国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,467件  会員数92,706人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2021年03月19日 更新日:2022年07月15日

Twitter広告とは?費用やメリットまとめ

 Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連媒体資料のまとめ Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連媒体資料のまとめ

Twitter広告とは

Twitter広告(Twitter Ads/ツイッター広告)とは、Twitter内で配信される広告のことを指します。ユーザーは10~30代が特に多いとされており、若年層をターゲットとしたマーケティング戦略の場として、個人や企業を問わず多くの人から活用されています。Twitterは、LINEやInstagramをはじめとした主要なSNSの中でも拡散性が高く、広告出稿をした後ユーザーによって引用ツイート、リツイートなどがされることによって二次的な情報拡散が期待できる点に大きな活用メリットがあります。 下記では、そんなTwitter広告に関する媒体資料についてまとめました。Twitter広告の資料はこちらから全て無料でダウンロードできますので、ぜひダウンロードの上ご活用下さい。

Twitter広告の特徴

Twitterは若年層ユーザーが多いのが特徴で、広告を配信するならそうした年齢層と親和性が高い商品やサービスにはおすすめのプラットフォームです。特にTwitterはフォロワーやツイートなどによってユーザーの趣味嗜好が大きく反映します。 また、Twitter広告の特徴は二次拡散性が高い点です。二次拡散とは一度公開された広告が第三者によって拡散され、その後に再び拡散がされることを言います。二次拡散に繋がるアクションはリツイートや引用ツイート、そしていいねボタンを押すことです。これらのユーザー行動によって投稿がユーザーのフィード上に表示される割合が増え、情報が拡散する要因となります。
それではTwitter広告の特徴について具体的にみていきましょう。

二次拡散性が高い

Twitterで特徴的なものとして二次拡散性があります。リツイートと呼ばれるほかのアカウントのツイートを共有することで、一度公開された広告が第三者によってさらに拡散されることをいいます。 二次拡散されたツイートは、広告費をかけずに多くの人に見てもらえるため、Twitter広告を配信する際は、「いいね」が押されたり、共有されたりするようなクリエイティブを意識することで大きな影響を与えることが可能です。 特に二次拡散は課金が発生しないのが大きなメリットといえるでしょう。例えば、Aという人が広告をリツートした場合、リツイートは課金されますが、Aのリツイートを見たBという人がさらにリツイートをした場合はそのリツイートは課金されません。 このように二次拡散以降は課金なしで拡散されればされるほど広告の効率が高まり、結果的に広告費を抑えながらユーザーをコンバージョンにつなげることができます。   

ターゲティング精度が高い

Twitterにはターゲティングツールがあり、広告に反応をしてくれそうなユーザーに対して関連性が高い広告を配信することができるので、オーディエンスを絞り込めば親和性のあるユーザーにタイミング良く自社商品やサービスをアピールできます。
特に注目すべき機能に「カスタムオーディエンス」があり、その精度は高く広告主と既に一定のつながりがあるユーザーにリターゲティングできます。 データリストの中から自社商品やサービスに関心を示したユーザーに対してピンポイントでアプローチできるため高い確率でコンバージョンに至るのです。
「カスタムオーディエンス」は性別・年齢ターゲティング、地域ターゲティング、言語ターゲティング、テクノロジーターゲティングという項目でカテゴライズできます。例えば、年齢であればTwitterアカウントに登録した誕生日に基づき設定が可能です。 誕生日が未入力でもフォローやフォロワーの状況から年齢を絞ることもできます。
地域ターゲティングは特定の国や地域に絞って広告を表示できるだけでなく、地域独特の特性を判断して提供情報を設定できるのです。
言語ターゲティングは特定の言語を使うユーザーに絞ることが可能なため、海外に住む日本人をターゲットにすることができます。
テクノロジーターゲティングはスマートフォンのメーカーやOSごとにターゲットを絞ることができる機能です。  

ユーザーアクションで課金発生する

Twitterで課金される対象は選択した広告キャンペーンと広告主の目的の組み合わせごとで請求可能なアクションが異なるのが特徴です。 例えば、ウェブサイト訪問数を目的にするとユーザーがリンクをクリックした時に課金が発生する仕組みです。広告キャンペーンの目的には、ブランドの認知度向上・購入検討・コンバージョンなどのように目的を設定できます。 ユーザーがそれら特定のアクションを起こした場合だけ課金されるのです。
そのほか、動画が再生された時を設定すれば再生時間が3秒以上かつ動画の100%の画面が表示される、再生時間が2秒以上かつ50%の画面が表示される、再生時間が6秒以上かつ50%の画面が表示されるといった設定ができます。 また、広告内にあるアプリがインストールされたり、広告が1,000回単位で表示されたら課金が発生されたりするなどもあります。

Twitter広告に関する資料

Twitter広告に関する資料を下記にまとめています。Twitter広告を検討している方や、既に導入を決めていられる方にオススメの資料・役立つ資料をまとめておりますので、お役立て下さい!また、ダウンロードは何資料でも無料ですので、ぜひご活用下さい!!

企業のTwitter(ツイッター)運用の"5つ"のポイント【事例でわかる】 | 株式会社CINC

企業のTwitter(ツイッター)運用の"5つ"のポイント【事例でわかる】

「Twitter(ツイッター)運用のコツは?」という話題において多くの場合、

 ・「共感性の高いツイートをしましょう」
 ・「継続することが大切です」
 ・「フォロワー数を増やすためには、すぐに返信することを心掛けましょう」

といった、抽象的・一般的な方法論がほとんどではないでしょうか?

一方でTwitterも企業がリソースを投下するチャネルの1つである以上、成果(売上)を求められるのが運用担当者の最大のミッションであり、具体的な戦略レベルでの方法論が必要不可欠かと思います。

そのため、今回は「成果」というテーマにフォーカスし、定量的な判断に基づいた方法論をご提供いたします。


企業のTwitter運用において非常によくある、

 ・エンゲージメント率が上がらない。
 ・フォロワーは増えているのに売上に繋がらない。
 ・運用レポートがただの「結果報告」。

といった課題を解消するための、運用&分析メソッドを事例と共に解説。

Twitterをマーケティングチャネルとして、最大限活用し売上に繋げるためのフレームワークを「5つ」のポイントとしてご紹介させていただいております。

ぜひ、皆さまのマーケティング業務にお役立ていただけますと幸いです。


【こんな方におすすめ】
・事業会社のマーケティング担当者様
・Twitter運用担当者様
・SNS運用担当者
・広告代理店のご担当者様


※Keywordmap for SNSについて
本資料は株式会社CINCの提供するTwitter分析ツール「Keywordmap for SNS」のデータにより作成されております。

【4媒体比較!】SNS広告(FB/IG/TW/LINE)のご紹介と攻略法 | 株式会社グローバルマーケティング

【4媒体比較!】SNS広告(FB/IG/TW/LINE)のご紹介と攻略法

Google広告・Yahoo!広告と合わせて一般的になりつつあるSNS広告のご紹介です。
SNS広告はGoogle広告・Yahoo!広告と比較すると攻略が難しい媒体となっています。

その理由は、Google広告・Yahoo!広告等と比較して管理画面で対応できる改善施策が限られているからです。
そんな中でグローバルマーケティングでは、攻略に欠かせないクリエイティブの内製化を行っています。

広告代理店にSNS広告を依頼したけど上手くいなかったとお悩みの皆さんにお役立ちできる可能性がありますので、
ぜひ資料をご一読の上、ご相談ください!

【含まれる内容】
・Facebook広告の概要説明
・Instagram広告の概要説明
・Twitter広告の概要説明
・LINE広告の概要説明
・SNS広告の比較

【Twitter広告×ラジオ】著名芸人が貴社商品をPR&Twitter広告配信! | 株式会社TBSラジオ

【Twitter広告×ラジオ】著名芸人が貴社商品をPR&Twitter広告配信!

※競合調査、および逆営業目的のダウンロードは固くお断りいたします。

-商品概要-
TBSラジオで平日(月曜~木曜)8:30~11:00で放送している『パンサー向井の#ふらっと』で、
人気芸人のラランド ニシダが、スポンサー様の商品やサービスを紹介します。

地上波での展開とは別で、
ニシダが商品、サービスを紹介している様子を動画におさめ、
番組アカウントからTwitter広告を配信致します。


本企画は、ご発注頂いた金額のすべてをTwitter広告費用に充当することが可能です。
地上波での展開分の費用を、別途頂くことはございません!


人気芸人をインフルエンサー活用したSNS展開に、是非ご活用ください!

【各媒体が一目でわかる!】Instagram広告/Twitter広告etcガイド | 株式会社アイズ

【各媒体が一目でわかる!】Instagram広告/Twitter広告etcガイド

本資料では、かんたんGoogle/Yahoo!・SNS広告の配信前チェックリストも入っております。
広告配信前にどのような作業が必要かご確認したい方はこの機会にダウンロードください。


弊社ではクチコミプロモーションの知見を生かした独自の強みで多くの企業様の広告運用代行を行わせていただいております。

「運用型広告が初めてでよくわからない」というご担当者様はもちろん、
「やったことはあるけど効果がよくわからなかった」というご担当者様もお気軽にご相談下さい。


SNSに強いアイズだからこそ、成果に繋がる広告配信をご提案させていただきます!


◆取り扱い媒体
リスティング広告(ディスプレイ広告):Google・Yahoo!
SNS広告:Twitter・Instagram・Facebook・YouTube・TikTok・LINE
その他:SmartNews etc

◆業界実績 例
 ・ コスメ/美容
 ・ エンタメ(アニメ/漫画/アーティスト/映画告知)
 ・ アパレル
 ・ 観光
 ・ 日用品
 ・ 食品 etc

【SNS集客】Twitter広告はじめてガイド! | 株式会社カルテットコミュニケーションズ

【SNS集客】Twitter広告はじめてガイド!

【SNS広告のなかでもTwitter広告に特化した資料です!】
WebマーケティングやWeb広告でWeb集客したい方、リスティング広告やSNS広告について知りたい方向けに作成しています

本資料は、Twitter広告に興味はあるけど、どんな特徴があるのかよくわからない・・・
という方に向けた資料です。Twitter広告の概要から可能なターゲティング設定について解説しています!

株式会社カルテットコミュニケーションズは、リスティング広告の運用代行を専門に、1,000業種以上の企業様を支援してきました。特に数万円~数百万という、低予算~中予算帯での運用に定評があり、全国の中小企業のWeb集客を支援することを目的に活動しております。自社出稿を含む多くの過去実績から、中小企業の集客にはリスティング広告が最適であると考えており、導入を支援・推奨しています。リスティング広告と併せてSNS広告を利用したいという需要も近年増加しており、多くの実績を重ねてまいりました。

【資料構成】
1. Twitter広告とは
2. Twitter広告の特徴
3. Twitter広告の種類
4. 使用できるクリエイティブ
5. 可能なターゲティング
6. かかる費用
7. 配信をおすすめする状況
8. 運用で注意すべきこと

SNS広告、とりわけTwitter広告について知りたい方・Web集客に興味を持たれている方は、是非ダウンロードしてご活用下さい。

【マーケ担当者必見】キャンペーン機能充実!Twitterインスタントウィンツール | シャトルロックジャパン株式会社

【マーケ担当者必見】キャンペーン機能充実!Twitterインスタントウィンツール

☆お急ぎの場合でもご相談ください!☆


企画立案・キャンペーンの運営サポート・賞品発送などの事務局対応まで一括対応!


世界中で多くの企業のSNSマーケティングをサポートしているShuttlerockが提供する、Twitterで簡単にキャンペーンができるインスタントウィンツールです。
低価格で多くの機能を備えていますので、Twitterでインスタントウィンキャンペーンを実施したいけど、費用が高くて見送っていたご担当者様には最適なキャンペーンツールです。

━━━━━━━━━━
こんな方におすすめ!
━━━━━━━━━━
・簡単にインスタントウィンキャンペーンを実施したい
・Twitterで目的に合ったキャンペーンを実施したい
・キャンペーンを実施したいけれどやり方が分からない
・キャンペーンを実施しているけれど効果が上がらない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Twitterインスタントウィンツール(BBF)のメリット!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
即時抽選可能なインスタントウィンキャンペーンを簡単に実施することができます!
キャンペーン投稿の予約や設定・参加者データの管理
当選者への事務局対応までワンストップで対応することが可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Twitterインスタントウィンツール(BBF)の特徴!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・当選確率を即時で変更可能
・複数の賞品設定が可能
・賞品ごとに当選確率の変更が可能
・複数リプライの設定が可能(例:アタリ1パターン ハズレ10パターンなど)
・複数回当選防止機能あり
・フォローチェック機能あり
・引用リツイートにも対応
・DM一括送信機能あり
・当選除外文字列の設定可能
・レポート機能あり(CSVで出力可能)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実施可能なキャンペーンパターン 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
◆フォロー&RTキャンペーン
◆フォロー&いいねキャンペーン
◆フォロー&引用RTキャンペーン
◆動画完全視聴キャンペーン
◆レシート投稿(マストバイ)キャンペーン
◆カスタムコミュニケーションキャンペーン(診断キャンペーン・クイズキャンペーンなど)

Twitter広告チェックリスト【厳選 34項目】※代理店NG | ブルースクレイ・ジャパン株式会社

Twitter広告チェックリスト【厳選 34項目】※代理店NG

【大好評!ウェブマーケティングのチェックリストシリーズ Twitter広告(ツイッター広告)編】

本資料では、Twitter広告(ツイッター広告)を運用する上で網羅しておきたいチェック項目をまとめました。
運用管理を外注されている企業の担当者様でも、本チェックリストを使用することで、
現状のTwitter広告(ツイッター)の運用管理についてヘルスチェックをすることが出来ます。

まずはこれらのチェック項目を網羅することで、広告運用をしていく上での
基礎・土台を築きましょう。1項目ずつ丁寧に解説していますので最後までやり遂げることで
Twitter広告(ツイッター)の成果改善に貢献できれば幸いです。


<資料目次>
・はじめに
・チェックリスト一覧
・01|アカウント
・02|設定
・03|キャンペーン
・04|広告グループ
・05|広告クリエイティブ
・さいごに

【SNS運用事例】Instagram&Twitterの事例集 株式会社リプカ | 株式会社リプカ

【SNS運用事例】Instagram&Twitterの事例集 株式会社リプカ

■リプカのインスタグラム運用代行がおすすめな理由
1インスタグラム代行業者の中で圧倒的なコスパ
・最安の20万円のプランでも、投稿数(画像文章作成込み)が20件/月
・プランごとに行なってもらえる内容が明確で、運用後の問題が起きにくい
・レポートや定期mtgがどのプランにも付いており、安心運用

2豊富な実績がある
・アカウント運用数500以上と充分な運用実績とノウハウがある
・上場企業を含む大手有名企業のアカウントを多数運用(実績資料集で確認できます)
・専業で8年以上の実績・経験
・多くの業種業態の運用実績があるため、ほとんどの業種業態をカバー

3リプカのインスタグラム運用代行の強み
・フォロワー数のみを目的とせず、会社全体の広告戦略に沿ったSNS運用戦略を立案
・投稿やクリエイティブ作成だけでなく、KPIを設定して目標にコミットして運用してくれる
・大企業にはないスピーディーな対応と個別の相談にも柔軟に対応

■プラン内容
・STARTARプラン 20万円/月
アイコン・カバー画像の設定
投稿ごとのハッシュタグ選定
フィード投稿(画像編集&文章作成を含む) 8投稿/月
ストーリーズ投稿(画像編集&文章作成を含む) 12投稿/月
アカウントパトロール 1回/週
分析レポートの提出 1回/月
定期オンラインmtg 1回/月

・BUSINESSプラン 30万円/月
アイコン・カバー画像の設定
投稿ごとのハッシュタグ選定
フィード投稿 12投稿/月
ストーリーズ投稿 16投稿/月
【追加】動画コンテンツの編集&作成
【追加】キャンペーンの企画~1回/月
アカウントパトロール 3回/週
分析レポートの提出 1回/月
定期オンラインmtg 1回/月

・PROFESSIONALプラン 50万円/月
アイコン・カバー画像の設定
投稿ごとのハッシュタグ選定
フィード投稿 16投稿/月
ストーリーズ投稿 20投稿/月
動画コンテンツの編集&作成
キャンペーンの企画~2回/月
【追加】インフルエンサーキャスティング ~5名/月
アカウントパトロール 5回/週
分析レポートの提出 2回/月
定期オンラインmtg 2回/月

「運用のクオリティー確認のために事例が見たい」
という方は下記の資料をDL下さい!!

動画広告による効果とは?YouTube・Twitter・FB/IGの特徴とご紹介 | 日辰広告株式会社

動画広告による効果とは?YouTube・Twitter・FB/IGの特徴とご紹介

YouTube・Twitter・Facebook/Instagramでの動画広告のメリット・デメリットを比較し、ご紹介しております。
また、それを踏まえた動画広告がおすすめの商材やあまりおすすめしないものも掲載しておりますので、
是非ご参考になさってください。

すでに動画素材をお持ちで、広告配信を検討されている企業様には特におすすめの内容となっております。
少額での配信もご相談ください。


【サービス概要】
日辰広告は、Web広告は手段の一つに過ぎないと捉えており、Web広告運用に限らず、
アクセス解析やSEOなど様々な手段で、貴社の利益に貢献したいと考えています。

■取り扱い媒体一覧
・リスティング広告(Google、Yahoo)
・ディスプレイ広告(Google、Yahoo)
・ショッピング広告(Google、Criteo)
・SNS広告(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、LinkedIn)
・ネイティブ広告(Outbrain、logly、logicad、PopIn)

■ご提供サービス一覧
・Web広告運用代行
・BIツール導入
・アクセス解析
・タグマネジメント(Googleタグマネジャー、Yahooタグマネジャー)
・SEO対策
・SNSアカウント運用(Instagram、Twitter、Facebook、LINEのアカウント運用)

【マーケター必見】Twitterキャンペーンで売上を増加させるためにすべきこと | 株式会社CINC

【マーケター必見】Twitterキャンペーンで売上を増加させるためにすべきこと

【資料概要】

FacebookやInstagram、LINEといった他のSNSでは難しい、Twitterならではの特徴を活かした『キャンペーンツイート施策』。
多くの企業が取り入れている一方で、なんとなくで設計しがちなTwitterキャンペーン施策の「設計図」を公開いたします!


・Twitterでキャンペーン施策に取り組むべき商品、サービスとは?
・プロモーションツイートと懸賞系キャンペーン、通常ツイートの連携を意識した設計とは?
・Twitterのアルゴリズムを理解した投稿方法とは?

Twitterマーケティングに基づいた売り上げを増加させるための、各施策の連動性を考慮したキャンペーンの「設計図」をまとめております。企業のTwitter担当の方は勿論、マーケティング全般のご業務に携わっている方もお役立ていただけるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。



【こんな方におすすめ】

・事業会社のマーケティング担当者様
・Twitter運用担当者様
・広告代理店のご担当者様


【Keywordmap for SNSとは?】
Twitter上のデータを収集し、特定のキーワードやハッシュタグ(#)に関連するデータを、短時間で多種多様な形式で集計、分析することができまる解析ツールです。

Twitter広告の種類

Twitter広告には「プロモアカウント」「プロモツイート」「プロモトレンド」の3種類があります。

プロモ広告

プロモ広告とは幅広いユーザーや既存フォロワーからのエンゲージメント拡大を望む広告主が、Twitter広告のタイムライン上に表示させる広告をいいます。 広告には「プロモーション」というサインが表示されますが、一般的なツイートのようにしてユーザーに配信できる特徴があります。そのためユーザーに敬遠されにくく、「いいね」やリツートなどのアクションをしてもらえプロモ広告の種類について詳しくみていきましょう。

プロモアカウント

プロモアカウントとは、現在自分をフォローしていないアカウントの中で自分に興味を持ちそうなアカウントに対してサジェストできる機能です。フォロー数の増加を目的に使用されることが多いです。

プロモツイート

プロモツイートとは、通常のツイートと同様にタイムラインに広告を表示できるTwitter広告です。通常ツイートと異なりプロモーションラベルが表示されますが、いいねやリツイートは通常と同様に操作できます。

プロモビデオ

プロモビデオとは動画を活用したTwitter広告で、テキストや画像に比べてユーザーに目にとまりやすいという特徴があります。また、商品やサービスについて情報が分かりやすく、購買意欲を高められます。 プロモビデオは広告を表示させるだけで自動再生されるため、ユーザー自ら再生ボタンをクリックする必要がありません。
また、初期設定がミュートなので音声が出せない環境でも安心して広告が見られるメリットがあります。 広告をじっくり見たければ音声を出したり、画像をフルスクリーンにして視聴したり、リツイートやコメントもしたりも可能です。 プロモビデオの課金形式は動画再生時間と画面を占有している割合によります。具体的にはタイムライン上で2秒以上再生され画面の50%以上表示された時やクリックされた時、3秒以上再生され画面の100%表示されたり、クリックされたりした時に課金されます。 また、プロモビデオも二次拡散には費用がかからないため費用対効果も高いのが特徴です。

プロモトレンド

プロモトレンドとは、1日1社限定でキーワードやハッシュタグをトレンドに表示できる機能です。商材や企業認知、話題性に繋げることができます。ただ商材名や企業名を入れるのでなく面白いギャグを入れたり、起用タレントを絡めた目を惹くハッシュタグにするとその日限りでない話題性や名前の認知に繋がります。

インストリーム動画

インストリーム動画とはTwitterのコンテンツパートナーが配信する動画コンテンツの冒頭に広告を配信するものでプレロール広告とも呼ばれています。 自動車・音楽・ニュース・コメディなど15種類のカテゴリーの中から選択して配信するため、親和性のあるカテゴリーを選んで配信すれば、自社の商品をユーザーに認知してもらえる確率が高くなるのが特徴です。Twitterは特別に契約したプレミアムコンテンツのみ広告を入れているため、ブランドセーフティが担保されるため自社商品やサービスが安心して配信されるというメリットもあります。
インストリーム動画は自動再生された広告が6秒経過すればユーザーの意思でスキップできるのでユーザーの精神的負担は軽減されます。一方で最初の6秒でインパクトを与えない広告はスキップされる可能性があるためいかにしてクリエイティブな広告を制作できるかが鍵になるのです。 能動的に情報収集する傾向があるTwitterのユーザーにはインストリーム動画を効果的に活用すれば大きな成果が期待できるでしょう。

Twitterテイクオーバー広告

Twitterテイクオーバー広告の特徴は、タイムラインやトレンド画面といった最も目立つ部分に広告を表示できることで、自社の認知度やキャンペーンの認知度に大きく貢献するといえるでしょう。 テイクオーバー広告は「タイムラインテイクオーバー」と「トレンドテイクオーバー」の2種類があります。それぞれ解説していきましょう。

タイムラインテイクオーバー

タイムラインテイクオーバーとはユーザーがその日最初のTwitterにアクセスした時に会話の一番上に表示される広告をいいます。 一日一社限定で独占的に広告が掲載でき、24時間にわたり魅力的な広告が自動再生されることからTwitterで積極的に情報収集をするユーザーに幅広くリーチできます。 例えば、新商品などの発表日に合わせてタイムラインテイクオーバーを活用すれば、自社ブランドを全面に露出させる効果があり広告効果も高くなるといえるでしょう。

トレンドテイクオーバー

トレンドテイクオーバーは2021年4月に「プロモトレンド」から名称変更されたものです。トレンドテイクオーバーが配信できるのは一日一社のみで買い取り制になっています。 配信日の0時から翌日の0時までの24時間表示され、トレンドテイクオーバーをタップすると一番上に広告主が指定した広告が表示される仕組みです。 24時間インパクトが大きい広告枠を独占できるため、幅広くユーザーをリーチできるのが最大の特徴です。 また、トレンドテイクオーバーの2番目以降はハッシュタグが含まれるツイートが表示されるため、ユーザーにハッシュタグを拡散してもらうことで課金なしで拡散することができます。  

Twitterライブ

Twitterライブは動画が配信できるツールで「ライブ配信」と「イベントページ」の2種類があります。ライブ配信は動画広告同様にイベント開催時にライブ配信ができるため、ユーザーとリアルタイムでやりとりができるのが特徴です。 Twitterのユーザー層に応じてアプローチできるので商品とサービスの親和性の合うユーザーをターゲティングするのがポイントになります。ライブ中はコメントでインタラクティブなコミュニケーションが可能です。 イベントページは特定のトピックについて専用のページが用意されていて、指定したハッシュタグを含むツイートがリアルタイムで表示されます。  

Twitter広告の機能

Twitter広告の機能にはユーザー同士が交流しやすく、最新トピックを通じて新たな視点や意見を知る機能があり、イベントのハッシュタグを利用してリーチを拡大すれば自社の商品やサービスをアピールすることができます。 リツイート後の広告表示は無料のため、二次拡散によって低コストで拡散可能になります。   

投票

Twitterにある投票機能とは、ユーザーなら誰でも利用できる機能でユーザーは簡単に選択肢から選ぶ形で投票ができます。質問を投げかける形でユーザーにアンケートができることから企業側はユーザーのニーズを分析する際に利用することも少なくありません。 投票機能を利用すればエンゲージメントを集められる効果が期待できます。 投票機能を利用したユーザーとの関わり合いは、企業のブランドやファンを増やす有効な手段でもあります。投票期間は5分から最大7日までと1分単位で細かく指定できるのです。商品開発に役立つような意見を収集できるメリットもあります。 また、ユーザーからすれば参加型コンテンツとしての意味合いもあり、投票ツイートを広告ツイートも可能です。   

カンバセーションボタン

カンバセーションボタンとはTwitter広告の画像や動画に最大で4つの選択肢ボタンを付与した広告用のツイートで、ユーザーがボタンをクリックするとツイート作成画面に遷移してツイート文やハッシュタグが設定できる機能です。 ハッシュタグを打ち込むのが面倒な人には便利なツールといったメリットがあります。また、コンバセーションボタンを活用すれば広告クリエイティブの幅が広げられるといえるでしょう。 自分のフォロワーに情報を拡散したいと思うときに利用すればメッセージのリーチやエンゲージメントが拡大できます。   

ブランド絵文字

ブランド絵文字はハッシュフラグとも呼ばれ、ハッシュタグの最後に絵文字がついているのが特徴です。ブランド絵文字は企業などが独自の絵文字をブランドイメージとして活用することが多いです。 代表的なものは企業名や商品名にタグをつけてツイートすれば企業が設定した絵文字がハッシュタグの後ろに自動的に表示されます。 ユーザーからすれば遊び心とブランドへの愛着が高まる効果が期待できます。今では当たり前になっていますが、ブランド絵文字の使用するきっかけになった企業はコカ・コーラのよるものです。   

アプリボタン・ウェブサイトボタン

Twitterにおいてアプリボタンやウェブサイトボタンは欠かせない存在です。 アプリやウェブサイトでさまざまなアクションにつながるボタンは重要な要素であり、デザインが目にとまらなければ分かりにくいといったデメリットがあります。そのためには各企業はボタンに立体感を持たせるなど工夫をしているのです。 アプリボタンはモバイル端末ユーザーに画像のプレビューやアプリ評価を表示して、アプリのインストールや起動がタイムラインからできる広告です。 ウェブサイトボタンは動画再生が終わり自社の商品やサービスをもっと詳しく知りたいユーザーをウェブサイトに呼び込むためのボタンになります。そのためには商品の概要などエピソードを作成して、もっと知りたいと思わせるクリエイティブが必要になります。

Twitter広告のターゲティングの種類

テイラードオーディエンスターゲティング(カスタムターゲティング)

テイラードターゲティングとは、既に自社ページと関連のあるユーザーに対しアプローチするリターゲティング手法です。自社で保有しているユーザーのメールアドレスリストなどを活用し、自社のWebサイトにも訪問してるユーザー、自社アプリをダウンロードしているユーザーなどに限定的にアプローチします。また、それだけでなく、Webサイトを最後に開いた時期から時間が経っている、つまり興味が薄れてしまっているというユーザー目掛けてアプローチすることも可能です。

地域(エリア)ターゲティング

基本的な方法として、地域単位でターゲティングを行うことも可能です。世界各国の地域を組み合わせて配信エリアを設定でき、郵便番号などの細かい設定も可能です。しかしあまりにも狭い範囲を設定してしまうとうまくターゲティングができなくなる可能性があるため、やりすぎには注意する必要があります。

言語ターゲティング

ユーザーの設定言語を指定してターゲティングできます。

年齢・性別ターゲティング

性別、年齢を指定できます。これらがユーザー側で設定されていない場合、性別は周辺のアカウント、フォローしているアカウントの類似性から拡張されます。また、年齢においても周辺のアカウントや興味を示しているアカウントから推測されています。

フォロワー(ハンドル)ターゲティング

任意のアカウントを登録することで、そのユーザーやフォロワーに似ているアカウントに対してターゲティングすることができます。

キーワードターゲティング

特定のキーワードや絵文字を指定することで、ユーザーのツイート内容や検索クエリの中から関連性のあるユーザーを抽出、ターゲティングします。ターゲットオーディエンスはキーワードが合致していることを条件に決定されます。

行動ターゲティング

行動ターゲティングでは、Twitterパートナーからの情報に基づいてターゲティングが行われます。ユーザーの購買行動や検索行動を軸に、ライフスタイルに基づいたターゲティングを行うことが可能です。

インタレストターゲティング

インタレストターゲティングでは興味、関心に基づいてオーディエンスを決めることができます。選択肢は基本的なカテゴリーが25種類、そこからさらに派生したサブトピックでは350種類ものターゲティング要素があります。カテゴリを広くするか狭くするかで、オーディエンスの範囲を自由に設定することができます。

端末ターゲティング

端末ターゲティングとは、ユーザーが使用しているOSのバージョンや端末の種類、キャリア、Wifi接続の状況などを基準にターゲットを設定することです。

Twitter広告のキャンペーンの目的

企業はTwitterキャンペーンを利用して認知度の向上やフォロワー獲得に取り組んでいます。Twitterを利用する企業にとってキャンペーン広告は効果的にアピールできる手法といえるでしょう。 キャンペーン広告を利用してユーザーアクションを促しファンを増やしてコンバージョンにつなげることが重要なのです。ここではキャンペーンの目的についてみていきましょう。  

ツイートのエンゲージメント

企業はツイートのエンゲージメントを増やしたい時にキャンペーンを行います。特定のユーザーをターゲティングすることでキャンペーンできることからフォロワーからのアクション反応も良く、そのままリツートしてくれればファンを効果的に増やせる可能性があります。 また、ツイートへの反応が増えればユーザーとのコミュニケーションが生まれ、リアクションが良かったオーガニックツイートを広告のクリエイティブに利用する方法もあります。 なおターゲティングしたユーザーがコンテンツに対してリツートしたり、「いいね」したりした場合に料金が発生し、エンゲージメントが発生しなければ課金はありません。  

プロモビデオ再生数

Twitterで重要なのが、プロモビデオでターゲティングされたユーザーが広告を表示させると自動で再生される広告でブランドの認知度も向上に役立ちます。 プロモビデオは動画をユーザーがクリックしなければ音声は初期設定がミュートになっているので場所を問わず再生が可能です。また、音声がなくてもコンテンツが理解できるように制作されているのもメリットといえます。 自動再生の方がユーザーにとって利便性があり完全視聴率になる可能性が高いのです。プロモビデオは短時間でインパクトが与えられるためユーザーをターゲティングすることで効果が高くなります。 リツイート後の動画再生は課金されないため企業にとっても幅広いユーザーにアプローチが可能になるためメリットは大きいのです。  

ブランド認知度の向上

キャンペーンでブランドの認知度向上が目的なら、あらゆるユーザーに向けて商品やサービスをプロモーションすると良いでしょう。 ターゲットを絞らずに幅広い層に向けて広告を配信ができるのがメリットです。 配信した広告の効果を検証したい場合は、Twitterアナリティクスを活用してデータを確認すれば良いでしょう。 また、リーチの最適化設定では「最大リーチ」を利用して多くの人に広告が配信でしたい時におすすめです。 「エンゲージメントを伴うリーチ」で知名度を上げながらツイートを拡散したい時におすすめします。  

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン

キャンペーンの目的のひとつにウェブサイトへの訪問者数を増やし、商品購入・会員登録・資料請求などのコンバージョンを促すことがあります。 そのためには効果の高いクリエイティブを制作し、ツイート内に画像や動画は表示させて、これをクリックすればユーザーをリンク先へ誘導する広告を利用するのがおすすめです。 ユーザーによるコンバージョンをトラッキングしたい際は、計測のために「ユニバーサルウェブサイトタグ」を設定してみましょう。 ユニバーサルウェブサイトタグはウェブサイトにあるあらゆるページに同じhtmlコードを設置し、サイト内で起こるユーザーのアクションをトラッキングできるものです。 ウェブサイト全体にわたる遷移が追跡できることからPDCAでコンバージョンに至らなかった要因分析にも活用できます。  

インストリーム動画再生数

インストリーム動画再生数キャンペーンでは、Twitterが契約している200以上のパートナー動画サイトを本編再生前に動画広告を設置してユーザーの関心を惹きつけることができます。 あらかじめターゲティングされたユーザーのためブランドの認知度向上やユーザーが関心を持つコンテンツを直接伝える効果が期待できます。 再生開始後6秒間ユーザーはスキップできない仕組みのため、ユーザーにいかに印象を与えられるかが重要なポイントです。 インストリーム動画再生数キャンペーンは2秒間で50%表示再生、3秒間で100%表示再生または6秒間で50%表示再生されれば課金対象となります。  

フォロワー

フォロワーキャンペーンは、企業のアカウントのフォロワーを増やす目的で配信を行うものです。フォロワーキャンペーンでは下記4つのプロモツイートをクリエイティブとして利用できます。

・ テキストのツイート(推奨)
・画像付きツイート(非推奨)
・動画付きツイート(非推奨)
・GIF画像付きツイート(非推奨)

画像や動画を含むプロモツイートをクリエイティブとして利用する場合は、ツイート内に画像や動画が表示されず、pic.twitterのURLリンクが表示されるだけです。 そのため簡潔なテキストでツイートするのがおすすめです。また、アカウントをフォローするメリット、企業のビジネスや商品の概要などを的確に表現できる背景画像などを利用するのも良いでしょう。  

アプリインストール数 / アプリ起動数

アプリインストール数キャンペーンではモバイル端末を利用するユーザーをターゲティングし、アプリのインストールを促す目的に行われるキャンペーンです。広告のツイート内には、画像や動画でアプリを紹介することができるアプリカードが表示されます。 ユーザーはアプリカードをクリックすればタイムライン上からApple StoreやGoogle Playに誘導されアプリをダウンロードできます。
アプリカードには「イメージアプリカード」と「ビデオアプリカード」の2種類が使用可能です。 アプリ起動数キャンペーンではモバイル端末を利用するユーザーをターゲティングし、アプリの起動回数を増やすことを目的に配信します。 アプリに起動回数でも「イメージアプリカード」と「ビデオアプリカード」の2種類が使用可能です。

Twitter広告の入札タイプ

Twitter広告ではオークションの入札により広告が表示される仕組みです。広告のオークションは入札額だけでなく品質スコアも考慮されます。品質スコアとはツイートに対してリツイートが頻繁に行われているか、ツイートの内容がユーザーの興味関心にマッチしているかです。 Twitter広告を入札するメリットは限られた予算内で費用対効果を考慮しながら低コストの運用ができることです。それでは具体的にTwitter広告の入札タイプをみていきましょう。  

自動入札

Twitter広告の自動入札機能では、最小限の費用で最大の結果が得られるようにキャンペーンの目的と予算に応じて入札額が自動で最適化されます。 新規で入札する場合は自動入札がおすすめで、入札単価が分からない時や確実にリーチしたい時などに、入札価格を自分で決める手間が省けるのがポイントです。費用対効果が高い設定ができるのがメリットになります。 デメリットとして、自動的に入札額が決まるため想定の単価を上回って落札されるリスクがあるので、限られた予算内で運用する際には注意が必要といえるでしょう。  

上限入札単価

Twitter広告の上限入札単価機能は、事前に設定したアクションが発生した際に1クリックもしくは1エンゲージメントあたりの入札金額の上限を手動で設定できます。 上限入札単価を設定すればその金額を超えて入札されないため一定の単価でユーザーに広告を配信したいのなら、費用対効果を考慮して上限入札単価の設定が良いでしょう。 デメリットとして、上限入札単価が低すぎると配信ボリュームが伸び悩むことがあるため、毎日配信状態を分析し細かく単価を調整しなければなりません。  

目標コスト

目標入札単価機能では、1エンゲージメントあたりの支払い金額の目標を設定しておくことで、設定した金額に近い最適な入札金額を自動で設定してくれます。目標入札単価機能は費用対効果が高い運用ができる機能です。 しかし、デメリットとして、必ずしも指定した単価と一致するとは限利ません。設定単価が低すぎると配信ボリュームが少なくなる可能性があります。そのため毎日配信状態を分析し細かく単価を調整しなければなりません。

広告クリエイティブ

Twitter広告のクリエイティブには主に4種類があります。それらの中からビジネスの目的やターゲットとなる利用者に対して適切なクリエイティブを選択することでTwitter広告を最大化させることができます。 ここではクリエイティブの特徴についてみていきましょう。  

テキストのみツイート

テキストのみツイートは英語280文字、日本語140文字以内の文字のツイートで、最も手軽に制作できるのがポイントです。 標準的なツイートの要素は全て備えられているので、シンプルで自然にTwitter広告のコンテンツに溶け込み、フォロワーだけでなく届けたいターゲットオーディエンスにもツイートのリーチを広げることが可能です。 一方でテキストのみツイートは文字情報だけのため、ユーザーの関心を惹くことは難しいといえるでしょう。 そのため画像や動画を使ったクリエイティブの方が高い効果が期待できます。  

画像 / 動画つきツイート

画像つきツイートはテキストと画像がセットで表示され、通常1〜4枚の画像をツイートに入れることができます。 画像を入れることでテキストだけでは伝えられない情報をユーザーに伝えられため、ユーザーの目にとまりやすくエンゲージメントを高める効果が期待できるのです。 パソコンとモバイルによって画像の表示のされ方が変わります。Twitter広告を利用するユーザーはモバイル端末からアクセスするのがほとんどで、モバイル仕様を意識することが重要になってきています。
画像つきツイートの画像サイズは横600ピクセル以上が推奨され、縦は無制限ですが横サイズよりも大きい場合はアスペクト比が1:1になるように自動トリミングされます。また、GIF画像は1枚しか表示できません。 動画つきツイートはツイートに動画を入れ込んだクリエイティブでテキストと動画が設置になっているため、画像よりも訴求効果が高いのが特徴です。 動画はタイムラインで自動再生され、長さが60秒未満の場合はループ再生されます。添付できる動画のサイズは最大1GBで、長さは最大2分20秒になります。  

Twitterカード

Twitterカードとはツイートに貼られたURLの画像やページタイトルが表示される機能で、テキストと画像や動画だけでなくユーザーがアクションを起こしやすくした独自の掲載方式です。 通常のクリエイティブよりもリッチなコンテンツを表示させることができるため、高いエンゲージメントが可能になります。 主なカードは4種類あります。

・ Summary Card
・Summary Card with Large Image
・App Card
・Player Card

モバイルアプリ用は「App Card」でアプリのダウンロードパージへリンクを表示するTwitterカードが表示されます。
「Player Card」は動画を配信する際に利用されるカードで、ツイートに表示された動画ダイジェストが再生できます。
「Summary Card」は小さめの画像と記事のタイトルや概要が表示できるカードで、リンク先のページがどのような内容かユーザーに伝えることができるのが特徴です。
画像サイズは最小で144x144ピクセル、最大で4096x4096ピクセル、5MB未満となっています。また、正方形にトリミングされ利用できる画像形式はGIF、JPG、PNG、WEBPとなっています。
「Summary Card with Large Image」は大きめな画像と記事のタイトルや概要が表示できるカードです。 画像サイズは最小で300x157ピクセル、最大で4096x4096ピクセル、5MB未満となっています。また、ツイートに表示される画像は縦横の比率が1:2になるよう自動調整されます。利用できる画像形式はGIF、JPG、PNG、WEBPです。

Twitter広告のプロモート機能とは?

Twitter広告にはカスタマイズ不要なプロモート機能があります。ターゲットを絞ることで最も伝えたいユーザー層に情報を的確に伝えることが可能になります。プロモート機能を活用すれば、情報が拡散されやすく、潜在顧客が増やせるメリットがあるのです。 その結果、企業やブランドの認知度を向上できて、コンバージョンにつなげられます。具体的な機能について解説します。  

クイックプロモート

クイックプロモートとは、30秒程度で幅広いTwitter利用者に企業のツイートを配信できる広告で、ターゲティング対象やキャンペーン期間を設定するだけで簡単にプロモーションが行えます。 クイックプロモートの特徴は、スマートフォンとTwitterアプリで簡単に広告キャンペーンが始められることです。出稿費用は5,000円でAIが広告キャンペーンを配信するユーザーを最適化してくれます。 注意点として、クイックプロモートが利用できるのはTwitterプロアカウントのユーザーのみということです。  

オートプロモート

オートプロモートとは月額9,900円の定額制で自分のツイートが継続的に配信できる機能です。 プロモーション広告を配信するためには1ツイートずつ入稿作業を行いますが、オートプロモート機能を利用すればその日に投稿した最初の10ツイートがそのままプロモーション広告として利用できます。 オートプロモートのメリットは運用の手間がかからないことと、広告コストが変動しないことです。 オートプロモートでは広告の効果が知りたい場合は、管理画面からレポートが作成できて、アクセス数や獲得したフォロワー数、リーチしたユーザー数、プロモーション期間などのデータが確認できるので状況をみて施策を変更することも可能です。

Twitter広告の費用が発生するポイント

Twitter広告の費用は基本的にユーザーがその広告キャンペーンに対しクリックなどの特定の行動を起こした際に発生し、定額で発生することはありません。ここでは具体的にどのようなポイントで費用が発生するのかを解説します。

・フォロワー数が増えたとき
広告を通じてアカウントのフォローが発生した際に広告費が課金されます。広告を介さずフォローが発生した場合には料金は発生しません。

・リンクがクリックされたとき
広告に連結させたリンクに対してクリックが行われた際に費用が発生します。広告の投稿のみをクリックした際はカウントされません。

・動画が再生されたとき
広告内の動画が再生された際に費用が発生します。動画が再生されたと判断される条件には再生時間が3秒以上かつ動画の100%の画面表示がされる、再生時間が2秒以上かつ50%の画面表示がされる、また再生時間が6秒以上かつ50%以上の画面表示がプレロール動画内で行われるという3つがあります。

・エンゲージメントが発生したとき
広告に対してコメントやリツイート、いいねなどのアクションがあった際に費用が発生します。

・アプリがインストールされたとき
広告を通してアプリがインストールされた際に費用が発生します。このキャンペーン内では、すでにアプリがインストールされている場合でも、広告を通してアプリが起動されれば課金の対象となります。

・インプレッションが発生したとき
広告の表示された回数に基づき費用が発生します。1,000回単位で課金されていきます。

Twitter広告予算設定のコツ

Twitter広告が掲載されるためには、スコアをキープしオークションに競り勝たなければなりません。このオークションへの振り分けは、選択したキャンペーンで設定されたターゲティングの内容をもとに行われ、入札額とスコアのバランスを見てオークションでの勝ち負けが決まります。

スコアを上げる
オークションで競り勝つために重要なスコアですが、これは「品質スコア」と呼ばれ「ユーザーからの共感」「ツイートとユーザーの関連性」「ツイートの鮮度」の3つの要素によって構成されます。このスコアを上げることで広告が掲載される確率が上がります。スコアを上げるコツとしては、CTRをあげるためにクリエイティブの制作に力を入れることです。クリエイティブはユーザーからの反応に直接関わる部分であり、この反応こそがスコアに直結します。

自動入札を利用する
自動入札とは、予算内で最低限の金額のみを自動入札してくれる機能です。入札方法は他にもありますが、全てのキャンペーンに使用できるのはこの自動入札であり、特にこれからTwitter広告をはじめたいと考えている方におすすめの方法です。また費用を無駄遣いしないため費用対効果が高く、特にこれといった理由がない場合には自動入札を使うことをおすすめします。

個人でのTwitter広告活用

Twitterはビジネス用アカウントや個人用アカウントなどという括りがなく、個人の方でも簡単に広告をTwitter上で利用することができます。

収入が発生する仕組み

Twitter広告関連で収入が発生するものと言えばアフィリエイトです。アフィリエイト広告で収入が発生する仕組みは以下の通りです。

1. Twitterのアカウントでアフィリエイト記事のURLをツイートする
2. URLがクリックされる
3. URL内でコンバージョンになる
4. 収入発生


以前は個人でもTwitter上だけで高額収入を得ることができていましたが、利用規則の改定などによってアフィリエイトで稼ぐ人は少なくなりました。

Twitter広告の出し方・設定方法

具体的な広告出稿の手順についてご紹介します。

1.Twitterの広告アカウント作成
Twitterアカウントを開き、「もっと見る」の部分を選択します。そうすると「Twitter広告」のボタンが出てくるのでタップします。

2.キャンペーンの作成
目的に合った広告のキャンペーンを選択します。そこからキャンペーン内容である予算や開始日時などの入力を行います。

3.広告グループの作成
広告グループの作成では任意の広告グループ名、期間や入札タイプを選択します。その後に配信先ユーザーの居住地や性別、キーワード、興味と感心などをターゲティング情報として登録します。

4.クリエイティブの作成
クリエイティブの作成では新規のツイート、または既存のオーガニックツイートのどちらかを選択することができます。

5.広告の配信と分析
広告のクリエイティブが作成し終わったらいよいよ広告を配信します。配信後のトラッキングはTwitterの広告画面から行うことができます。

Twitter広告のクリエイティブについて

Twitter広告には画像だけでなく動画やテキストをクリエイティブの要素として組み込むことができます。ここでは出稿可能なクリエイティブのサイズ、形式などの規定についてまとめました。

画像・動画サイズ




画像付きツイート

600ピクセル以上を推奨(1200ピクセル等高画質のものを使用すればよりくっきりと表示される)

無制限(横サイズよりも大きい場合はアスペクト比が1:1になるよう自動でトリミングされる)

動画付きツイート

600(600)ピクセル~
(推奨:1200)

600(360)ピクセル~
(推奨:1200)

ファイル形式

画像付きツイート

PNG、JPEG

動画付きツイート

MP4/MOV

アスペクト比

画像付きツイート

1:1、2:1、3:2
(16:9を超える場合は16:9にトリミングされる)

動画付きツイート

1(2):1
(投稿後は全て1:1にトリミングされる)


文字数


画像付きツイート

280字(全角日本語の場合140字)以内
(内23文字、全角の場合12文字分はリンクに使われる)

動画付きツイート

280字(全角日本語の場合140字)以内
(内23文字、全角の場合12文字分はリンクに使われる)

ライタープロフィール

メディアレーダー 運営事務局株式会社アイズ
国内No.1媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」を運営中。
「めでぃつぶ」では、広告業界の方、マーケター必見のマーケティング知識・ノウハウを発信しています。

公式Twitter:@mediaradar_jp
中の人Twitter:@mediaradar_
TEL:03-6427-6331
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録

めでぃぱす

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る