【逃げ恥・タラレバ娘】女子マンガが持つ「共感性」を利用したプロモーションについて

Powered by 株式会社講談社

メディアレーダー
【逃げ恥・タラレバ娘】女子マンガが持つ「共感性」を利用したプロモーションについての媒体資料
資料更新日:2020/04/08

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • cstation_service09joshimanga.pdf(6.57MB)
1911年の創業以来、数々の名作を世に送り出してきた講談社。『セーラームーン』『カードキャプターさくら』など、これまでに大ヒットした 少女向けマンガのタイトルを一度は耳にした方も多いでしょうが、 昨今20~30代をターゲットとした女子マンガも脚光を浴びはじめています。
たとえば『逃げるは恥だが役に立つ』や『東京タラレバ娘』。 いずれもヒロインが困難に立ち向かいながらも懸命に生きる姿を描いた人気マンガで、 自らの境遇に重ね合わせた大人の女性たちからの共感が、広く集まっています。

累計発行部数500万部超を誇り、続編も人気の『東京タラレバ娘』シリーズを筆頭に 「逃げ恥」という略称で知られ、ドラマ化で社会現象となった『逃げるは恥だが役に立つ』、Twitterで累計300万リツイートされた話題作『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』など。 講談社の女子マンガが多くの読者から支持されている理由は、 作品に登場するキャラクターが持っている高い共感性にあります。

マンガキャラクターを通じた疑似体験が、自分ごととしての共感に変わる──。 実はこれこそがマンガコンテンツが持っているパワー。
キャラクターを起用することでもたらされるこの突破力を、ビジネスに活用しない手はありません。

ぜひダウンロードして内容をご確認ください。
オススメ
<資料のおもな内容>
●社会現象を巻き起こす講談社の最強女子マンガ
●結婚したい女性の悩みに全アラサーが共感『東京タラレバ娘』
●現代を生きる女子たちの新しいバイブル『逃げるは恥だが役に立つ』
●100万リツイートの話題作『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』
●消費者の共感を呼ぶ女子マンガ。キャラクターが、ビジネスを成功に導きます!
●【コラボ事例1】 ライオン株式会社さま 共感度抜群のタラレバ娘たちが、コラボマンガに!
●【コラボ事例2】 イオン保険サービス株式会社さま 描き下ろしオリジナルストーリー SNS連動ユーザー投稿エピソードを描き下ろしマンガ化!
●【コラボ事例3】 株式会社キデイランドさま キャラクターグッズ商品化で新規顧客の来店を促進!
●その他、さまざまな企画でコラボレーションを実施!
●キャラクター使用の流れ
●マンガ&アニメ・キャラクター使用の注意点
●マンガプロモーションに講談社の人気作品を

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • cstation_service09joshimanga.pdf(6.57MB)

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top