また、他のソーシャルメディア広告の2倍の費用対効果をあげる優秀な広告でもあります。コスト効率を高めるため、予算と広告期間は自由に設定でき、効果を高めるため、属性やインタレスト、キーワード、顧客リストにより絞込み、ピン情報に基づく自動ターゲティング、ができ、理想のオーディエンスが見つけられるのです。しかも、こうした効果の高い広告コンテンツを、柔軟に作成できる機能とサービスをPinterestは提供しています。オーガニックピンをスマートフォンだけで広告に換えるモバイル広告作成機能や、キャンペーンの作成・編集をガイドするアドマネジャー、広告の拡大と計測を助けるPinterestビジネスパートナー等です。

ピンタレスト(Pinterest)広告のメリット

「ひらめきを行動につなげる「Pinterest アド」、登場」Pinterest For Businessによれば、 Pinterestの広告環境は、トレンド予測の8割が当たるなど少し先の未来をのぞけるインサイトを持っています。こうした環境に、数十億のピンデータに基づいたユーザーの興味志向に合わせたタイミングで、通常コンテンツの一部として、広告が表示されるのです。こうして表示された広告効果を高めているのが、高い視覚訴求力とPinterestが獲得している購買意欲の高いユーザーです。  

視覚訴求力が高い

同じような検索機能を持つGoogle広告との一番の違いは、Pinterest広告の視覚訴求力です。その視覚訴求力を支えているのが、Pinterestアドの構成要素と見せ方・組合せの豊富さです。Pinterestアドは、画像、動画、テキストで構成され、その見せ方、組合せにより、7種類に分かれ、その7種類は、さらに、ファイルタイプやエンコード、最大ファイルサイズ、素材の数、メイン素材、動画の長さ、解像度、アスペクト比、文字数制限、タイトル、説明文により、多種多様な見せ方が可能になっています。こうした視覚訴求力の高い広告を展開できることは、ユーザーの購買決定過程に合せた広告展開を可能にし、様々な業種業態の広告効果を高められることを意味します。つまり、企業や新製品のブランディングには動画でその物語性を伝え、ファッションや美容など、ビジュアルが重視される分野では画像重視の広告で、保険や健康食品など、根拠が重視される分野ではテキスト中心の広告で、高い訴求力を実現できるのです。  

購買意欲が高いユーザーが使用している

「ひらめきを行動につなげる「Pinterest アド」、登場」Pinterest For Businessによれば、日本のユーザーの5人に2人が何か購入する際、特定ブランドではなく、「アイデア」を探すためにPinterestを利用しているとのこと。その結果、他のソーシャルメディアユーザーの2倍のショッピング支出をPinterestは実現しています。つまり購入先を決めていないユーザーが、Pinterestをキッカケに、他のソーシャルメディアの2倍の購買行動をおこしているわけです。さらにPinterest広告は、こうした購買意欲高いユーザーを、登録された属性やサービス利用で現れたインタレスト(興味関心)、収集されたピンデータ、広告主が持っている顧客データなど、様々な視点でユーザーをターゲティングして、広告効果を高めているのです。

ピンタレスト(Pinterest)のビジネスアカウントの開設方法

(100文字程度) アカウントとは、Web上のサービスを利用するために必要とされる権利のことです。このうち営利目的に使われるのがビジネスアカウントで、サービスを利用するだけの一般アカウントと区別されます。ここでは営利目的にあたる広告運用のため、Pinterest上の権利を取得するビジネスアカウントの開設方法を説明します。  

無料登録をする

営利目的のない一般アカウントの開設は無料ですが、営利目的のビジネスアカウントの開設は有料なのが通常です。Instagramで広告を出稿するには有料のビジネスアカウントを開設しなければなりません。LINEのアカウントは、無料メッセージ通数とメッセージ追加の可否により無料と有料に分かれます。また、ビジネスアカウントの名称自体がプラットフォームごとに異なり戸惑うことがあります。Instagramは「プロアカウント」、LINEは「公式アカウント」で、ビジネスアカウントであることが明白です。しかし、Facebookは単なる「Facebookページ」という名称のため混乱を生じさせます。この点、Pinterestのビジネスアカウントは、無料で特別フォーマットのコンテンツやカスタムアナリティクスなどを利用でき、コストパフォーマンスに優れています。名称も「ビジネスアカウント」のままなので戸惑いません。Pinterest Businessのトップページから「無料登録ボタン」をクリックすることで、登録手続きが始まります。  

「ビジネスを拡大しよう」から必要情報を入力する

無料登録ボタンをクリックすると、「ビジネスを拡大しよう」という必要情報記入画面が立ち上がるので、メールアドレスと任意のパスワード、それに年齢を入力し、最後に「アカウントを作成」ボタンをクリックします。年齢入力が必須となっているのは、13歳以下のPinterest使用・アクセスが禁止されているからです。ここでもPinterestのコンテンツポリシーの高さが証明されています。そのため、広告運用担当者の年齢を入力しなければなりません。「アカウントを作成」ボタンを押すと、次にプロフィール設定画面が表示されるので、プロフィール名、ウェブサイト保有の有無、住んでいる国と言語を入力します。次に「貴社について」というアンケート画面に移るので、扱っている商材のカテゴリや広告目的、広告出稿状況について、最も近いものにチェックを入れます。これでビジネスアカウントの入力作業は終了です。

ピンタレスト(Pinterest)広告の配信設定

Pinterest広告の配信設定は、広告にアクションを起こしたユーザーをトラッキングするタグを設定することから始まります。次に、費用対効果の優れた広告戦略を展開するために、ターゲティングされた広告グループに対して、明確なキャンペーン目的をもって広告活動し、その活動は管理された予算と期間で展開されることが必要です。管理された広告活動でPDCAを回し費用対効果の優れた広告に改善していくのです。  

タグ設定を行う

一般にタグとは、情報やコンテンツをインターネット上にどのように表示させるかを決める指示書を示します。しかし、Pinterest広告のタグはトラッキングコードを意味し、Pinterest広告から流入してきたユーザーや流入後のPinterestユーザーの痕跡を追跡することを目的します。こうしたタグを設定することで広告運営を分析し費用対効果を高めていくのです。   

ベースコード

コードとは、文字や数字、記号などをコンピューターが識別できるようまとめられた符号、又はプログラム言語の指示書です。このうちベースコードは、Webサイトの全ページに設定する必要のあるPinterestタグの基盤となるコードです。そのため、手動でベースコードを設定することは、大変苦労します。しかしPinterestアドでは、配置方法をメールで送信してくれるサービスやタグマネージャーを使用して設定するGTMというサービスがあります。GTMとは、「Pinterest tag」を選択し、タグIDを入力すれば、それだけで、タグ設定が終了するサービスです。   

イベントコード

イベントとは、Webサイト上で発生するアクションの総称です。会員登録やカタログ申込などコンバージョンだけでなく、広告のクリックやインプレション、ページの読み込みなども含みます。従って、イベントコードとは、特定のアクションやコンバージョンを追跡するために必要となるコードを意味します。特定のイベントページに設定することで、アクション時点での計測が可能になるのです。イベントページとは、Web上のセミナーやライブ、コンバージョンした際に表示されるサンクスページのことで、設置することでコンバージョンの分析が可能になります。  

キャンペーンの目的を選択する

広告キャンペーンは、目的を明確にして展開しなければ、高い効果は期待できません。ユーザーの購買意思決定過程に対応して、展開すべき広告コンテンツが異なるからです。認知を目的とするキャンペーンに競合品との優位性を示す根拠を伝えても目に留らないのです。   

ブランド認知

ブランド認知は、アプローチできるユーザーの範囲を広げて、企業ブランドや商材の知名度を上げることをキャンペーンの目的とするものです。インパクトのある画像・動画・キャッチコピー、短く覚えやすい名称等で構成される広告を作り、インプレション数を最適化させることが求められます。そのため課金形態は、CPMが採用されています。CPMとは、Cost Per Milleの略で、Milleは1000を意味し、広告が1000回表示されて初めて広告費が発生する課金方式で、多くのユーザーに認知されることを目的とするキャンペーンには最適です。   

動画視聴回数

動画広告は、視覚と聴覚に訴えるコンテンツで、画像とテキストの相乗効果を狙った広告です。商材のノウハウや使用体験を、臨場感もってターゲットに伝えようとするもので、Pinterestのようなアイデアやインスピレーションを求めるユーザーには有効な広告手法といえます。その視聴回数をキャンペーン目的とすることで動画広告の有効性を、高い次元で実現しようとするものです。そのため課金形態は、CPVが採用されています。CPVとは、Cost Per Viewの略で、動画広告が視聴されてはじめて広告費が発生するシステムです。   

比較検討

比較検討は、競合他社に対する自製品の優位性根拠を示すWebサイトへのPinterestユーザーの誘導を増やすことをキャンペーンの目的とするものです。自製品の強みや差別化の根拠を示すレポートや好意的なユーザーレビュー、ウェビナーで、コンバージョン数を最適化させるキャンペーンが求められます。そのため課金形態は、CPCが採用されています。CPCとは、Cost Per Clickの略で、広告がクリックされて初めて広告費が発生するシステムです。広告が表示されるだけではコストが発生せず、クリックされ、商材を紹介するWebサイトへ誘導したことをもって広告費が発生するので比較検討キャンペーンには最適なのです。   

コンバージョン数

コンバージョン数は、オンライン上の売上やカタログ申込、会員登録へのアクションを増やすことをキャンペーンの目的とするものです。購買意思決定過程の最終段階にあるため、在庫状況の分かり易さや選びやすさ、買いやすさ、多様な支払手段が選択可能、短期の納品が可能、等に配慮したキャンペーンが求められます。そのため課金形態は、CPCが採用されています。この場合のCPCはCost Per Clickではなく、Cost Per Conversionの略で、広告の表示やクリックだけでなく、コンバージョンしてはじめて広告費が発生するシステムです。   

カテゴリ販売

カタログ販売は、オフライン(実店舗)での売上を増やすことをキャンペーンの目的とするものです。実店舗の在庫商品が、ユーザーのインスピレーションを刺激するカタログのように次々展開されるショッピングアドのキャンペーンが求められます。ショッピングアドは、広告主のデータフィードを利用して既存顧客やアクションのあったユーザーにリターゲティングする広告です。さらに、商品名や価格だけでなく、店舗の在庫状況もピンに反映されるプロダクトピンを広告に使用することでコンバージョン数を上げることもできます。課金形態は、CPC又はCPMが採用されています。  

キャンペーン予算

予算とは、一定期間に使用される費用の総額のことです。設定される予算の期間が短ければその分析・修正の頻度が高まり広告運営の負担が増します。期間が長ければ分析や効果のあるコンテンツの修正が難しくなります。そのため予算の設定は、広告戦略に使える経営資源の豊富さと期待する広告効果の大きさにより異なるのです。   

1日予算設定

1日予算設定とは、広告を配信するための予算を特定日だけに設定することです。1日ごとに広告の成果を分析し、修正して新たな1日予算設定し直さなければならないので、広告運営作業は膨大なものになります。一方、1日ごとの広告成果の分析・評価・修正は、日進月歩の広告展開を可能にし、費用対効果の優れた広告キャンペーンを実現するための近道です。但し、Pinterestは、UTC(協定世界時間)に沿っているので、1日の始まりは日本時間の午前9時になるので、注意が必要です。   

期間での合算

期間での合算とは、広告を配信するための予算をキャンペーン期間の合計として設定することです。キャンペーン期間中1日ごとの予算設定では効率的ではないので、期間中の広告配信に割り当てられる予算を設定するのです。しかしこの方法では、1日設定に比し、分析と修正が容易ではないので、費用対効果の優れた広告戦略を見つけるまで時間を要します。従って、コストパフォーマンスに優れた広告戦略を1日予算設定で確立してから、その戦略を効率的に運営するため、期間での合算に変更するのが賢明です。  

スケジュール

スケジュールとは、広告を出稿・配信する頻度のことです。広告戦略に割り当てられる人員等、経営資源が豊富であれば継続的に実行できます。しかし、割り当てられる経営資源が少ない場合や、PDCAをしっかり回し費用対効果を高めることを重視する場合は、配信期間や日時を指定する方が有用です。   

継続的に実行する

継続的に広告配信することは、キャンペーン期間が短い場合や新発売期の認知向上を目的とする場合、繁忙期の広告など、には有益なススケジューリングです。また、ユーザーの曜日特性を図るため継続的に広告配信するスケジュールも考えられます。しかし、こうした広告配信は、その成果を評価・分析するに充分な人員を用意できる場合や運営代行会社に依頼できる場合でなければ。修正・改善しながら出稿することが難しくなり、費用対効果の悪いプロモーションになってしまう恐れがあるので注意が必要です。   

配信期間・日時を指定する

継続的に広告配信を実行する場合とは逆に、配信期間・日時を指定しながら広告配信することは、個々の広告配信の成果を評価・分析し、修正しながらプロモーション戦略を進める上で有益です。人員に合わせたPDCAを回すのに十分な配信期間の間隔をあけられますし、商材の特性に合わせた一定行動をユーザーに促すよう特定日に広告を集中することもできます。サラリーマンをターゲットにする場合、平日は帰宅後の夕方以降に配信し、土日は自宅でゆったりしている昼間に配信するなど、ターゲットの日時特性に合わせた広告を展開できるのです。  

広告グループの設定

広告グループの設定とは、広告を表示させるPinterestユーザーを絞り込むことです。絞り込むことでターゲットにカスタマイズされた広告コンテンツを作成でき、最適なタイミングで表示させられ、費用対効果の高い広告が実現できるのです。 Pinterest広告は、オーディエンスやインタレスト、キーワード、属性、プレースメントでターゲットを絞り込めます。   

オーディエンス

オーディエンスとは、観客や聴衆を意味し、広告では広告の視聴者を示します。Pinterestのオーディエンスは、エンゲージメント、サイト訪問者、顧客リスト、アクトライク顧客の4種類で構成され、設定は任意です。エンゲージメントとは、取り決めや約束を意味しますが、この場合はPinterestとのつながりを示します。つまり、Pinterestの既存のピンにリアクションを示したユーザーにターゲティングできるのです。アクトライク顧客とは、他の3種類のオーディエンスに類似したユーザーを示します。   

インタレスト

インタレストとは、興味・関心を意味し、ユーザーがPinterestのサービスを利用することで現れた興味・関心の傾向を分類し、ターゲティングに利用しようとするものです。Pinterestではこの分類されたインタレストが現在25項目、248種類存在します。人気のあるファッション系はメンズとレディース、子供に項目分けされ26種類のインタレストで構成されています。最大の種類を要する項目は「食品と飲料」で、28種類もあり、この項目のターゲティング精度の高さを示すものです。   

キーワード

Pinterestのキーワード設定は、完全一致や完全一致除外キーワード、フレーズ一致、フレーズ一致除外キーワード、部分一致の5種類に分かれています。商材を差別化できるキーワードの競合が少ない場合は完全一致設定も可能ですが、通常はフレーズ一致設定するのが賢明です。特にPinterestはアイデアやインスピレーションを求めるユーザーが特定ブランドを指名しないで検索する傾向があるので、完全一致では、多くの潜在顧客にアプローチできないのです。そのため、通常のリスティング広告では設定しない部分一致もPinterestでは十分選択肢に入ると考えられます。   

属性

Pinterestでターゲティングできる属性は年齢や性別、エリア、言語、デバイスの5種類です。年齢は18歳から24歳、25歳以上は10歳単位で、最高年齢層は65歳以上となっています。エリアは日本以外の国も選択でき、郵便番号で細かく絞り込めます。デバイスはWebやモバイルWebのほか、iPhone系とandroid系で選択できるので便利です。もっとも、最初から絞り込まず、どの属性からリアクションがあるのかデータを集め、徐々に絞込み、積重ねたデータに基づいてショッピングアドなどでキャンペーンを展開するのが賢明です。   

プレースメント

プレースメントとは、置くことや配置を意味しますが、広告では広告枠を示します。つまりPinterestの何処に広告を表示させるか指定できるのです。Pinterestでは閲覧画面と検索画面、その両方が広告枠です。検索画面の広告は、ニーズ・ウォンツが明白となっている顕在顧客層にアプローチするもので、閲覧画面の広告は、ニーズ・ウォンツが明白で無い潜在顧客層にアプローチするものです。従って、最初から検索枠に絞って広告を展開することは、表示機会を限定するものでお勧めできません。もっとも、Pinterestは97%が非ブランド指名検索するユーザーなので、検索枠の広告でも通常のソーシャルメディア広告より多くのユーザーにアプローチできます。

ピンタレスト(Pinterest)の広告の種類

ピンタレスト(Pinterest)の広告は、画像、動画、テキストで構成され、その見せ方、組合せにより、画像フォーマットやカルーセルフォーマット、動画フォーマット、ワイド動画、コレクション、アイデアピン、ショッピングアドの7種類に分かれています。ファイルタイプやエンコード、最大ファイルサイズ、素材の数、メイン素材、動画の長さ、解像度、アスペクト比、文字数制限、タイトル、説明文により、多種多様な見せ方が可能になっています。  

画像フォーマット

画像フォーマットは、スタンダードアドと呼ばれ、フォーマットのデフォルトで、画像1枚で広告が作成できます。ファイルタイプは、PNG又はJPEGで、推奨のアスペクト比は、2:3又は1,000 x 1,500 ピクセルで、それ以上大きいと一部しか表示されない場合があるので注意が必要です。タイトルは、最大で全角100文字ですが、デバイスによっては表示できるのは最初の30文字だけです。説明文は最大で全角500文字まで入力できますが、ユーザーが広告を拡大表示している場合やホームフィードや検索フィードで閲覧している場合は、説明文は表示されません。  

カルーセルフォーマット

カルーセルは、複数枚の画像フォーマットがスワイプすることで入れ替わる広告です。最大ファイルサイズは1画像あたり20MBで、カルーセルごとに 2〜5 件まで設定できます。推奨されるアスペクト比は、1:1 (1500x1500)又は2:3 (1000x1500)で、画像ごとにアスペクト比が異なる場合、最初の画像の比率に自動調整されます。タイトル及び説明文の最大入力文字数やタイトルのモバイルデバイスにおける制限、説明文が表示されないケースは画像フォーマットと同じです。  

動画フォーマット

動画フォーマットは、画像フォーマットと同じサイズの動画広告なのでスタンダード動画と呼ばれています。ファイルタイプは、mp4又はmov、m4vで、最大ファイルサイズは2GB、動画の長さは最短4秒、最長15分で、推奨されているのは6秒から15秒の短いものです。推奨アスペクトは1:1の正方形又は2:3または9:16の縦長で、幅:高さが1.91:1以上、1:2以下です。タイトル及び説明文の最大入力文字数やタイトルのモバイルデバイスにおける制限、説明文が表示されないケースは画像フォーマットと同じになっています。  

ワイド動画

ワイド動画は、動画フォーマットの2倍ほどのサイズで、モバイル画面全体に表示される広告です。ファイルタイプや最大ファイルサイズ、動画の長さは、推奨されているものを含め動画フォーマットと同じです。推奨アスペクトは1:1の正方形又は16:9のワイドスクリーンで、1:1の高さを超える縦長動画は表示されません。タイトルの入力数やモバイルでの文字制限は画像フォーマットと同じで、タイトル入力が無く、リッチピンにもタイトルが存在しない場合、タイトルは表示されません。タイトルを入力するとホームフィードまたは検索フィードに表示されます。  

コレクション

コレクションは、メイン画面とその下に表示されるサブ画面で構成される広告で、サブ画面は最大24件まで設定可能です。もっとも、Pinterestが推奨しているサブ画面数は3つまでで、それ以上になるとモバイルでは視認しづらくなります。画像ごとの最大ファイルサイズは10MBで、画像フォーマットの20MBより小さくなっているので注意が必要です。但し、動画の最大ファイルサイズは動画フォーマットと同じ2GBとなっています。メイン画面とサブ画面のアスペクト比は1:1の正方形又は2:3の縦長で、メイン画面とサブ画面で異なる設定が可能です。  

アイデアピン

アイデアピンは、複数の画像・動画・テキストが一枚のピンとして表示される広告です。最大ファイルサイズはメディアやデバイスごとに細かく設定されていて、モバイルはAndroidとiOSとも16MBが推奨されています。Webでの画像は最大32 MBまでですが、動画は最大でも50MBに制限され、推奨されている動画の長さも3~60秒と短くなっています。 上270ピクセル、下440ピクセル、左65ピクセル、右195ピクセルにすると、どのデバイスでも見やすく表示されることがアイデアピンの特徴です。余白の無いものや画面全体に拡張された画像や動画は、アスペクト比9:16(1080x1920 ピクセルサイズ)が推奨されている点も特色です。その他の画像や動画にはこの制限がありません。  

ショッピングアド

ショッピングアドは、広告主がWeb上で展開する商品のデータフィードに基づいて既存客や過去に広告主のWebサイトに訪問したPinterestユーザー、リアクションのあったユーザーに向けて配信されるリターゲティング広告です。商品グループをカタログ化することでユーザーの興味関心のある関連商品が複数画像で次々表示されます。しかもユーザーがプロダクトピンを閲覧するショッピングエリアを含む Pinterestの全てのエリアで表示できるので、購買意思決定過程の早い段階のユーザーにアプローチが可能になるのです。

ピンタレスト(Pinterest)広告を最大限活用するために

(100文字程度) 商材情報をより詳細に表示できるようピン自体を装飾(リッチピン)してユーザーの購買行動を促し、広告戦略で設定した評価指標の達成具合を、様々な視点から分析できるツール(Pinterestアナリティクス)を活用して評価・測定し、PDCAを回すことで、費用対効果を向上させていくことが、Pinterest広告を最大限活用するために必要です。  

リッチピンを活用する

リッチピンとは、通常ピンの画像や動画以外の情報やデータを、広告主のWebサイト等から自動読み込みしてくれるシステムです。このシステムにより広告主は様々な情報やデータを一つひとつ手作業で追加する必要がなくなるので広告作業を効率化できます。また追加された情報によりPinterestユーザーに多様なアイデアを提供でき、インスピレーションを刺激できるので、Pinterest広告を最大限活用できるのです。追加される情報やデータの種類により分類されるリッチピンは、プラダクトピンとレシピピン、リーディングピン、アプリピンの4つです。   

プロダクトピン

プロダクトピンとは、広告主のWebサイトから商品名や価格、在庫情報、説明文を自動的にPinterestピンに読み込むシステムです。自社のWEBサイトをそのまま、ピンに移行できるので、ショッピングアドでリターゲティング広告に使用すると、コンバージョン率が向上すると共に、オフライン(実店舗)での売上増加が期待できます。特に在庫は、納期を決める重要要素なので、ユーザー関心度が高い情報です。従って、プロダクトピンは納期が重視されるファッションや美容品、フード等の商材に最適なシステムといえます   

レシピピン

レシピピンとは、広告主のWebサイトやブログから料理のタイトルや材料のリスト、その分量、ユーザーレビューなどを自動的にPinterestピンに読み込むシステムです。レシピ情報に触れることで、Pinterestユーザーは、料理に関するアイデアを取得し、新しい料理に関するインスピレーションが刺激されます。さらに、ユーザーレビューを閲覧することで、信頼性が担保され、購買行動や会員登録行動が醸成されます。インタレストで最大種類を有する食品や食器関連の商材、料理スクールの広告に最適なシステムです   

リーディングピン

リーディングピンとは、広告主のWebサイトから文章がメインとなるまとめサイトやニュースサイト、ブログなどを自動的にPinterestピンに読み込むシステムです。画像がメインで文章が少ないページは読み込まれないので注意が必要です。画像がメインとなるPinterestで文章メインの広告を出稿することで差別化できますし、文章にすることで記事広告として比較検証段階のユーザーにセールスポイントや根拠を強調できます。従って、リーディングピンは科学的根拠やデータ的優位性のある商材に最適なシステムです   

アプリピン

アプリピンとは、アプリ用ダウンロードボタンをPinterestピンに表示させるシステムです。 ピンから直接アプリをダウンロードできるので、ユーザーの購買段階でのアプローチを省略できるメリットがあります。ユーザーの5人に2人は何かを購入する際のアイデアを探すためPinterestを利用しており、そのメインの年齢層が40歳以下の若者です。そのため、アプリピンは、音楽や映像アプリなどエンターテインメント系や学習系のサブスクリプションに最適なシステムといえます。  

ピンタレストアナリティクスの利用する

アナリティクスとは、データから読み取れる一定の法則やパターン、相関関係などを抽出する分析手法やアルゴリズムです。ビジネスアカウントで使われるアナリティクスは、ビジネス運営データの法則などを抽出する分析ツールを示します。PinterestアナリティクスもPinterest上の広告運用のパフォーマンスを確認できるツールです。パフォーマンス項目は、クリック数やインプレション数、動画視聴回数、エンゲージメント数のほか、動画の平均再生時間や95%以上の再生回数、10秒間の再生回数など多岐にわたります。こうした項目を分析することで広告を最大限活用できるようになるのです。  

KPIを定めて運用する

広告を最大限に活用にするには、PDCAを回しながら運用する必要があります。PDCAとはPlan、Do、Check、Actionの頭文字をとった略で、広告運用計画を策定し、運用を開始、運用成果を分析し、分析に基づいて広告運用を改善することを、繰り返すことで費用対効果を高めるビジネス手法です。この4つの過程全て活用されるのがKPIで、KPIとは、Key Performance Indicatorの頭文字をとった略で、重要業績評価指標と訳されます。このKPIが計画に盛り込まれ、運用の方向性を示し、KPIを中心に運用成果が評価・分析され、分析に基づいてKPIも修正されるのです。  

ターゲティングを絞りすぎない

Pinterest広告は、属性やインタレスト、キーワード、属性、プレースメントで広告が表示されるPinterestユーザーを絞り込めます。絞り込めば絞り込むほどターゲット像は明確になり、そのターゲットに合せた広告を展開して高いコンバージョンを実現できます。しかし、その絞り込まれたターゲットが広告費用に見合う収益をあげる顧客単価と規模を有するかは最初からはわかりません。さらにターゲット自体も変化し続けるので、ターゲティングを絞込みすぎると機会損失が多くなり、費用対効果が向上しないのです。

ピンタレスト(Pinterest)の成功事例

Pinterestが公式に紹介している成功事例の中から、Pinterestの2大ポイントを分かり易く解説できる事案に絞って、ここで取り上げます。まず紹介するのは、Pinterestが、SNSのような所属欲求や承認欲求を充たすツールではなく、アイデアの発見、ひらめき、インスピレーションを探すための自己実現ツールであることをよく示す事例としてリフォーム広告を展開しているFloor & Décorです。次に一大ライフイベントのアイデア探しから身近な生活のインスピレーション探しにPinterestの用途が広がっていることを示す事例として、メンズウォッチのMVMTを紹介します。 【出典】大小さまざまな規模のビジネスにおける Pinterest での成功事例をご紹介  

ピンタレスト(Pinterest)の成功事例①

Floor&Décorは、フローリング材料をブランド展開する小売業です。Pinterest広告を展開することで販売実績をたった9か月で3倍にできました。成功した要因はプロダクトピンを活用し、ショッピングアドを展開したことです。プロダクトピンは、商品名や価格情報だけでなく、ユーザーが気にかかる納品時期を決める在庫情報もピンに反映させられるリッチピンです。ショッピングアドは、広告主のデータフィードを利用して既存顧客やアクションのあったユーザーにリターゲティングする広告です。広告主のプロダクトピンを含むエリアに関心のあるユーザーに関連商品が表示されるので、商品カタログのように広告が展開され、ユーザーのインスピレーションを刺激し、購買意欲を醸成するのです。リフォームはアイデアを求める段階から具体的な予算に基づく購買段階まで様々です。こうしたユーザーにショッピングアドを展開することで購買欲求段階に応じた広告が表示されるようになり、プロダクトピンで在庫情報を表示させ機会損失を防ぎ、販売実績につなげられたのです。  

ピンタレスト(Pinterest)の成功事例②

MVMTは、プレミアムウォッチを製造・販売するファッションアクセサリーブランドです。 Pinterestでメンズウォッチの広告を展開することで顧客獲得単価を4分の1に下げられました。成功した要因は、数年にわたり蓄積された顧客データを、ショッピングアドで活用し、Pinterest広告のメリットである高い視覚訴求力でユーザーの目に留まるようにキャンペーンを展開したことです。これまで蓄積された広告データを基にリアクションの高かった所品ラインナップでショッピングアドを展開して、ユーザーのインスピレーションを刺激する頻度を高めました。商品であるメンズウォッチ単体でなく、サングラス・ジュエリーも身につけた全身のビジュアルコンテンツでカタログをキュレーションすることで、購買意欲も醸成したのです。こうした広告展開は、身近な生活を支えるファッションや美容、フードなど、様々な業種業態の広告の参考になります。

ピンタレスト広告に関する資料まとめ

下記にピンタレスト広告に関する資料をまとめています。資料ダウンロードは無料で無制限に可能なので、お気軽にご活用ください。【フォロワー 0 → 2.2万達成】成功事例で分かるキャンペーン目的に最適な賞品 | シャトルロックジャパン株式会社

【フォロワー 0 → 2.2万達成】成功事例で分かるキャンペーン目的に最適な賞品

はじめてのピンタレスト広告<特徴~はじめ方まで解説!>※代理店NG | ブルースクレイ・ジャパン株式会社

はじめてのピンタレスト広告<特徴~はじめ方まで解説!>※代理店NG

「Web広告運用代行サービス」紹介(事例集付き) | プライムナンバーズ株式会社

「Web広告運用代行サービス」紹介(事例集付き)

2022年6月日本上陸!Pinterest広告をご紹介 | 株式会社オムニバス

2022年6月日本上陸!Pinterest広告をご紹介

Pinterest広告を始めるなら必読!Pinterestのユーザー層を分析 | 株式会社FUKKO

Pinterest広告を始めるなら必読!Pinterestのユーザー層を分析

【Twitterでファンを増やす方法】情報拡散〜ファン化に繋がるキャンペーン! | シャトルロックジャパン株式会社

【Twitterでファンを増やす方法】情報拡散〜ファン化に繋がるキャンペーン!

【LINEキャンペーン効果UP】インスタントウィンで友だち増加!ブロック防止! | シャトルロックジャパン株式会社

【LINEキャンペーン効果UP】インスタントウィンで友だち増加!ブロック防止!

今話題のSNS!TikTokの広告動画の勝ちパターンで高品質な動画制作が可能 | シャトルロックジャパン株式会社

今話題のSNS!TikTokの広告動画の勝ちパターンで高品質な動画制作が可能

SNSマーケティングの一括DLバナー セミナー動画用バナー No.1訴求用バナー
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
めでぃぱす
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る