国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,785件  会員数96,707人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2022年09月13日 更新日:2022年11月17日

Z世代マーケティングとは?戦略とアプローチ法を解説!

Z世代マーケティングとは?戦略とアプローチ法を解説!Z世代マーケティングとは?戦略とアプローチ法を解説!

Z世代マーケティングとは?

トレンド、技術が目まぐるしく変化していく昨今、「Z世代」をターゲットにしたマーケティングを重視する傾向が増えてきました。そもそもZ世代とは、1996年から2015年に生まれた人を意味します。Z世代マーケティングは、若年層を中心にターゲティングする手法ですが、Z世代を括ってマーケティングする意図は、大きな価値観の違いが影響しています。Z世代のように、SNSやインターネットが既に発達した環境下で育った世代に対するアプローチでは、TikTokやInstagramなどのSNSでインフルエンサー活用するなどのデジタルプロモーションが重視されるなど、購買に至るまでの手法が今までと全く異なります。
本記事では、このようなZ世代に向けたマーケティングを徹底解説します。
【出典】 「Defining generations: Where Millennials end and Generation Z begins」Pew Research Centerより ミレニアル世代とZ世代の違いとは? 米国に「iGen(スマホ世代)」が登場 1995~2012年生まれ、精神的不健康が特徴

Z世代マーケティングへの有効施策

Z世代マーケティングに役立つマーケティング資料を下記に掲載しています。 資料のダウンロードは無料で無制限に可能なので気になる資料がございましたら、是非ご活用ください。Z世代400名に聞いたSNS(IG/TW/TT/FBetc)と消費行動 | テテマーチ株式会社

Z世代400名に聞いたSNS(IG/TW/TT/FBetc)と消費行動

【Z世代~シニアまで訴求可能】中小企業の方必見!初のテレビCMにメ~テレ! | 名古屋テレビ放送株式会社

【Z世代~シニアまで訴求可能】中小企業の方必見!初のテレビCMにメ~テレ!

【Z世代へ確実にリーチ!】トレンド発信メディアNom de plume媒体資料 | 株式会社N.D.Promotion

【Z世代へ確実にリーチ!】トレンド発信メディアNom de plume媒体資料

【Z世代にPR】TBSラジオ大人気深夜番組で長尺インフォマーシャル | 株式会社TBSラジオ

【Z世代にPR】TBSラジオ大人気深夜番組で長尺インフォマーシャル

Z世代番組・レコメン×YouTuber企画『レコメン!シェアリング』 | 株式会社文化放送

Z世代番組・レコメン×YouTuber企画『レコメン!シェアリング』

【独自データ】Z世代はショート動画をどう見てる?リアルな利用実態と活用のヒント | サムライト株式会社

【独自データ】Z世代はショート動画をどう見てる?リアルな利用実態と活用のヒント

【2022年最新版】Z世代マーケティングに必要な5つのポイント | 株式会社自習ノート

【2022年最新版】Z世代マーケティングに必要な5つのポイント

【10代Zと20代Zの違い、語れますか?】最新版!Z世代マーケティング | 株式会社MERY

【10代Zと20代Zの違い、語れますか?】最新版!Z世代マーケティング

Z世代マーケティングが求められる背景

Z世代とは1996年から2012年に生まれた世代を指し、2025年には全世界におけるZ世代の人口は約23億人に達するといわれています。 Z世代は他の世代とは異なる価値観を持っていて、この世代を理解することが今後のマーケティングを考える際に重要になってきます。 ここではZ世代マーケティングが求められる背景について解説していきます。  

技術革新に伴う新しい価値観

1981年から1995年生まれが「ミレニアル世代」というのに対して、Z世代とは1996年から2012年に生まれた世代をいいます。 Z世代はインターネット成熟後に生まれた世代のため、「デジタルネイティブ」とも呼ばれ、技術革新の結果生まれたSNSなどを積極的に利用しさまざまな情報を集めている世代です。 また、インターネットを通じて世界中の価値観にアクセスできることから、社会の多様性を受け入れて自ら体現する人もいます。 Z世代は就職氷河期を経験したミレニアル世代を見ているため、仕事では安定志向が強く、非効率や非生産性の仕事を拒む傾向が強いとされています。 一方で経済的には保守的であり無駄な消費はせず、将来の不安に備えて副業や投資、貯蓄に関心を持ち、パフォーマンスを重視するZ世代も少なくありません。  

Z世代の生産人口年齢への突入

Z世代はすでに生産人口年齢に突入しており、企業がビジネス戦略を施策する際、彼らの動向が左右するのです。 Z世代はテクノロジーファーストの考えを持ち、テクノロジーが働き方やライフワークを変革することに関心を持っています。 そしてZ世代のテクノロジーへの高い関心が企業をデジタル時代へと駆り立てるきっかけになっているのです。 Z世代は「モノ消費」より「コト消費」に価値を見いだしています。さらに「トキ消費」へと移りつつあります。 インターネットによる情報化の進展やデジタルコンテンツが簡単に手に入るZ世代は、モノを所有することに価値があると考えていません。 体験を重視するZ世代は「コト消費」だけでなく仲間と同じ時間を過ごす「トキ消費」に関心を持つ人が多いのです。 こうしたZ世代がこれから生産人口の多くを占めるようになると考えられています。企業としては加速度的にZ世代の心に刺さるマーケティングが必要になるといえます。  

Z世代の価値観と特徴

多くの企業がマーケティングの対象として注目しているのが、高い消費能力を持つとされるZ世代です。 「ソーシャルネイティブ」や「スマホネイティブ」などと表現されるZ世代は、ミレニアル世代が持つ価値観とは大きな違いがみられます。 企業にとってZ世代の価値観を理解することが、今後のマーケティング戦略を左右するといえるでしょう。 それではZ世代の価値観と特徴についてみていきましょう。  

デジタルネイティブ

Z世代を「デジタルネイティブ」といいますが、その理由は、彼らが生まれたときからすでにインターネットが普及し、パソコンやスマートフォンなどがある世代だからです。 インターネットが世界中に普及して、世代を問わず商品が欲しいときにいつでも手軽にパソコンやスマートフォンを使い、日本だけでなくあらゆる国から商品を取り寄せることができるようになりました。 しかし、デジタルネイティブにとってインターネットは買い物だけでなく、人との出会いやコミュニケーションツールとしても重要です。 デジタルネイティブはこれまでの情報入手の媒体であるマスメディアではなくインターネットを使って情報を入手します。 仕事の面で分からないことがあってもインターネット検索する人が多く、自力で解決する世代と考えられています。 その一方で情報に頼りすぎるため間違った情報を鵜呑みにしてしまうリスクがあるのがZ世代といえるでしょう。  

SNSに慣れ親しんでいる

Z世代は「ソーシャルネイティブ」ともいわれるくらいSNSを身近に感じています。 ひとつ前のY世代がmixiやFacebookのような文字を中心としたコミュニケーションツールが主流だったのに対し、Z世代はInstagramなど写真や動画投稿を中心としたコミュニケーションが主流です。 特にZ世代に多く利用されているのがYouTubeで、1日に数時間閲覧しているケースもあります。 こうしたSNSを通じて得た情報から自分にとって価値があると思えば、実際に消費行動するのがZ世代です。 Z世代はインフルエンサーとなり得る資質を持つ人も多く、彼らの動向が企業のマーケティングにも影響を与えています。 彼らはブランド品や知名度によって消費行動するのではなく、自分にとって本当に価値があるものに対してお金を使う傾向が強いといえます。 「モノ」から「コト」、さらにコストパフォーマンスを重視し、仲間と「トキ」を共有するのです。  

SDGsへの理解度が高い

Z世代はSNSで世界中の情報を入手し、そこで認識した社会問題や環境問題に高い関心を持っています。 国内では自然災害を目の当たりにして教育の現場でもこうした問題が扱われてきたため、SDGsへの理解度が高いのです。そのためZ世代を「SDGsネイティブ」という人もいます。 SDGsネイティブたちは、世界にも多く見られコミュニケーションを通じてつながりを持っているのが特徴です。 例えば、スウェーデンの活動家グレタ・トゥーンベリさんが地球温暖化問題についてどう対策すれば良いのか演説した2020年1月のダボス会議はZ世代の環境意識の現れとしてたいへん印象的でした。 日本でもこうした動きに刺激を受けた中高生が少なくありません。 また、Z世代は自然災害だけでなく「ジェンダー」「不平等」「貧困」にも強い関心を示し、政府や社会の理解が足りないことを課題として感じているようです。  

多面性がある

Z世代は多面性があるという点もマーケティングを考える上でおさえておきたいポイントです。 Z世代は価値観も個人によってさまざまであり、それをあえて否定しません。そのためそれぞれの価値観に訴求できる複数のアプローチ方法を利用することが欠かせません。 Z世代は不完全なモノこそリアルであると考えています。彼らはインターネットの情報の全てを真実とは思っておらず、企業から与えられたものを直ぐには納得しない傾向があります。 こうした場合にインフルエンサーを活用すると効果的といえるでしょう。 これまでの企業広告といえば有名なタレントを使い唯一無二のイメージを作り上げて興味を引く手法を使ってきました。 しかし、Z世代は消費者目線で友達感覚のいわゆる不完全なリアルこそ真実であると認識しています。 押し付けられるイメージより、寄り添うイメージの方に共感するのがZ世代です。 また、一方通行のアプローチではなく別の角度から情報を与え続けることもZ世代の関心を掴む重要なポイントです。

Z世代の消費行動

デジタル機器に慣れ親しんだZ世代はデジタルネイティブと呼ばれ、消費行動にもインターネットが深く関わりを持っているのが特徴です。 デジタル世代は情報収集力だけでなく、自らの意見を発信することにも積極的です。また、他の世代と異なり経済面では保守的な面も持ち合わせています。 Z世代の消費行動について具体的に解説していきます。  

モノよりも体験

Z世代は「モノ」よりも「コト(体験)」を重視する傾向が強いといえます。 インターネットで購入する商品もブランドよりも本質を重視し、気に入ったものに対して消費意欲が旺盛です。 特にコロナ禍が長引いたことで非日常を体験できるオンライン飲み会、おそろコーデなどのような一緒に体験して楽しむことに価値を見いだすようになりました。 モノを所有することでは得られない、例えばアクティビティ、イベントなど体験や経験が旺盛になった理由は国内消費の成熟化があります。 モノが少なかった時代は商品の機能性が重視され、所有することがステータスでした。 しかし、経済成長後はモノがあふれ、所有すること自体の意識が薄れたのです。 商品を購入するだけでなく、そこから得られる体験や経験など「コト」にZ世代の消費意欲は移ってしまっているのです。  

社会貢献意識が高い

Z世代は多様性の中に自分らしさを求める世代です。そして、環境問題に関心があり何か社会に貢献したいと考えているのです。 日常生活の中でサステナブル意識が高く、実際に行動を起こしているシニア世代は多いですが、Z世代を含む20代のボランティ活動や情報発信はシニア世代よりも意識が強く、積極的に取り組んでいます。 例えば、エコバッグの持参や詰め替え用商品の購入などZ世代で実践する人が多いです。 また、Z世代は売上の一部が寄付され社会貢献につながる消費行動を実践する傾向が強いのです。 企業にとって、サステナブルに配慮した商品製造はコストがかかるといった面がありますが、Z世代の消費意識の高さからみると無視できないといえるでしょう。 Z世代が今後の日本の経済活動の中心になることを考慮すれば、サステナブルの問題は重要なポイントになるといっても過言ではありません。  

情報の取捨選択の精度が高い

デジタルネイティブであるZ世代はインターネットを活用して必要な情報を取捨選択することに慣れています。 SNSを通じて消費行動するZ世代はその情報分析力の精度が高く、ブログや口コミなどリアルな情報を参考にしています。 Z世代の情報の取捨選択に貢献しているのは企業側が一方的に流す情報ではなく、消費者目線あるいは友達感覚を持ち合わせたインフルエンサーからの情報です。 ユーザーに寄り添えるインフルエンサーは、企業と消費者双方のコミュニケーションの橋渡しをするといえます。 最近では企業とインフルエンサーがコラボした企画や商品が注目されるのもその一つです。 企業はZ世代に価値観を押し付けるのではなく、Z世代に寄り添えるインフルエンサーを起用して多面的な情報を発信してつながりを求め、消費者が取捨選択できる環境を整えていくことが重要になります。  

メリハリ消費

自分が価値を見いだしたものに時間やお金を注ぐZ世代は、体験消費と同じように「メリハリ消費」にも高い関心があります。 メリハリ消費とは、物価高騰と収入が伸び悩む日本において、自分がこれだと思えるものにはお金をかけ、それ以外の支出は抑える行動をいいます。 例えば、高級なバッグを持って街を歩いていても全身ファストファッションでリーズナブルにまとめるといった高見えの工夫が典型的なものといえます。 また、一人で完結する生活は質素ですが、友達と食事したり出かけたりするときは自分へのご褒美として少し贅沢をするなどです。 メリハリ消費にはコロナ禍のストレスも深く関わっているといえるでしょう。 Z世代の消費行動を考える上でポイントになるのは、価格の高い・安いではなく、安心・安全、簡便とこだわりといったメリハリです。  

間違えたくない消費

SNSで情報収集がいくら可能でも、Z世代は自由に使えるお金が限られています。そのためこの世代は消費行動では失敗したくないといった考えを持つ傾向が強いのが特徴です。 Z世代はこうした間違った消費行動をしないように綿密に情報収集し、口コミをチェックして、自分に最適な商品か判断します。 トレンドを追うのではなく、YouTube、Instagram、Twitterなどさまざまな情報媒体を横断しながら自分に合っているか、購入しても問題ないか細かくチェックして慎重に消費します。 コロナ禍の中で、Z世代は自分に向き合う時間が増えたため、より自分に合うものを選びたいといった志向が強くなったのです。 最近では映画やドラマなど見る前に、ネタバレ情報を参考にすると答えるZ世代が増えています。 こうした傾向も「間違えたくない消費」の現れといえるのではないでしょうか。  

応援消費

Z世代では社会貢献の一環として応援できるものにはお金を使いたいという人も少なくありません。 ファンになって、お金や時間を費やすことを「ヲタ活」といい、Z世代の7割の女性は経験があると回答しているそうです。 その分野はアイドル・コスメ・アニメ・YouTuber・ファッション・グルメと多岐に渡ります。 こうしたヲタ活はさまざまな消費を掘り起こし、拡散を生んでいきます。自分が価値を感じ、ある程度のお金と時間がかけられると思えば消費行動に出るのです。 消費行動を通じてある地域の経済に少しでも貢献できるといった目に見える形で社会貢献することに意義があると感じるのが応援消費です。 「コト」さらには「トキ」消費を重視するZ世代の消費行動が災害活動の大きな支えになったことはいうまでもありません。  

好きを大切にする

Z世代はブランドよりも色合い、雰囲気などを大切にします。そして同じようなテイストを好む人とSNSを通じて知り合いお互いのテイストを確認し、共有するのです。 好きを共有して大切にする、まさにZ世代の特徴といえるでしょう。テイストが同じであれば距離感がなくなり、「トキ」を共有していることに満足するのです。 例えば、好きなオンラインゲームで国境を越えさまざまな人と一緒にプレイできることも、好きを大切にするZ世代ならではといえます。 プレーヤー同士が実際に出会うわけではなく、「トキ」消費を通じてつながることで、ゲームが体験できるのです。 このように「モノ」を消費するだけでなく、好きなものを大切にする仲間に出会い、「コト」「トキ」に共感できることが新たな消費を呼び起こします。  

時間対効果を重視

ゆとり世代の多くの人が口にした「コストパフォーマンス」(費用対効果)」に対し、Z世代は「タイムパフォーマンス(時間対効果)」を重視します。 時間対効果をなぜ重視するのか。その理由は自分が価値あるコトに、時間を割きたいからです。 映像コンテンツを見る際に、効率的に見るだけでなく自分の好きなものにできるだけ時間をかけたいといった考え方から時間対効果が生まれました。 ネタバレを利用するZ世代が多いのもその理由といえるでしょう。 彼らはコスパを時間軸で捉えており、自分が好きなものだけに時間とお金を費やすことに街を求めているのです。 Z世代が利用するアプリは、無料動画配信サービスに約8割、動画配信系サブスクに約6割、テレビは約5割という結果からも読み取れます。

Z世代マーケティングのポイント

企業は商品やサービスを提供する際に、Z世代にどのように訴求すれば売上をアップさせられるのか意識しなければなりません。 今後のマーケティングを成功させるためにはZ世代の特徴や消費行動を分析し、戦略を立てていくことが重要といえるでしょう。 ここではZ世代マーケティングのポイントについて解説していきます。  

トレンドを捉える

インターネットが目まぐるしい進化を遂げ、情報量もどんどん増えて発信されるトレンドも常に変わっています。 企業のマーケティングも積極的にSNSを利用するようになりましたが、消費者に訴求するためには文章ではなく、Instagramのような短い動画投稿「ストーリー」の機能も重要な手法といえます。 また、気軽に動画が配信できるInstagramやTiKToK、根強い人気のYouTubeもZ世代には重要なツールです。 今後も機能が充実したアプリケーションも登場するでしょう。こうした動画投稿サイトはZ世代の多くが利用し、自ら情報配信も手がけています。 Z世代を意識したマーケティングを行うためには、常にトレンドを把握して訴求効果が期待できるツールを使った手法が、知名度アップや売上に貢献するといえます。  

インターネットを活用する

デジタルネイティブであるZ世代は、生まれたときからインターネット環境が整った中で生活しています。 ITリテラシーが高いZ世代は常にネット接続しているためITツールやSNSを抵抗なく使いこなします。 彼らをターゲットにしたマーケティングを考えるなら、インターネットを活用するのは必須です。 彼らは商品やサービスに関する情報は主にインターネットで収集し、口コミを参考にして自分にふさわしいものを求めて消費行動を起こします。 インターネットではサイトの不具合やページ移動が進まない事態になればZ世代は直ぐに離脱してしまいます。 環境を整えるだけでなく多様性に対応したコンテンツの充実、ストレスフリーでさまざまな体験が提供できるシステムの最適化も重要なポイントです。  

パーソナライズ化

生まれながらにインターネットが整った環境で生活しているZ世代は多様性を受け入れることが当たり前の価値観を持っています。 他人と比較したり競争したりすることよりも、自分固有の価値観を考え、自分らしさを大切にする傾向が強いのもZ世代です。 コンテンツを大量消費しているZ世代にとって、数多い情報の中から自分に最適なコンテンツを見つけることは困難です。 そうした状況で、パーソナライズ化されたサービス提供はZ世代を満足させるといえるでしょう。 失敗したくないといった意識がZ世代の価値観だと解説しました。彼らはパーソナライズ化された情報に敏感に反応し、自分に合ったものにはいいねしたり閲覧したりする際、取捨選択にする傾向があります。 また、Z世代はパーソナライズ化された提案を好み、SNSの発信でも自分らしい表現をするコンテンツ作りに長けています。 マーケティングを考えるならこうしたZ世代の特徴をよく理解し、いかにパーソナライズ化された情報が提供できるかが鍵を握っているといえるでしょう。  

インフルエンサーを活用する

企業が提供する一方的な情報と異なり、消費者目線で商品を試して客観的に評価するインフルエンサーはZ世代の価値観や消費活動に大きな影響をおよぼします。 これまでにもインフルエンサーによってSNSで紹介された商品がヒットした例は数多くあります。 消費者にとって身近な存在であるインフルエンサーは企業にとっても消費者との橋渡し役となる無視できない存在です。 インフルエンサーを起用する場合、重要なのは単なるPR投稿ではないということです。Z世代はPR投稿に慣れているため新鮮さはありません。 訴求効果を求めるならインフルエンサー自身の言葉で商品の魅力を語ってもらうことです。 そのためには企業が消費者に何を提供したいのか、その商品の魅力をあらかじめ理解してもらっておくことです。 Z世代は情報収集力が優れているので、実際に使用した口コミなども参考にしてインフルエンサーの言葉が正しいのか自ら判断して消費行動を起こすかどうか判断します。  

嘘のない透明性の高い情報の提供

Z世代に向けた商品PRなら、嘘のない透明性の高い情報の提供が重要です。 環境問題に関心が高いZ世代は、商品が作られる過程で環境に配慮したものかどうかを重視する傾向があります。 商品がどれだけ安くて効果があっても、環境に配慮していなければ購入しない可能性が高いのです。 そのため商品が作られた背景を、嘘偽りなく情報開示することが重要になります。 商品開発に携わった人のコメントや製造過程が明らかになることでZ世代は安心して商品を購入するでしょう。 商品を通じて企業の本当の顔が見えたらZ世代は納得して商品を購入します。そして口コミが拡散され、さらなるZ世代の購入へとつながります。 こうした体験が共有できれば企業の売上にも大きく貢献するでしょう。  

ブランドの存在意義を感じてもらう

マーケティングにおいて、Z世代に共感を覚えてもらうブランドの存在意義は大切です。 企業にとってもブランディングは企業の存在意義そのものであり、企業理念を示すものといえるでしょう。 Z世代は社会貢献に強い意識を持つので、企業理念とブランドの存在意義が結びつけば共感を得て、長期的なブランド価値の維持・育成につながります。 Z世代は多様性を受け入れる柔軟な考え方を持っているので違いを受け入れ、お互いを尊重することができます。 ブランドに対してもリアルを求め、それが共感できれば長く応援してくれるファンになってくれるのです。 重要なのはZ世代の価値観を理解し、彼らが共感できるブランドの存在意義を感じてもらえるマーケティング施策が立案できるかどうかです。  

販売チャネルを複数用意する

多様化を認めるZ世代に向けてマーケティング施策を立案するなら、情報提供する場所や販売チャネルは複数用意しておきましょう。 Z世代は商品購入の際には事前にSNSや口コミなどを利用して情報を収集します。性別・趣味・嗜好などが異なるように、利用する媒体もさまざまです。 それぞれの媒体に応じたコンテンツ作りが欠かせません。どれも画一的なコンテンツでは直ぐに飽きられてしまうリスクがあります。 幅広く訴求するためには公式ホームページはもとより、Twitter・Instagram・TikTok・YouTubeなど複数のSNSを活用しましょう。 それぞれのサイトから自社のホームページにスムーズに遷移できることも大切です。

Z世代マーケティングの成功事例

Z世代は日本の人口の約14%を占めるといわれ、20代を迎える世代も現れています。 企業にとってもこうした若者層は無視できない存在になっていて、どのようなマーケティング戦略を立案できるかが成功の鍵を握っているのです。 ここではZ世代マーケティングの成功事例を2つご紹介します。  

Z世代マーケティングの事例①

2018年に日本コカ・コーラ株式会社は、ウィンターキャンペーンとしてギフトデザインのリボンボトルを販売しました。 日本コカ・コーラ株式会社では、「誰かに感謝の気持ちを伝える時に一緒にコカ・コーラを渡そう」というコンセプトをもとに、「コカ・コーラ」リボンボトルと一緒に動画を撮影しようと銘打ち、若者に人気があるTikTokとタイアップしたキャンペーンを展開しました。 その際に「#リボンでありがとうチャレンジ」とハッシュタグを付けて動画を投稿すると、抽選で100名に1,000円分のQUOカードをプレゼントするものです。 このキャンペーンは若者を中心に大きく盛り上がり、TikTokに多くの動画が投稿され「#リボンでありがとうチャレンジ」の付いた動画は2022年7月時点で4,510万回も再生されるほどの人気があり注目されています。 キャンペーンで選ばれた動画は渋谷のスクランブル交差点にある街頭ビジョンで放映され、話題になりました。 キャンペーンは単に話題を集めるだけでなく、Z世代にコカ・コーラの需要を掘り起こし販売促進を狙ったものです。 日本コカ・コーラ株式会社の「#リボンでありがとうチャレンジ」は、Z世代向けのマーケティングの成功例といえるでしょう。  

Z世代マーケティングの事例②

株式会社ベネッセコーポレーションが行った成功例があります。 SNSで参加すると嬉しい特典がつくようにしたもので、しまじろうでお馴染みの「こどもチャレンジ」で実施されたキャンペーンです。 「しまじろうからのクリスマスお手紙」というキャンペーンタイトルで、抽選で500名にしまじろうからのクリスマスお手紙か図書カード500円分が30名に当たるというものでした。 登録方法は簡単3ステップです。 1. InstagramかTwitterで「こどもチャレンジ」公式アカウントをフォローする。お手紙の写真を撮ってフォーマットは自由!おうちにある紙や便箋でもOK。 2. 影ができたり、斜めになったりしないように注意して、真上から「しまじろうへのお手紙」がすべて収まるように撮影します。 3. しまじろうへのお手紙と、一言メッセージを投稿してください。「#クリスマスキャンペーン」「#しまじろう」のハッシュタグと「@kodomochallenge」をつけて一緒に投稿! 手紙を投稿することで3つの特典を付与しました。
● プレゼントが追加で当たる
● 選べる抽選プレゼントの当選率が3倍にUP
● しまじろうからのお手紙の内容がオリジナルverにグレードアップ
こどもたちにも有名なキャラクターからお手紙が届くというクリスマスキャンペーンは、クリスマスプレゼントとして嬉しいものです。 キャンペーンでは、SNSに実際に投稿されたお手紙がたくさんシェアされています。

Z世代のSNSの使い方

Z世代はインターネットから欲しい情報を入手します。ジャンルに合わせてSNSを使い分けて利用するのがZ世代です。彼らはどこの媒体を利用すればどんな情報が入手できるか理解しているのです。 ここではZ世代が利用するSNSの特徴について解説していきます。  

TikTok

歌やダンス、モノマネなど日常のちょっとしたネタを短い動画にして投稿できるのがTikTokです。投稿者の多くは中高生から大学生など若者が中心です。 こうした若者がトレンドを作ることで、商品の売上が知らぬ間に倍になったという例もあるのです。 ポイントは閲覧者が最初の動画を見て興味がなければスキップするため、いかに彼らの心を掴めるかが重要になります。 企業もTikTok利用者の多くがZ世代のため、彼らをターゲットにしたマーケティングにはTikTokは欠かせないツールといえます。 グルメやファッションなどユーザーに投稿してもらって拡散を狙うなど企業もさまざまな試みを実践しています。  

Instagram

「インスタ映え」といわれるほど多くのユーザーに利用されるInstagramは流行のファッションやグルメ、コスメ、トラベルなど訴求効果の高い美しい画像を見ることができます。 気になる投稿があればハッシュタグや位置情報を使って検索して、ビジュアル情報やレビュー動画を確認します。 検索エンジンを使わず、補足やもっと詳しい情報を検索サイトで見つける使い方も可能です。 Instagramでは写真自体に文字が載せられるので雑誌のような使い方をする人もいます。 Instagramはビジュアルに富んだSNSの機能を持ったツールといえるでしょう。  

Twitter

世の中のトレンドやニュースをタイムリーにキャッチすることを利用するのに最適なツールがTwitterです。 興味がある人をフォローし、自分の好きな情報だけを取得して拡散することもできます。幅広い世代が集まるので、ニュースについて議論されているのを閲覧するユーザーも少なくありません。 Twitterの主なユーザーはZ世代よりやや上の世代が多く、Z世代は閲覧や情報収集が中心のようです。 Z世代は商品購入の際の意思決定にTwitterを利用するケースが多く、リアルタイムで口コミも見られることから最後の意思決定には欠かせないといえるでしょう。  

YouTube

Z世代が商品の詳しい情報を知りたいときに利用するのがYouTubeです。 Instagramよりも尺が長く、動画で商品情報を解説しているので得られる情報の密度はSNSの中でも最も高いといえます。 そのため気になる商品の理解を深められ、同じ商品でも他の投稿者のレビューと見比べて違う角度から商品の特徴をもっと詳しく把握するのに役立ちます。 Z世代はこのように商品の認知から購買に至るまであらゆるSNSを利用して、自分にとって本当に価値がある商品か判断して消費行動に出るのです。

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録

めでぃぱす

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る