サイト表示速度計測、改善ツール SpeedCurve(スピードカーブ)

Powered by 株式会社ドーモ

メディアレーダー
サイト表示速度計測、改善ツール SpeedCurve(スピードカーブ)の媒体資料
資料更新日:2018/10/11

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • SpeedCurve(スピードカーブ)201809.pdf(1.70MB)
Googleスピードアップデート対策。表示スピードは遅くありませんか?通常5秒表示のサイトでもピークタイムは15秒以上に?表示スピードの計測はサイト改善を追求するための不可欠の計測ツールです。SpeedCurve(スピードカーブ)はGoogle Page Speed Insightsを作ったティーブ・サウダーズ氏が開発したWebサイトのパフォーマンス計測ツールです。アイドルタイムではなく、ピークタイムの表示スピードを計測することが重要です。来の計測サービスでは、時系列での計測に人的コストがかかりました。Eコマースにおいては、メルマガ配信やセールなどのピークタイムに対して、どのような状態にあるかを把握することが重要です。Speedcurve(スピードカーブ)では、継続的に計測を行い続けることで、常にユーザーがどのような状態にあるかを客観視することができます。
●フィルムストリップ:モバイル、タブレット、PCのサイト表示の状態を明らかにします。
●アラート:レンダリングブロックの数々のリソース要因をお知らせします。
●競合他社に比較:どのようにレンダリングされているかを視覚化します。
●ROI:従来のサービスに比べて低コストで運用できます。

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • SpeedCurve(スピードカーブ)201809.pdf(1.70MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル) ビシュラン
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top