国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数8,860件  会員数119,307人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2023年03月17日 更新日:2023年03月17日

Amazon広告とは?種類や設定方法を事例を交えて詳しく解説!

Amazon広告とは?種類別設定方法と事例を交えて詳しく解説!Amazon広告とは?種類や設定方法を事例を交えて詳しく解説!

Amazon広告とは?

  Amazon広告は、Amazonが提供する広告サービスであり、出品者が自社の商品を宣伝するために利用できます。この広告は、商品検索結果ページや商品詳細ページに表示され、商品を検索する利用者へのPRが可能です。
 Amazon広告を利用する事で、出品者は自社の商品をより多くの利用者にアピールし、販売促進につなげることができます。
参考:Amazon Ads

Amazon広告を導入する理由

 企業がAmazon広告を導入する理由について2つ紹介します。

Amazon日本事業売上の増加

Amazon広告を導入する理由の1つは「Amazon日本事業売上の増加」です。これは、Amazon広告の利用により、買い物のために訪れる利用者に対して、自社商品のアピールができるためです。広告をクリックしてもらえば、商品詳細ページへと移動し、購入される確率が高まります。 Amazon広告を利用することで、高い費用対効果に期待でき、売り上げ増加を実現する事ができます。

利用者の購買意欲の高さ

Amazon広告は、元々商品を購入したいと思って訪れてくる利用者にアプローチできます。そのため、商品が購入される確率が高く、広告の費用対効果が高くなります。さらに、Amazon広告は競合他社の商品ページに自社の広告を表示できるため、自社商品を見つけてもらいやすくなるというメリットもあります。
このようにAmazon広告は元々購買意欲が高い利用者を中心に商品のアプローチができる為、売り上げの増加に期待する事が可能です。

Amazon広告の種類

  Amazon広告の中にもいくつかの種類があります。ここでは、Amazon広告の種類を3つ紹介します。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、Amazon内に出品されている個々の商品のための広告であり、商品検索結果ページや商品詳細ページに表示されます。この広告は、関連商品を積極的に探索している購買意欲の高い利用者にリーチでき、コストパフォーマンスの高い広告として注目されています。
この広告を設定すると、利用者が販売元の商品に関連するキーワードをAmazonの中でリサーチした際、検索結果上位やその他広告枠に商品が表示されます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、検索結果ページ上部に表示される広告で、広告主の自社ブランドをアピールしたい時に使用される手段です。広告主は商品の中から、表示させたい商品を選び、その商品をクリックすると、広告主が指定したLPに遷移するように設定できます。また、スポンサーブランド広告はCPC(クリック単価)方式で課金されます。
そのため、広告がクリックされた場合にのみ課金されるため、クリックされるまでの表示回数には課金されません。スポンサーブランド広告には、ロゴ&キャッチコピー広告、ロゴ&画像広告、ロゴ&複数商品広告の3種類が存在し設定方法は簡単です。
スポンサーブランド広告のメリットとしては以下のことが挙げられます。

 ・企業のブランド認知度を広げることができる
 ・商品購入の後押しができる
 ・CPC広告なのでコスト管理が容易

上記のメリット以外にも、スポンサーブランド広告は自社商品を有名ブランドと一緒に表示することができるため、信頼性が高まるというメリットもあります。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、先ほど紹介した二つの広告とは異なる場所に表示されます。例えば、スポンサーディスプレイ広告は、商品詳細ページやトップページに掲載されます。この広告は、3種類のターゲティング方法に基づいて配信され、商品画像の準備をする必要がなく、Amazonに登録されている商品については画像が自動的に作られます。また、クリック課金(CPC)あるいはインプレッション課金(CPM)のいずれかの設定が可能です。
さらに、この広告はFire TVでも利用できます。そのため、Fire TVアプリ開発者、Prime Videoチャンネル、Prime Video Directのパブリッシャー、映画配給会社にも利用可能です。

Amazon広告に関する広告資料

  Amazon広告に関する資料をまとめていますので、出稿を検討している方は是非ダウンロードしてお役立てください!

Amazon広告自動運用AIツール「Commerce Flow」で売上アップ | negocia株式会社

Amazon広告自動運用AIツール「Commerce Flow」で売上アップ

<サービス概要>
「Commerce Flow(コマースフロー)」は、Amazonスポンサー広告の配信をAIにより自動で改善・運用するツールです。
独自アルゴリズム搭載のAIエンジン「Sophia AI」により広告運用業務を自動化することで、業務効率化によるコスト削減と、広告効果のパフォーマンス最適化を同時に目指します。
広告運用のノウハウは不要。画面に沿って簡単な数ステップの設定を完了すれば、AIが自動でプロレベルの広告運用を実現いたします。

Amazon広告を極める!戦略別まとめ | サヴァリ株式会社

Amazon広告を極める!戦略別まとめ

Amazon内広告は、Amazon上で商品を販売する企業にとって非常に有益です。
ユーザーが関心を持つ可能性の高い商品に広告を表示することで、広告主は販売促進に役立てることができます。
この資料では、Amazon内の広告の種類や特徴などについて解説していきます。
■しっかり活用できれば、商品認知の拡大に加え売上利益の最大化をはかることが出来ます。

【Amazon広告】売上を最大化する5つの攻略法! | 株式会社inglow

【Amazon広告】売上を最大化する5つの攻略法!

株式会社inglowは、マーケティングオートメーションとWebプロモーションを通じて企業のマーケティング領域におけるDX支援を行っている企業です。
AIを活用した広告運用を強みとしており、WEBやSNSでの広告配信について企業の役に立つ情報を発信しています。

今回は利用者数が莫大な世界最大級のECサイトAmazonの広告についてご紹介します!
Amazon広告にはいくつか種類があり、それぞれを使い分けることが重要です。

■資料概要
1.適切な広告の選択
2.ターゲティングを上手く活用する
3.ターゲティングの使い分け
4.購買データを活用する
5.商品情報を充実させる

他にもWeb集客について分からないことがあればお気軽に弊社にお問い合わせください!
また、TikTok以外にもInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSやWeb広告に関してお手伝いも可能です。

■ご支援可能な広告媒体
・Web広告運用メニュー
・Amazon広告
・ダイナミックリターゲティング広告
・TikTok広告
・Spotify広告
・YouTube広告
・Instagram広告
・Facebook広告
・Twitter広告
・LINE広告
・リスティング広告
・Google広告
・Yahoo広告
・UNIVERSE Ads
・Logicad
・楽天DSP
・i-mobile

■支援実績
・不動産(工務店)
・金融企業(銀行)
・自動車               etc...

弊社のマーケティングノウハウと実績でお客様のお力になります!
SNS運用でお悩みの方はどうぞお気軽にご連絡ください。

Amazon広告の特徴と効果

  ここでは、Amzon広告の特徴と効果を紹介します。

他媒体よりも費用対効果が見込める

Amazon広告から得られる効果として、他の媒体と比較して費用対効果が高いことが挙げられます。これは、Amazon内の利用者に直接PRできるため、広告費用を無駄にすることがなく、正確なターゲティングが可能なためです。例えば、Amazon広告の利用により、特定の商品カテゴリーやキーワードに関心のある利用者に対して、効果的な広告を配信できます。
さらに、Amazon広告は、GoogleやFacebookに次ぐ3大広告プラットフォームの1つであるため、広告プラットフォームとしての地位を確立しています。そのため、利用者に広告をよりたくさんの人に見てもらえるため、費用対効果が高くなります。

購買データのターゲティング活用

Amzonには莫大な量の購買データが蓄積されています。Amazon広告はそのデータをフルに生かした仕組みになっています。例えば、何かの商品の広告を出す際、その商品に関心があり、同じカテゴリーの商品をよく購入している利用者に対してターゲティングできます。
つまり、顧客の過去のデータや属性に基づいて「関連商品」や「おすすめ商品」を表示させることができるため、ターゲティングの精度が高くなります。

自社商品を見つけてもらいやすい

Amazon広告には、競合他社の商品ページに広告を掲載する「商品ターゲティング」機能があります。これにより、利用者が競合他社の商品を検索した際に、自社の商品をアピールできます。
そのため、自社の商品が露出する確率が高くなるので、見つけてもらいやすくなります。また、Amazonに訪れる利用者は元々購買意欲が高いため、求めている商品の広告の表示により相手に的確にアプローチできます。

レビューによる商品の売上向上

Amazon広告を活用することで、広告をクリックした利用者が商品を購入し、レビューを残すことで、自社商品の評価が上がり、他の利用者にも商品の魅力が伝わりやすくなります。また、レビュー数が多い商品は検索結果でも上位に表示されやすいため、広告によってレビュー数を増やすことは、商品の売上向上につながります。

競合商品ページでの広告表示が可能

先述しましたが、Amazonの広告は競合商品のページに自社商品の広告を表示できる「商品ターゲティング」機能があります。そのため、自社の商品をより多くの利用者にアプローチすることができるため、コンバージョンの獲得に繋げることが可能です。

Amazon広告の種類ごとの設定方法

 次にAmazon広告の種類ごとの設定方法を紹介します。

広告キャンペーンの種類を設定する

広告キャンペーンの種類を設定したい場合は、以下の手順を参考にしてください。

1. セラーセントラルにログインする。Amazon出品サービスを利用していない場合は、まず登録する必要があります。
2. 「広告」タブをクリックします。
3. 表示される指示に従い、キャンペーンの種類を選択します。
選択できるキャンペーンの種類には、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告があります。
4. キャンペーンの作成には、ターゲットとなる商品や商品カテゴリー、表示される広告の形式、広告に表示する商品の選択などが含まれます。

これらの手順に従って、販売者は自社の商品を宣伝するためのキャンペーンを作成できます。

スポンサープロダクト広告の設定

まずは、スポンサープロダクト広告の設定方法を紹介します。

①キャンペーン内容の設定

スポンサープロダクト広告ではまず、キャンペーン内容の設定を行います。手順は以下の通りです。

1. Amazon広告のログイン後「キャンペーンを作成する」からスポンサープロダクト広告を作成します。
2. 任意のキャンペーン名、配信開始日と終了日、1日の予算を指定します。

上記の手順でキャンペーン内容の設定ができます。

②ターゲティングの種類の設定

次にターゲティングの設定に移ります。 スポンサープロダクト広告には2つのターゲティング設定方法があるため、それぞれ紹介します。 一つは、オートターゲティング 利用者が入力した検索ワードや閲覧している商品情報をもとに、自動的に関連性の高い広告を出稿する仕組みです。 もう一つは、マニュアルターゲティング 広告運用者が事前にキーワードや商品カテゴリーを設定して、そのターゲットに合致する商品広告を表示する仕組みです。
スポンサープロダクト広告において、二つのターゲティングにはそれぞれ得意な領域があります。どちらか一つしか選べないため、適切な運用をするためには、自社の戦略や目的に応じて使い分けることが大切です。

③キャンペーンの入札戦略の設定

キャンペーン作成画面から先ほど紹介したマニュアルターゲティングかオートターゲティングを選択します。次にキャンペーンの入札戦略を選択していきます。入札戦略は、下記の3つから選択します。

  • ・動的な入札額-ダウンのみ
  •   →広告が販売につながる可能性が低い場合入札額を自動で引き下げる仕組み
  • ・動的な入札額-アップとダウン
  •   →広告が販売に繋がる可能性が高い場合は、入札額を引き上げる(最大100%)。
       または広告が販売につながる可能性が低い場合入札額を自動で引き下げる仕組み
  • ・固定入札額
  •   →入札額の変更が行われない

④広告グループの作成

次に広告グループの作成をしていきます。広告グループは、販売したい商品のキーワードやグループのことです。グループごとにキーワードを変更することが可能です。

⑤掲載したい商品の設定

最後に掲載したい商品の設定を行います。商品は以下の3つの方法で設定することが可能です。

  • ・商品検索
  •  →商品を検索して追加ボタンを押します。
  • ・CSVアップロード
  •  →「CSVテンプレートをダウンロード」を押すと、テンプレートがダウンロードできるので、テンプレートに従い商品名を入力していきます。
  • ・リスト
  •  →追加したい商品をリスト形式で入力します。

スポンサーブランド広告の設定

次にスポンサーブランド広告の設定方法について見ていきます。

①キャンペーン内容の設定

広告キャンペーンマネージャーから「キャンペーンを作成する」を選び、表示された画面で「スポンサーブランド広告」を選択します。

②広告フォーマットの設定

広告フォーマットは、以下の3種類から設定します。

  • ・商品コレクション
  •  →LPを指定して複数の商品を広告表示させる
  • ・ストアスポットライト広告
  •  →サブページを含むストアを広告表示させる
  • ・動画
  •  →自動再生の動画を用いて一つの商品を広告表示させる


ビジネスの目的に応じてそれぞれ設定していきましょう。

③クリエイティブの設定

次にクリエイティブの作成に移っていきます。クリエイティブに設定するのは以下の4項目です。

  • ・ブランド名とロゴ
  •  →ブランド名は全角で30文字まで入力可能です。 ロゴに設定するのは以下の通りになります。 

サイズ400×400 PX以上
ファイル容量1MB未満
ファイル形式

PNG
JPEG
GIF

その他

ロゴが画像いっぱいの大きさであるか
白またh透明の背景があるか


   ・商品
    →広告表示させる商品を最大で3つまで選びます。
   ・見出し
    →全角35文字まで入力可能です。
   ・カスタムイメージ
    →商品とは異なった画像をクリエイティブ内に含むことが可能です。


要件は以下の通りです。

サイズ1200×628PX以上
ファイル容量5MB未満
ファイル形式

PNG
JPEG
GIF



④ターゲティングの種類を選択

最後にターゲティングの種類を選んでいきます。ターゲティングの種類は以下の二つから選定します。 キーワードターゲティング 設定したキーワードとマッチした検索ワードに対して広告を出します。ターゲットにしたいキーワードとマッチタイプ、入札額を設定します。 商品ターゲティング 設定した商品のジャンル、または個別商品に対して入札額を定め、広告を出していきます。ブランドや価格帯、レビューの星の数でターゲットを絞り込むこともできます。

スポンサーディスプレイ広告の設定

最後にスポンサーディスプレイ広告の設定方法について見ていきます。

①キャンペーンの設定

これまで紹介した二つと流れは同じです。まず、広告キャンペーンマネージャーから「キャンペーンを作成する」を押します。表示された画面の「スポンサーディスプレイ広告」を選択します。

②掲載したい商品の設定

掲載したい商品を以下の3つの方法から設定します。

  • ・商品検索
  •  →商品を検索して追加ボタンを押します。
  • ・CSVアップロード
  •  →「CSVテンプレートをダウンロード」を押すと、テンプレートがダウンロードできるので、テンプレートに従い商品名を入力していきます。
  • ・リスト
  •  →追加したい商品をリスト形式で入力します。

③クリエイティブの設定

配信したロゴ、見出し、画像を任意で設定していきます。宣伝したい商品を追加すると、自動で広告が表示されます。カスタマイズする場合は、個別に入稿していきます。

Amazon広告の成功事例

ここでは、Amazon広告を活用した成功事例について、2つ紹介します。

アグザルファ株式会社

まずは、アグザルファ株式会社の契約者である方の成功事例をみていきます。Amazonの激戦区であるビューティーカテゴリーでスキンケア用品を出品されている契約者は、サポート開始当初は0円だった売上が1年半後に月商1,000万円にまで到達させたという事例があります。 売上をこれだけ上げた秘訣は、以下の4つの施策です。

・商品ページの改善
・プライムマークの付与・FBAの利用
・広告の配信
・Amazonブランド登録

主にこの4つの施策を行ったことで、売上を1,000万円にまで上げ、さらに実店舗での売上も増加しました。
参考:Amazon激戦区のカテゴリーで売上アップを実現!

株式会社ビーガル

株式会社ビーガルは、Amazon Advertisingを活用して、商品の知名度を上げることができました。ビーガル株式会社は、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告などを利用し、自社商品の販売促進を行いました。 「リーチに合わせた最適化」の入札オプションなどの新機能を導入することによりブランドは入札額、予算、ターゲティング戦略をより柔軟にコントロール可能にしました。
そして、ビーガルは、スポンサーディスプレイ広告を利用しているうちに、自社のブランド名、商品の見つけやすさを倍増させることに成功させました。
参考:Bagail スポンサーディスプレイ広告を導入して認知度の向上を成功させる

Amazon広告を始める前の注意点

 そこで、Amazon広告を導入するにあたっての注意点について説明していきます。

広告を出せない商品・ケースがある

Amazon広告では、広告を出せない商品・ケースがあるため注意が必要です。例えば、下記のようなものは出稿する事ができません。

 ・Amazonの規約に違反する商品
 ・著作権侵害を疑われる商品
 ・法律違反となる商品
 ・医薬品やサプリメント
 ・タバコ・アルコール
 ・性的な商品

また、商品によっては、Amazonが自社で出している広告と競合するために、広告を出すことができない場合があります。広告を出す前に、まず出稿する商品がAmazonの規約に違反していないかどうかを確認し、広告を出せない商品・ケースがあるかどうかを調べることが重要です。

プライムマークの状況確認

Amazon広告を始める前には、プライムマークの状況を確認することが重要です。プライムマークは、Amazonから出荷や配送品質が認められた出品者が取得できる認証マークであり、プライム会員には配送が無料になるなどの特典を受ける事ができます。そのため出品者は、自身が出品する商品がプライムマーク表示対象かどうかを確認しましょう。
プライムマークを取得するには、出品者がAmazonの「FBA(Fulfillment by Amazon)」を利用する必要があります。また、プライムマークが表示されることで、出品者の信頼性が高まり、販売促進につなげる事が可能です。
ただし、最近はプライムマークが一部の商品で非表示になっていることが報告されているため、広告の配信条件に関する問題を回避するために、プライムマークの状況を確認することが重要です。

ショッピングカートボックスの獲得状況

Amazon広告を始める前には、出品している商品のショッピングカートボックスの獲得状況を確認することが重要です。カートボックスを獲得するためには、納期や価格、評価、在庫状況など総合的な評価で判断された場合に獲得できます。ショッピングカートボックスを獲得することで、消費者はその商品をカートに入れて購入することができます。
そのため、広告を出稿している商品がカートボックスを獲得できていない場合、広告をクリックしても購入に至らない可能性が高くなります。

商品の在庫確認

Amazon広告を始める前には、在庫確認を行い、十分な在庫を確保することが重要です。在庫切れの状態に陥ると、機会損失が発生し、カテゴリー内での評価が下がってしまう可能性があるため、事前の在庫確認は必須です。
また、在庫があることを顧客に明示することで、顧客の購買意欲を高め、パフォーマンスの向上につなげることが期待できます。

商品ページが最適化されているかどうか

Amazon広告を始める前には、商品ページの最適化をしっかりと行うことが重要です。商品名、商品画像、商品の箇条書きなど、各要素について適切に設計し、利用者にとって魅力的でわかりやすいページを作成することが重要です。
例えば、商品名は利用者が商品を検索する際のキーワードになるため、キーワードを適切に設定することが重要です。また、商品画像は利用者の興味を引くために大きな影響を与えます。そして、商品の箇条書きは商品の特徴を簡潔にまとめて表示するため、利用者が商品ページの内容をスムーズに理解できるようになっています。
商品ページを最適化することにより、利用者の目に留まりやすくなるため売り上げ向上につなげることができます。

まとめ

 Amazon広告は、Amazonが提供する広告サービスです。Amazon広告では、正確なターゲティングが可能なため、関心のある利用者に対して効果的な広告を配信することができます。また、利用者の購買意欲がもともと高いため他の媒体よりも費用対効果が高くなります。
 実際にAmazon広告を導入される場合には、最後に紹介したAmazon広告を始める前の注意点について要確認し、活用してみてください。

ライタープロフィール

メディアレーダー 運営事務局株式会社アイズ
国内No.1媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」を運営中。
「めでぃつぶ」では、広告業界の方、マーケター必見のマーケティング知識・ノウハウを発信しています。

公式Twitter:@mediaradar_jp
中の人Twitter:@mediaradar_
TEL:03-6427-6331

お問い合わせフォーム

  • お問い合わせの種類 *
  • お問い合わせ内容
  • 提案の立場 *
  • 実施確度 *
  • 想定予算 *
  • 想定時期 *

※送信後、本ページに掲載されている資料がDLされます。

※送信後、登録情報と問い合わせ内容が資料掲載社に提供されます。
逆営業や広告出稿目的以外のお問い合わせなどはご遠慮ください。

案件マッチング SNSマーケティングの一括DLバナー セミナー情報一覧用バナー セミナー動画用バナー 事例記事バナー No.1訴求用バナー 会員サポート
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
めでぃぱす

メディアレーダー背景
// seminar entry