国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,114件  会員数89,456人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2021年06月25日 更新日:2022年05月06日

LINE広告の効果は?費用や運用のコツを紹介!

 LINE広告運用の効果は?費用形態やコツを一挙公開 LINE広告の効果は?費用形態やコツを一挙公開

1.LINE広告の運用について

LINEとは、MAU(月間アクティブユーザー)数が8,800万人にのぼる国内最大級のSNSで、広告配信媒体としても活用されていますそんなLINE広告運用では、膨大なターゲティングデータが利用可能なことから幅広いリーチやアカウント獲得などの効果が期待できます。特にライン広告運用ではクリエイティブの制作が重要視されており、画像や動画の演出にこだわることで成果が出しやすくなると言われています。

下記リンク内記事では、そんなLINE広告全般に関する内容について詳しく解説しています。興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

【関連記事】LINE広告とは?種類や費用、ターゲティング設定と媒体資料まとめ

目次

2.LINE広告の運用代行サービス一覧

また、このページではLINE広告運用に関する媒体資料についてまとめました。各資料無料でダウンロードできますのでぜひダウンロードの上ご活用ください。

【運用経験7年のWeb広告運用者が語る】LINE広告運用ノウハウ公開① | 日辰広告株式会社

【運用経験7年のWeb広告運用者が語る】LINE広告運用ノウハウ公開①

LINE広告の運用ノウハウを公開します。
今回は、「カスタマーマッチ 編」です。

リタゲ配信で限界が見えてきた際に、既存の顧客情報を元に広告配信する方法についてご紹介しています。


【サービス概要】
日辰広告は、Web広告は手段の一つに過ぎないと捉えており、Web広告運用に限らず、
アクセス解析やSEOなど様々な手段で、貴社の利益に貢献したいと考えています。

■取り扱い媒体一覧
・リスティング広告(Google、Yahoo)
・ディスプレイ広告(Google、Yahoo)
・ショッピング広告(Google、Criteo)
・動画広告(YouTubeバンパー広告、TrueView、インストリーム広告)
・SNS広告(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、LinkedIn)
・ネイティブ広告(Outbrain、logly、logicad、PopIn、bypass)

■ご提供サービス一覧
・Web広告運用代行
・BIツール導入(Googleデータポータル、Power BI、タブロー、Tableau)
・アクセス解析(Google Analytics、Adobe Analytics)
・タグマネジメント(Googleタグマネジャー、Yahooタグマネジャー)
・SEO対策
・SNSアカウント運用(Instagram、Twitter、Facebook、LINEのアカウント運用)

【LINE】費用対効果の高いアカウント運用に向けて戦略・投稿・分析を全面サポート | サムライト株式会社

【LINE】費用対効果の高いアカウント運用に向けて戦略・投稿・分析を全面サポート

【サービス概要】
「LINE(ライン)公式アカウントの効果的な運用方法が分からない」
「料金体系が従量課金制になったので、メッセージ通数を減らしつつ成果をあげたい」
「社内リソースが限られているため、運用全般を委託したい」
といった課題を解決する
LINE公式アカウント運用支援サービスです。


【サービスの特徴】
各種ソーシャルメディアを知り尽くした専門部署がプロジェクトごとにチームを組み、
精緻な初期戦略からクリエイティブ制作、効果測定・分析まで手厚くサポートいたします。
・チャットボットを活用したユーザーアンケートを通してユーザーデータを蓄積
・蓄積したデータを元に、ユーザーごとに最適なメッセージを配信
・約500社以上のプロモーション支援実績
・自社開発サービスによるプラスアルファのご提供
・クリエイターによる投稿素材の制作
・SNSプロモーション全般に精通した企画力


【アカウント運用の目的一例】
LINEの特徴を生かしながら、マーケティング目的に応じたアカウント運用を実現いたします。
・ブランディング
・ファンとのエンゲージメント強化
・コミュニティ形成
・プロモーションキャンペーン
・イベント告知・集客 等
※キャンペーンやLINE広告運用も併せてご相談いただけます!


国内MAU8,200万という圧倒的なユーザー規模を誇り、
ファンとの双方向の1to1コミュニケーションが強みのLINE。
コンテンツマーケティング領域で幅広い支援実績を持つサムライト独自のノウハウを活用し、
貴社の課題や目的に応じた最適な運用をご提案いたします。
ぜひお気軽にご相談ください!

【SNS集客】LINE広告はじめてガイド! | 株式会社カルテットコミュニケーションズ

【SNS集客】LINE広告はじめてガイド!

【SNS広告のなかでもLINE広告に特化した資料です!】
WebマーケティングやWeb広告でWeb集客したい方、リスティング広告やSNS広告について知りたい方向けに作成しています

本資料は、LINE広告に興味はあるけど、どういうものかよくわからない・・・
という方に向けた資料です。LINE広告の特徴から可能なターゲティング設定、費用に関してなどを解説しています。

株式会社カルテットコミュニケーションズは、リスティング広告の運用代行を専門に、1,000業種以上の企業様を支援してきました。特に数万円~数百万という、低予算~中予算帯での運用に定評があり、全国の中小企業のWeb集客を支援することを目的に活動しております。自社出稿を含む多くの過去実績から、中小企業の集客にはリスティング広告が最適であると考えており、導入を支援・推奨しています。リスティング広告と併せてSNS広告を利用したいという需要も近年増加しており、多くの実績を重ねてまいりました。

【資料構成】
・LINE広告とは
・可能なターゲティング
・かかる費用や課金形態
・相性のよい商材
・配信する上で気をつけるべきこと

SNS広告、とりわけLINE広告について知りたい方・Web集客に興味を持たれている方は、是非ダウンロードしてご活用下さい。

【BtoC向け】お客さま獲得施策「LINE広告×LINE公式アカウント」 | Micoworks株式会社

【BtoC向け】お客さま獲得施策「LINE広告×LINE公式アカウント」

LINE広告とLINE公式アカウントを組み合わせて実施することで
お客さま獲得にシナジーがあるのをご存知ですか?
従来の施策よりも離脱率も少なく、費用を抑えることができます。
その理由や実際に行う際のイメージなどまとめました。

▼ こんな方におすすめ!
・ LINE公式アカウントの利用を検討もしくは利用している
・ LINE広告の利用を検討もしくは利用している
・ お客さま獲得で従来の施策がうまくいっていない

LINE広告×LINE公式アカウントのシナジーについて知りたい方は、是非ダウンロードしてご活用下さい。

■資料のポイント
・新規お客様獲得の施策として効果的な理由
・LINE広告×LINE公式アカウントの費用
・新規お客様獲得の具体的なイメージ
・事例
・Appendix-友だち追加広告について

詳細は資料をご覧ください。



※重ねてのお願い※

広告代理店様の本資料DLはNGです。
代理販売不可のサービスです。

広告代理店様や代理販売ご希望の方から情報収集目的でDLがございますが、本サービスは【事業会社】様が対象となります。
代理店の方々はDLをお控いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

【大学/文理/学年/性別まで指定可能】LINE広告で新卒採用を成功させるノウハウ | 株式会社イオレ

【大学/文理/学年/性別まで指定可能】LINE広告で新卒採用を成功させるノウハウ

新卒採用関係者様必見!
ご好評いただいておりました「LINE広告で新卒採用を成功させるノウハウ」ホワイトペーパーについて、メイン事例を23卒のインターン採用事例(早期母集団形成事例)に最新化し、再リリースさせていただきます!

【ホワイトペーパー概要】
2022年卒の求人倍率は、新型コロナウィルスの影響で2020年以前よりは下がったものの1.5倍台を維持しており、底堅い結果となっています。
採用マーケットは引き続き『売り手市場』となっており、多くの企業様が「母集団の形成」や「採用重点層の獲得」「学生への早期接触」など、さまざまな課題に直面しています。

こうした市場環境を踏まえ、新卒採用活動の課題解決に向けて、企業の採用計画にマッチする施策が求められます。

ホワイトペーパー「LINE広告で新卒採用を成功させるノウハウ」では、株式会社イオレが運営するpinpoint DMPを活用し、理系×指定大学の母集団形成を実現した採用ノウハウをまとめております。

―目次―
01.新卒採⽤市場について
・新卒求人倍率の最新状況
・就職内定率の推移
02.⺟集団形成を実現した採⽤事例
・新卒採用における企業の課題
・エントリー獲得に成功した3つのポイント【23卒最新事例】
03.独⾃の⼤学⽣データを活⽤した広告配信サービスについて
・pinpointとは
・その他採⽤事例

LINE、Instagram、FacebookなどのSNS広告で、企業の認知拡大、ブランディング、新卒採用プロモーションを行いませんか?
学歴や卒年度の指定だけでなく、バナーや動画広告も一気通貫で作成可能!若い世代(Z世代)に人気のYouTube・TikTokなどにも対応しております。
DSP、アドネットワーク、SNS広告に興味のある企業様もぜひダウンロードください。


━━━━━━━━━━
▼関連資料
━━━━━━━━━━
コロナ禍の大学生を徹底調査!SNS利用に関するアンケート結果2021
https://media-radar.jp/detail17520.html

【23卒採用】独自の大学生データで狙いたい就活生にリーチ!新卒ターゲティング広告
https://media-radar.jp/detail16401.html

LINE 友達を圧倒的低単価で「hachidori LINE広告」 | hachidori株式会社

LINE 友達を圧倒的低単価で「hachidori LINE広告」

友だち追加課金型のLINE広告の運用代行サービスです。
初回接触からナーチャリング、CRMまでを一気通貫で行える唯一のプラットフォームであるLINEを活用し、CPA数百円台でユーザー獲得から支援させていただきます。
弊社が国産初のチャットボットベンダーでもありますため、LINEにてユーザーとの自動対話設定などまでフォローさせていただくことが可能です。

※友達追加課金型以外の通常の広告メニューも取り扱っており、月額数百万の運用実績もございます。詳細はお問い合わせください。

検索広告、SNS広告、LINE広告、YouTube広告のレポートを自動化 | アジト株式会社

検索広告、SNS広告、LINE広告、YouTube広告のレポートを自動化

Databeat Exploreは、データ・ドリブン・マーケティングの実現に向けて課題であった、データの抽出・更新・集計・可視化を自動化するMarketing Data Platformです。マーケター自らが、見たい時に見たいデータを可視化・分析することができます。

▼サービスの特徴
・データを常に最新の状態で保持
・収集したデータは整形した状態で蓄積
・必要な場所に必要なデータを出力
・データ出力に必要なカスタムSQLをGUIで自動生成
・静的レポートだけではない、動的なレポート、アドホック分析が可能
・広告データとアクセス解析データを統合
・データウェアハウスによるデータ活用の柔軟性と拡張性を保持

▼連携広告メディア(2021年7月時点)
・Google 広告
・Yahoo!広告
・Facebook広告
・Instagram広告
・Twitter広告
・LINE広告
・TikTok広告
・SmartNews広告
・Gunosy広告
・Taboola
・Criteo
・Logicad
・ADMARRIX DSP
・Red
・ScaleOut
・Zucks Ad Network
・Bypass
・cinarra

▼導入事例
・事例1:Google データポータル、Tableauと連携し、MI(マーケティングインテリジェンス)ツールとしてデータの可視化、分析に活用。
・事例2:Google スプレッドシートにデータを出力し、日々の広告進捗管理として活用。
・事例3:Google アナリティクスに広告データを自動インポートし、Google アナリティクスベースでの広告の効果検証を実現。
・事例4:全社の広告売上や利益のデータをダッシュボード化し、社内共有に活用。
・事例5:定型レポートやカスタマイズレポートをExcelに出力し、レポート作成の自動化を実現。

LINE広告運用のメリットや特徴とは?【代理店DL不可】 | 株式会社ギャプライズ

LINE広告運用のメリットや特徴とは?【代理店DL不可】

LINEは現代の生活において欠かせなくなっているコミュニケーションツールで、月間アクティブユーザーは8800万人にも達しています。

LINEや関連サービスに広告掲載ができるLINE広告は、BtoC商材の獲得に適した広告媒体といえます。

本資料では、LINE広告の強みや特徴をご紹介いたします。

【少額から、相談でもOK】LINE広告の導入30社で確立した手法で運用を行います | 日辰広告株式会社

【少額から、相談でもOK】LINE広告の導入30社で確立した手法で運用を行います

LINE広告は、その名前の通り、SNSコミュニケーションアプリ「LINE」上に掲載するプロモーション手法で、主にスマホなどで掲載できます。
お客様のウェブサイトにLINEユーザーを誘導し、購入・問い合わせなど様々なアクションを促すことができます。

導入30社で確立した効果的な手法で運用致します。

【サービス概要】
日辰広告は、Web広告は手段の一つに過ぎないと捉えており、Web広告運用に限らず、
アクセス解析やSEOなど様々な手段で、貴社の利益に貢献したいと考えています。

■取り扱い媒体一覧
・リスティング広告(Google、Yahoo)
・ディスプレイ広告(Google、Yahoo)
・ショッピング広告(Google、Criteo)
・動画広告(YouTubeバンパー広告、TrueView、インストリーム広告)
・SNS広告(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、LinkedIn)
・ネイティブ広告(Outbrain、logly、logicad、PopIn、bypass)

■ご提供サービス一覧
・Web広告運用代行
・BIツール導入(Googleデータポータル、Power BI、タブロー、Tableau)
・アクセス解析(Google Analytics、Adobe Analytics)
・タグマネジメント(Googleタグマネジャー、Yahooタグマネジャー)
・SEO対策
・SNSアカウント運用(Instagram、Twitter、Facebook、LINEのアカウント運用)

3.ライン広告運用における効果

ここではLINE広告を運用することで得られる効果についてご紹介します。

3-1.他の媒体で接触できないユーザーにリーチできる

LINEは8,800万人のMAU(Monthly Active Users/月間アクティブユーザー)を持つプラットフォームで、この母数は日本で人気の高いSNSをはるかに上回る数字です。またLINEユーザーは、メッセージのやり取りという生活基盤に基づく目的でアプリを利用するため、その他SNSは全く使っていなくてもLINEだけは毎日使用するというケースが多々あります。そのため、InstagramやFacebookなどではリーチができない層に対しても接触を試みることができます。広告を活用していく上で、その他SNSと併用して運用を行うことで、さらに幅広いリーチを獲得することができます。

3-2.ターゲティング精度が高い

LINEは膨大なユーザーデータを抱えており、そのデータをベースにしたターゲティング性能に定評があります。LINE上では「オーディエンスデータ」と呼ばれますが、このオーディエンスデータは地域や年齢、性別をはじめ、OSや興味関心、行動パターン、属性などの詳細なデータをもとに詳細なセグメントすることができます。

4.LINE広告運用のコツ

LINE広告の効果を踏まえた上で、実際の運用に関わる具体的なコツについてご紹介します。

4-1.目標を定め、PDCAをしっかり回す

基本的なことですが、KPIを適切な数値に設定してPDCAサイクルを回していくことはLINE広告運用において極めて重要です。Google Analyticsなどを活用し、設定目標値が高すぎないか、離脱率はどのくらいかなどの情報を定期的に収集し、改善に回していく作業をルーティーン化しましょう。効率よく広告費を使っていくためにも、初回から大口の入札をするのではなく少額からテストし、運用の中で適切なKPIを導き出しましょう。

4-2.LINE広告ネットワークを活用する

LINE広告ネットワーク(旧:LINE Ads Platform for Publishers)とはLINEが持つアドネットワークで、LINEニュースをはじめとしたLINE独自のサービス面、そしてLINE外の3rd PartyであるAbemaTVやDELISH KITCHENなどにも広告配信を行います。LINEのターゲティング機能を搭載したネットワークであるため更なるリーチの拡大を見込むことができ、またその配分効率の良さから通常のLINE広告よりも入札単価を割安にできる可能性があります。またこのサービスはLINE広告の一つとして活用が可能であるため、LINE広告と上手く併用しながら運用していくことで最適な広告運用方法を発見することができます。

4-3.クリエイティブの運用を怠らない

LINE広告ではターゲットのセグメントに合わせ、勝ちパターンに沿って継続的にクリエイティブの差し替えを行っていくことで大きな成果を出すことができます。LINE広告ではクリエイティブの良し悪しによって効果に差が出る割合が高く、多くの企業が運用のリソースをここに割く傾向にあります。 具体的な運用の進め方としては、親しみの持てるイメージ画像やプロ仕様で撮影された写真、動画などを用いて結果が出るまで配信し、反応の良いパターンを見つけ出した後にオリジナルの「勝ちパターン」に沿ったクリエイティブを定期更新していきます。この勝ちパターンを見つけるまでは、テキストなども含め様々な視点から制作、配信を繰り返し、根気強く施策を打っていく必要があります。

5.LINE広告の運用費用形態

LINE広告の課金方式は主に「CPC」「CPM」の2つです。

5-1.CPC課金

CPC課金とはCost Per Clickの略で、1クリックごとに料金が発生する仕組みのことを指します。静止画で配信された広告に適応され、興味を持ったユーザーにのみ料金が発生するため費用消費効率がいい点にメリットがあります。しかし競合が多いとクリック単価が上がるため、場合によっては料金が割高になる可能性もあることから注意が必要です。

5-2.CPM課金

CPM課金とはCost Per Milleの略で、LINE広告では特に1,000インプレッションごとに課金される形式のことを指します。CPM課金は動画で配信された広告に適応され、CPC課金の広告に比べてより多くのユーザーに広告を見てもらえる点にメリットがあります。ただ同時に、ユーザーのアクションが動画を視聴するだけに留まりクリックには至らないという確率も高いため、遷移先リンクへの集客効果がクリック課金より薄れることも少なくありません。動画クリエイティブで良質なクリックを増やすためには、その分手の込んだクリエイティブの制作にリソースを割く必要があります。

ライタープロフィール

メディアレーダー 運営事務局株式会社アイズ
国内No.1媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」を運営中。
「めでぃつぶ」では、広告業界の方、マーケター必見のマーケティング知識・ノウハウを発信しています。

公式Twitter:@mediaradar_jp
中の人Twitter:@mediaradar_
TEL:03-6427-6331
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録

めでぃぱす

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る