チャットボットとは


チャットボットとは、人工知能を利用した自動会話システムのことです。
対話(chat)をするロボット(robot)から来ています。
カスタマーサポートの業務効率化や、売上アップなど、様々な場面で期待されています。



「チャットボット」の資料一覧

検索結果:56件の資料が見つかりました。
一括ダウンロードページはこちら
メディアレーダー
ONOFF
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2022/02/02

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
      ★品質満足度・導入のしやすさ・サポート充実度 No1獲得★
   LINEでビジネスをブーストさせるなら、DMMチャットブースト for EC!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
*調査方法:インターネット調査|調査概要:2022年2月 サイトのイメージ調査|調査提供:日本トレンドリサーチ

「DMMチャットブースト for EC」は、LINE公式アカウントとShopify連携により、
誰でも簡単に顧客対応やマーケティングを自動化できる「LINE公式アカウント自動化ツール」です。


▼ こんな方におすすめ!▼
 ・顧客対応が大変!自動化したい!
 ・販促活動を効率化・自動化したい!
 ・LINE上でも自社商品を訴求して、顧客の購入頻度を増やしたい!
上記のような案件や課題を持たれているご担当者様、必見です!


❏ DMMチャットブースト for ECの特徴
 ① 全てのShopify導入企業が導入可能
  ▶︎ shopifyの利用プランに関わらず導入が可能です。
   また、Shopifyサイト構築サービスも提供しているため、まだShopifyでECサイトを構築していない企業様にもご検討いただけます。
  ------------
 ② 顧客対応の自動化・効率化で対応コストの削減
  ▶︎ ユーザーは知りたい情報にすぐにアクセス、企業は対応業務を削減することが可能です。
  ------------
 ③ 顧客との本質的な関係性の構築に有効
  ▶︎ LINEユーザー8600万人のうち85%が毎日活用しているLINEでコミュニケーションを実現し、顧客のロイヤリティ向上に繋げます。


❏ 導入事例
・アパレル業界
・化粧品業界
・食品業界

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/04/27

一括DL可能

qualva(クオルバ)は、既存のWEBフォームに変わってCVRを劇的に向上させるチャットボットです。従来のWEBフォームは入力しづらく、改良もしにくい。EFOも限界がある。そこに着目し、チャット型インターフェイスであれば、もっと入力がしやすくなるではないか、という仮説・研究開発のもとqualvaが誕生しました。資料請求・予約・購入などあらゆるコンバージョンポイントに設置することが可能です。おかげさまでサービスインしてから5年目となり、述べ6,000プロジェクト以上での導入実績を更新しました。そのナンバーワン実績を元に組み立てるシナリオのパワーを、是非ご実感ください。まずは資料請求を。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/04/05

今の時代LINEをビジネスで活用する場面や導入している企業が増えています。
BtoCにおいてどんな課題を解決し、活用できるか
LINEが効果的な理由やLINE公式アカウントについて、事例をまとめた資料になります。

▼ こんな方におすすめ!
・ LINEをビジネスに活用したい
・ LINE公式アカウントの利用を検討もしくは利用している
・ お客さま獲得で従来の施策がうまくいっていない

LINEのビジネス活用法について知りたい方は、是非ダウンロードしてご活用下さい。

■資料のポイント
・LINEがビジネスにおいて効果的な理由
・LINE公式アカウントの機能
・LINE公式アカウントが解決できる2つの課題
・事例
・MicoCloudの紹介

詳細は資料をご覧ください。



※重ねてのお願い※

広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/02/22

STAFF STARTは、店舗に所属するスタッフをDXさせ、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするStaff Techサービスです。
現在、ベイクルーズ、TSI、三越伊勢丹などのアパレルや化粧品ブランドを中心に1,600を超えるブランドに導入され、2021年のSTAFF STARTで作成されたコンテンツを経由した流通金額は約1,279億円を達成しました!

<店舗スタッフがいるならどんな業種の業務もオンライン変換が可能!>
コスメ・化粧品、家具・インテリア、家電、食品・飲食
美容院・ネイルサロン・結婚式場、ジム・ヨガ・、住宅、保険・証券

<一部導入企業※アルファベット順>
アダストリア、アルペン、AOKI、オーサムストア、ベイクルーズ、カシオ、エトヴォス、ゴールドウイン、大塚家具、KOSE、ニトリ、パル、資生堂、TSI、ワールド、ヤマダデンキ

< こんな方におすすめです>
・メディアで知った「STAFF START」のことを詳しく知りたい
・店舗スタッフの力をオンラインで活用したい
・ECでの売上拡大手法を模索している
・オムニチャネルやO2Oを強化していきたい

【EC事業部へのメリット】ECの売上が上がる!
平均してEC全体売上の50%弱がSTAFF START経由の売上になっています。STAFF STARTのコンテンツの投稿が増えることで売上は増えていきます。

【店舗スタッフへのメリット】モチベーションが上がる!
STAFFSTARTでは個人の経由売上を可視化できるため、個人評価ができます。コンテンツ経由の売上額に応じてインセンティブを付与する企業が増えてきています。企業からの評価は、店舗スタッフのモチベーションに繋がります。

【人事へのメリット】優秀な人材が集まる!
企業が店舗スタッフを支えてくれてることを感じる環境や待遇が良い環境に優秀な店舗スタッフは集まってきます。また離職率の低下に繋がります。

【店舗事業部へのメリット】店舗の売上が上がる!
優秀な店舗スタッフが集まり、オンライン接客をすることで、店舗への送客率がアップ。さらに店舗スタッフのファンが増加し、店舗の売上向上に寄与します。

STAFF STARTが生み出す好循環によって、顧客の満足度が向上し、結果的には、企業の価値向上に繋がります。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/02/21

「コロナ禍で対面対応が難しい」
「従業員のメンタルケアに力を入れたい」
「医師不足」

これらの悩みを「コミュニケーションAI」が解決します!
たとえば…

・離職率で悩んでいる企業
 →AIによる健康管理、ストレス診断で社員のモチベーションの維持向上
・医師のいない地域
 →住人の健康状態をAIが把握し、医師へ自動アラート
・保険会社
 →AIのナビゲートで、生命保険など煩雑な手続きをサポート


<コミュニケーションAIとは?>
会話によってユーザー情報を取得し、提案やアドバイスをしていきます。
たとえば【30代・男性】の場合、
・妻と子供がいる30代会社員
・最近太り気味でダイエットを始めた
・仕事が忙しい
・先週、グルメサイトを3回閲覧している
→AI「階段を使って移動するだけでも運動になりますよ。食べたい気持ちはわかりますが、ダイエットを成功させてご家族をびっくりさせましょう!」
このように、情報を整理したうえで会話を発展させることが可能です。


<チャットボットとの4つの違い>
①長期的な関係構築
会話を重ねるたびにAIがユーザーを知り、記憶していきます。会話をすればするほどユーザーを理解するため、精度の高い情報提案が可能になります。こういったヒアリング・提案を繰り返すことでユーザーとの長期的な信頼関係を築き、継続率のアップが見込めます。

②AIからの能動的な情報提案
・生活リズム
・傾向
・時間
・場所
基本属性に加え、会話により得られたこのような情報もAIが自動解析します。それによってユーザーニーズにマッチした情報提案が可能になり、積極的なアプローチがCV率の向上にもつながります。

③運用コストゼロ
導入が簡単かつ、自動化された会話のため運用コストがかかりません。時間や場所を問わずに利用いただけます。

④孤独感や寂しさの解消
雑談やエンタメなどに関する話題も豊富に設定でき、気分転換や息抜きとしての利用もできます。また、精神状態と日々の体調を絡めて、メンタルヘルスの観点からサポートも可能です。


<キーワード>
人材不足、人手不足、コロナ禍、新型コロナウイルス、医者、医療従事者、メンタルケア、ストレスケア、ストレス解消、従業員、離職率、継続、高齢者、孤独、寂しい、つらい、悩み、相談、精神的不安、不安定、疲労、疲れ

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/05/24

長くて読みにくい文章、さようなら。

「STORY CHAT」は、AIチャットボットでは創出できない「伝わるチャットストーリー」をプロの作家がオーダーメイドで作り上げるサービスです。
「伝えたいのに伝わらない」を解決し、ユーザーに最適な形でブランドや商品の魅力を伝え、ユーザーの理解を数値化することができます。

【こんなお悩みをお持ちの方におすすめ】
▶︎良いサービスなのに魅力が伝わらない
▶︎ターゲット顧客に合わせた表現でユーザーにアプローチをしたい
▶︎ユーザーが「どこまで閲覧したのか」「どこまで理解しているのか」を知りたい

【STORY CHATの特徴】
1. ブランドやサービス・商品の説明を、なじみ深い「チャット形式」で行うことでユーザーに効果的に訴求できます。

2. プロの作家がターゲットに合わせたストーリーや口調などのコミュニケーションを構築するため、ユーザーに親近感を与え、コンテンツをどんどん読み進めてもらえます。

3. 吹き出し・背景・画像などカスタマイズが可能。さらにBGMや通知機能などのサプライズ演出でテーマや世界観に沿った体験を提供できます。

4. チャット内でアンケートをとることも可能なので、診断コンテンツや店頭の接客ツールとしても活用できます。

5. チャットの自然な流れでクーポンや商品ページへの遷移といったアクションを促すことができます。

6. 平均滞在時間3分、購入ページへの遷移率20%と高いパフォーマンスを発揮しています。

7. ユーザーがどこまで読んだかを可視化。理解度を把握し精度の高い効果検証ができます。

★2020年度GOOD DESIGN賞受賞

【導入事例】
●シャンパーニュブランド
「通知機能」活用しイベントとシンクロしたSTORY CHATを提供。

●ジュエリーブランド
展覧会の会場でのリアル体験と連動し、ブランドや商品の理解を深めるSTORY CHATを提供

●キッズテーマパーク
待ち時間を有効活用してもらうため、STORY CHATで施設や遊具の説明するコンテンツを提供。

●スキンケアブランド
特設サイトにSTORY CHATを組み込み、ブランドヒストリーの紹介や、肌診断ができるコンテンツを制作。店頭の接客ツールとしても活用。

資料からデモ体験もできますので、ぜひご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/05/05

LINE公式アカウントの運用効果を最大化するツール「KUZEN-LINK」をご紹介します!

▽このような方におすすめです
・LINEを運用しているものの効果が出せていない
・LINE運用を検討しているが、成果が出るかわからない

■資料のポイント
・LINEの有用性
・KUZEN-LINKの紹介
・導入事例

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

▼エムキューブはチャットボットの導入・運用にお困りのお客様に代わりさまざまな業務を承ります▼

「チャットボットを導入してみたいが、リソースが足りない」
「簡単に導入できると聞いたが、いざやってみたら負担が大きかった」
「チャットボットのツールが多すぎて、何を使ったらいいかわからない」
「導入したいけれど、他の業務との兼任でそこまで手が回らない」

そのようなお客様の業務負荷を解消すべく、
チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』は誕生いたしました。

ベンダーではないからこその公平な目線で、お客様に適したチャットボットの選定から
チャットボットの構築~チューニング、データ活用アドバイスまで、
お客様の負担を代わって請け負うサービスです。


新型コロナウイルス対策として進む「リモートワーク」の普及が進む中、
あらゆる物事のオンライン化が加速しています。

その変化へ適応するにあたり、
チャットボットはビジネスシーンで注目されているツールのひとつです。
しかし導入したいが一歩を踏み出せないという声もよく聞きます。
エムキューブはそのようなお声に応えるチャットボットサービスです。

本資料では具体的なサービス内容などをご紹介いたします。
まずはお気軽に資料ダウンロードしてください!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/23

【早・省・適】町の店長さんに届けられる自動化社会を実現します
自社にあった自動接客・データ活用をノーコードで短期間・低コストで実現

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/05/25

ディアボとは、メディアにチャットボットを設置し、訪問するユーザーとコミュニケーションを取りながら 、媒体主様が集めたい情報を収集することができるサービスです。

このチャットボットを活用し、自社メディアのコンテンツ制作に活かすことは勿論、広告主様へのタイアップとしてご提案いただくことも可能!収集したデータは直接そのメディアに訪問しているユーザーの生の声なので、マーケティングデータとしても非常に役立ちます。

媒体主様に導入していただきやすいように、【導入費無料】で【成果報酬型】のプランが新たに登場!ユーザーからの回答1つに対して50円でご利用いただけます!

出版社KADOKAWA様のメディアである、レタスクラブとダ・ヴィンチニュースにもディアボを設置しましたので、そこで得られた情報も今回の資料で公開させていただいております。お気軽にお問合せください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/02/12

【リクター】は「電話に出ない」「メールの返信がない」「早く面接設定をしたい」
「様々な業務に追われて忙しい」など採用担当者が抱える応募者対応の悩みを解決し、
採用率UPを支援するサービスです。

■サービス概要

採用スピードを他社よりも圧倒的に早くします!

電話やメールをやめて、スマートフォン中心の応募者対応にすることで
採用率 UPと工数コスト削減を同時に実現します。

◎リクター導入により実現できること
 ∟24時間/365日、応募者の即対応(10分以内)が可能になる
 ∟何度も応募者に電話/メールをする必要がなくなる
 ∟自社専用のチャットボットにカスタマイズして自由な案内が可能になる
 ∟採用条件と合う人だけを自動選考して面接できる
 ∟面接日程の調整、前日のリマインドまで自動で対応してくれる

▼応募者のメリット
 求人に応募した後、すぐに(応募後10分以内に)、いつでも(深夜24時でも) 、
 電話をする必要なく、スマホで連絡ができる。
 またチャットの質問に答えることで自分の希望を伝えやすくなり、
 面接前日の案内なども届くため不安なく面接にのぞめる。

▼企業(採用担当者)のメリット
 ①応募 採用率が改善されるため採用コストを減らせる。
 ②応募者対応が“ 24 時間・ 365 日・いつでも 30 分以内”に対応可能になる。
 ③メール返信 電話連絡など、いままで行っていた採用業務が減らせる。
 (持参物や前日リマインドも自動化)
 ④店舗や事業所ごとの面接時間、採用条件を設定して無駄な面接が減らせる。
 ⑤面接の前に「応募者がどんな人か」「勤務の希望は」が把握できる。
 ⑥複数媒体を利用しても応募者が一括管理ができる。


※競合調査目的でのDLは固くお断りしております

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/12/21

【Twitterアカウント運用の担当者様 必見の資料です!】

▼ こんな方におすすめ
・ Twitterキャンペーンツール選定に悩んでいる
・ Twitterキャンペーンを実施したいが何から始めていいか分からない
・ Twitterキャンペーンツールの導入を検討している

━━━━━━━━━━
▼目次
━━━━━━━━━━

1. Twitterキャンペーンの本質と開催前の企画設計・目的について
     • 拡散を目的としたキャンペーンの本質
     • キャンペーン企画まえに準備しておきたい3つのこと

2. Twitterキャンペーンツールを導入するときの注意点
     • 目的に合わせたキャンペーンツールの選定とは
     • キャンペーンツールを選定するときの注意点

3. Twitterキャンペーンツールの比較検討で必要な要素
     • ツール/機能の違い
     • ツール費用に含まれる内訳の違い
     • キャンペーン後のツールサポートの違い

4. Twitterキャンペーン比較表と見るべき特徴

━━━━━━━━━━

▼ ご支援が可能な領域
 ・ SNSアカウント運用 (Instagram / Twitter)
 ・ SNSキャンペーン支援 (Instagram / Twitter)
 ・ SNS広告運用支援 (Instagram / Facebook / Twitter)
 ・ インフルエンサープロモーション支援
 ・ SNSキャンペーンツール提供 (Twitter)

▼ 業界実績
 ・ アパレル (カジュアルアパレルブランド / スポーツアパレルブランド)
 ・ コスメ/美容 (コスメブランド / ヘアケアブランド / 新興ブランド)
 ・ 小売/卸 (スーパー / ブランド古着)
 ・ 観光/レジャー (地方公共団体 / 旅行代理店)
 ・ 生活関連 (トイレタリー / 製薬 / インテリア / 文具)
 ・ 食品 (菓子 / 飲料 / 調味料)
 ・ 不動産 (マンション / 戸建て)
 ・ 通信 (MVNOブランド)
 ・ 物流 (鉄道) ...etc

上記、業界以外にもご紹介が可能です。
SNS活用に課題を感じている方、SNSを活用したプロモーションをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/14

【サービス概要】
「LINE(ライン)公式アカウントの効果的な運用方法が分からない」
「料金体系が従量課金制になったので、メッセージ通数を減らしつつ成果をあげたい」
「社内リソースが限られているため、運用全般を委託したい」
といった課題を解決する
LINE公式アカウント運用支援サービスです。


【サービスの特徴】
各種ソーシャルメディアを知り尽くした専門部署がプロジェクトごとにチームを組み、
精緻な初期戦略からクリエイティブ制作、効果測定・分析まで手厚くサポートいたします。
・チャットボットを活用したユーザーアンケートを通してユーザーデータを蓄積
・蓄積したデータを元に、ユーザーごとに最適なメッセージを配信
・約500社以上のプロモーション支援実績
・自社開発サービスによるプラスアルファのご提供
・クリエイターによる投稿素材の制作
・SNSプロモーション全般に精通した企画力


【アカウント運用の目的一例】
LINEの特徴を生かしながら、マーケティング目的に応じたアカウント運用を実現いたします。
・ブランディング
・ファンとのエンゲージメント強化
・コミュニティ形成
・プロモーションキャンペーン
・イベント告知・集客 等
※キャンペーンやLINE広告運用も併せてご相談いただけます!


国内MAU8,200万という圧倒的なユーザー規模を誇り、
ファンとの双方向の1to1コミュニケーションが強みのLINE。
コンテンツマーケティング領域で幅広い支援実績を持つサムライト独自のノウハウを活用し、
貴社の課題や目的に応じた最適な運用をご提案いたします。
ぜひお気軽にご相談ください!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/14

"LINEを使って、リピーターを獲得するにはどうすればいいのか?"

LINEテクノロジーパートナーで500社以上に導入していただいているMicoCloudで
LINEを通して、リピーター獲得に成功している事例と成功するためのPOINTをまとめました!

▼ こんな方におすすめ!
・ リピート獲得施策に困っている
・ リピーター獲得の方法がわからない
・ LINEを運用しているがリピーターの育成が上手くいっていない

LINE運用であまり繋がっていない、リピーター獲得を伸ばしたい方は、是非ダウンロードしてご活用下さい。

■資料のポイント
・LINEがリピート獲得に有効な理由
・業界別事例
・インタビュー事例
・リピート獲得で効果をあげるPOINT

詳細は資料をご覧ください。


※重ねてのお願い※

広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/07

==================
資料の概要
==================
本資料では、各SNSの最新データを元に、どのSNSがどんなコミュニケーションを得意としているかを解説します。
あなたのマーケティング活動の参考にしたいただき、意思決定の一助になれれば幸いです。

==================
サービス概要
==================
MicoCloud(ミコクラウド 旧:AURA)は、LINE公式アカウントを起点にCRMを構築しパーソナライズされたコミュニケーションでファン化を促進、企業の売上増加に貢献するコミュニケーションプラットフォームです。さらに、複数拠点・複数スタッフからのアクセスや様々なデータの一元管理による業務効率化を実現します。

==================
こんな方におすすめ
==================
・SNSの運用で迷っている…
・どのSNSに力を入れていいかわからない
・これからLINEを運用しようと思っているけどやり方がわからない
・LINEが注目されている理由が知りたい
・アプリかLINEかで迷っている

=================
※重ねてのお願い※
=================
広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/02/10

LINE公式アカウントで成果を出すために抑えておくべきポイントを把握していますか?

この資料ではLINEで成果を出すために必要なチェック項目を整理しております。
LINE公式アカウントを運用している方、これから運用しようとしている方は是非ご活用ください。

▼ こんな方におすすめ!
・LINE公式アカウントを運用しているがうまくいっていない
・LINE公式アカウントの運用を検討している
・LINE公式アカウントをなんとなく運用している
・LINE公式アカウントの施策を強化していきたい

<資料の内容>
・設定について,配信について
・チャット,botについて
・リッチメニューについて
・顧客情報管理について
・情報配信について
-----

※重ねてのお願い※

広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/11/09

==================
資料の概要
==================
LINE公式アカウントの数は5年で3倍にまで増えています。なぜ企業はそこまで積極的にLINEに取り組み始めているのでしょうか?
そこには、Webマーケティングの世界全体の共通課題がありました。

徹底レポートしてご提供いたします。

また、導入企業継続率99.5%*の、
LINE公式アカウント拡張ツールMicoCloud(ミコクラウド)を利用した
「成功事例」も合わせ共有いたします。

==================
事例集に登場する業界
==================
・case1 人材業界
・case2 ウエディング業界
・case3 不動産業界
・case4 商業施設
・case5 飲食業界(来店施策)
・case6  飲食業界(テイクアウト施策)


==================
サービス概要
==================
MicoCloud(ミコクラウド 旧:AURA)は、LINE公式アカウントを起点にCRMを構築しパーソナライズされたコミュニケーションでファン化を促進、企業の売上増加に貢献するコミュニケーションプラットフォームです。さらに、複数拠点・複数スタッフからのアクセスや様々なデータの一元管理による業務効率化を実現します。

==================
こんな方におすすめ
==================
・LINE公式アカウントを運用しているけど、成果がでない…
・これからLINEを運用しようと思っているけどやり方がわからない
・LINEが注目されている理由が知りたい
・ツールを入れると何が変わるのか知りたい
・他のSNSと検討している
・アプリかLINEかで迷っている


*直近3ヶ月の月次継続利用率(2021年7月時点)

=================
※重ねてのお願い※
=================
広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/08/03

MicoCloud(旧AURA)はLINE公式アカウントを活用し、オンラインとオフラインを統合した顧客体験(OMO)を構築するツールです。

※OMOとは、Online Merges with Offlineの略で消費者の目線でECサイト(オンライン)と実店舗(オフライン)を融合した顧客体験の向上を目的とするマーケティング手法のことです。

店舗を有している企業において、OMOがなぜ重要なのか、そしてOMOを実現する上でなぜLINE公式アカウントが効果的なのかをご紹介しております。
またMicoCloudを活用してOMOを実現した事例についても紹介しております。

▼こんな方におすすめ
・OMOの実現を検討している
・OMO実現に向けて動いている
・LINE公式アカウントを運用している
・LINE公式アカウントの利用を検討している

【資料の概要】
・OMOの重要性について
・OMOを実現する上でLINE公式アカウントが選ばれる理由
・MicoCloudのOMO実現事例

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/08/03

近年、人材業界でLINE公式アカウントを活用する企業様が急増しております。
本資料では、人材業界でLINEマーケティングツール「MicoCloud(旧AURA)」を活用した成功事例をご紹介しております。

▼こんな方におすすめ
・人材業界で求人者とのコミュニケーションで困っている
・LINEの運用をしているが上手くいっていない
・LINEの導入を検討している

<LINEを活用した成果実績>
・面談設定率1.5倍
・求職者からの返信率2倍
・面談単価1/2


-----
※重ねてのお願い※

広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
-----

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/08/03

近年、小売業界でLINE公式アカウントを活用する企業様が急増しております。
本資料では、小売業界でLINEマーケティングツール「MicoCloud(旧AURA)」を活用した成功事例をご紹介しております。

▼こんな方におすすめ
・LINEの運用をしているが上手くいっていない
・LINEの運用を検討している
・お客様とのコミュニケーションをさらに促進したい
・既存のお客様との繋がりが欲しい
・売り上げアップの施策に詰まっている

<LINEを活用した成果実績>
・再来店率24%
・CTR250%アップ
・LINE経由の売り上げ300%アップ

<資料の内容>
・有効なターゲット活用事例
・配信コストカット事例
・効果的なクーポン施策事例
・MicoCloudについて


-----
※重ねてのお願い※

広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
-----

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/22

一括DL可能

“Resque(レスキュー)”は、サブスクサービスの解約を希望するユーザーとコミュニケーションし、定期契約の継続を促すチャットボットです。ユーザーからの質問に対するQ&A対応や、カートと連動した解約処理のシナリオを組むことが可能です。これまで平均15%、最大30%の解約率低減を達成し、LTV向上に貢献して参りました。また、解約抑止観点だけでなく、コールセンターのエスカレーション工数軽減や、ユーザーの満足度向上など、様々な観点でメリットを実感いただいております。LTVを改善をご検討している企業様は、弊社独自の成功方式で作るシナリオをぜひ取り入れてみてください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/24

【御社サイトでこんな課題を持っていませんか?】
■サイトのCV率を向上させたい
■客単価を上げたい
■CXを向上させたい

“SELF for EC”にお任せください!!

【“SELF for EC” とは?】
SELF for EC”は「ECサイト」や「予約・申込系ポータルサイト」でのコンバージョンや、
客単価の向上を推進する接客・販売の自動化ツールです。


【“SELF for EC” の特徴】
・導入サイトの全商品の特徴を自動で把握
・全ユーザーの行動も分析・把握
・サイト上の商品の人気・アクセス傾向などを統計的に導き出し、
ユーザーとの会話によって得られた顧客一人ひとりのニーズとマッチング

自動把握した商品の特徴やユーザー行動分析から得られた統計データも活用し、
相対する顧客の「ほしい」を導き出し、顧客一人ひとりのニーズ別に、
買う根拠を示す提案会話を実施することで「顧客の迷い」を払拭する接客を実現します

【キーワード】
WEB接客、チャットボット 、EC、CVR向上、レコメンド
MAツール、サイト自動解析、AI、接客ツール、ユーザー分析
SaaS、離脱防止、アップセル/クロスセル、工数 コスト削減、
カゴ落ち防止、顧客単価向上、ABテスト可能

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

-・-・・・● チャットボット導入検討の企業様へ、必読です!! ●・・・-・-

突然ですが、チャットボットサービスを導入する際のポイント はご存知ですか?

『導入したけど使えない…』『コストがかかりすぎる…』といった失敗談

~~~~~~~~~ なぜ、使えないチャットボットに?! ~~~~~~~~~

その原因を紐解くことで
「 チャットボット導入成功 」が見えてくるのです!

====>>>>>>>=====【失 敗 事 例 】=====<<<<<<<<<====

【Case:1】社内向け用チャットボットでの失敗
【目的】部署間での問合せ工数削減
【結果】チャットボットが答えられる質問を用意したため軸が多くなり社員が
    知りたい回答にたどり着けなくなった

【Case:2】顧客対応用チャットボットでの失敗
【目的】 WEBページ上にチャットボットを設置しユーザーからの問合せ工数削減
【結果】 返答に詰まった時の対策がされていないため
     ユーザーがオペレーターに繋いだほうが早いと判断されるように…
     また、チャットボットとオペレーター(有人)との連携が上手くいっていなかった

【Case:2】多機能型チャットボットでの失敗
【目的】 問い合わせ工数削減、分析など様々な用途
【結果】 一つのチャットボットに多様な機能をつけたため学習や分析などに負荷が
     かかりコストも膨大になった
 
====>>>>>>>====>>>>=====<<<<====<<<<<<<<<====


導入前にきっちりポイントをおさえていると、これらの失敗は防げます

『ポイントの詳細が知りたい!』

と少しでもご興味をお持ちいただけたのであれば
是非、資料をダウンロード、ご確認くださいませ!

合わせて弊社サービスサイトでもご紹介しておりますので一度お目通しいただければ幸いです

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

コールセンターなどの問合せ自動化以外にも、マーケティングツールとしても注目されているチャットボット。
その認知は高まっている一方「会話の精度に不満を抱えるのが半数」というデータも…。


●●こんな課題を抱えていませんか?●●●
□ 導入したいけど人手が足りない
□ 「簡単にチャットボットを導入できます」と書いてあったが、実際は難しくて諦めた
□ 価格面で導入に踏み切れない
□ 導入したら管理が面倒
上記に一つでも当てはまれば
チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』をおススメします!



◆M³(エムキューブ)導入のメリット ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
①ゼロから相談できる
 チャットボット利用のイメージが沸いていなくても大丈夫!
 ヒアリングからお客様の活用ニーズに合ったご提案をいたします。

②各社ツールに対応
 どんなツールを採用すべきか分からなくても問題ありません。
 お客様ごとの用途やご利用になるユーザーに最適なチャットボットツールをご提案いたします。

③良質な学習データの作成
 AIの導入には質の良い学習データが必要不可欠です。
 蓄積されたノウハウを生かし、お客様に合った学習データを作成します。

④AIあり・なし問いません
 用途によってはAIが必要ない場合もあります。
 弊社サービスはAI型チャットボットだけでなく、
 ルールベース型チャットボットでもご利用いただけます。

⑤回答が探しやすいシナリオ設計
 蓄積されたノウハウを生かし、お客様の用途やチャットボットを
 ご利用になるユーザーに合わせたシナリオを設計します。

⑥分析&レポーティング
 ツールのレポート機能だけでは見えてこない利用傾向や課題などを、
 専門の担当者が分析・レポーティングいたします。


本資料では、エムキューブで出来ることや導入事例をご紹介しています。
ぜひダウンロードしてご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

日本国内で月間8,800万人以上(2021年3月末時点)が利用しているLINEを通して、
顧客となるユーザーへダイレクトに情報を届けることができる「LINE公式アカウント」。
アカウント開設や初期費用が無料なことから、中小企業や店舗での導入も増えています。

しかしLINE公式アカウント単体だけだとこのような声をよく耳にします。

■□ LINEの運用中によくある困ったこと □■

・LINE 公式アカウントを導入して問い合わせは増えたが、 売上に結びついていない
・売上に繋がる見込み客か分からず、 無駄な手間、コストばかり増えている
・売上アップには結びついてるが、 対応コストがかかりすぎている
・スタッフのやり取りが見えないため、 マネジメントできない
・対応漏れ、ミス、対応遅延が発生 しており、クレームや機会損失が発生している
・チームでの共有やコミュニケーション管理に 時間とコストがかかっている
・管理コストの削減、見えにくい機会損失を解消して 売上や利益を底上げしたい

このようなお悩み解決するためのひとつとして注目されているのが、
LINEに連携できるツールです。

LINEに連携できるツールは年々増加しており今や多岐にわたっています。
それぞれ独自の機能を持っていますが、弊社がオススメするのは、
チャットボットとの連携です。

なぜ、チャットボットがおススメなのか、本誌でご紹介します。
ぜひ資料をダウンロードしてご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

\\★スポーツクラブチームの広報ご担当者様・関係者様必見!★//

全国民のスポーツ熱がどんどん高まっているこのチャンス!!!

運営されているスポーツファンクラブサイトから
【新規ファンの獲得】と【既存ファンの満足度向上】に向けて
ファンにアプローチしませんか?

●新しいファン、集客数を増加!!
●ファンが本当に知りたいことって何!?      
●ファンからの大事な問合せを見落としていない!? 
●問合せ対応が多すぎて手が回らない…でもファンの声は絶対拾いたい!!

チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』にて
お客様とファンの方々の関係構築にお力添えいたします!

【 チャットボットを活用すると?】
・ウェブページ上またはLINEなどにチャットボットを設置、
 ファンからの問合せにチャットボットが自動対応
 ◎24時間365日、ファンからの問合せが対応可能
 ◎自動対応 ⇒ 有人対応への切替可能(※)
 ◎有人対応にかかる工数削減へ
 ◎LINEなどの連携も可能(※)

・ログ解析でファンのニーズ、調査にも活躍
 ◎見えなかったファンのニーズをキャッチ
 ◎ファンが望むイベント企画、立案のマーケティングに

・コンバージョン率が飛躍的にUP
 ◎新規ファンの獲得へ

【 M³(エムキューブ) チャットボットサービス の強み】
・チャットボット導入に割ける人材がいなくても…… 
 ◎会話データ作成から運用(月々メンテナンス)フルサポート
 ◎データ・シナリオ作成や毎月のメンテナンスを
   弊社の「会話を会話をデザインするプロ集団」が対応。
   お客様にかかるチャットボット導入、運営の負担を軽減します。

・導入の費用がかけられなくても……
 ◎初期費用・運用費もリーズナブルにご提供

詳細はサービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
※)システム連携や切替対応など、詳細はお気軽にお問い合わせください!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』では
導入から運用まで弊社がフルサポート!

新規顧客をしっかりキャッチするLINE連携可能なチャットボットの魅力についてご紹介します!

<<<<<<<< チャットボット導入効果 >>>>>>>>>>

●チャットボット会話履歴から顧客のニーズや課題を活用
●顧客からの問合せにかかる経費削減を実現
●コンバージョン率、イベント集客力の向上 etc…

>>>>>>>> 導入時の課題・解決策  <<<<<<<<<<
【チャットボット対応できる時間がない、人材がいない…】
 QAデータの作成から導入後月々のメンテナンスまで
 会話をデザインするプロ集団がフルサポート。
 毎月、回答精度向上や会話履歴から顧客の傾向を分析し
 レポーティングをお客様へ提出致します。

【導入~運用にかかる費用が高すぎる…】
 初期費用、運用費もリーズナブルにご提供いたします。

<<<<<<<< M³(エムキューブ)おすすめのLINE連携が可能なチャットボット >>>>>>>>>>
【1トーク共有管理ツール(オプション)】
 ⇒従量課金の心配ない1:1トーク共有管理ツールで、問合せ数・成約数アップ!
 ⇒1:1トークを複数人で共有管理できる
 ⇒24時間365日休みなくチャットボットが即時返信
 ⇒カルーセルで見込み客からの返信率アップ
 ⇒トーク開始前でも1:1トークを送れる
 ⇒唯一の専用アプリ!PCでもスマホでも楽々できる
 ⇒セグメント配信できるので追客・掘り起こしできる

チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』では
LINE連携だけでなくお客様のお悩み、
ニーズに合ったプラットホームのご提案を致します。

まずは資料をダウンロード!是非ご確認下さいませ。
詳細はサービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

『キャンペーンに使えるものある?』
『集客率を上げたいんだけど…』
『CVRをUPさせるのに良いツール知ってる?』

こういったクライアント様からのお声に。

■□ チャットボットサービスのご提案されませんか? □■

【チャットボットとは】
テキスト等を通じて、自動的に会話するプログラムのことです。
BtoBからBtoCなど様々な目的に応じて幅広く活用されています。
多様なニーズに応えられるチャットボット。それに応じてサービスやタイプも様々です。
その数多あるチャットボットから
クライアント様のお声に合ったチャットボット選定しなければなりません。

・チャットボットをどう選ぼう?
・チャットボット、沢山あるけど何が違うの?
・クライアント様が導入・運用しやすいものはどれ?

その疑問に ■□ M³(エムキューブ)チャットボットサービス □■ がお応えします。

【Point】チャットボットは導入後の運用が最重要ポイント。
     M³(エムキューブ)は 『導入~育成まで完全フルサポート』いたします。
     弊社の会話をデザインするプロ集団がデータ解析、毎月レポーティングをし
     目的にそったチャットボットを育成。
     そのため導入~運用までクライアント様のご負担を最小限に抑えます。

【Point】チャットボットタイプ無料診断
     クライアント様のお声にあったタイプのチャットボットを
     チャットボット専任者が選定、ご提案いたします!

■□ チャットボットの導入・運用にお困りのお客様に代わり、さまざまな業務を承ります □■
「チャットボットを導入してみたいが、リソースが足りない」
「簡単に導入できると聞いたが、いざやってみたら負担が大きかった」
「チャットボットのツールが多すぎて、何を使ったらいいかわからない」
「導入したいけれど、他の業務との兼任でそこまで手が回らない」

そのようなお客様の業務負荷を解消すべく、
チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』は誕生いたしました。
ベンダーではないからこその公平な目線で、お客様に適したチャットボットの選定から
構築~チューニング、データ活用アドバイスまで、お客様の負担を代わって請け負うサービスです。

まずは、どういったことでお悩みか担当までお気軽にご相談ください!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

「WEB申し込みフォームの入力項目が多くて離脱率が高い」
「資料のダウンロード数を増やしたい」
「お客様の声を自社のマーケティングに活かしたい」
「イベントなどの集客力を上げたい」

◆◇◆その課題、チャットボットで解決しませんか??◆◇◆

ウェブ上での企業とユーザーの接点としてWebサイト、アプリに次ぐ
第三の接点として注目されているチャットボット。
自動 / 半自動で稼働してくれるチャットボットは、
お問合せ対応などのシーンで人手不足の問題の解消や、
WEB接客手段として顧客接点を増やすなど、様々な効果を提供しています。
新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や在宅勤務という勤務スタイルの変更に伴い
チャットボット活用の動きはますます高まり、その勢いは衰えを知りません。

◆◇チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』は
  チャットボットの導入・運用にお困りのお客様に代わり様々な業務を承ります◆◇

「チャットボットを導入してみたいが、リソースが足りない」
「簡単に導入できると聞いたが、いざやってみたら負担が大きかった」
「チャットボットのツールが多すぎて、何を使ったらいいかわからない」
「導入したいけれど、他の業務との兼任でそこまで手が回らない」

そのようなお客様の業務負荷を解消すべく、
チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』は誕生いたしました。
ベンダーではないからこその公平な目線で、お客様に適したチャットボットの選定から
チャットボットの構築~チューニング、データ活用アドバイスまで、
お客様の負担を代わって請け負うサービスです。

詳しくは、サービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
まずはお気軽に資料ダウンロード&お問い合わせください!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

「WEB申し込みフォームの入力項目が多くて離脱率が高い」
「資料のダウンロード数を増やしたい」
「お客様の声を自社のマーケティングに活かしたい」
「イベントなどの集客力を上げたい」

◆◇◆その課題、チャットボットで解決しませんか??◆◇◆

ウェブ上での企業とユーザーの接点としてWebサイト、
アプリに次ぐ第三の接点として注目されているチャットボット。
自動 / 半自動で稼働してくれるチャットボットは、
お問合せ対応などのシーンで人手不足の問題の解消や、
WEB接客手段として顧客接点を増やすなど、様々な効果を提供しています。
新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や在宅勤務という勤務スタイルの変更に伴い
チャットボット活用の動きはますます高まり、その勢いは衰えを知りません。

◆◇◆チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』は
   導入前~導入後の【3大課題】を解決!『導入~育成まで完全フルサポート』いたします! ◆◇◆

【1】元となるQAデータを社内で持ち合わせていない
【2】シナリオを作成する時間や人手、知識が足りない
【3】導入、メンテナンスにかかる費用面で手が出ない

■M³(エムキューブ)は導入から育成までフルサポート、「使えるチャットボット」へ育てます
 まずはどういったことでお悩みか担当までお気軽にご相談ください!
 お悩みに応じたプラットホームをご提案いたします。
■毎月の会話データを分析し、CVへ導くシナリオへブラッシュアップ
 会話をデザインするプロ集団がデータ解析を行い、毎月レポーティングいたします。


詳しくは、サービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
まずはお気軽に資料ダウンロード&お問い合わせください!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

コロナウィルス感染拡大の影響により、
ウェディング業界もWEB相談会やオンラインでの結婚式など
今までとは違うアプローチや対応が求められています。

・コロナ時代でも結婚式が行えるプランを作ったのでアピールしたい
・感染症予防対策を行っているが、なかなか知ってもらえない
・コロナに対応した新しいプランの説明をする機会がもっと欲しい
  ・・・etc…
式場担当者様のお悩みに応える〈コロナ時代に負けない結婚式〉チャットボット!

コロナ時代の結婚式に不安を抱えているカップルの疑問や不安を解消し、
来場予約やプランナーへの相談へ繋ぐ役割をチャットボットが果たします。

【なぜチャットボットなのか】
①お客様の「知りたい」に24時間、即座に回答
②チャットボットからそのまま見学予約(WEB相談予約)可能


【①お客様の「知りたい」に24時間、即座に回答】
〈不安や疑問を解消することに特化しているツールはチャットボット〉
チャットボットの得意分野は「社内問合せ」や「社外向けFAQ」
▶つまり「疑問を解消させる」ツールとして実績があります。

また、参列者サイドのお声として、列席にあたり事前案内などを通じた
安全面の不安払しょくを望んでいる方が7割を占めるというデータもあり、
不安払しょくに対するアプローチの新しい手段としてもチャットボットは有効です。

【②見学予約(WEB相談予約)可能】
〈チャットボットが必要な情報を事前に収集〉
聞き返しや絞り込みが可能なため、結婚式のプランやドレスを
お客様の好みを会話形式(選択式も可)でご提案し、気に入ったプランやドレスがあれば
即座に来館、またはWEB相談の予約を入れることができるようにする、など
アイデア次第でチャットボットは様々な役割を担うことができます。
もちろん、大事な局面では即座に有人対応に切り替えることも可能!
既存の予約システムとともにチャネルを増やすことが可能となります。

HP等へお越しいただいたお客様が気軽に不安を解消し、
希望を伝えられるチャットボットを設置することで
プランナーへつなげるチャネルの一つとしてチャットボットをご活用ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

LINE@統合後の新料金プランに伴う従量課金の対策、LINEBOTを上手に使っておトクに賢く!
「配信数を抑えつつ、今より効果の高いメッセージを送って効率的に売上を獲得する」
チャットボットをご提供します!

●エムキューブチャットボットサービスの特徴
【①LINE1:1トーク共有管理ツール(オプション)】
従量課金の心配ない1:1トーク共有管理ツールで、問合せ数・成約数アップ!
 ★1:1トークを複数人で共有管理できる
 ★24時間365日休みなくチャットボットが即時返信
 ★カルーセルで見込み客からの返信率アップ
 ★トーク開始前でも1:1トークを送れる
 ★唯一の専用アプリ!PCでもスマホでも楽々できる
 ★セグメント配信できるので追客・掘り起こしできる

【②会話データを毎月レポート】
チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブは
「会話をデザインするプロ集団」、会話データ作成~分析~精査までサポート!
レポート内容には、前月で回答できなかった内容に対する追加提案や、
利用状況に応じて回答の統合や削除提案が含まれます。
提案内容を基にご検討いただき、メンテンナンスを行ないます。

【③回答精度の向上】
レポーティング結果をもとに「根拠のある」導線設計と
学習データのチューニングを実行し、回答精度もアップします!


詳細はサービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

【〈お客様対応〉でこんな課題はございませんか?】

■顧客対応コストが大きい
■すぐ返信できずにお客様を逃している
■自動応答と有人対応を同時に使えない
■担当者と顧客のやり取りの管理が難しい
■スタッフ間の情報共有ができない

そのお悩みは「チャットボット」で解決できます!
よくある質問にはチャットボット、複雑な案件には有人対応にスムーズに切り替え!
担当者設定・ステータス管理・ラベル付与・テンプレート管理・通知設定・社内コメント・顧客情報管理など、スタッフが何人でも・大量のメッセージも、ラクラク対応できる「仕組み」があるためLINE公式アカウントの運用にも最適です!


顧客視点で考えると、お問い合わせをわざわざwebフォームやメール・電話で行うのは大変…
チャットボットで気軽に行えることで顧客満足度も向上し、売り上げUPにつながります!!

御社のお悩みに合わせたチャットボットタイプ、シナリオまで
チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』が
ご提案・導入・メンテナンスまで一括でお引き受けいたします。

「すでにチャットボットを導入している」企業様も正答率向上などの
メンテナンスや学習データの作成など承りますのでお気軽にお問い合わせください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

カスタマーサポート・社内問合せのチャネルとして
企業に認知が進み普及が広がっているチャットボット。
このチャットボットの活用ニーズがこれまで以上に高まっています。

【社内問合せの増加】
企業ではテレワークにともなって、社員から管理部門への問い合わせも増加の傾向があります。
パソコンの操作方法、経理清算についてなど同じ問合わせに対し、
担当者は何度もその回答に相当な労力と時間を割かざるを得ませんでした。

【オペレーターの人材不足】
コールセンターなどではオペレーター不足から電話が繋がりにくい状況が多く存在します。
オペレーターの業務内容はユーザーからの問合わせだけでなく、
クレーム対応や製品・サービスの紹介など多岐にわたるため、
人手不足に陥ると一人ひとりのオペレーターの負担がより増してしまいます。

◆◇◆その課題、チャットボットで解決しませんか??◆◇◆
ウェブ上での企業とユーザーの接点としてWebサイト、
アプリに次ぐ第三の接点として注目されているチャットボット。
自動 / 半自動で稼働するチャットボットは、問合せ対応における人手不足の問題の解消や、
WEB接客手段として顧客接点を増やすなど、様々な効果を提供しています。
新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や在宅勤務という勤務スタイルの変更に伴い
チャットボット活用の動きはますます高まり、その勢いは衰えを知りません。

◇◆チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』は
  『導入~育成まで完全フルサポート』いたします! ◆◇
【1】元となるQAデータを社内で持ち合わせていない
【2】シナリオを作成する時間や人手、知識が足りない
【3】導入、メンテナンスにかかる費用面で手が出ない

■M³は導入から育成までフルサポート、「使えるチャットボット」へ育てます
 お求めやすい価格で導入前~運用までフルサポート。まずはどういった点でお悩みか
 担当までお気軽にご相談ください。お悩みに応じたプラットホームをご提案いたします。
■毎月の会話データを分析し、CVへ導くシナリオへブラッシュアップ
 会話をデザインするプロ集団がデータ解析を行い、毎月レポーティングいたします。

詳しくは、サービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
まずはお気軽に資料ダウンロード&お問い合わせください!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

■チャットボットがもたらすサイレントカスタマーとのエンゲージメント強化効果■
チャットボットと聞くと「コールを減らす」「人材削減」など、生産性向上にばかり焦点が当たりがちですが、近年では顧客満足やロイヤルティを高めるカスタマーエクスペリエンスを提供する手段、あるいはコンタクトが難しかったサイレントカスタマーとのエンゲージメント強化策として注目されています。

■サイレントカスタマーの声は利益をもたらすチャンス!■
一説によるとサイレントカスタマーの割合は、およそ9割にもおよぶといわれています。サイレントクレームを拾い上げることが出来れば、その後の対応次第で再購入率をあげ、リピーターを増やす事ができます。

■クレームを解消すると再購入率80%以上!!■
アメリカのジョン・グッドマン氏が苦情処理と再購入決定率の相関関係を計量化した結果と、口コミの波及効果を測定した結果をまとめたグッドマンの第一法則によると、クレームの申し立てを行なったお客様の中で、その解決が迅速で満足につながった場合は、82%のお客様が再購入をしているというのです。 すなわち、お客様の苦情に速やかに対応し足した結果が得られた場合は、そのお客様はリピーターになってくださることを示しています。

■的確な対応をするチャットボットなら、このチャンスを逃しません■
チャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』は毎月の会話データを分析し、CVへ導くシナリオへブラッシュアップ!
会話をデザインするプロ集団がデータ解析を行い、毎月レポーティングいたします。
どのチャットボットツールをご利用でも、エムキューブならユーザーの細かなご意見まで拾い集めることが出来ます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

エムキューブはチャットボット導入を検討している企業様に対しピッタリなツールをご提案するところから初期構築~レポーティング~メンテナンスまでワンストップでうけたまわるサービスです。

チャットボットは、きちんと準備をすれば問い合わせ対応の業務負担の削減や業務効率化だけでなく、新たな接客サービスとしても非常に効果的で業績向上のための有効な手段となるツールです。

■リソースが取れない
■どこから手を付けていいかわからない
■どのツールを使えばいいかわからない
■いろいろなツールと比較検討したい
■導入から運用まで任せたい

一つでも当てはまる項目があればチャットボットコンサルティングサービス『エムキューブ』にお任せください。

すでに導入しているが、うまく活用できていない企業様に対しても、何が問題かを洗い出し、問題解決のお手伝いをいたします。
■効果がイマイチわからない
■メンテナンスまで手が回らない
■チャットボットを使いこなせていない
■誤回答が多い
■CVが上がらない

そんな企業様もぜひご相談ください。チャットボットに精通したスタッフが担当させていただきます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

2020年は、新型コロナウィルス感染拡大をきっかけに在宅勤務やリモートワーク・テレワークが急速に広がりました。
2021年もテレワーク継続を宣言している企業も多く、宣言をしている企業の方が転職希望者の応募が多くなっている傾向があるようです。この傾向から察するに、今後もテレワークを充実させる動きは変わらないと思われます。

そのような流れの中で問題になっているのが、「社内問合せの増加」です。
フルリモートや出社日数が少ない社員の
「社内ルールや規定の確認をどこにしていいかわからない」
「部署に確認のメールをしても返信がすぐにもらえない」

また、対応する側の
「同じような質問が大量に来てしまう」
「【よくある質問】を設置しても確認してもらえない」

そんなお悩みをチャットボットが解決いたします。


◆◇◆その課題、チャットボットで解決します◆◇◆

ウェブ上での企業とユーザーの接点としてWebサイト、アプリに次ぐ第三の接点として注目されているチャットボット。
自動 / 半自動で稼働してくれるチャットボットは、問題解決までの時間を短縮し、ユーザー自身で問題を解決する糸口になります。
また問合せ対応業務の負担軽減、人手不足の問題の解消、WEB接客手段として顧客接点を増やすなど、様々な効果を提供しています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

導入から運用までしっかり対応!【使えるチャットボット】へ育てます。
>>>Point1:会話データから顧客の傾向や課題を活用
>>>Point2:データ・シナリオ作成や毎月のメンテナンスを弊社にて対応
>>>Point3:顧客の問合せニーズに人件費をかけずに対応可能

■導入時の課題と解決策
「チャットボット対応できる時間がない、人材がいない…」
 ▶QAデータの作成をサポートいたします!
 ▶回答精度向上やシナリオ修正、回答追加など運用もお任せください!
「導入に係る費用が高すぎる」
 ▶初期費用や運用費もリーズナブルにご提供いたします!

■エムキューブの特徴
【①LINE1:1トーク共有管理ツール(オプション)】
従量課金の心配ない1:1トーク共有管理ツールで、問合せ数・成約数アップ!
 ★1:1トークを複数人で共有管理できる
 ★24時間365日休みなくチャットボットが即時返信
 ★カルーセルで見込み客からの返信率アップ
 ★トーク開始前でも1:1トークを送れる
 ★唯一の専用アプリ!PCでもスマホでも楽々できる
 ★セグメント配信できるので追客・掘り起こしできる

【②会話データを毎月レポート】
エムキューブは「会話をデザインするプロ集団」、会話データ作成~分析~精査までサポート!
レポート内容には、前月で回答できなかった内容に対する追加提案や、利用状況に応じて統合、削除提案が含まれます。
提案内容を基にご検討いただき、メンテンナンスを行ないます。

【③回答精度の向上】
レポーティング結果をもとに「根拠のある」導線設計と学習データのチューニングを実行し、回答精度もアップします!

詳細はサービスサイトでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

新型コロナウイルスの流行により、多様な働き方が浸透してきました。
その中で、これまで以上にチャットボットへの注目も高まっています。

一方で、チャットボットの導入後、
●質問をしても「よく分かりません」と言われるばかりで全然解決しない(回答精度が上がらない)
●回答内容が古くて、利用できない
●新しい規則やシステムが導入されたのに、それに関するFAQが追加されていないから使えない
●チャットボットの利用数が伸びず、対応工数が減らない
●思った以上に運用する時間が必要だった。でもその時間を捻出できない
こうした声も度々聞かれます。

AIチャットボットを成功に導くか否かは、【メンテナンス】によって大きく変わります。
実は、公開した直後の回答精度は良くて【60%程度】という状況です。
作成者が想定していない質問が入力されることが主な要因であり、公開前にそれらをすべて網羅することは現実的に困難です。

使えるAIチャットボットにするには、【公開後ユーザーから多くの質問をしてもらい、それを基にチューニングを行うこと】【公開から3か月後に回答精度80%を目指すこと】が重要です。

AIチャットボットは自動で賢くなりません。
人の目と手でメンテナンスをする必要があります。
どのようなメンテナンスをすれば回答精度が高いAIチャットボットになるのか、本資料でご案内します。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/23

チャットボットの導入後、「チャットボットの利用数が伸びず、対応工数が減らない」という声が度々聞かれます。

利用率を上げるためには、まず認知度を上げる必要があります。
弊社クライアント様の利用状況を調査した結果、チャットボット導入の認知度を上げることで、月間利用件数が平均230件から380件へと【165%UP】し、利用件数向上に貢献することができました。
また、知ってもらうだけではなく使い続けてもらい利用者の口コミなどから広めてもらうことで、一時的ではなく継続的利用につなげていくことが期待できます

どのようにすればお客様に使ってもらえるチャットボットになるのか、本資料でご案内します。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

資料掲載について メディアレーダー
特別割引

めでぃぱす

クラウドレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
▲ page top