「ネットリサーチ」「B to B」「経営者」の資料一覧

検索結果:14件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/02/17

経営者向けアンケートメディア「経営PRO-Q」では、会員に対してアンケートを実施する
50件の回答(リード情報)保証付きのキャンペーンを期間限定でご提供!

会員ユーザーのおよそ85%が部長・課長以上クラスの役職者のため、
企業のキーマンへのプロモーション、リード獲得に有効です。

【経営PRO-Q ~「経営者」の視点に領域に特化したメディア】

●会員:約44,000 ※2019.12.31時点

●対象ジャンル:
 会社設立/助成金/M&A/上場/経営企画/販売管理/マネジメント/財務経理/コンプライアンス/新規事業


【2020年2・3月限定キャンペーン】

●経営者向けアンケート調査 回答件数保証キャンペーン 
 WEB会員約44,000人に対してアンケートを実施!
 50件の回答保証付きのキャンペーンを期間限定にてご提供!

(アンケート調査)
 経営PRO-Q会員に回答依頼メールを配信をし、ターゲットに対してリーチが可能
 選択式3問、記述式1問、合計最大4問の回答が簡易なアンケート
 └設問設計の負荷と回答者の心理的ハードルを軽減!

●コンテンツマーケティングにおける活用メリット

 調査結果を容易に独自のコンテンツとして
 └自社ならではの切り口でアンケートを実施すれば、
  その回答内容を集計するだけで独自性・説得性の高いコンテンツとして拡散が可能。

-----

◆「PRO-Q」とは?
「ビジネス」「経営者」「営業・マーケティング」「人事・総務」「財務・経理」「ITエンジニア」
の合計6領域を対象とした、職種特化型アンケートマーケティングメディアです。

◆サービスの特徴
・アンケート機能をフックに、ターゲットであるPRO-Q会員にタイムリーなアプローチが可能
・獲得したいリードターゲットを設問で絞り込み
・貴社のサービスに関連した“課題”について情報を集めながら、
 効率的なリードジェネレーションを実現

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/02/17

人事・総務向けアンケートメディア「人事PRO-Q」では、会員に対してアンケートを実施する
50件の回答(リード)保証付きのキャンペーンを期間限定でご提供!

会員ユーザーのおよそ5割が係長・主任クラスの役職者のため、
キーパーソンへのプロモーション、リード獲得に有効です。

【人事・総務PRO-Q ~「人事」「総務」領域に特化したメディア】

●会員:約14,000 ※2019.12.31時点

●対象ジャンル:
 採用/育成/労務管理/目標管理/評価/タレントマネジメント/戦略人事/健康経営/HR テクノロジー


【2020年2・3月限定キャンペーン】

●人事総務担当者向けアンケート調査 回答件数保証キャンペーン 
 WEB会員約14,000人に対してアンケートを実施!
 50件の回答保証付きのキャンペーンを期間限定にてご提供!

(アンケート調査)
 人事総務PRO-Q会員に回答依頼メールを配信をし、ターゲットに対してリーチが可能
 選択式3問、記述式1問、合計最大4問の回答が簡易なアンケート
 └設問設計の負荷と回答者の心理的ハードルを軽減!

●コンテンツマーケティングにおける活用メリット

①企業の信頼度が向上するとともに、反応が良い
 └質問企業が専門企業としての信頼性を高め、ブランド価値を向上させながら、
  高い反応率を獲得することが可能。

②回答者を見込み客に変えることができる
 └サービスやソリューション、または取り扱っているテーマにどの程度関心を抱いているか、
  直接的に図ることが可能。

③調査結果を容易に独自のコンテンツとして
 └自社ならではの切り口でアンケートを実施すれば、
  その回答内容を集計するだけで独自性・説得性の高いコンテンツとして拡散が可能。

-----

◆「PRO-Q」とは?
「ビジネス」「経営者」「営業・マーケティング」「人事・総務」「財務・経理」「ITエンジニア」
の合計6領域を対象とした、職種特化型アンケートマーケティングメディアです。

◆サービスの特徴
・アンケート機能をフックに、ターゲットであるPRO-Q会員にタイムリーなアプローチが可能
・獲得したいリードターゲットを設問で絞り込み
・貴社のサービスに関連した“課題”について情報を集めながら、
 効率的なリードジェネレーションを実現

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/22

「飲食店リサーチ」は、飲食店に対して調査・リサーチを行えるサービスです。

飲食店経営者・運営者に対してインターネットリサーチや定量調査(インタビュー)を行い、マーケティングデータを取得することができます。
商品企画、ニーズ調査、試作品の検証、テストマーケティング、自社ブランドの認知度調査、商品の改善、営業やプロモーションの戦略立案、営業資料へのデータ引用など、様々な用途でご活用していただいております。

<飲食店リサーチの特徴>
①様々な飲食店の中から調査対象を絞れる!
…多くの飲食店モニターを抱えているため、業態や決済権の有無での絞り込みだけでなく、そのお店で提供しているメニューや使用している商品・サービスなど、様々な絞り込みが可能です。

②飲食店へのサービス提供の知見により調査をサポート!
…『飲食店.COM』では、飲食店に対し20以上のサービスを提供しており、飲食店に対するマーケティングの知見があります。その知見をもとに、調査手法や調査設計などについてもサポートさせていただきます。

③商品のプロモーションまで一気通貫で実施可能!
…約16万人の飲食店会員基盤を持つ『飲食店.COM』や、飲食店経営者向けWEBメディア『Foodist Media』におけるプロモーションの事例も多数ございます。新商品・新サービスの認知や顧客獲得までサポートすることも可能です。

>>資料の詳細を見る

飲食店向けプロモーションやリサーチなら、飲食店の支援サイト「飲食店.COM」

資料更新日:2020/01/21

飲食店.COMは、店舗物件情報の提供、厨房備品の販売、食材仕入先の選定支援、求人募集の管理など、飲食店開業・出店・運営に役立つサービスをワンストップで提供しています。
こちらでは、約16万名の飲食店開業者様・飲食店オーナー様に向けてプロモーション、アプローチできる広告メニューを用意しています。
会員の内訳として、出店希望者が全体の半数以上を占めており、運営中のユーザーだけでなく、出店前のユーザーも数多く抱えているという点が特徴です。
また、会員の7割近くが首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)在住です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/08

◆直販のみとなっているため代理店、調査会社の方のDLはご遠慮ください◆

=====================================
・成果報酬!
・最短2週間!
・利用期間無期限!
=====================================

特徴をダイレクトに伝える「No.1!」のキャッチフレーズ
No1リサーチ、No1調査についてのご提案です。

様々な広告やホームページなどで「No.1」という表記を目にすることがあるかと思います。
「No.1」「第1位」というキャッチフレーズは、貴社のブランドやサービス・商品の特徴を効果的に伝えることへの貢献を期待できます。

ですが、「自社調べ」や調査専門会社ではない名義での調査結果なども含まれており、
全ての「No.1」を信頼できるとは言えないという実態もあります。

根拠が無い場合や曖昧な場合など、不当景品類及び不当表示防止法などの規定に基づいて、関係省庁からの罰則対象となることもあるようです。

弊社では、今まで培った「企業やサービスの検証・診断力」を用いて、
貴社のブランド・商品・サービスで「No.1」と言えるポイントを確認・検証することが可能です。
インターネットリサーチの仕組みを用いて第三者機関の調査会社として検証を致します。

検証後には、貴社の広告やホームページで「No.1」の表記をご利用いただけます。

東証1部上場企業(株式会社クロス・マーケティンググループ)100%子会社で、
10年以上の企業・サービス力の診断事業を行っているショッパーズアイで、信頼できる調査エビデンスを取得していただけます。

貴社でもインパクトが強い「No.1」のキャッチフレーズを取得されてはいかがでしょうか。

【調査方法】
インターネットリサーチ

No.1検証コンサルタントが取得キャッチフレーズのご提案や、
データ分析まで一貫してご提供致します。

1位取得が出来ない場合には費用は発生いたしません。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/08

◆直販のみとなっているため代理店、調査会社の方のDLはご遠慮ください◆


No.1訴求の効果とは!?
No.1検証リサーチの実施事例と効果検証結果を公開いたします。

=====================================
・成果報酬!
・最短2週間!
・利用期間無期限!
=====================================

特徴をダイレクトに伝える「No.1!」のキャッチフレーズ
No1リサーチ、No1調査についてのご提案です。

様々な広告やホームページなどで「No.1」という表記を目にすることがあるかと思います。
「No.1」「第1位」というキャッチフレーズは、貴社のブランドやサービス・商品の特徴を効果的に伝えることへの貢献を期待できます。

ですが、「自社調べ」や調査専門会社ではない名義での調査結果なども含まれており、
全ての「No.1」を信頼できるとは言えないという実態もあります。

根拠が無い場合や曖昧な場合など、不当景品類及び不当表示防止法などの規定に基づいて、関係省庁からの罰則対象となることもあるようです。

弊社では、今まで培った「企業やサービスの検証・診断力」を用いて、
貴社のブランド・商品・サービスで「No.1」と言えるポイントを確認・検証することが可能です。
インターネットリサーチの仕組みを用いて第三者機関の調査会社として検証を致します。

検証後には、貴社の広告やホームページで「No.1」の表記をご利用いただけます。

東証1部上場企業(株式会社クロス・マーケティンググループ)100%子会社で、
10年以上の企業・サービス力の診断事業を行っているショッパーズアイで、信頼できる調査エビデンスを取得していただけます。

貴社でもインパクトが強い「No.1」のキャッチフレーズを取得されてはいかがでしょうか。

【調査方法】
インターネットリサーチ

No.1検証コンサルタントが取得キャッチフレーズのご提案や、
データ分析まで一貫してご提供致します。

1位取得が出来ない場合には費用は発生いたしません。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/12/02

起きうる失敗と要因の事前把握で、
失敗確率や最大ダメージを下げるために、事業の失敗事例を分析しました!
マーケティングの失敗は勿論、事業全体の成功と失敗について分析!

====
課題の認識が間違っていると施策・打ち手の効果を大きく上げることは不可能。
しかし、多くのケースで、課題がずれていたり、部署や担当者ごとで認識がばらばらだったり、
改善の機会が奪われています。

ただ、忙しく予算もなく、ユーザー理解と戦略最適化はおざなりになってしまっているのが実態ではないでしょうか。

そこで、ユーザー理解ができていなかったことで起こった失敗と、
それを、コスト(お金や人のリソース)をほとんどかけずに解決できる改善方法を
大手ECサイト3社の事例から解説していきます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/08/28

日本国内約5万人のスマートフォン利用ログと、1万人の調査パネルを用いて、日本人の可処分時間の多くを占める「通勤・通学時間」とアプリ利用の関係に関する調査をまとめたレポートです。

アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社が、ネットリサーチ事業を展開する株式会社テスティーとの提携により開発したアプリユーザー意識調査サービス「App Ape Survey(アップ・エイプ・サーベイ)」を通じて実施しました。

スマホアプリユーザーを「通勤・通学時間30分未満」と「通勤・通学時間30分以上」の2つに区分し、それぞれのアプリ利用との関係や特徴ある利用動向を明らかにしたものです。

調査レポートによると、通勤・通学時間30分以上の長時間通勤・通学者は、アプリの起動回数が少ない一方で利用時間が長く、特定のアプリを長時間利用する傾向がありました。長時間通勤・通学者は、エンタメやゲームカテゴリの起動回数が多く、ニュース&雑誌・仕事効率化などの利用時間が長いこともわかりました。

レポートでは短時間、長時間の各通勤・通学者がよく利用しているアプリカテゴリ、起動回数、利用時間、年代の特徴などをまとめています。

ユーザー行動とアプリの利用動態、ユーザー属性などを掛け合わせて人々のインサイトを深掘り調査できる「App Ape Survey」の可能性を、レポートを通じてお伝えできれば幸いです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/07/17

■■ネット炎上補償サービスとは■■
・ネット上に投稿された「炎上」してしまう恐れのあるキーワードを24時間監視します。

・危険性が高い情報が発見された場合、専任担当者がリスクを調査、分析、随時報告。その後の解決策のご提案やサポートまで一括して行います。

・Twitterや口コミサイト、掲示板、ブログを含むWebサイト、検索エンジンに表示される予測キーワードもすべて監視!

・情報が拡散されて「炎上」してしまう前に鎮静化を行います。

・万が一、「炎上」してしまった場合は謝罪、対応方法のコンサルティングから、再発防止のためのコンサルティングまで行い被害を最小限にとどめます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/05/21

【炎上補償サービス】は担当者による目視と弊社独自のシステムで24時間ネット上をモニタリングし、
万が一問題が発生したときの対応方法までコンサルティングするサービスです。

平成29年度総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると国内全体の71.2%がSNSを利用していることがわかっています。
ネットを利用する人々が年々増加していく中で、不用意な書き込みから誰しもが被害者、加害者になりうる社会になっているのです。
早期対応し、リスクを最小限に抑えるためには「炎上補償サービス」が効果的です。


①監視
法人様に対してのネガティブな投稿・情報を監視いたします

②緊急アラート報告
危険性の高い投稿は発見次第、ご報告いたします

③レポート
毎月、投稿内容をまとめたレポートをお送りします(ご要望に応じて週次・日次のレポート送付も可能です)

④分析
過去3,300社以上(2018年11月現在)の取引実績、年間1,000件以上の炎上分析事例に基づいて
投稿された情報のリスク調査、分析をおこないます

⑤コンサルティング
分析結果から投稿への対策方法や再発防止に向けたコンサルティングを行います


【主な導入理由】
・自社で目視監視はおこなっていたが、人件費削減のため導入を検討。
・既に他社で監視サービスなど利用していたが、費用対効果を考えて乗り換え。


どんなに対策をおこなっていても、炎上するときは炎上してしまいます。肝心なのは炎上後に適切な対応をとることです。
弊社では、専任担当による炎上後のコンサルティングによって企業のイメージアップに繋げます。
この機会にぜひ一度ご検討頂けると幸いです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/10/28

世界のビジネスシーンでは、様々なテーマのもとで講演会や展示会が行われるカンファレンス・見本市イベントが多く開催され、多くのビジネスパーソンが参加しビジネスに自らの活かしています。しかし、日本ではこういった大型カンファレンスイベント自体が少なく、また日本から海外に渡航し参加する企業もまだまだ少数です。近年はSXSWやCESなど一部の超大型カンファレンスイベントも注目を集めてきておりますが、そういった機運はまだ一部の人たちのみに留まっている現状があります。そういった状況を鑑みて、日本企業がグローバル視点で成長していくためのサポートを、海外ビジネスカンファレンスへの参加体験を通して提供して参ります。これが「EventGlobe」です。
「EventGlobe」は、2000件を超えるイベント情報を掲載したメディアを無料で提供するとともに、個別企業に合わせたサポートを個別サービスとして対応しております。

【カンファレンスメディアサービス】
あらゆるビジネステーマのもと開催されている世界中のビジネスカンファレンスイベントが集約されたメディア。現在世界20カ国、全2700件以上の世界中のカンファレンスイベント情報を掲載。全てのイベントが統一フォーマットで記載され、カテゴリーやタグなどで簡単便利に検索が可能。

【カンファレンス体験サポートサービス】
①リサーチレポートサービス
特定イベントに関してのリサーチ調査を行い、それをまとめたレポート作成なども
個別でご要望をお伺いし、サービスとしてご提供しています。

②イベント参加ツアーサービス
エアーや宿泊、カンファレンスパスなどの手配に加えて、海外視察ツアーをトータル
でコーディネートするサービス。

③海外での出展アウトソーシングサービス
海外で開催されるカンファレンスイベントへ出展する際に、様々な出展にかかる手続き
からブースのプランニング・制作・運営に至るまでをトータルに請け負うサービス。

④日本でのカンファレンス開催サポート
海外で開催されているビジネスカンファレンスイベントを日本で開催する際、事務局
機能からイベントとしての制作業務などを一括でトータルサポートするサービスも提供。

>>資料の詳細を見る

100件のアイデアを無料で何回でも集められる「ミルトーク」

資料更新日:2019/04/22

消費者のリアルなホンネを無料で100件、集められる新感覚マーケティングサービス「ミルトーク」のハウツー資料です。
掲示板で100件までアイデアを集めることができる「きいてミル」を使いこなす極意がまとめられています。
また、オンライン上でユーザーに直接インタビューができる「トークルーム」で、有益な情報を引き出すための5つのコツも集約されています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/09/11

AI(人工知能)をビジネスに活用したいけど、どうしたらよいのかわからない。
AI活用診断サービス Miriseは、AIを社内でどのように活用できるかご提案するサービスです。
弊社のデータサイエンティストが、AI活用方法をご提案いたします。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2017/03/08

マーケティング担当者が競合の製品調査や、キャンペーン動向などを探ったり、営業担当者が見込みクライアントの価格調査等をする上で、競合のWebサイトやベンチマークサイトに更新や変更がないか定期的にモニタリングする必要があります。
これは重要な業務である一方で、地味で、人間の目で見るだけでは
細かい変更や、ソースレベルの変更になかなか気づけません。

そこで、独自のクローリング技術や画像・テキスト解析技術を用いて、競合サイトや、ベンチマークサイトの変更のモニタリングをオートメーション化できたらいかがでしょうか?本資料では、それを可能にする最先端ツール「Asari Monitoring」をご紹介します。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top