株式会社講談社

企業名 株式会社講談社
所在地 東京都文京区音羽12‐21
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/04/13

ゲキサカは国内最大級のデジタルサッカーメディアです。



2006年にスタートして以来、学生から社会人まで数多くのユーザーに幅広いサッカー情報をお届けしてきました。

昨年のロシアW杯期間では、前回大会に続き、1億PV(2018年6月~7月実績)を突破!

現役プレーヤーからコアなサッカーファンまで、約40%が毎日訪れるロイヤリティの高いユーザーです。



● 月間PV/ページビュー: 32,282,253 / 月

● 月間UU/ユニークユーザー:5,194,715 / 月 (2020年1月~2020年3月のPV,UU値)※google analytics調べ



<サイトの特徴>

①速報性の高いサッカーニュース情報

②視覚に訴えインパクトのあるフォトニュース

③国内アマチュアから海外サッカーまで幅広く網羅



<ユーザーの特徴>

①現役学生プレーヤーからの絶大な支持

②ユーザーの中心層は10代~30代の男性

③サッカーコア層からライト層まで幅広い



サッカー以外のジャンルも響きます!

中学、高校サッカー部所属生徒の父兄へのアプローチも可能です。

【飲料】【外食産業】【食品】【教育・学参・受験】なども、親和性が高いです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/08

1911年の創業以来、数々の名作を世に送り出してきた講談社。『セーラームーン』『カードキャプターさくら』など、これまでに大ヒットした 少女向けマンガのタイトルを一度は耳にした方も多いでしょうが、 昨今20~30代をターゲットとした女子マンガも脚光を浴びはじめています。
たとえば『逃げるは恥だが役に立つ』や『東京タラレバ娘』。 いずれもヒロインが困難に立ち向かいながらも懸命に生きる姿を描いた人気マンガで、 自らの境遇に重ね合わせた大人の女性たちからの共感が、広く集まっています。

累計発行部数500万部超を誇り、続編も人気の『東京タラレバ娘』シリーズを筆頭に 「逃げ恥」という略称で知られ、ドラマ化で社会現象となった『逃げるは恥だが役に立つ』、Twitterで累計300万リツイートされた話題作『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』など。 講談社の女子マンガが多くの読者から支持されている理由は、 作品に登場するキャラクターが持っている高い共感性にあります。

マンガキャラクターを通じた疑似体験が、自分ごととしての共感に変わる──。 実はこれこそがマンガコンテンツが持っているパワー。
キャラクターを起用することでもたらされるこの突破力を、ビジネスに活用しない手はありません。

ぜひダウンロードして内容をご確認ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/06

テレビを賑わす、いわゆる「オネエ」タレントの方々の活躍。女性視聴者を中心に圧倒的な支持を得た、田中圭さん主演のドラマ『おっさんずラブ』や、西島秀俊さん主演の『きのう何食べた?』の大ヒット。日本でも約6兆円市場とまで言われる、「LGBT(性の多様性。女性同性愛者(レズビアン)、男性同性愛者(ゲイ)、両性愛者(バイセクシュアル)、トランスジェンダーの頭文字をとった言葉)」の流れなど、「中性化」するニッポンを象徴するような現象が、取り沙汰されることが多くなってきました。

今回ご用意した資料は、ただ「日本も成熟して、価値観が多様化したから、いろんな指向が認められる社会になったよねー」ではなく、さまざまな「モノ」から「中性化」を読み解いていく連載コラムのダイジェスト版です。

例えば、2019年1月に「ハイヒールの強制を禁止して欲しい」というツイートがきっかけで始まった「#KuToo」運動。性被害やセクハラを告発する「#MeToo」運動と、「靴」「苦痛」を掛け合わせた造語だとされています。この現象について、バブル崩壊とともに、男性側に金銭的・精神的余裕がなくなったことや男女平等教育の影響もあり、女らしくいれば奢ってもらえるといった「ヒールを履く(猫をかぶる)"メリット"」が薄れたから、と読み解きます。

つまり、女性にハイヒールを強要する職場や恋人は、良し悪しや男女差別云々より前に、もはや「時代遅れ」。なぜなら、職場やデートの現場が、既に「中性化」しているからです。

その他、「モテたい」から「嫌われたくない」へ変化した香りにまつわる中性化、恋愛も洋服も「ゲット」より「レンタル」「シェア」する消費の中性化、ドキドキ・キュンキュンより「癒されたい」男女の中性化、女性がリードする妊活の中性化、タピオカブームと中性化の深い関係など、全6テーマで、社会情勢に合わせて変化する男女のココロを比較しながら紹介しています。

人々がSNS等で「ゆるつながり」を得る中、男性的な消費は下降し、女性的なちょこちょこ消費へシフトしています。そして今後AIは恋愛市場に何をもたらしていくのか。これからのマーケティングにおいて「異性のココロ」を知ることは必須となってくるでしょう。
ぜひダウンロードしてご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/08

SNSマーケティングは、SNSユーザーに対して商品価値を訴求し、顧客開拓を進めるもので、特にBtoCの事業展開において重要視されています。
しかし、SNSユーザーがSNSに望んでいるのは身近なコミュニティ形成であり、企業からの発信は一方的なものになってしまう危険性があります。

そんな中、ユーザーのニーズを満たす情報を発信し、かつ影響力のある存在としてSNSマーケティングの成功の鍵を握っているのが、インフルエンサーです。
信頼性のある身近なタレントのようなポジションを確立したインフルエンサーを通したSNSユーザーとの対話が、令和のSNSマーケティングでは重要なポイントになってきます。

講談社のオンラインメディア「VOCE」「with online」「ViVi」は、美容/トレンド誌のブランド力を生かしたオンライン情報発信を横断的に行っており、
VOCEST!、with girls、ViVigirlsといったインフルエンサーチームがファンへの強い影響力を持つトレンドセッターとして活躍しています。
また、各メディアのSNSには長年の運用により育てられたファンコミュニティがあります。このようにすでに強固なファン層を持ち、SNSユーザーが自ら求める情報を提供するプラットフォームを利用することで、
「SNSでファンを創出するリソースがない」「インフルエンサーと関係性を構築するコネクションがない」「ユーザーの信頼性を勝ち取るまでの時間がない」といった課題を解決することができます。

今回、皆様のビジネスをサポートできよう、オンラインメディア「VOCE」「with online」「ViVi」を活用してSNSマーケティングの課題を解決する最新の資料をご用意しました。

新時代のSNSマーケティングにおいて、SNSユーザーと効果的に関係性を構築する方法を、具体的な事例を挙げてご紹介しています。
コスメ好きの強力なコミュニティを生み出している「VOCE」、OL業界でNo.1媒体である「with online」、主要SNSに多数のファンを獲得している「ViVi」。
ファンとのコミュニケーションやインフルエンサーとの関係性の構築、オフラインイベントの活用など、各メディアがこれまで構築してきた関係性を活かして、効果的なプロモーションを行ってみませんか。
資料をダウンロードしてご確認ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/08

「FORZA STYLE」は、30代~40代を中心とした高感度ビジネスマンから圧倒的に支持される、Webファッションメディアです。

メンズファッション誌系メディアとしてはNo.1(当社調べ。2019年10月時点)のUU数(265万)やYouTubeチャンネル登録者数(8.7万)を持つWebや動画をはじめ、
応募が殺到するリアルイベント、オリジナルの商品開発、圧倒的な開封率で熱烈に支持されるメルマガなど、
さまざまなコンテンツをMixして、人とモノを動かすプロモーションを展開しています。

東京で3代続くテーラーの家に生まれ、長年雑誌やTVでファッション情報の発信に関わってきた編集長の干場義雅。
メディアには「読者、メーカーのニーズを的確に汲み取って情報を提供し、そのフィードバックを受けてさらに新たな提案をする」役割があると語り、
「FORZA STYLE」が大きな情報循環の中心になることを目指しています。

今回、皆さまのビジネスの課題をサポートできるよう、最新の資料をご用意しました。

情報が溢れている今、なぜ「FORZA STYLE」のプロモーションが人を惹きつけるのかを、これまでの豊富な活用事例と併せてご紹介しています。
既視感のある情報や広告には心を動かされないとされる、30代~40代のシビアなビジネスマンにむけ、「FORZA STYLE」 の発信力を活用して効果的なプロモーションを行ってみませんか。ぜひダウンロードしてご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/10/10

■SDGsとは
「SDGs」とは、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」の英語表記の略です。
そこで掲げられた17のゴールは、2030年までに達成を目指そうとする、地球からの世界共通のポジティブな宿題でもあります。

世の中で起きている貧困や飢餓、テロや紛争、社会的格差、気候変動など、様々な問題を背景に、このままでは地球がもたないという強い危機感の中から誕生しました。

■SDGsによるブランド訴求の重要性
昨今の社会状況としては、SDGsによる活動を通して様々なステークホルダーからの評価も重要視されることとなり、国内外で取り組みが強化されています。

よって、SDGsの理念をふまえ、CSVの取り組みを行う日本企業が、今後社会に認知・理解を獲得するためには具体的なコミュニケーションが欠かせません。
社会的課題を解決するために、どのような商品・サービスをどのような方法で訴求していくのかが重要になります。

FRaUは、雑誌をはじめとした多面的な展開により、SDGsの認知・関心を醸成し、自ら社会に働きかける女性たちのムーブメントを生み出していきます。
これまで数々のムーブメントを生み出したFRaUだからこそ可能な取り組みです。

■FRaUについて
紙媒体とWebで展開する、女性のためのワンテーマ・メディア。
読者層は30代女性が最も多く、54%を占めています。

Webデータ
・月間PV:5,300,000
・月間UU:1,300,000 ※2019.8月
・メルマガ配信数:約30,000通

SNSデータ
・Instagram:25,000フォロワー
・twitter:33,124フォロワー
・facebook:13,174いいね!

■メニュー
・イベントコラボ
 SDGsオリジナルイベントの企画実施、講演・その他イベントへのご協力、『料理通信』とのコラボによる食イベントへのご協賛など
・メディアコラボ
 FRaUアンバサダーご協賛、SDGsオリジナル純広企画、「FRaU web」SDGsニュース記事広告など

上記メニューについて、詳細をご確認されたい方は、ぜひ、C-Station からお問い合わせください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/10/01

■「島耕作」シリーズとは?
弘兼憲史氏による「島耕作」シリーズは、1983年、講談社「モーニング」誌上に『係長 島耕作』として初登場し、その後『課長 島耕作』として連載がスタート。
実社会の時事を取り入れながら、さまざまな困難を乗り越えて出世していくサラリーマンを等身大に描き、シリーズ累計発行部数4,400万部を超える人気マンガとなりました。

島耕作は、その後「部長」「取締役」「常務」「専務」を経て「社長」「会長」へと 昇り詰め、2019年8月には「相談役」となり、シリーズは新たなステージを迎えています。
一方で『ヤング 島耕作』『学生 島耕作』など時代をさかのぼったり、『部長 風花凜子の恋』『島耕作の事件簿』『転生したら島耕作だった件』などのスピンオフ作品も生まれるなど、「島耕作」シリーズの世界は、さらなる広がりを見せています。

■島耕作と企業のコラボレーション
知名度・好感度ともに抜群のキャラクター・島耕作は、これまで商品コラボや オリジナルストーリーの展開など、さまざまな企業とコラボレーションを実施してきました。
タイアップ広告、商品化、マス広告や店頭販促用のPOPなど、様々な手法であなたのビジネスを成功に導きます。

■手法のご紹介
・タイアップ広告:講談社の雑誌やWeb媒体にキャラクター使用で広告展開。
・商品化:キャラクター限定パッケージでの商品化やコラボ商品を開発。
・広告宣伝使用:マス広告や店頭販促用のPOP、イベント等で使用。

■使用料について
版権契約(ライセンス契約)は「そのマンガの世界観および画を使ってよい」という包括的な契約です。
使用料は、画の種類や枚数ではなく、下記の要素で決まります。「広告宣伝」の使用料は、以下3要素の組み合わせで算出されます。
媒体=「テレビから雑誌、WEB、店頭までひととおり」「店頭ツールだけ」など
期間=おおよそ3ヵ月がひと単位
地域=「全国」「関東地方と中部地方」など
グッズなど「商品化」の使用料は、下記の計算で決まります。
「商品の価格」×「規定のロイヤリティ率」×「製造数」

ほかにも「ゲーム」「原画展」「イベント」など、さまざまな契約形態があります。
ぜひ、C-Station からお問い合わせください!

>>資料の詳細を見る

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top