国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数8,860件  会員数119,233人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2018年11月14日 更新日:2023年08月04日

インフルエンサーキャスティングとは?メリット・デメリットと代理会社まとめ

インフルエンサーキャスティングとは?企業と選び方を紹介インフルエンサーキャスティングとは?メリット、費用、キャスティング会社まとめ

インフルエンサーキャスティングとは

インフルエンサーキャスティングとは、インフルエンサーマーケティングと呼ばれている宣伝や広告などの特定の目的のために、PR役や演者のインフルエンサーを選定することです。広告主である依頼企業の出稿目的や、ブランドイメージ、予算感に合わせて適切なインフルエンサーをキャスティングすることが必要です。 「キャスティング(casting)」という言葉は「劇や映画での役の割り振り、配役」という意味があります。広告業界では「広告への配役」という意味になります。 つまりインフルエンサーキャスティングは、ある商材の広告宣伝に適切なインフルエンサーにPR役を任せることを意味します。
インフルエンサーについての詳細は下記の記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。
【関連記事】インフルエンサーとは?定義や定義、SNS別の呼ばれ方や特徴を徹底解説

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、特定のコミュニティにおいて強い影響を与えるインフルエンサーを企業が活用し消費者の購買行動に影響を与えるマーケティング手法です。「インフルエンサーキャスティング」と「インフルエンサーマーケティング」はよく似た言葉として間違われることが多いですが、インフルエンサーマーケティングの中で講じられる施策がインフルエンサーキャスティングという構造になっています。
【関連記事】インフルエンサーマーケティングとは?成功事例やポイントを徹底解説!

インフルエンサーキャスティング会社比較

下記にインフルエンサーキャスティングに関する媒体資料やマーケティング資料を掲載しました。資料ダウンロードはいくつでも無料で可能なので、インフルエンサーキャスティングをしたいけれど、どこにお願いすればいいのかお悩みのご担当者様はぜひご活用ください!

【キャスティング×TikTok広告】TikTok プロモーション プラン! | 株式会社アイズ

【キャスティング×TikTok広告】TikTok プロモーション プラン!

【業界最大手!登録12,000人】ママインフルエンサーを活用した成果報酬広告戦略 | 株式会社SKD Promotion

【業界最大手!登録12,000人】ママインフルエンサーを活用した成果報酬広告戦略

【Z世代向け動画施策パッケージ】企画、キャスティング、撮影、編集すべて対応可能! | 株式会社N.D.Promotion

【Z世代向け動画施策パッケージ】企画、キャスティング、撮影、編集すべて対応可能!

【インスタ売れを狙う!】Instagramキャスティング施策 | 株式会社bibin

【インスタ売れを狙う!】Instagramキャスティング施策

【2024最新 広告代理店特化】インフルエンサーキャスティングサービス資料 | スタッツ株式会社

【2024最新 広告代理店特化】インフルエンサーキャスティングサービス資料

キャスティング費と動画制作費が実質無料!Xを活用したお得な配信メニュー | 株式会社FIREBUG

キャスティング費と動画制作費が実質無料!Xを活用したお得な配信メニュー

国内インフルエンサー原価・無限キャスティング【初月無料×低価格高効果×継続性】 | 株式会社Laymoa

国内インフルエンサー原価・無限キャスティング【初月無料×低価格高効果×継続性】

【各種SNS】インフルエンサーを活用したマーケティング ECキャスティング | 株式会社ハイファイヴ

【各種SNS】インフルエンサーを活用したマーケティング ECキャスティング

【代理店DLお断り】SNS運用の実績多数!戦略・運用・キャスティング等可能です | STARONLINE合同会社

【代理店DLお断り】SNS運用の実績多数!戦略・運用・キャスティング等可能です

【動画の視聴数UP】専門家キャスティング!All Aboutの動画出演サービス | 株式会社オールアバウト

【動画の視聴数UP】専門家キャスティング!All Aboutの動画出演サービス

【まだ間に合う!制作・キャスティング業界認知に】「日本タレント名鑑(書籍)」広告 | 株式会社VIPタイムズ社

【まだ間に合う!制作・キャスティング業界認知に】「日本タレント名鑑(書籍)」広告

【ミニイベントで集客を実現】個性的な出演者やパフォーマーを低予算でキャスティング | ニッセイエブロ株式会社 PRソリューショングループ

【ミニイベントで集客を実現】個性的な出演者やパフォーマーを低予算でキャスティング

YouTuberキャスティングサービス資料 | 株式会社エビリー

YouTuberキャスティングサービス資料

【2024年最新】インフルエンサーキャスティングを低額予算で実現「モデルプレス」 | 株式会社ネットネイティブ

【2024年最新】インフルエンサーキャスティングを低額予算で実現「モデルプレス」

【キャスティング+プロデュース&制作デザイン】入札案件サポート | 株式会社プロモデルスタジオ

【キャスティング+プロデュース&制作デザイン】入札案件サポート

PRの鍵はキャスティング×使用感!TikTokのPR投稿に関するZ世代の意識調査 | サムライト株式会社

PRの鍵はキャスティング×使用感!TikTokのPR投稿に関するZ世代の意識調査

『失敗しない!インフルエンサーの選び方』重要ポイントを解説します ※代理店NG | 株式会社M&C

『失敗しない!インフルエンサーの選び方』重要ポイントを解説します ※代理店NG

【ワタミやキリンの事例も!】医療・美容・健康の専門家特化したキャスティング | 株式会社ウェルネスライフ

【ワタミやキリンの事例も!】医療・美容・健康の専門家特化したキャスティング

サッカー選手/サッカー系インフルエンサーキャスティング事例 | 株式会社イースリー

サッカー選手/サッカー系インフルエンサーキャスティング事例

【テレワーク・全国出張】クリエイターキャスティングCAPANET works | 株式会社創美社

【テレワーク・全国出張】クリエイターキャスティングCAPANET works


インフルエンサーキャスティング会社に依頼するメリット

従来、芸能人やお笑い芸人などといった事務所に所属している人たちの中から、番組制作やCM制作をするプロデューサーなどが適した人物を決めることが一般的なキャスティングでした。しかしインフルエンサーの登場や専門家のTV出演、SNSの発展に伴う情報発信が手軽になったことなどから近年、事務所に所属しない一般人に対してもキャスティングというマーケティングが行われるようになっていきました。一般人をキャスティングすることで、事務所を通さずに費用を抑えられることが第一のメリットに挙げられます。また、ターゲットを絞ることでTVCMよりはるかに宣伝効果が高くなる可能性も秘めています。
またインフルエンサーのフォロワーにPRが行われるので、フォロワーの属性にターゲティングを合わせられます。つまりインフルエンサーキャスティングをすることでターゲティングが容易にできるので、効率のいい広告宣伝が実施できます。

自社にあったインフルエンサーが起用できる

インフルエンサーキャスティング会社では、プロが企業の商品やサービスに最適なインフルエンサーを選べるのがメリットです。 ミスマッチな人事選考をしてしまうと商品やサービスとの親和性も悪くなり、企業の信頼を損ないかねません。 こうした事態を回避すべく、インフルエンサーキャスティング会社では、インフルエンサーが過去に行ったPR投稿の結果・インサイトデータなどを蓄積して、質が高く商品性にマッチした人材を選んで、企業の期待に応えてくれます。

炎上の可能性を押さえられる

SNSを利用したインフルエンサーマーケティングは効果の高いPRですが、一方でフォロワー数の多さと拡散性から炎上を起こすリスクがあります。 また、非営利を装う広告でもあるステマ(ステルスマーケティング)も問題になっています。 炎上やステマは企業のブランドを傷つけ、信頼も失いかねません。 インフルエンサーキャスティング会社では、こうしたリスク管理・対策を行っているので、コストはかかりますが企業は安心して任せることができるのです。 企業自らがインフルエンサーに依頼すると、すべて自社でリスク管理・対策を行なわなければならず、日常業務に支障をきたすこともあります。 特にインフルエンサーマーケティングの実績がない企業には大きな負担になりかねません。

インフルエンサーキャスティング会社に依頼するデメリット

しかし商品を宣伝することに慣れていないこともあり、企業が意図しないPRを行われマイナスイメージを与える可能性などのリスクもあります。
このようにキャスティングを行う際はリスク管理を徹底することはもちろん、宣伝したい商品やサービスはどのような人をターゲットとしているのかを明確にする必要があります。
例えば10代に向けた新サービスを宣伝したい時、TV業界では知らない人はいない有名人を起用してTVCMを流したとします。しかしいくら有名だからといって必ずしも10代に効果的に宣伝できるかというとそうではありません。
若い世代のTV離れが進む中、10代を中心としたサービスをTVCMのみで宣伝することはナンセンスです。また有名人を起用するよりも、同年代のインフルエンサーがSNSで宣伝するほうが、SNSを多く利用している10代にとっては情報が届きやすく親近感もわき、またクチコミが広がりやすいのです。
目的に応じてキャスティング、手法を的確に選択する必要があります。

仲介手数料がかかる

自社で直接インフルエンサーを起用する場合、インフルエンサーと直接交渉するため細かな費用は発生しても、負担するのはインフルエンサーへの報酬だけです。 しかし、インフルエンサーキャスティング会社を利用すると仲介手数料がかかるため、トータル的にはコストが大幅にかかるのがデメリットです。 一方で、キャスティング会社に任せれば、インフルエンサーの管理や施策実施、データ分析まで行ってくれます。 自社や担当者の負担を大幅に削減できるので、施策の目的や次の施策の策定など上流の設計に注力することができます。 自社ですべて行うか、キャスティング会社に任せるかは費用対効果も考慮して考えましょう。

やり取りに工数がかかる

インフルエンサーキャスティング会社が入ると直接インフルエンサーに指示が出せないため、すり合わせに時間を要することがあります。 双方の認識に誤解などがあれば起用されたインフルエンサーも本来の能力が発揮できないばかりか、成果も期待できない可能性があります。 キャスティング会社を通じてインフルエンサーに正しく企業の指示や希望が伝わっているか確認に時間がかかるのがデメリットといえるでしょう。 そのためスケジュール感を持って企画がスムーズに進められるようにすることが重要です。

インフルエンサーキャスティングの費用相場

インフルエンサーキャスティングの費用相場はインフルエンサーのフォロワー数によって変化します。フォロワー数が10万人規模のインフルエンサーはフォロワー1人当たり2~3円、フォロワー数が数十万人規模のインフルエンサーはフォロワー1人当たり4~6円といった相場になっています。フォロワー数の多いインフルエンサーほどフォロワーの価値が高くなります。また、一般的に費用の内訳としては下記のようなものがあります。

●インフルエンサーの報酬
●インフルエンサーに依頼する商品の配送料・代金
●代理店の仲介料
●二次利用費用

費用の内訳で最も大きいのはインフルエンサーの報酬で、フォロワーもしくは登録者の人数にもとづいて算出されます。インフルエンサーの依頼にかかる費用・料金相場は、1回のSNS投稿で「フォロワー数×2〜4円」、拡散力の強いインフルエンサーほど高額になりがちです。

また、インフルエンサーに自社の商品・サービスを紹介してもらう場合は、インフルエンサーに商品を試してもらう必要があるため、無料で商品・サービスを提供することが一般的です。もちろん送料や代金は企業負担になります。また、撮影などで宿泊する費用(交通費含)も企業で負担することになります。

キャスティング会社にインフルエンサーを紹介してもらう仲介手数料の相場は、インフルエンサーに支払う報酬の10〜30%です。また、投稿を企業が二次利用する場合は、肖像権や著作権の侵害にあたり、インフルエンサーの許可なく利用できないため予め費用を支払う義務があります。

インフルエンサー代行会社に依頼する場合の費用相場

一般的にインフルエンサー代行会社は、それぞれ得意分野があり自社のコンセプトにあったインフルエンサーを紹介してくれる強い味方です。インフルエンサーマーケティングの経験がなくても代行会社なら、自社商品のPR活動にふさわしいインフルエンサーを紹介し、出演交渉やスケジュール管理、企画などに関わるため企業も安心して任せられます。しかし、料金は会社ごとで異なり、企業自ら直接交渉するよりコスト高になるでしょう。 代行サービス費用には下記のようなものがあげられます。

●キャスティング費用
●ディレクション費用
●クリエイティブ制作費用
●マネジメント費用

キャスティング費用とは、インフルエンサーを選ぶ費用で、フォロワー数に単価をかけて算出します。 ディレクション費用とは、PRの企画をする際にかかる費用です。 クリエイティブ制作費用は、投稿する動画などコンテンツ制作にかかる費用になります。成果物のクオリティに応じて金額は異なります。 マネジメント費用は、代行会社がインフルエンサーをサポートするための費用で、撮影にかかる交通費や宿泊費、代行会社とインフルエンサーが会うための交通費などの費用が含まれます。

インフルエンサーキャスティングの方法3つ

SNSを活用して、企業が積極的に自社の商品やサービスをPRするようになってきました。 効果的なPRを行うために、インフルエンサーをキャスティングする方法が今注目されています。 そこで重要になるのがインフルエンサーのキャスティングです。 自称インフルエンサーも多く、インフルエンサーのキャスティングは慎重に行わなければなりません。 企業と相性がピッタリのインフルエンサーを選ばなければ最大限の効果を発揮することができないからです。 今回は、マーケティングを成功させるためのインフルエンサーのキャスティングについて詳しく解説します。

直接連絡する

キャスティング会社に所属しているインフルエンサーの場合は、会社にコンタクトをすればいいのですが、フリーの場合はSNSのDMや投稿へ企業側から直接コメントして依頼することになります。 メリットとしては、直接連絡して依頼するため、中間手数料がかからないのでコストを抑えることが可能です。

ただし、自社で直接依頼するためには、インフルエンサーの選定や報酬交渉、マネジメント、効果分析、炎上対策など全て自分で行わなければなりません。場合によっては専任のスタッフが必要となるでしょう。こうしたスタッフは、ある程度の経験がなければ現場対応が難しく、人的リソースが限られている企業の場合は、こうした一連の作業が大きな負担になります。

インフルエンサーキャスティング会社に依頼する

一般的な方法では、インフルエンサーキャスティング会社に依頼する方法もあります。 キャスティング会社に依頼した場合、プロの視点で企業側が求める人材に適したインフルエンサーのキャスティングを行うため、インフルエンサーマーケティングの経験がない場合でも安心して任せられます。 また、キャスティング会社に依頼すれば、スケジュール管理や炎上対策、演出方法などにも対応できるため、企業側は本来の業務に専念できるでしょう。 しかし、キャスティング会社任せになるためインフルエンサーとの関係がうまく構築できないために、自社製品のコンセプトを直接伝えきれないこともあります。

そのため事前に丁寧なすり合わせを行うことが重要です。 また、デメリットとして、コスト的に高くなりがちのため、予算内でキャスティングができるか確認しなければなりません。

ツール型

インフルエンサープラットフォームツールを使用して企業が自らインフルエンサーのキャスティングを行うことができます。インフルエンサーの詳細分析やツールでインフルエンサーとのやり取りも可能です。インフルエンサー選定に工数が掛かりますが、自社の都合で自由にキャスティングができます。

ディレクション型

インフルエンサーに特化したキャスティング企業がインフルエンサーのキャスティングや施策のディレクションを行います。ほとんど企業側が手配してくれるので工数が掛からずにキャスティングができます。

ツール+ディレクション型

キャスティング企業がディレクションを取りつつ、企業側もインフルエンサーの分析ができたり、コミュニケーションをとることができます。双方の強みを獲得した形となっています。

インフルエンサーマッチングサービスを活用する

インフルエンサーを見つける方法として、気軽に利用できるマッチングサービスを活用する方法があります。ジャンル別になっているため自社の商品に相性が合う人を見つけ出すことが可能です。 マッチングサービスを利用すれば、インフルエンサーの実績や評判がチェックでき、分析ツールを使って効果分析もできるのでコストを抑えながら進められます。

しかし、登録しているインフルエンサーにしか募集がかけられないこと、相手が応募してくれなければ出演交渉さえできないなどデメリットがあります。 マッチング後の打ち合わせやスケジュール管理、炎上対策などある程度経験や知識がなければ対応できません。また、サービスを受けるためには会員登録費や月額利用料、手数料などかかるので直接依頼するよりもコストがかかります。

インフルエンサーキャスティングの流れ

下記は、インフルエンサーキャスティングの具体的な流れです。
1.インフルエンサーキャスティングを実施している企業やプラットフォームサービスに問い合わせる。
2.広告主とインフルエンサーキャスティング企業間で依頼内容についてヒアリング、実施したい施策についての内容詳細のすり合わせを行う。
3.広告主の依頼や目的に沿ったインフルエンサーを複数名、選出する。選出したインフルエンサーの中から広告主が希望するインフルエンサーを選出し、そのインフルエンサーに案件を受けてくれるかの可否を問う。
4.インフルエンサーがPR投稿を実際に行い、広告効果を計測期間中に取り、広告効果についての分析・レポーティングを行う。

インフルエンサーキャスティング会社の選定ポイントと注意点

インフルエンサーキャスティングの会社を選ぶ際に注意するポイントがあります。 また、インフルエンサー選定についてもインフルエンサーキャスティング会社に丸投げするのではなく、最低限の知識を持ち、チェックすると良いでしょう。

サービスが自社のニーズに適合しているか

発注したいインフルエンサーキャスティング会社の業務範囲についての詳細を把握しましょう。「キャスティング後の企画提案から広告効果の分析まで一機貫通で仕事を依頼したい」 「企画も決まっているし、分析も自社でできるのでキャスティングだけお願いしたい」など広告主側の形態やスタンスによってもインフルエンサーキャスティング会社に求めるニーズは幅広く存在します。

PR投稿の内容や表記に注意を払ってくれるか

インフルエンサーを活用したPRでは、ステルスマーケティングとして扱われないように気を払いましょう。投稿に「PR」や「アンバサダー」などのインフルエンサーと企業が提携しているとわかる表記がされていない場合、ステマとして不正行為扱いとなり、社会からの信頼を失います。 また、近年の薬機法の台頭で、広告表現として効果効能の表現の曖昧さが規制されるようになりました。このような表現についての是非も判断できるかどうか、インフルエンサーキャスティング会社の手配するインフルエンサーを注視すべきです。

手配されたインフルエンサーに適正があるか

キャスティング会社に手配されたインフルエンサーについて、広告主側も調査しましょう。 該当インフルエンサーのフォロワー属性や過去の投稿、支持されている層やジャンルについて調査することを勧めます。本当に自社商材とマッチするか、PR投稿の効果はどれくらい見込めるか、最悪の場合、フォロワーを購入していないかなどの項目について調べると良いでしょう。

インフルエンサーキャスティングを支援する会社28選

インフルエンサーキャスティングを行っている会社についてご紹介いたします。キャスティング会社は、YouTuber・インスタグラマーなどインフルエンサーキャスティングにおける得意なジャンルがあります。 例えば、中高年をターゲットにするなら、インフルエンサーも同じくらいの年齢が望ましいでしょう。 若くてフォロワー数が多いインフルエンサーも魅力がありますが、商品性やターゲット層などを考慮して、どこのキャスティング会社を選べば良いか判断しましょう。 また、見積もりを出してもらい予算と効果を比較検討することも忘れないでください。 さらに、二次利用を考えているならこちらの費用もチェックしましょう。インフルエンサー選定については、インフルエンサーキャスティング会社に丸投げするのではなく、最低限の知識を持って、チェックすることが大切です。

UNITY株式会社

UNITY株式会社が提携するインフルエンサーやインスタグラマーは、アパレルや化粧品、健康商材等の様々な商材に対して訴求ができるインフルエンサーが多く、企業の商材と相性の良いインフルエンサーがキャスティングできます。 企画段階から事前調査を実施し、ターゲットに訴求できるインフルエンサーを起用、商品の企画制作から全面サポートします。 メリットは、成果報酬で無駄なコストは不要なこと。 クライアントの抱える課題に対して、スピーディにPDCAを回していき、運用の最適化を目指します。

株式会社GLAPentertainment

商品やサービスの魅力を言葉や画像で伝えるためには、戦略やストーリーが重要です。 そのためには企業が求めるニーズを理解し、ブランド育成に最適なインフルエンサーをキャスティングしなければなりません。 インフルエンサーによるPR活動は一過性のものと捉えず、中長期的な視点でブランドを育成することこそが株式会社GLAPentertainmentの役目だと考えています。 企業の良きパートナーとして、プロモーション提案にとどまらず、コンサルタントとして商品開発などにも携わっているのが特徴です。 また、マーケティングリサーチにより効果的なマーケティングを提案します。

株式会社TRAVE

最近は旅行先を選ぶ際に旅行会社のサイトや旅行雑誌を見て決めるのではなく、SNSを見て決める傾向が強くなっています。 特に若者を中心にSNSで旅行情報を収集する時に、活用するのが「トラベルインフルエンサー」と呼ばれる人たちの投稿です。 株式会社TRAVEは、フォロワー数100万人を誇るインフルエンサーがとっておきの旅をPRします。 SNSで何をどのように投稿したらよいかわからない方も、TRAVEならインフルエンサーのノウハウを活かした代行サービスを提供しています。 サービスに合わせたアカウント設計・撮影および編集・企画・投稿代行・成果をまとめたレポート作成などオールランドサービスを利用できるのが特徴です。

株式会社BitStar

株式会社BitStarは、インフルエンサーキャスティングからクリエイティブ制作まで一貫したサービスを提供する会社です。 インフルエンサーマーケティング事業やYouTubeチャンネル制作事業を行い、インフルエンサーキャスティング・クリエイティブ制作・運用報告すべてにおいて動画広告ソリューションサービスを提供します。 また、事務所所属、フリーランスにかかわらずさまざまな角度から最適なインフルエンサーの起用を提案できます。

株式会社ルースター

株式会社ルースターは、「旅行」に特化したPR支援サービスやグルメ系のインスタグラマー、化粧品のモニターなどさまざまな分野の商品やサービスのPRを提供する会社です。 インスタグラマー登録2,000人超えの国内最大級のインスタグラマーキャスティングプラットフォームROOSTERを運営しているマーケティング会社です。 発注可能なインフルエンサーは国内2,000名以上いるので、予算にあったプロモーションを依頼できます。 例えば、1日だけのキャスティングなど柔軟なプランにも対応可能です。 投稿後結果はレポートで報告するため、PDCAを回して改善案を提案してくれます。

株式会社MissWH

株式会社MissWHは、自社でタレントを抱えておりキャスティング・マネジメント・ディレクションまで一貫してこなせる会社です。 自社をはじめ、提携芸能プロダクション、提携インフルエンサーなど3,500名以上のネットワークを活用して、YouTuber・インフルエンサーなど企業のニーズに合った提案ができます。 特に女性向けプロモーションでは数多くの実績があり、化粧品やヘルスケアなど女性独自の視点で提案ができるのが強みです。

urtoMedia株式会社

国内最大級のインフルエンサーネットワークで企業に最適なキャスティングを提案するurtoMedia株式会社は、蓄積されたSNS運用ノウハウを活かした運用代行ができる会社です。 高いプロ意識を持つスタッフが、企画提案から動画編集や編集、納品までを行いクオリティの高いコンテンツが提供できます。 予算に合わせた柔軟なキャスティングが可能なので、初めて動画制作を検討の企業なら、運用方針の策定、文章作成、ハッシュタグの設計、投稿代行、YouTubeにおいては企画、撮影、編集など安心して任せられます。

株式会社ハイファイヴ

インフルエンサーマーケティングを知り尽くした株式会社ハイファイヴでは、D2C「Direct to Consumer」、つまり企業が生産した商品をダイレクトに消費者に販売する分野に強みがあります。 プロモーションでは、企業や商品に最適なインフルエンサーを提案し、蓄積されたノウハウでインハウス支援まで提案可能です。 プロモーションだけでなく、新規獲得施策やCRM、LP制作なども支援できる体制が整っているので企業側にとってもメリットがあります。

株式会社ネットネイティブ

10年以上におよぶニュースメディアを運営してきた実績を持つ株式会社ネットネイティブは、インフルエンサーを起用すればどんな媒体に広告を配信すればユーザーに届くのか、どんなコンテンツにすれば拡散できるのか提案ができる会社です。 企業の課題解決に合わせた最適なソリューションを提案し、キャスティングやクリエイティブ制作を行います。 これまで手がけてきた実績として、映画配信会社・テレビ局・化粧品会社・アパレルメーカー・飲料メーカー・自動車メーカー・航空会社など多岐に渡ります。

ソーシャルワイヤー株式会社

ソーシャルワイヤー株式会社が運営するasagakeは、マイクロインフルエンサーのマッチングプラットフォームです。 その仕組みは、企業がPRしたい商品を掲示して、その商品を見て体験してみたいと思ったマイクロインフルエンサーとマッチングを行うものです。 メリットはインフルエンサーと直接コンタクトを取ることができるため、低予算でも活用できること。 コストを抑えつつ効果的な商品のPRをすることで小回りのきくマーケティングができます。

GROVE株式会社

GROVE株式会社は、Twitter、Instagram、YouTubeをメインとしたキャスティング、進行管理、レポーティングまでをワンストップでできる会社です。 強みは、インフルエンサーの定量分析から企業の目的に最適なキャスティングができることです。 また、SNS運用のコンサルティングも実施しているため、どういった媒体でマーケティングを展開していくのが有効か相談できます。 特に、若い世代をターゲットにしたPRを考えている企業にはおすすめです。

株式会社TWINPLANET

人気芸能人が数多く所属する株式会社TWINPLANETが提供するマーケティングサービスであるTWINPLANETでは、市場調査・企画・PR・コンテンツ開発・商品開発・メディア開発などマーケティング全般のビジネスを提案しています。 知的財産権を軸に、エンタメ分野で事業を展開する株式会社TWINPLANETは、知名度のあるタレントを起用したPRで幅広い世代にリーチできるのがメリットです。 キャスティング、クリエイティブ、PRイベントなど包括的なクロスメディアプロモーション事業を展開しています。

株式会社REECH

株式会社REECHが提供するREECH CASTINGは、オールインワンのインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。キャスティングのマッチング・インフルエンサーの分析・投稿管理・レポーティングなどインフルエンサーマーケティングに欠かせないツールはすべて揃っています。 自社に最適なインフルエンサーを気軽に募集でき、フォロワーの属性や影響力、広告効果のインサイトデータが把握できるのでミスマッチを抑えることが可能です。 フォロワー単価が業界でも最安値1.0〜となっています。コストパフォーマンスの高いインフルエンサーマーケティングを検討するなら株式会社REECHです。

株式会社3ミニッツ

ファッションマガジン「MINE」の運営と、ソーシャルメディアマーケティング事業を行っている企業です。 特に、インフルエンサーマーケティングでは幅広いネットワークを持ち企業が求めるターゲットに最適なインフルエンサーを起用できるのが強みです。インフルエンサー本人のインサイトに基づいたプランニングは企業との相性も良いことはいうまでもありません。 その他、SNS運用代行、コンサルティング、広告運用も行っているので、その他のSNSも併せて依頼することも可能です。

UUUM

著名ユーチューバーのヒカキンさんやはじめしゃちょーさんたちを数多く擁するUUUMの主な事業は1)インフルエンサー・ギャラクシーと2)コンテキスト・ドリブン・マーケティングの2つです。 インフルエンサー・ギャラクシーは、UUUMとインフルエンサーたちが共同でビジネスをつくっていくという内容。 コンテキスト・ドリブン・マーケティングは要するに企業のマーケティングをサポートする事業です。同社はコンテキストを文脈・ストーリーと訳していて、具体的には、プロフィール、趣味、グルメ、お笑い、運動、思い出などが該当します。コンテキストをテーマにしたマーケティングを、クライアント企業とUUUMとインフルエンサーの3者が一緒につくっていくことになります。

GOLD CAST

株式会社GOLD CASTの主な事業は、広告宣伝における役者、タレント、文化人、アーティスト、スポーツ選手、モデルなどのキャスティングです。広告主や広告代理店、制作会社からキャスティングのオーダーを受けタレントたちを紹介します。 GOLD CASTは、キャスティングする側のGOLD CASTと、キャスティングされる側のインフルエンサーたちとの関係を「幅広いコネクションをもち、事務所をまたいでのキャスティングも可能」と説明しています。つまりインフルエンサーたちはGOLD CASTに所属しているわけではなく、コネクションというつながりで一緒にビジネスをしている関係にあります。 GOLD CASTはさらに、インフルエンサーたちの好感度調査データを元に、クライアント企業に商品やサービスにマッチした人たちを提案しています。

テテマーチ

テテマーチ株式会社の主要取引先は、資生堂、電通、東急エージェンシー、JR東日本、サンリオ、テレビ東京などとなっていて実績豊富であることがわかります。 事業内容はSNSマーケティング支援、メディア・プロデュース、クリエイティブ、コミュニティ事業の4種類です。 このうちインフルエンサー・キャスティングに近い事業はコミュニティ事業で、「餅屋」というブランド名で展開しています。「餅屋」ビジネスの内容は、クリエーターの創作をサポートすることで、そのクリエーターたちがクライアント企業のPR活動に参加します。

LIN

LIN(ライフ・インフルエンサー・ネットワーク)のブランド名でインフルエンサー・キャスティング事業を展開しているトレンダーズ株式会社は三本柱で事業を行っています。 LIN事業の3本柱とは1)SNSマーケティングのディレクション、2)インサイトやトレンドを分析することによるプランニング、3)インフルエンサーのキャスティングです。 トレンダーズの担当者がLINに登録しているインフルエンサーたちの得意領域やパワーなどを分析し、クライアント企業などに紹介します。 LINがクライアント企業からキャスティング案件を受注すると、LINに登録しているインフルエンサーたちにこの案件を紹介します。興味を持ったインフルエンサーが自ら手を挙げる形で応募し、LINがオーディションを行って実際にキャスティングするインフルエンサーを選びます。その後インフルエンサーがクライアント企業の商品やサービスの使い心地などをSNSに投稿します。

アイコンキャスト

アイコンキャスト事業では、クライアント企業にインフルエンサーたちを起用したマーケティング施策を提供しています。アイコンキャストがキャスティングできるインフルエンサーは1,500人以上にのぼります。 アイコンキャストの担当者がクライアント企業に要望や目的をヒアリングして、企画案を作成します。クライアント企業が企画案を了承したら、アイコンキャストがインフルエンサーと一緒にコンテンツを制作していきます。 アイコンキャストはインフルエンサーたちの投稿パフォーマンスをチェックして、最適なキャスティングになるよう心がけています。

Lollypop

Lollypopの事業コンセプトは「インフルエンサーにただ投稿させる時代は終わった。最新のインフルエンサー・マーケティングを提案する」となっています。 Lollypop事業では、インスタグラマーを起用した商品PRを行っています。 Lollypopはクライアント企業に、商品やサービスにマッチしたフォロワー(消費者)を多く持つインスタグラマーを提案します。ここまでは「インフルエンサーに投稿させる」事業になります。 では「最新のインフルエンサー・マーケティング」事業はどのような内容になっているのかというと、インスタグラマーが商品開発からプロデュースまでを手がけます。インフルエンサーたちにマーケティング企画に参加してもらうことで、ただ投稿するだけのPRから脱却しているわけです。

SWIM

SWIMのブランド名でインフルエンサー・キャスティング事業を展開しているのはサムライト株式会社です。 SWIMのクライアント・リストには、NTTドコモ、京セラ、コカ・コーラ、セガ、デサント、ビズリーチ、LINE、早稲田大学などが名を連ねます。 SWIMは自社のインフルエンサー・キャスティング事業をPR投稿型インフルエンサー・マーケティングと呼んでいます。インフルエンサーを起用したプロモーションを行いたい企業や、インフルエンサーを使った企画をサポートしてもらいたい企業に、必要なサービスを提供しています。

タグピク

タグピクは国内外に約6,000人のインフルエンサー・ネットワークを持ち、そのフォロワー数の総計は重複を含め9.2億人にのぼるといいます。事業エリアは国内のほか、韓国、タイ、台湾、中国、ベトナム、インドネシア、フィリピンとなっています。 タグピクのインフルエンサーの特徴は、美容、ファッション、食、ライフスタイルといったジャンルに強いこと。クライアント企業にはロッテ、三菱電機、カゴメ、JR東日本などが名を連ねています。

TalenTok

TalenTokのブランド名でインフルエンサー・キャスティング事業を展開しているのは株式会社iHackになります。 TalenTokの得意領域は食品、美容、化粧品です。この領域で影響力を持っているインフルエンサーに、クライアント企業の商品やサービスをPRしてもらいます。 iHackがSNSマーケティングをクライアント企業の提供することもできます。

CyberBuzz

サイバー・バズの主な取引先は花王、ロート製薬、カネボウ化粧品、マンダム、第一三共ヘルスケア、資生堂ジャパンなど。 同社のインフルエンサー・キャスティング事業では、クライアント企業の商品・サービスをインフルエンサーに使ってもらう形態を取っています。クライアント企業はインフルエンサーたちのフォロワー属性を参考にして、商品・サービスをPRしてもらうインフルエンサーを選びます。 また複数のインフルエンサーをクライアント企業の商品発表会や座談会に招待し、そのなかでインフルエンサーたちにSNSを使って情報を拡散してもらう、といった取り組みもしています。

INFLUENCER CLOUD

INFLUENCER CLOUDのブランド名でインフルエンサー・キャスティング事業を展開しているのは株式会社EMOLVAです。 INFLUENCER CLOUDのコンセプトは国内最安値級で、フォロワー単科1.5円、実施可能最低価格2万円を打ち出しています。同社によるとこの価格はインフルエンサー・キャスティング大手の8割安だそうです。 これまで手がけたキャスティングしてきたプロモーションは、シャンプー、腕時計、まつエクサロンなど。

Winsta

Winstaのブランド名でインフルエンサー・キャスティング事業を展開しているのは株式会社クロスリングです。 Winsta事業の特徴は、インフルエンサーたちのフォロワー数やエンゲージメント率に加えて、インフルエンサーたちのファンの興味や関心事も分析してインフルエンサー施策を最適化していることにあります。 Winstaは、クライアント企業とインフルエンサーの中長期的な関係構築をサポートしたい、としています。 インフルエンサーたちにクライアント企業の商品・サービスをPRしてもらう形態は他社と同じです。

indaHash

indaHashはアイルランドのIDH Media Limitedが運営するインフルエンサー・キャスティング事業です。 同社は、クライアント企業に、その企業のブランドに適したインフルエンサーやクリエーターを紹介する事業を行っています。クライアント企業がインフルエンサーたちを気に入ったらパートナーシップ契約を結び、同社はその仲介を行います。 indaHashのインフルエンサー・キャスティング事業の特徴は国際色が豊かな点です。クライアント企業は特定の国や都市で活動するインフルエンサーたちとコラボレーションすることができます。

SPIRIT

SPIRITの事業コンセプトは「開業インフルエンサーを始めませんか」。つまりこれからインフルエンサーになりたいと思っているユーチューバーやティックトッカーたちに、クライアント企業の商品・サービスをPRする機会を提供しています。 ユーチューバーやティックトッカーがSPIRITのサイトに登録すると、SPIRITから案件の紹介が届きます。これまでの案件には、ブランドのレセプションパーティや新商品のアンバサダー、映画のジャパンプレミア試写会などがあるそうです。 SPIRITはインフルエンサー・マーケティングの実施を検討しているクライアント企業に、未来のインフルエンサーたちを紹介しています。

ライタープロフィール

クチコミマーケティング 担当者株式会社アイズ
日本最大級のクチコミプロモーションサイト「トラミー」の運営の他に、インフルエンサーキャスティングに従事。InstagramなどのSNSを活用したクチコミマーケティングやインフルエンサーキャスティングを提供中。
クチコミマーケティングやインフルエンサーキャスティングに関するご相談はこちら
https://www.eyez.jp/kuchikomi-01/

お問い合わせフォーム

  • お問い合わせの種類 *
  • お問い合わせ内容
  • 提案の立場 *
  • 実施確度 *
  • 想定予算 *
  • 想定時期 *

※送信後、本ページに掲載されている資料がDLされます。

※送信後、登録情報と問い合わせ内容が資料掲載社に提供されます。
逆営業や広告出稿目的以外のお問い合わせなどはご遠慮ください。

案件マッチング SNSマーケティングの一括DLバナー セミナー情報一覧用バナー セミナー動画用バナー 事例記事バナー No.1訴求用バナー 会員サポート
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
めでぃぱす

メディアレーダー背景
// seminar entry