位置情報ターゲティング「i-target」

Powered by 伊藤忠インタラクティブ株式会社

メディアレーダー
位置情報ターゲティング「i-target」の媒体資料
資料更新日:2020/05/22

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • 位置情報ターゲティング「i-taeget」(1.84MB)
■■■伊藤忠商事グループオリジナルメニュー■■■

■「i-target」の特徴
・スマホの位置情報を活用
 ⇒自店、競合店に行ったユーザーの持つスマホに自社の広告を配信することができる。

・来店計測が可能
 ⇒効果測定としての来店数(CV)が計測できる。

・SNS面、ネットワーク面に配信可能
 ⇒商品、サービスにより最適な配信面を選択して配信ができる。

昨今の社会情勢により過去に来店した顧客をいかにオンラインへと誘導するかが課題となっている企業様が多くなっております。

当社の位置情報ターゲティング「i-target」は、スマートフォンの位置情報データを活用し、過去に来店した顧客を特定することで、その顧客のもつスマートフォンに広告が配信できるサービスです。

また独自のデータ分析により、来店している顧客と類似したターゲット層を選定したアプローチもできるため、新規獲得を狙った広告配信が可能となります。

コロナ禍によりECやオンラインのサービスを体験したことで、今後リアルとデジタルの両方をユーザーが都合よく使い分けていくことが加速していく中、既存顧客のオンラインへの誘導でお悩みを抱えている場合や、新しい顧客を獲得したい等の課題解決にご利用いただけます。

なお、当社では別途CPA/ROAS保証型の広告配信などのサービスもそろえておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
オススメ
<導入事例>
■某海外アパレルブランド
新店OPENに認知拡大策として利用。
ブランドの特性とターゲットの「行動・嗜好」の特性を反映したセグメントが影響して目標CPAを大きくクリア。

■某大手食品メーカー
新商品の認知拡大策として利用。LP内のキャンペーン参加ページへの遷移も想定より多く獲得。
OHHと位置情報を掛け合わせることにより、商品対象ターゲットへの強い訴求ができた。

■某高級外国車ディーラー
キャンペーン期間中の来店誘引策として利用。
それまでの折込、DM、架電に頼った集客では効果検証が不十分であったが、
来店CVの計測もできデジタルによる数値で検証ができたことを評価。

他業界業種にて導入事例多数

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • 位置情報ターゲティング「i-taeget」(1.84MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top