国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,787件  会員数96,701人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2022年09月29日 更新日:2022年09月29日

BtoBマーケティングで動画を活用!動画活用事例をご紹介!

BtoBマーケティングで動画を活用!動画活用事例をご紹介!BtoBマーケティングで動画を活用!動画活用事例をご紹介!

動画を活用したBtoBマーケティングとは?

  新型コロナウイルスの感染拡大にともない、多くの企業が対面営業できなくなり、動画を活用したWebによる商談が増えています。 企業は従来のマーケティングから動画を活用した商品やサービスの販促、顧客獲得を目指し営業戦略を展開しています。 BtoBマーケティング戦略における動画の特徴は、テキストや静止画と違い、内容が伝わりやすく記憶に強く残るという点です。 また、動画はSNSなど二次的利用が可能であることから企業自らマーケティングするよりも大きな成果が期待できる可能性があります。 ここでは動画を活用したBtoBマーケティングについて解説していきます。

BtoBマーケティングとは?

  BtoBマーケティングとは企業を相手に取引を行うための戦略や仕組みを立案し実行することをいいます。 一方、BtoCは対消費者(個人)向けに商品やサービスを提供するマーケティングです。 BtoBマーケティングは対象となる商品やサービスがBtoCに比べ、単価が高額になること、さらに介在する人が多く、成約までに時間がかかることがあげられます。 そのため決裁権を持つ担当者にコストや機能面でのメリットを客観的に示し、納得させる必要があります。

BtoBマーケティングで動画が使われる背景

  従来のBtoBマーケティングは対面形式の営業手法がとられていましたが、近年は動画を利用したマーケティングが主流になりつつあります。 BtoBマーケティングで動画が使われる背景としては、社会環境の変化が主な要因ですが、口で説明するよりは音楽やナレーションを入れることで視覚・聴覚で商品やサービスの魅力を訴求できることです。 文字ベースだけでは理解しにくい内容でも、動画になればハードルが低くなり理解しやすい点があげられます。 また、動画制作のコストが人的コストよりも低くなったことも大きな要因でしょう。 一度に多くの顧客にセールスできることは企業にとっても大きなメリットといえます。

動画を活用したBtoBマーケティングのメリット

  動画を活用したBtoBマーケティングのメリットとしては圧倒的な情報量の違いです。 対面で行われてきたBtoBビジネスでは顧客に接触するにも限界がありますが、動画であればインターネットを使い大勢の潜在的顧客にいっせいにアプローチできます。 動画はブランディングのアップや購買率にも大きな影響を及ぼすのです。 具体的に>動画を活用したBtoBマーケティングのメリットについて見ていきましょう。

多くの情報を一度に伝達できる

  動画1分で伝えられる情報量は180万語ともいわれ、短時間でこれだけの情報量が伝えられるのです。 企業の担当者に商品やサービスの情報をピンポイントでわかりやすく、しかもビジュアル的に訴求できるためその効果は計り知れません。 忙しい担当者なら、冊子やパンフレットを渡されても読まないケースもありますが、動画であれば短時間で商品内容を解説できるのでわざわざ時間をとらなくても理解してもらえる可能性はあります。

視聴者の記憶に残りやすい

  文字や音声だけで説明されるより視覚に訴えかける動画は視聴者の印象に残りやすいのが大きなメリットです。 動画には音楽やナレーションなどが含まれるため視覚・聴覚で人の記憶に残りやすくなります。 人の記憶に影響を与えるものに3Vがあげられます。「Verbal(言語)」「Vocal(聴覚)」「Visual(視覚)」の3つをいい、言語7% 聴覚l38% 視覚55%といわれています。 動画を活用したマーケティングはまさにこの3Vに最適なアプローチ方法であり、これからのマーケティングの基本になるといえるでしょう。 決裁権限のある担当者の記憶に残れば成約につながる可能性も高くなります。

属人化の解消

  販売している商品やサービスが同じでも営業の仕方によって販売率が異なるケースがあります。 動画によるマーケティングであれば人の話術や販売経験などプレゼンテーションに必要な経験不足を解消でき、どの顧客でも必要な情報を的確に伝えられます。 また、動画であれば必要な部分だけを人がフォローすれば良いので、戦略的にも効率が良くなります。 これまで営業成績が伸び悩んでいる企業も動画を活用して営業戦略を立案すれば、属人化が解消されるだけでなく人的コストも抑えられます。

情報収集のオンライン化

  インターネットが普及し、必要な情報は全てオンラインで取得できるようになりました。 企業側も情報収集には余念がなく、業者の選定を行っている企業も少なくありません。 新型コロナウイルス以降、企業側はオンラインセミナーやオンライン展示会などに参加するようになり、今後もこうした傾向は続くと予想されます。 ネット環境さえあればいつでもどこでも情報にアクセスできて、商品のスペックもある程度理解できるのです。 すでにこの段階で購入する商品を絞り込んでいる企業もあるでしょう。動画はBtoBマーケティングにおいて欠かせない手法になっています。

見込み顧客を集めやすい

  見込み顧客を集めやすいのも動画を活用したBtoBマーケティングのメリットです。 インターネットを利用すれば対面営業を何度も行う必要なく、商品やサービスを理解することができます。 企業側担当者も忙しく対面で営業する機会も限られます。 また、すでに担当者がインターネットで情報収集を終えていることも考えられ、採用方針が決まっている状態では会うことさえ意味がない場合もあるでしょう。 企業担当者のニーズに合った動画を作成し視聴してもらえば、資料請求や問い合わせにつながり、見込み客を獲得できます。 そして、相手の要望を踏まえて商談を進めれば成約につながる可能性もあるでしょう。

動画を活用したBtoBマーケティングの事例

  短時間でアピールできる動画を活用したBtoBマーケティングにはさまざまな施策があり、企業によってもそのやり方は異なります。 ここでは2つBtoBマーケティングの事例をあげておきますので参考にしてください。

動画を活用したBtoBマーケティングの事例

  オンライン展示会・Webカタログ・Web商談など営業をサポートする目的で動画を活用した老舗糊メーカーのヤマト株式会社の例を見ていきましょう。 ヤマト株式会社は、家庭や学校、オフィスで使われる文具からクラフト素材、工業用製品など接着・粘着を軸に幅広い商品を展開する製造メーカーです。 新型コロナウイルスの拡大でオンラインへのシフトが求められていたヤマト株式会社は、動画を活用してオンライン展示会や商談等の営業ツール、各種SNSで商品ごとに特徴や活用イメージ等をわかりやすく解説し、営業をサポートする態勢をとっています。 ヤマト株式会社に動画を活用したBtoBマーケティングを提案したのはアライドアーキテクツ株式会社です。 アライドアーキテクツ株式会社が提案した動画作成支援サービス「LetroStudio」は、動画をインハウス制作する企業を支援する動画制作サービスになります。 動画の様々な利用シーンに対応できる700を超える動画テンプレートと、パワポ感覚で操作可能な柔軟な編集機能の提供により、ノウハウやスキルが無くても良質な動画を量産することが可能になる画期的なツールです。 LetroStudioで作成した動画コンテンツは、商品の特徴に加え、活用イメージ等を盛り込み、わかりやすく商品情報を動画化することで、営業活動のサポートはもちろん、ヤマト製品における各種情報発信に活用しています。

動画を活用したBtoBマーケティングの事例

  クリタグループ栗田工業は、液晶や半導体を製造するために重要な「超純粋水」を精製するための水処理装置や薬品を開発している日本を代表する企業で、自社製品のブランディング動画を配信しています。 広告・プロモーションを主とする動画は前半が「水への向き合い方」をテーマにストーリー性のある動画とテロップが流れます。 後半ではどのように水を活用しているのかわかりやすく解説していきます。 栗田工業は与えられた広告枠の中で自社が得意とする水資源との関わり方を前面に押し出して、最初の数秒で興味をもってもらえるような動画を作成しました。 せっかく制作した動画もクオリティが低ければ視聴者の興味を引くことはできず、最後まで見てもらえません。 場合によっては、自社のブランドイメージを毀損しかねないのです。 栗田工業はBGMにもこだわりを持ち、視覚的だけでなく聴覚的にも自社のイメージを訴求しやすく伝えています。 栗田工業にBtoBマーケティング動画を提案したのは株式会社FUNUSUALです。 斬新なアイディアとコスパのいい動画でSNSの動画広告運用からオウンドメディア運用まで手がけ、栗田工業ではYouTubeで子どもたちに向けた水教育に関するCSRも配信しています。

BtoBマーケティングでの動画活用方法

  BtoBマーケティングのリード獲得に動画活用する方法があります。 リードとは見込み客のことで、自社商品やサービスに関心を持っている人を指します。 顧客は直面している課題解決に必要なものを購入するため、どのような課題に悩み、解決したいのか顧客の意図を理解することが求められます。 動画を活用すれば商品価値をわかりやすく訴求でき、見込み客を集めることができるのがメリットです。 具体的な動画活用方法について見ていきましょう。

動画活用方法①オウンドメディア

  オウンドメディアとはWebサイトなど自社が所有するメディアのことで、メディアを利用した情報発信になります。 オウンドメディアは見込み客のニーズを満たす情報コンテンツを蓄積することで、商品やサービスに価値を見いだした顧客が、サイトへ訪問する可能性があります。 一般にオウンドメディアを使ったマーケティングは長期投資になる傾向がありますが、高額商材を取り扱うBtoBは一度の成約で投資回収ができるメリットがあるといえるでしょう。 また、オウンドメディアを使ったマーケティングをすることで見込み客との信頼関係が構築しやすくなるのです。 自社が所有するメディアなら競合他社との差別化ができて、自社商品やサービスの優位性をアピールできます。

動画活用方法②ウェビナー

  動画を活用したBtoBマーケティングで注目されているのがウェビナーです。 セミナー、パネルディスカッション、講演や座談会など商品やサービスの視聴や解説を通して理解を深めてもらう目的で利用されています。 ウェビナーを使った動画は参加者に商品やサービスに興味を持ってもらい見込み客になってもらうことに最大のメリットがあります。 ウェビナーにはライブ配信とオンデマンド(録画配信)の2つがあり、いずれもオンラインで行われるためパソコンやスマホさえあればどこにいても参加が可能です。 最近はZoomなどのプラットフォームを活用して決まった時間に集客してセミナーを開催する企業が多く、安価で手軽にイベントが開催できるメリットがあります。 特に録画コンテンツは顧客の育成(ナーチャリング)に最適といえるでしょう。

動画活用方法③SNS

  BtoBマーケティングの動画活用方法でSNSも欠かせない手法の一つです。 SNSを使うメリットは手軽に始められ、リスクが少ない点です。SNS広告は高精度なターゲティングが可能なため、企業にとってメリットは大きいといえます。 SNS広告はさまざまなユーザーに対して配信できる「プッシュ型広告」で、ユーザーの目に止まりやすく自社の商品やサービスを認知してもらうのに適しています。 また、広告がどのようなユーザーに配信され、何回クリックされたか、何件リードを獲得できたかデータ分析できるため、データをもとにPDCAを回して改善点を見つけることができます。 SNS広告にはFacebook・Instagram・Twitter・Line・TikTokなどがあります。 BtoBマーケティングにはFacebook広告がおすすめで、ビジネス層の利用者が多いこと、カスタマーオーディエンス機能を使いコンバージョンに至った顧客に似ているユーザーをターゲットに絞ることもできます。 さらにFacebookには拡散機能があるので限られたコストで最大のパフォーマンスが期待できます。

動画活用方法④Web広告

  Web広告を活用するメリットは画像やテキストで構成されたバナー広告では伝わりにくい細かなニュアンスも伝えられるため、記憶に残りやすいといえます。 認知度アップやブランドイメージの浸透にも高い効果が期待できます。 動画広告は複雑な商材であってもその魅力をしっかり伝えられる特徴があります。また、他社との差別化を図ることもできるのでブランディングを推し進めることが可能です。 BtoB向けWeb広告は、最小のリソースでターゲットにピンポイントで営業をかけられます。 また、広告の配信先を細かく設定して商品やサービスを求める企業に対して広告が配信できるのがメリットです。 Web広告によるBtoBマーケティングは顧客がアクションを起こしてくれるため問い合わせや申し込みが入ってきます。

動画活用方法⑤展示会

  展示会での動画活用もBtoBマーケティングには必要といえるでしょう。 展示会は見込み客を獲得する絶好のチャンスでもあります。 来場者が多い展示会では限られたスタッフで顧客対応にあたるのは非常に厳しいです。 そのため動画を流せばスタッフが説明しなくても、商品に関する理解を深めてもらうことができます。 スタッフは補足的な説明だけですむため成約に至る顧客に注力できるため効率良くビジネス展開できます。 展示会での動画活用は来場者の足を止めるきっかけになります。 展示会では来場者がブースを通り過ぎるのは5秒といわれていて、限られた時間でいかに惹きつける情報量を与えられるかです。 そのためにはBGMや動きのある映像がおすすめです。

動画活用方法⑥打ち合わせ

  従来の打ち合わせで使う資料は紙ベースが主流であり、スライドなどを利用したプレゼンテーションも行われてきました。 しかし、社会情勢の変化にともない対面での打ち合わせが減っており、動画を活用したマーケティングが当たり前になりつつあります。 見込み客のところに出向かず、自社オフィスからZoomなどを利用して打ち合わせもスムーズに行えるようになりました。 また、テレワークの普及で自宅から打ち合わせなど会議に出席することも可能です。 顧客との打ち合わせやプレゼンテーションでは、2〜3分の動画を使って基本的な情報を理解してもらってから商談が始められます。 また、新規の顧客や興味ありそうな顧客へのオファーなどは、ネットに動画掲載をすることで世界中いつでもどこでもアプローチできます。

動画活用方法⑦リード獲得プラットフォーム

  BtoBマーケティングで動画を活用すればリード獲得のプラットフォームになります。 写真やテキストだけでは伝わりにくい商品やサービスの説明であっても、動画なら訴求効果は高いです。 BtoBマーケティングでは、商品やサービスを購入すればどのようなメリットがあるかわかりやすく伝えることが重要になります。 動画は商品説明だけではなく導入手順も把握しやすいのが特徴で、リード顧客なら高い関心を持ってくれるでしょう。 また、顧客側もわからないことはネットで調べることもできるため、従来のような対面営業はかえって敬遠される傾向にあります。 そして、短くて簡潔なコンテンツの動画はリード顧客からの資料請求や問い合わせにもつながる可能性があるといえるでしょう。

動画活用にあたってBtoBとBtoCの違い

  BtoBのターゲットは企業や団体であり、BtoCは一般消費者です。 BtoBの場合は企業との契約になりますから、事前に社内稟議や上司の決裁など社内の関係部署との調整に時間がかかります。 また、購入に際してコストパフォーマンス・機能性・環境面・実績などが重視されます。 一方、BtoCは一般消費者をターゲットにしますから、好きなブランドであるとかポイントサービスがあるなど付加価値があれば購入されやすくなるといえるでしょう。 特に一般消費者は口コミに敏感であり、SNSなどインフルエンサーの影響も大きく、一度人気が出れば衝動買いすることもあります。 BtoBマーケティングで意識しなければならない点は、ターゲットを明確にして動画作りをし、何をアピールして商品性を理解してもらうのかが重要になります。 企業が顧客の場合、決裁担当者に承認してもらえるアプローチが欠かせません。 BtoCの場合は、日常生活の中であれば便利、快適な生活が送れそうという期待感を抱かせるような動画作りがポイントです。 動画を見て関心を持てば、まわりの人に聞いてみたり、ネットでつぶやいたりするかもしれません。 そうした行動が連鎖することで商品購入が広がって行くのです。

BtoBマーケティングで使える動画の種類

  BtoBマーケティングで取扱商品は複雑で写真やテキストでは理解しにくいものが多いため、動画を活用すれば理解しやすく記憶に残りやすい特徴があります。 BtoBマーケティングに利用する動画はシーンによっていくつか種類があります。ここでは4つ取り上げておきます。

サービス訴求動画

  BtoBマーケティングで重要なのがリードの育成です。 そのためにはサービス内容や事例を紹介する動画で、商品やサービスの理解を促し購入を検討してもらえるかが鍵になります。 情報の発信者が受け手に与える影響は言語情報7%・聴覚情報38%・視覚情報55%であることから動画のメリットが高いことがうかがえます。 営業するにあたり簡潔にわかりやすくまとめられた動画は購入プロセスに関わる人たちに訴求効果があり、効果的なアプローチが可能です。 また、動画は競合他社との差別化がわかりやすいため自社の商品やサービスをアピールするのに最適です。 動画を活用すれば営業経験が浅い人でも自信を持って顧客にコンタクトできるので営業効率もアップします。

ブランディング動画

  ブランディング動画を作成するメリットは、自社ブランドの認知度アップ・イメージがしやすい・営業資料に最適という点です。 ブランディング動画を作成する際に注意すべきところは、顧客が企業であり、その決裁権限者に向けて何をアピールするかです。 商品を購入すればどのような効果が期待でき、コストパフォーマンスがどのように改善するのか、商品性や導入手順が動画を見てわかりやすいことが重要になってきます。 オンラインで動画を配信すれば顧客の反応をデータ化できるのでPDCAを回して、反応が薄い動画は削除または修正しましょう。 また、動画はテキストに比べブランディング力が発揮しやすいため、配信する際に親和性の高い媒体を選んで、動画を見て欲しいターゲットにピンポイントで配信することが可能です。

ツールの使い方動画

  スマホの普及とデータ通信の高速化で動画を活用したマーケティングは急拡大しています。 BtoB動画マーケティングでは、資料や対面営業では伝わりにくい複雑なシステムやサービスでも直感的に理解しやすくなります。 商品の正しい使い方が理解できれば社内決裁にかかる時間を短縮できるでしょう。 動画は商品の使い方や他社と比較したパフォーマンスが理解しやすくなるばかりでなく、導入後の業績にどのようなインパクトがあるのか視覚的に捉えられます。 例えば、クラウド型のツールなどを提供している場合、実際に操作している画面を動画化すれば、顧客はもっとイメージしやすくなります。 使い方がイメージできれば、決裁担当者や経営陣に商品価値を認知してもらえ、継続的に契約する可能性があります。

企業紹介動画

  企業紹介動画で重要なのは自社の熱意が伝わることです。 自社の事業内容やビジョン、得意とする分野など熱意を持ってわかりやすく伝えることこそが企業紹介です。 わずか数分の動画ですが、パンフレットを渡されるよりも興味を持って視聴してくれます。 短い時間だからこそ対企業と信頼関係を構築して行けそうな魅力的な動画を作成しなければなりません。 BtoCと異なり媒体にCMを流したり広告を掲載したりしにくいBtoBは、企業紹介動画を制作すれば業界内で大きな宣伝効果があります。 企業紹介動画を制作する際は、ターゲットを明確にしてピンポイントで必要な情報を提供することが重要です。 その上で自社の商材が顧客企業にどのような利益をもたらすことができるのか、短時間の動画内で理解してもらうことです。

BtoB動画マーケティングの効果計測方法

  動画マーケティングは、制作して終わりではありません。 顧客の反応をデータ分析して改善点を見つけ修正することが大切です。 例えば、YouTube広告は動画の再生回数や完全視聴率、CV率、クリック数など広告の結果が数値化できるため費用対効果を測りやすいといった特徴があります。 ここでは4つ解説していきましょう。

再生回数

  最もポピュラーな指標である再生回数について見ていきましょう。 動画再生に抵抗が少ない方には「Youtube」や「Yahoo!ディスプレイ広告」、ターゲティングをより細かく設定し、確度の高いユーザーへ発信したい場合は、「Instagram」「Twitter」「Facebook」が適しています。 動画広告課金形態は3種類あります。 ● CPM課金 ● CPV課金・CPCV課金 ● CPC課金 CMP課金は、再生回数により課金され、1000インプレッション(表示回数)に応じて課金されます。 表示回数が基準となるため、多くのユーザーに発信することを目的とした場合には効果的です。 CPV課金・CPCV課金は、動画1再生毎に課金される仕組みです。 課金されるタイミングは、Youtubeであれば30秒以上、Instagramであれば10秒以上で課金されるため費用対効果が高いのが特徴です。 CPC課金は、動画をクリックすることで課金されるため興味のあるユーザーがクリックをすることで発生します。 資料請求や問い合わせに直結しやすいといわれています。そのため動画の目的やターゲットに合わせて選ぶと良いでしょう。

クリック再生率

  クリック再生率は、ページ内容と動画の関連性を測る指標です。 動画を見て、商品やサービスに興味を持ったユーザーがさらに情報を求めるために起こす行動がクリックです。 コンバージョン率を上げるためには、いかに動画を見てもらえるかが重要であり、クリック再生率が指標になります。 クリック率を求める計算方法は、「クリック数」を「表示回数」で割った値です。 クリック率を上げるためには、広告内容や宣伝媒体、ターゲティングなどを適宜見直すことが重要です。

視聴維持率

  動画広告では「最初の5秒間が勝負」といわれ、導入部分でいかに視聴者をひきつけ、最後まで動画を見てもらえるかが完全視聴率アップのポイントです。 視聴維持率とはどれくらいまで動画を見続けたかを示す指標で、閲覧者との関係性を表すため主にKPIに用いられます。 再生して数秒で離脱するケースもあり、その結果伝えるべき内容を閲覧者に見てもらえないことがあり、視聴維持率は効果計測には重要なものとされています。 目途としては40~50%、それ以下の場合は動画を見直し、閲覧者に見てもらうタイミングやサイト内の配置、デザイン等を見直した方が良いかもしれません。

CV率

  CV率はコンバージョン率のことで動画を再生した結果、資料請求・問い合わせ・成約などに至った数値を示します。 「コンバージョン数」を「クリック数」で割った値をCV率といいます。 BtoB動画マーケティングの最終目的はCV率アップであり最終的に成約率に結び付くことです。 クリック数が高い割にCV率が低いケースは、広告内容と商品イメージに乖離がある可能性があるため見直しが必要です。 また、サイトのレイアウトやクリエイティブを見直すことでCV率アップにつながることもあります。

BtoB動画マーケティングを成功させるポイント

  BtoC向けの動画広告はこれまで多くの企業で実施してきましたが、BtoB向け商品やサービスでも積極的に実施されるようになりました。 テキストや静止画と異なり動画はイメージがわきやすく、商品やサービスを求めている企業にとっても貴重な情報源でもあるのです。 ここではBtoB動画マーケティングを成功させるポイントについて解説します。

ターゲットの明確化

  BtoB動画マーケティングを成功させるためには、動画広告の目的を明確にすることから始めましょう。 リード顧客に向けて認知を拡大するための広告か、あるいは資料請求や問い合わせなどCV率を上げるための広告かによって出稿方法が異なるからです。 インターネットが広く普及し、企業もSNSを活用するようになりました。 SNSは精度の高いターゲティングができるため、どの層をターゲットにするか明確にしなければ高い効果は得られません。 注意したい点は動画制作者と顧客の意図がずれてしまうことです。そのため動画制作はターゲット目線でなければなりません。 ペルソナを設定すれば顧客が求める情報が見えてくるため、全て洗い出しながら動画を制作しましょう。

意思決定に必要な情報を記載する

  BtoB向け動画は最終的に企業の決裁権限を持つ担当者の心に刺さる内容でなければなりません。 ユーザーの使い勝手の良さはもちろんですが、決裁権限を持つ担当者がイメージしやすい情報を提供することが欠かせないのです。 決裁者は実務を担当するとは限りませんから、デモ画面や他社製品の事例などの情報を提供することも効果的です。 競合他社の類似商品があれば、その違いや料金などを動画の中に盛り込めば決裁者の判断材料になるでしょう。 また、決裁者によっては常に情報収集を行っているケースもあり、現場担当者よりも先に商材に対して高い関心を持つこともあるのです。 こうした担当者に対してアプローチする際はコンバージョンに至る可能性が高いため、顧客が知りたいクオリティの高い情報提供がポイントになります。

ハイクオリティな動画を作成する

  BtoB動画マーケティングで重要なのは、高品質な動画を制作することです。 多くの動画が普及し、さまざまなところから企業へアプローチしてくるため、ハイクオリティな動画は記憶に残りやすく、コンペになれば最終段階まで行く可能性が高くなります。 また、動画の質が高ければ提供する商品やサービスについても品質が期待され、企業をPRする際に大変有利になるでしょう。 BtoBは個人をターゲットにするBtoCと異なり、高額な商品を購入するためPCや展示場など大画面で視聴されるのがほとんどです。 近年は、動画は実写だけでなくモーショングラフィックスを駆使し、未来感を覚えるスタイリッシュな映像が作られています。 動画制作は企業のブランドイメージにもつながるため、企画力・実績のあるプロに任せるのもひとつの方法です。

ターゲット目線で動画を作成する

  BtoBマーケティングでは多くの企業が動画を導入し、リード顧客にアプローチをしています。 BtoB動画マーケティングは、企業が発信するメッセージであり、商品やサービスの価値を認知してもらうためのものです。 そのためにはターゲット目線で動画を作成することが重要になります。 こちらから積極的にアプローチする営業方法もありますが、顧客が興味を持ち、記憶に残ることで必要なときに思い出してもらい、ターゲット自らがコンタクトしてくることが狙いです。 動画作成する際はペルソナを想定してターゲットの立場になって動画を作成することで、ターゲットが欲しい情報を得ることができます。 BtoBマーケティングにおいて動画の需要は高まっています。ビジネスチャンスを最大限活かすためにも、ターゲットにとって親和性のある動画作りが欠かせません。

BtoB向けの商材でWeb広告を配信したい企業様に!BtoB向けの広告配信事例 | 日辰広告株式会社

BtoB向けの商材でWeb広告を配信したい企業様に!BtoB向けの広告配信事例

BtoBの商材を扱っており、Web広告の出稿をご検討中の方に必要な情報をまとめた決定版資料です。
BtoB向けの企業様に活用頂ける資料になっています。

この資料を見れば、以下のことが明確になります。
・BとB商材を扱ったWeb広告の配信事例
・どのような媒体で実施しているのか
・どのくらいの成績なのか
・どのくらいの予算が適切なのか

【サービス概要】
日辰広告は、Web広告は手段の一つに過ぎないと捉えており、Web広告運用に限らず、
アクセス解析やSEOなど様々な手段で、貴社の利益に貢献したいと考えています。

■取り扱い媒体一覧
・リスティング広告(Google、Yahoo)
・ディスプレイ広告(Google、Yahoo)
・ショッピング広告(Google、Criteo)
・動画広告(YouTubeバンパー広告、TrueView、インストリーム広告)
・SNS広告(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、LinkedIn)
・ネイティブ広告(Outbrain、logly、logicad、PopIn、bypass)

■ご提供サービス一覧
・Web広告運用代行
・BIツール導入(Googleデータポータル、Power BI、タブロー、Tableau)
・アクセス解析(Google Analytics、Adobe Analytics)
・タグマネジメント(Googleタグマネジャー、Yahooタグマネジャー)
・SEO対策
・SNSアカウント運用(Instagram、Twitter、Facebook、LINEのアカウント運用)

【企業向けオンライン動画スクール】即戦力の動画担当者を養成。内製化でコスト削減! | 株式会社トーン・アップ

【企業向けオンライン動画スクール】即戦力の動画担当者を養成。内製化でコスト削減!

「TU-MS(トゥムス)」は動画制作から企画・ディレクション・運用まで、わずか3カ月間で即戦力の動画担当者を養成するオンライン動画スクールです。

ビジネスにおける動画需要が急激に高まるなか、動画制作のインハウス化を検討している企業様が増えてきています。

TU-MSでは、動画制作の第一線で活躍する経験豊富な講師陣と独自のカリキュラムをご用意。編集技術の習得はもちろん、動画マーケティングや企画、運用、SNSでの活用方法まで幅広い知識を学ぶことができます。また、講義中はチャットで随時質問も可能。チューターが即座にお答えしますので、初心者の方でも安心して受講していただけます。

動画の内製化はコストの削減につながるだけでなく、制作から運用・活用までのノウハウが社内に蓄積され、事業の可能性を広げる大きな力にもなります。動画担当者の育成は、あなたの会社にもきっと想像を超えたイノベーションを起こすはずです。

▼ こんな企業様におススメです ▼
✔ 動画マーケティングのインハウス化を進めたい
✔ SNSの動画運用コストを抑えたい
✔ 製品・サービスPRのデジタル強化を図りたい

さらに費用面では助成金取得もサポートいたします。
この機会に是非ご検討ください!

[BtoBマーケに効果的]オフィスビルで毎日見られるプライベートサイネージ | 株式会社バカン

[BtoBマーケに効果的]オフィスビルで毎日見られるプライベートサイネージ

[2022年11月]
Webマーケでは到達できない潜在層にリーチできるサイネージメディア
誰もが毎日使うトイレに広告配信できる動画メディア
プライベート空間なので周りを気にせずに情報接触されるメディアです

・毎日見られるから単純接触効果により記憶に残りやすい
・男性/女性の性別を指定した広告配信も可能です


◆配信先について
・配信先のオフィスは、厳選されたハイクラスなビルが中心。富裕層にリーチが可能です。
・配信面は5000個室、延べ500万人にリーチ可能。
・都内のファミリーマート154店舗にも配信可能。オフィスビルとの併用で複合的なプロモーションを行えます。
・トイレ内での設置型サンプリング(タッチ&トライ型プロモーション)も可能です。

◆トイレ個室デジタルサイネージについて
株式会社バカンは、AIとIoT技術で混雑の可視化を行うサービス等を展開しており、
広告配信だけでなく、サイネージの設置や運用も自社にて行っております。
すべてを一貫して管理しているからこそ、安定運用やご要望への柔軟な対応が可能です。

【商品・セミナー・広報向け】理解に特化したプロモーション解説動画制作 | 株式会社simpleshow Japan

【商品・セミナー・広報向け】理解に特化したプロモーション解説動画制作

【simpleshowが選ばれる4つのポイント】
■わかりやすい!
脳科学と心理学を基に作られており、ターゲットになる相手に短時間で簡単に理解させることが可能です。
■覚えやすい!
ナラティブ(物語)な脚本をベースにすることで、長期的な記憶を促すことが可能です。
■シンプル!
フォーマットがあるから制作がスムーズで費用も分かりやすい。
■幅広く対応!
動画だけでなく様々な解説ソリューションをご提案させていただきます。

【simpleshowの解説動画導入後の効果】
1,テキストと画像中心の商品のWEBサイトのクリック率が2週間で36%上昇
2,従来の紙資料の理解度46%が72%に上昇
3,他の動画コンテンツに比べて、視聴完了率が1.5倍に増加

【simpleshowとは】
simpleshowは「世界をもっとシンプルに」というビジョンを掲げる、ドイツ発の解説動画(Explainer Video)専門の企画制作会社です。
どんな難しいトピックでも3分で伝える解説動画を専門に制作していますが、そこで使われている解説メソッドは、脳科学・心理学をベースにして独自に開発しています。

マイクロラーニングやeラーニング、企業のPR、社内教育など、幅広い分野でソリューションを提供。
これまでに10,000本以上の解説動画を50以上の言語で制作し、世界の名だたる企業・団体の課題を解決してきました。
2008年創業のドイツ本社のほか、イギリス、スイス、ルクセンブルク、シンガポール、マレーシア、香港、アメリカ、日本に支社を有し、解説動画のリーティングカンパニーとしてグローバルに成長を続けています。

【解説動画の特徴】
皆さんは「ミラーニューロン」をご存知でしょうか?
「モノマネ細胞」とも呼ばれ、他者の行動や、その意図を理解する手助けになると考えられている神経細胞です。
ミラーニューロンのおかげで、人は新しいことを身につける時、他人の体験を見たり聞いたりするだけで、まるで自分が実際にやっているかのように脳の中で体験し、学ぶことができるのです。

simpleshowでは、動画を物語仕立てにすることで、このミラーニューロンを刺激し、伝えたいトピックが視聴者の記憶に残るように工夫しています。

【バナー広告・動画広告・LP】株式会社イオレ 広告クリエイティブ事例① | 株式会社イオレ

【バナー広告・動画広告・LP】株式会社イオレ 広告クリエイティブ事例①

イオレでは、広告配信だけでなく、企画立案~クリエイティブの制作まで一貫したプロモーション施策が可能です。

本資料は、イオレがご支援させていただいた企業様の広告クリエイティブを多数収録しています。イオレ制作のSNSバナー、動画広告、LPなどをご覧いただけます。
広告配信と合わせた動画制作、SNSバナー、LP広告制作をご希望の企業様はぜひご連絡ください。

再生回数増加!YouTubeshorts戦略の基本 | 株式会社ライアートプロモーション

再生回数増加!YouTubeshorts戦略の基本

※資料ダウンロードは広告主様限定とさせて頂いております※


【資料内容】
1.YouTube Shortsとは
2.縦動画サイトとの紹介/比較
3.伸びる仕組み・アルゴリズム推測
4.YouTube Shorts今後の展望




※※YouTube運用にお悩みのご担当者様必見※※

●YouTubeチャンネルをはじめたい
●どうやって登録者数を伸ばすの?
●目標やKPIは何処に置いたらよいの?
●動画を撮影したり編集が大変
●チャンネル運用のノウハウがわからない
●効果測定やデータ分析ができない
●いっそどこかに全部お願いしたい

▶そんなお悩みにお答えします!



【YouTubeチャンネル運用は難易度が高い】
チャンネルコンセプトを作り、毎週企画立案しながら撮影と編集を実行する。
世界観を確立し毎日コメントを確認しながらファンとのコミュニケーションを欠かさず、細かく分析して社内向けにレポート作成…
これらの複雑で幅広い業務を、社内だけでPDCAを回しながら最適化していくのは、専門の知識と高い実行力が求められるので、とても大変。
したがって、YouTubeチャンネル運用は運用経験豊富な我々に依頼するのが一番です。

【「成果の出るアカウント運用」にコミットします】
弊社の強みは、ただ運用代行するだけではなく、多くのYouTuberをゼロから立ち上げプロデュースしてきた
実績と経験やノウハウに基づいた企画立案力と分析解析が強みとなります。

また、多角的にYouTube関連事業を展開し幅広い知見を活かした成果の出るチャンネル運用。
クライアント様と寄り添い二人三脚でチャンネル運用を行い、
目的実現の為のパートナーとしてYouTubeメディアの運用をサポートいたします。

【BtoBマーケ】ビジネスタイムにアプローチ◎オフィス喫煙所サイネージBREAK | 株式会社ニューステクノロジー

【BtoBマーケ】ビジネスタイムにアプローチ◎オフィス喫煙所サイネージBREAK

THE SMOOKING ROOM VISION "BREAK"
<オフィスビルの喫煙所サイネージ>

THE SMOOKING ROOM VISION "BREAK"は、
東京23区(※)のオフィスビル内の喫煙所に設置しているデジタルサイネージです。
※一部それ以外のエリアも設置がございます。
オフィスで働くビジネスパーソンをターゲットに、喫煙所におけるブレイクタイムに適した動画広告やオリジナルコンテンツを配信します。

喫煙所という視聴環境の良い個室空間で、ユーザーに対し繰り返し音声付きで情報を届けることができます。
現在、東京都内(丸の内・銀座・渋谷・恵比寿・新宿・日本橋・六本木など)と一部地方都市(横浜・名古屋・博多)の
オフィスビル100施設以上に設置が完了しており、今後も順次拡大予定です。

★想定リーチ人数(月間) :100万人
★設置面数:154面
★設置施設数:110施設 
★設置モニター     :最大55inch
★音声配信       :音声ON
★計測方法       :AIカメラ


<広告枠メニュー>
 2022年10月-2023年3月
1ヶ月掲載
SHORT VIEW   枠数:12枠   料金:1,600,000円(税別) 
MIDDLE VIEW   枠数: 6枠   料金:3,000,000円(税別) 
LONG VIEW   枠数: 4枠   料金:4,000,000円(税別)

<ユーザー層・ターゲット>
30代から50代を中心とした喫煙者のビジネスマンに対して訴求が可能です。
ユーザーの特徴として半数以上が社内で意思決定に関与しており、経営層、決裁者にもアプローチ可能です。

年齢層:20-60代
意思決定関与比率:54.6%
年収1,000万円以上:31%
男女比:男性86.6%、女性13.4%

喫煙所内でのサンプリング施策も可能です。
※一部施設のみのため、詳細はお問い合わせくださいませ。

<主なお取引先>
BtoB企業・IT SaaS系企業・オンラインゲームメーカー

<相性の良い商材>
BtoB商材・学び系(SDGs等)・ラグジュアリー商材・金融(投資)系・飲料・消費財・旅行・エンタメ・アート・SNS・シニア向け商材・富裕層向け商材・その他(アルコール飲料/お酒、喫茶店、飲食店、モバイルゲーム等)

【BtoB/ビジネスパーソン◎】オフィス街の喫煙所「paspaサイネージ」 | 株式会社クライド

【BtoB/ビジネスパーソン◎】オフィス街の喫煙所「paspaサイネージ」

‐オフィス街のスモーキングスペースを活用したサイネージ‐
「paspaサイネージ」


■概要
paspaサイネージは、東京23区のオフィス街を中心に展開している
「paspa」というスモーキングスペースを活用したデジタルサイネージプラットフォームです。

喫煙所の利用者の約9割がオフィスで働くビジネスパーソンのため、
「喫煙者」や「ビジネスパーソン(オフィスワーカー)」をターゲットとする訴求と相性の良い広告媒体となります。
現在、東京都内で23施設(26台)の設置が完了しており、今後も順次設置の拡大を予定しております。


●想定リーチ人数(月間) :45万人
●設置施設数:23施設
●設置面数:26面
●設置モニター:43inch
●音声配信:全施設音声ON
●料金:4週間5万円~でご出稿可能
 (全施設放映プランでも4週間15万円と、トライアルしていただきやすい金額でご提供させていただいております!)


■特徴
①喫煙中のスキマ時間にアプローチ
 喫煙者の1本あたりの平均喫煙時間が4分間と言われておりますので、
 15秒~30秒の動画はもちろん、60秒以上の動画もご視聴いただけるロケーションとなります。
 (最長90秒の動画まで掲載可能)

②ビジネスパーソンにアプローチ可能
 放映時間のコアタイムが「*平日の7時~20時」となっておりますので、
 オフィスに出社しているビジネスパーソンの利用が多く、法人向けのサービスとも相性が良くなっております。
 (*施設により閉館時間が若干異なります)

③掲載開始時に近隣のオフィスビルの企業をまとめた「テナントリスト」をご提供
 ご検討段階でpaspaの各施設から徒歩1分圏内のオフィスビルをまとめた「ビルリスト」を、
 掲載開始時に上記のビルに入居している「テナントリスト」を提供致しますので、
 どのような企業の方々にリーチできている可能性があるのかをご確認いただくことが可能です。


■ユーザー・ターゲット層
・喫煙者
・オフィスワーカー
・男性多め


■相性の良い訴求内容
電子タバコデバイス、公営ギャンブル、BtoB商材、金融(投資)系、飲料系、
エチケット商材(口臭予防・口臭ケア・消臭材など)、男性向け脱毛、飲食店 etc


案件のご相談や掲載可否確認のご依頼などぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

BtoB企業様・ビジネスパーソン向け ビジネスホテル客室テレビ『おもチャンネル』 | 株式会社ABCフロンティア

BtoB企業様・ビジネスパーソン向け ビジネスホテル客室テレビ『おもチャンネル』

既存メディアではリーチが難しいビジネスパーソン(内5割以上が役職者)へのアプローチが可能!
おもチャンネルは、ビジネスホテル客室内テレビを活用した新しい広告メディアです。入室時にカードキーを挿入すると照明などと一緒に、テレビが自動で立ち上がりCMが配信される仕組みとなっています。
ビジネスホテル客室というプライベートな空間で音声付動画広告を配信することで、既存メディアではリーチが難しいビジネスパーソンへのブランド認知度や想起度向上に効果的です。また出張先のビジネスホテルという購買に直結するオケージョンで訴求できるため、高いリーセンシー効果も期待できます。広告配信効果を計測するためのブランドリフトや購買意向に関する調査も可能です。

ビジネスホテルの主な宿泊者層である『日本人ビジネスマン(特に出張者)』にリーチできます!
現在、36,000室⁺で展開しているので、月間のべ1,170,000人にリーチします。

1.客室空間の大画面テレビで音声付き動画で訴求できます
2.ユーザー属性が明確です。出張中のビジネスパーソンに訴求できます。
3.1日・1室あたり平均4回以上同一のCMが配信されます。

【富裕層向け】高年収のビジネスマンをターゲットにしたハイクオリティ動画タイアップ | 株式会社エブリー

【富裕層向け】高年収のビジネスマンをターゲットにしたハイクオリティ動画タイアップ

★ビジネスパーソン向け動画メディア 『TIMELINE』 10-12月期媒体資料 / 最新事例も掲載中!★

「知的好奇心を刺激し、人生にきっかけを届ける」がコンセプトの
ビジネスパーソン向けSNS動画メディア『TIMELINE』の媒体資料です。

合計58.4万人のSNSフォロワーに質の高いタイアップ動画コンテンツの配信が可能!
同領域で3年連続のフォロワー数No.1!!

★ 『TIMELINE』 5つの特長 ★
①ビジネス、テクノロジー、ライフスタイルなど幅広いジャンルでノウハウを生かした制作
→TVやWeb大手出身者の集まる制作チームのため、
 幅広いジャンルでハイクオリティの動画制作が可能です

②年収高め・可処分所得が多い男性ビジネスパーソンがメインユーザー
→趣味や自己投資にお金をかけるユーザー多数!
 購買にも結びつきやすいです

③制作コンテンツは永年二次利用可能
→コンテンツが資産となるため、
 動画制作して一度配信して終わり、ではない投資効果が得られます

④タレントからマイクロインフルエンサーまで幅広いキャスティング力
→自社でタレントYouTube運営、ライブ番組運営などを行なっているため
 豊富なキャスティング実績・ネットワークがあります

⑤SNSプラットフォームに強く、配信後の広告運用までサポート可能
→複数の動画メディアを運営している弊社だからこそ、
 知見を活かしタイアップ実施後のサポートまで可能です

【グノシー×PR】動画制作が無料!動画広告で若年層からシニアまで大規模リーチ | 株式会社Grill

【グノシー×PR】動画制作が無料!動画広告で若年層からシニアまで大規模リーチ

「駆けつけグノシー」は、グノシー取材班が御社にお伺いし、無料で動画制作をする新しい動画リリースサービスです。

グノシーで放送される番組「グッテレ」で御社商品をPRすることができるので、若年層(Z世代)からシニア、富裕層など様々なターゲットとなる顧客に対して、直接自社商品の情報を届けることができます!

・新しい商品やサービスの告知、プレスリリース
・既存商品のリブランディングや販売促進(販促)
・PRイベントやセミナーなどの開催
・キャンペーン情報の拡散
など、様々な販促やPRにご活用いただくことが可能です!

また、撮影・編集した動画は、二次利用が無期限で可能!しかも無料で!

通常の動画広告とは違うインフォマーシャル動画だからこそ、
御社のサービスや商品が持つ隠れた魅力を、レポーターが取材・潜入してターゲット顧客に動画で届けます!

また芸能人、SNS(TikTok、Instagram、Twitter、LINEなど)やYouTuberなどのインフルエンサーも、レポーターとしてアサインが可能です。

Gunosyの子会社「Grill」だからこそ、通常の運用型広告やアドネットワークと比べても、リーズナブルな配信コストでご利用いただくことが可能となっております。
また再生回数での成果報酬なので、安心してお取り組みいただけます!

サービス詳細に関しましては、ぜひ媒体資料をご覧ください!


----------------
■導入実績
某大手食品メーカー様
某マザーズ上場人材紹介企業様
某SaaS系ベンチャー企業様
など多数!
----------------

動画制作無料!ターゲットに直接配信!NewsTV BtoB商材向けプラン最新版 | 株式会社NewsTV

動画制作無料!ターゲットに直接配信!NewsTV BtoB商材向けプラン最新版

BtoB向け商材や事業の拡販・認知拡大にお悩みではありませんか?
5G時代に先駆けた動画広告施策で、効果的にプロモーションしませんか?
web会議だけでは伝えきれない、サービス・商品の"良さ"をポイントを絞ってアピールしませんか?

NewsTVの動画広告は、『企業』や『担当者』にターゲティングし、直接配信できます!

ポイントを絞った『"見られる"動画:ビデオリリース』で、商材・事業を効果的にアピールいただくことが可能です。
PR会社が母体の組織のため「企業がニュースリリースとして伝えたいことは何か?」と「生活者が知りたいことは何か?」を突き詰めた形でのビデオリリース化(動画化)およびターゲティング配信が強みです。

テキストで伝えることが難しい内容でも、動画ならではの方法でわかりやすく伝えます!
しかも動画制作は無料!

『ビデオリリース』とは、「企業」「商品」「サービス」に関するニュースを無料でビデオリリース化(動画コンテンツ化)し、ターゲット限定で配信するNewsTVが生み出したサービスです。
ターゲットによって配信メディアも変わりますので、よりアピールしたい商材に適した媒体で情報発信していただけます。

動画制作3,500本以上の実績から導き出した動画構成メソッドで、制作プロ集団が『見てもらえる/情報が届く』動画を無料で制作いたします!

----------------
■実績
某M&Aコンサル会社:NewsTVご実施後問い合わせ数が10倍に急増し、継続実施中!
某カード会社:インタビューを元にしたビデオリリースで与信審査通過率が既存の広告の160%以上改善!

【サービス資料】クリエイター共創型の動画マーケティング支援 | Start-X合同会社

【サービス資料】クリエイター共創型の動画マーケティング支援

「動画やインフルエンサー・SNS活用でこんなお悩みありませんか?」

多くの企業がYouTubeやをはじめとした動画プラットフォームやTikTok等のSNS運営
に乗り出している一方で、企業のSNSマーケティングには多くの落とし穴が存在します。

■よくある3つの課題
①制作費が高い
②ノウハウがない
③制作リソースがない

弊社では、上記3つの課題を解決するYouTube・TikTokをはじめとした
SNSマーケティング支援事業を展開しております。

1. 動画広告運用
2. インフルエンサーマーケティング
3. YouTubeチャンネル運用
4. TikTokアカウント運用

上記4つの領域でマーケティングの支援をしており、一気通貫で企業のSNSマーケティング・PRのサポートが可能です。今回は、その弊社サービス紹介資料となります。

SNSでは、ファンの獲得をすることが大事と考えており「ファンマーケティング」の観点からYouTubeやTikTok等の動画やSNSを活用をすることを推奨しております。

ファンマーケティングの重要性から、なぜYouTubeやTikTokなのか、またYouTubeやTikTok活用で大事な点も合わせておまとめしておりますので、

・これからYouTubeやTikTokをマーケティングに活用していきたい方
・すでにYouTubeやTikTokは実施しているが、うまく成果が出ずに悩んでいる方

は、ぜひ今回の資料をダウンロードいただき参考にしてみてください。

━━━━━━━━━━

「マッチする商材・業界」
BtoC、BtoB不問。上場企業から地方の中堅中小企業まで、多数のマーケティング成功実績を残してきております。

■実績のある業界
不動産 / 自動車販売 / アパレル / 小売・店舗 / インテリア / 家具 / 買取 / EC・通販 / ゴルフ / ホテル / 旅行代理店 / 地方自治体 / コンサル / 広告代理店 / 士業 / IT・情報通信 / ゲーム / スポーツ / 学校法人 / 専門学校 など

━━━━━━━━━━

【動画制作/広告運用プラン】安価での対応可!動画マーケティングの導入、成功事例集 | 株式会社エクスコア

【動画制作/広告運用プラン】安価での対応可!動画マーケティングの導入、成功事例集

※競合調査、および逆営業目的のダウンロードは固くお断りいたします。


『動画制作/広告運用代行サービス』とは、
"動画制作~動画広告の運用まで"をワンストップで対応できるサービスです。

近年、動画広告市場は最も成長が著しいマーケットであり、注目の集まる市場となっております。
しかし一方で、動画制作の技術が必要であったり、動画広告ならではの運用知識が必要であったりと、
導入の壁が高い商材となっていることも事実です。

弊社のサービスでは、専属担当が貴社のニーズを細かくお伺いし、
プロの動画制作担当と広告運用担当が連携し、
効果を高める動画を制作の上、広告配信を行います。

弊社はインターネットの広告代理店として2013年に創業いたしました。
創業9年目ですが、累計2,000社以上のお客様とお取引をさせていただき、
広告運用による改善率は98%を誇っております。

お客様のサービス・業種に最適なご提案をさせて頂きますので、
お気軽にお問い合わせ下さい!

BtoB企業向け ディスカバリーチャンネルの動画サービス事例集 | ディスカバリー・ジャパン合同会社

BtoB企業向け ディスカバリーチャンネルの動画サービス事例集

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
BtoB企業のブランディングのための動画(映像/番組)制作および国内外へのメディア展開事例集です。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

海外展開の強化、採用力強化のためのブランディングがBtoB企業にも求められていますが、ディスカバリーは映像制作力とメディアパワーを活かして数多くのBtoB企業のブランディング(認知度/知名度拡大)支援を実施してまいりました。その事例をご紹介いたします。

■事例集の中身
・ディスカバリーがBtoB企業に選ばれる3つの理由
・ケーススタディ
・サービスメニュー

■制作する動画の種類
・技術力に迫るBtoB企業ドキュメンタリー番組
・新商品/サービスのPRのためのプロモーション映像
・CM映像
・採用ブランディングのためのPR映像
・展示会映像
・その他

■ディスカバリーの強み
・グローバルブランド
・世界中のメディアネットワーク
・高品質な映像
・信頼性

■平均20%以上のブランドリフト効果(自社による視聴者アンケート結果)
・映像視聴後の関心度20%アップ
・映像視聴後の理解度22%アップ

■予算
1000万円~

■ディスカバリーの特徴
・クルマ、テクノロジー、サイエンス、トラベル、フード、ライフスタイルなどの豊富なジャンル
・世界220以上の国と地域で放送可能なグローバルメディア
・オリンピックやゴルフ(PGAツアー)の放映権などを持つスポーツメディア

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録

めでぃぱす

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る