国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー
メディア担当者のつぶやき・めでぃつぶ
アンダーライン
公開日:2020年12月22日 更新日:2020年12月23日

ネットリサーチとは?市場規模や相場、方法と各社の比較ができる資料まとめ

ネットリサーチとは?市場規模や相場、方法と各社の比較ができる資料まとめネットリサーチとは?市場規模や相場、方法と各社の比較ができる資料まとめ

ネットリサーチとは

ネットリサーチとは、企業が顧客の意見を集めるために行うインターネットを利用した市場調査の1種です。事前に登録したWeb上のアンケートモニター会員に対してメールやアプリでアンケートを依頼し、会員がWeb上のアンケート画面で回答する手法となっています。元々は訪問面接調査や街頭アンケート、郵送調査などの手法で市場調査を行っていましたが、ネット上で完結できるので従来の手間を削減することができました。

ネットリサーチのメリットとデメリット

ネットリサーチには様々なメリットとデメリットがあります。

ネットリサーチのメリット

自動で実施・集計するため、紙で実施した調査に比べコストや納期が大幅にカットできるので、短期間での調査が可能となります。また、アンケートモニター会員が空き時間で回答可能なため、回答のハードルが低く調査対象者や回答を集めやすくなります。また匿名性が高くインターネットを媒介するため、対象者属性を絞り込みやすく調査の精度を高められるメリットがあります。

ネットリサーチのデメリット

デメリットは、インターネットの利用率やアンケートモニターサービスの認知度によって回答者の偏ることが挙げられます。特に高齢者などはインターネットの利用率が低いので個体値の世代差が生じる可能性があります。また、報酬目的や短時間回答を目的に虚偽回答をする悪質なユーザーも一定数います。そのため、従来の調査よりも信頼性が低いデータが集まる側面があります。

ネットリサーチの市場規模

アンケート実施方法の中でも年々シェア伸ばし、1999年は全体の2%だった。2006年までの8年で30%まで拡大。
日本の市場調査業界の2017年度の市場規模は2,147億円でした。市場規模自体は年々増加傾向にあります。中でもインターネット調査は705億円程度で、全体の30%を占めています。

ネットリサーチの相場と料金表の具体例

ネットリサーチにかかる費用は基本的に設問数と回答数のよって決められます。実際の実績を見てみましょう。
・A社の場合
設問数 5問、100サンプル回収の場合は3万円~ 4万円
設問数10問、100サンプル回収の場合は4万円~ 5万円
設問数10問、200サンプル回収の場合は7万円~10万円

・B社の場合
設問数 3問、100サンプル回収の場合は5万円~
設問数10問、100サンプル回収の場合は9万円~

ネットリサーチの活用方法の事例

①消費者の意識調査
企業の開発担当やマーケティング担当は商材やブランドの認知度や関心度を検証できます。事前に仮説を立てた上で調査することが重要です。
②ブランドのA/Bテスト
企業の開発担当やデザイナー、広告代理店対は複数のコンセプト案や企画案を提示し、その案に対する感覚やイメージを調査することで、ユーザーが好むコンセプトに形成が可能となります。
③顧客満足度調査
企業の販売員や営業担当は利用された商材に対し手の評価を調査することで、商材に対する満足度を把握できます。また満足度の向上に向けて何が必要か対策を考えることも可能です。
④プレスリリースの資料
企業の広報担当者やPR担当者はプレスリリースなどのPRに信頼性を裏付けるために必要なエビデンスを調査し、その結果を掲載できます。
⑤学術調査の資料
大学教授や卒論作成者は研究で忙しく時間がないこともありますが、アウトソーシングし短期間で必要な調査の完了が可能です。
⑥従業員満足度調査
企業の経営者や総務部は、高い匿名性により本音が言いやすいインターネット上で従業員の実情を把握することができ職場環境の改善に役立てることができます。

ネットリサーチの比較

ネットリサーチでは、自社で考えた仮説を基に的確な検証をすることが最も大切です。設定やターゲティングなどは各社で異なるので、より自社の目的に沿ったサービスを利用するために各社の比較を必ず行うことが推奨されます。下記では、ネットリサーチについての資料を掲載しました。資料のダウンロードは無料なので、ネットリサーチを検討されている方は比較や条件設定に是非ご活用ください。

【10代20代がターゲットの事業者必見】各業界のネットリサーチ活用事例集 | 株式会社TesTee

< 株式会社TesTeeとは…? >
10代20代を中心としたアンケートモニター200万人を抱えるアプリ” Powl ”を運営。
若年層パネルを多く抱えることを強みに、アプリ事業者や若年層向け事業者へのネットリサーチを行っています。

<TesTeeの強み>
“若年層リサーチ×スピード回収”

リサーチ業界で回収が厳しいとされている若年層パネルを多く抱えています。
スマホアプリでアンケートを回収するため、急ぎの日程でも納品可能です。

調査して終わりではなく、次の打ち手までサポートします。

<クライント例>
■広告代理店
担当クライアント用のエビデンスとして、広告効果測定やブランドリフト調査などを提供しています。

■はじめてリサーチを行う企業
リサーチは未経験で、意思決定の判断材料や、自社他社比較などを行いたい企業様をサポートしております。

■納期をお急ぎの企業
自社プラットフォームで広告出稿されているクライアント向けデータなど、スピード重視で依頼をいただきます。

■BtoC/BtoB企業
業界や商材にかかわらず、様々なニーズに対してリサーチで課題解決をさせていただきます。

<過去に実施したネットリサーチの事例>
・数百万人超えのユーザー数の動画アプリの満足度・認知度調査
・新規事業実施前の市場調査
・競合サービスと自社サービスを比較したSWOT分析
・自社アプリ掲載の広告の態度変容測定
・動画広告によるブランドリフト調査

上記以外にも、事例資料で詳しくご紹介しています。

<導入実績のある業界>
広告代理店/動画アプリ/ニュースアプリ/SNS/通信/メーカー/美容/医療/テレビ/コンサルティング/人材/転職/就職/新卒/音楽/Webサービス/Webメディア/アミューズメント/エンターテイメント/報道/新聞/マーケティング/フィットネス/筋トレ/調査会社/広報代理店/レーベル/メーカー 他多数

<ネットリサーチを活用して事業推進をしませんか?>

何ができるかよくわからず予算を投下しにくいネットリサーチ。
TesTeeなら、不明瞭な課題に対してもネットリサーチを活用して事業推進をサポートできます。
ご不明点、ご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

https://media-radar.jp/detail9671.html

飲食店を支援したい皆様へ―飲食店向けプロモーションや調査なら「飲食店.COM」 | 株式会社シンクロ・フード

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、外食業界は大きなダメージを受けています。
事前予約のキャンセルが相次いだり、夜の繁華街が閑散としたり、
大幅に来客数が減り、売上が前年比で大きく落ち込むお店も多く存在します。

飲食店.COMは、店舗物件情報の提供、厨房備品の販売、食材仕入先の選定支援、求人募集の管理など、飲食店開業・出店・運営に役立つサービスをワンストップで提供しています。
こちらでは、約19.1万名の飲食店開業者様・飲食店オーナー様に向けてプロモーション、アプローチできる広告メニューを用意しています。
会員の内訳として、出店希望者が全体の半数以上を占めており、運営中のユーザーだけでなく、出店前のユーザーも数多く抱えているという点が特徴です。
また、会員の7割近くが首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)在住です。

セミナーや展示会などリアルイベントの開催は自粛ムードですが
Webを通じて、厳しい状況にある飲食業界を支援・サポートしたい、とお考えの会社様は是非お役立てください。

https://media-radar.jp/detail5934.html

No.1表記で御社のサービスをブランディング No.1リサーチ | 絆ホールディングス株式会社

日本マーケティングリサーチ機構のNo.1調査とは?

インターネットサイトや電車の広告などで、「第1位」「No.1」などの表示をご覧になった事はないでしょうか?
企業にとって自社商品の強みを「No.1」として打ち出すことは、自社商品をよりユーザーに理解してもらえる最も効率的な表現のはずです。
ですが、この「No.1」表示を根拠なしに表示してしまうと、不当景品類及び不当表示防止法の規定に基づき、関係省庁からの罰則対象となってしまいます。 弊社の「No.1調査」は、客観性や公平性の高いインターネットリサーチを行い、貴社の「No.1」を証明いたします。
それにより、各種媒体(リクルート系媒体、テレビCM、タウンページetc…)にて、自信をもって貴社がNo.1を謳っていただくためのサービスです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
サービス詳細
━━━━━━━━━━━━━━━━

インターネットにてアンケート調査を行い
一般の方々から選ばれた場合、
「お客様満足度No.1」「○○部門No.1」といったような広告表記を行えるようになります。

また、第1位を獲得していただいた際に
成果とさせていただく【完全成果報酬型】のサービスでございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━
導入のメリット
━━━━━━━━━━━━━━━━

・競合との差別化が図れる
・企業または商品やサービスのブランディング向上
・サービスや商品の強みがしっかり伝わる
・企業または商品やサービスのCTR,CVR向上

━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちが選ばれる理由
━━━━━━━━━━━━━━━━
・ネットリサーチ日本国内
トップクラスの実績
市場調査、実績調査、No.1調査などクライアントの課題に応じた多種多様なソリューションを保有しております。

・調査手法が豊富
インターネットリサーチ、オフライン調査など、豊富な調査手法を保有しております。これによりクライアントの課題をさまざまな側面から解決が可能となります。

・豊富な実績数
日本マーケティングリサーチ機構は豊富な実績数を保有しております。加えて、一部上場企業など規模感の大きな企業様の調査も担当しておりますので、多くのナレッジが溜まっております。

https://media-radar.jp/detail9548.html

LINEユーザーに調査できるオープン型リサーチ。来場者など大規模なアンケートも。 | LINE株式会社

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチのオープン型リサーチは、QRコード※やアンケートURL、Beaconを利用して
LINEアプリからアンケートを実施できるメニューです。
※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。

あなたが声を聞かせてもらいたい人は、普段何を使っていますか?
コミュニケーションはもちろん、サービスも広告も、
あらゆるものがスマートフォンへシフトしています。
LINEリサーチがあなたのスマホリサーチのお手伝いをいたします。

【オープン型リサーチができること】
①LINEアプリがあれば誰でも回答可能
②インセンティブにLINEポイント
③公式アカウントの活用や友だち追加
④回答結果はリアルタイムにwebレポートで

【媒体資料の内容】
・オープン型リサーチとは?
・オープン型リサーチでできること
・オープン型リサーチ実施フロー
・機能:LINEポイントを謝礼として利用
・機能:リアルタイムレポート
・オプション機能:回答後遷移先指定
・オプション機能:自動友だち追加(コンサルプランのみ)
・オプション機能:UID提供(コンサルプランのみ)
・調査スペック
・実施費用とオプション費用
・セルフプラン実施までの流れ
・LINEリサーチへのお問合せ

————————————————————————

#LINE #LINE広告 #LINEマーケティング #LINEアンケート #LINEリサーチ #スマホ調査 #市場調査 #ミレニアム世代 #若年層 #JKDK #高校生 #スピード回収 #効果測定 #可視化 #純広告
#バナー広告 #位置情報広告 #ジオターゲティング広告 #社会人 #OL #ファミリー #主婦 #主夫 #シニア #高齢者 #高所得 #富裕層 #経営者 #接触ログ #ブランドリフト調査 #広告認知デイリー調査

https://media-radar.jp/detail11963.html

コロナ渦の顧客行動・マインド変化調査結果|位置情報を使ったインターネットリサーチ | クロスロケーションズ株式会社

◆直販のみとなっているため代理店の方のDLはご遠慮ください◆

位置情報を使ったインターネットリサーチで消費者の行動変化・マインド変化を調査しませんか?
「XL ロケーションベーベースアンケート」は、位置情報ビッグデータを元にターゲットを選定、消費者の行動から対象をあらかじめ絞った形で実施できるDIY型のアンケートメニューです。

あなたが声を聞かせてもらいたい人は、最近どのようなライフスタイルかご存知ですか?

コロナウイルスの影響により消費者の行動やマインドは、大きく変化し、
今後も消費者に選ばれるお店・商品として成長していくためには、より一層の消費者理解と
新たなライフスタイルに合わせた「マーケティング戦略」が不可欠です。
クロスロケーションズが、あなたの顧客理解のためのリサーチ活動をお手伝いをいたします。

本資料では、コロナウイルス流行前後で消費者のスーパーへの利用動向調査結果をご紹介していますので、皆様の業務のご参考になりますと幸いです。

【XL ロケーションベースアンケートができること】
① 実際自社のお店へ訪れているエリアだけを絞った調査が可能
② 競合と自社の併用率・併用エリアを分析した上での調査が可能
③ アンケート内容は自由に設定できるDIY型

XL ロケーションベースアンケートは、Location AI Platformのご契約が必要になります。

#アンケート #リサーチ #スマホ調査 #市場調査 #商圏レポート #来訪計測
#効果測定 #可視化 #バナー広告 #位置情報広告 #ジオターゲティング広告 #SNS広告 #Facebook広告 #Instagram広告 #サイネージ広告
#社会人 #OL #ファミリー #主婦 #主夫 #妊婦 #シニア #高齢者 #高所得 #富裕層 #ミレニアム世代

https://media-radar.jp/detail12061.html

24時間セルフ型アンケートツール | アイブリッジ株式会社

●「Freeasy(フリージー)」とは
初期・月額無料で24時間365日いつでも450万人の調査モニターに対し
ネットリサーチが実施できるセルフ型アンケートツールです。
最短10分後にアンケートを開始することができるため、
急な社内会議や営業資料等、急遽データが必要な時にも間に合います。

1問1回答@10円で500円から気軽にアンケートを実施できるツールとして、
1000社を超えるお客様にご利用いただいております。

●Freeasyが選ばれる理由
・今すぐ!を叶えるスピーディーなアンケート回収
・高機能で500円から利用可能!
・グラフカスタムが可能。アウトプットも自由自在!
・様々なシーンの画像回収が可能!
・専任スタッフがアンケートの添削まで手厚くサポート

https://media-radar.jp/detail6785.html

マーケティング×実行人材最適化で売り上げ・ブランディング課題を解決! | 株式会社まーけっち

ユーザリサーチノウハウと700万人のユーザーネットワークを活用し、競合や離脱ユーザーにもリーチ。
市場調査だけではなく、課題解決のための施策出しや商品・サービスのプロモーションまで行うことのできる、
費用対効果の高いリサーチ×プロモーションサービスです。
WEB/アプリは勿論、商品の購買誘導や店舗誘導も可能です!

【ポイント】
ポイント1:700万人のユーザーからリサーチ対象者を抽出
ポイント2: マーケティングに本当に必要なサービス離脱者のデータ収集が可能!
ポイント3:リサーチの価格破壊!低価格・アクション保証でのPRリサーチを実現

成果報酬型の「ターゲティングプロモーション×拡散」では、
単なるネットリサーチにとどまらず、商品やサービスのプロモーションまで行える、費用対効果の高いメニューとなっています。

通常のネットリサーチでは、アンケートを実施後その結果を自社で分析し、
今後のマーケティング活動につなげていく必要があります。
このやり方では、時間やコストがかかるため、すぐに結果を出したいというときには不向きです。

一方、成果報酬型「ターゲティングプロモーション×拡散」メニューでは、
実際に商品やサービスを対象者に利用してもらうことで生の声を吸い上げることができるだけではなく、
対象者にSNSでの口コミ拡散や、ECサイトへのレビューへの書き込みを誘導。自然かつ効果的なPRにつなげることが可能です。

コストや時間をかけず、効率的にユーザーのニーズを把握し、迅速に集客や拡散まで行いたい。
そのようなときに「まーけっち」の「ターゲティングプロモーション×拡散」が有効なのです。

https://media-radar.jp/detail6995.html

【食品、洗剤メーカーさま】小学生のスポーツする子としない子を持つママの違いは? | 株式会社イースリー

スポーツしている子どもを持つ親と
スポーツしていない子どもを持つ親ではどう違うの?
がわかるマーケティングデータです!!
1,649名の有効回答を得ました。

スポーツをする子どもを持つ家庭は、
1ヶ月の食費に7万円以上かかる割合が3.5倍以上!

スポーツをする子どもを持つ母親の
約9割が購入する食品の栄養素をチェック!

スポーツをする子どもを持つ母親は、
食品の栄養素の量を
チェックしている割合が約4倍!

スポーツをする子どもを持つ母親の
お弁当を作る頻度は、
週1回以上の割合が約2倍!

スポーツをする子どもを持つ母親の
85%が飲料に含まれる成分を気にしている

スポーツをする子どもを持つ母親の
8割が含まれる成分で飲料の購入を決めた経験を持つ

スポーツをする子どもを持つ母親が、
子どもにフルーツジュースを飲ませる頻度は、
週1回以上の割合が約2倍!

スポーツをする子どもを持つ母親の
洗濯で落ちない悩み第1位は「臭い(68%)」
子どもがスポーツをしていない母親の2倍以上!

スポーツをする子どもを持つ母親の
洗濯用洗剤の購入頻度は、
週1回以上の割合が3倍以上!

月間50万人が見る少年サッカーの保護者向けメディア「サカイク」を運営する株式会社イースリーと、670万人が利用する連絡網サービス「らくらく連絡網」を運営する株式会社イオレは、この度、共同でインターネットリサーチを実施。

普段スポーツをしている子どもを持つお母さんと、
スポーツをしていない子どもを持つお母さんで、
「食事」、「飲料」、「洗濯」に関して、
普段の行動、商品の選択においてどのような有意差が見られるか調査し、
1,649名の有効回答を得ました。

弊社は下記アプローチが可能です。
サカイク・ヤキュイク(少年サッカー・野球の親) 月間65万UU
30万サンプリング可能
小学生のママ6割のデータを保有するスポイクDMP

是非スポーツする小学生の親へのアプローチのご提案をさせて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

https://media-radar.jp/detail9824.html

【調査票作成のポイント~設問文と選択肢のワーディング~】 | 株式会社ネオマーケティング

■本資料は、マーケティングリサーチを行う際の調査票作成のポイントについて、まとめています。

アンケート調査を行う上で必要なのは「調査票」です。

調査票とは、調査の対象者に聞く質問の内容をまとめたもので、質問文と選択肢、自由解答欄などによって成り立っています。

ネットリサーチの場合は、調査票の内容がそのままWebページ上で回答できるものになり、会場調査やホームユーステストの場合は、調査参加者が記入するアンケート用紙になります。

そのため、欲しいデータが取得できる調査票であることが非常に重要です。

調査票を作成する時に気を付けるポイントの一つに「ワーディング」があります。

ワーディングとは、求める情報を確実に取得できるように質問文を構成する単語を選び、文章を構成することです。

今回は調査票を作成する際の、文の書き方、単語の選び方、説明の具体性などについて、ここだけは押さえておきたいポイントをご紹介します。

https://media-radar.jp/detail10261.html

通勤時間が長い人が使うアプリとは?「App Ape Survey調査レポート」 | フラー株式会社

日本国内約5万人のスマートフォン利用ログと、1万人の調査パネルを用いて、日本人の可処分時間の多くを占める「通勤・通学時間」とアプリ利用の関係に関する調査をまとめたレポートです。

アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社が、ネットリサーチ事業を展開する株式会社テスティーとの提携により開発したアプリユーザー意識調査サービス「App Ape Survey(アップ・エイプ・サーベイ)」を通じて実施しました。

スマホアプリユーザーを「通勤・通学時間30分未満」と「通勤・通学時間30分以上」の2つに区分し、それぞれのアプリ利用との関係や特徴ある利用動向を明らかにしたものです。

調査レポートによると、通勤・通学時間30分以上の長時間通勤・通学者は、アプリの起動回数が少ない一方で利用時間が長く、特定のアプリを長時間利用する傾向がありました。長時間通勤・通学者は、エンタメやゲームカテゴリの起動回数が多く、ニュース&雑誌・仕事効率化などの利用時間が長いこともわかりました。

レポートでは短時間、長時間の各通勤・通学者がよく利用しているアプリカテゴリ、起動回数、利用時間、年代の特徴などをまとめています。

ユーザー行動とアプリの利用動態、ユーザー属性などを掛け合わせて人々のインサイトを深掘り調査できる「App Ape Survey」の可能性を、レポートを通じてお伝えできれば幸いです。

https://media-radar.jp/detail9247.html

海外調査・在日外国人へのアンケート/インタビューはアスマークにお任せください! | 株式会社アスマーク

海外への消費者調査(グローバルリサーチ)はアスマークにおまかせください。

「海外でグループインタビューやデプスインタビューを実施したい」
「海外で自社製品の試食調査を実施したい」
「海外で医療従事者や患者にインタビューしたい」という方へ

◆各国のスタッフが連携し、国内と同じクオリティでサービスを提供いたします

【定量調査】
・アンケート(オンライン、オフライン)
・ホームユーステスト
・会場調査

【定性調査】
・グループインタビュー
・デプスインタビュー
・電話インタビュー
・エスノグラフィー(ホームビジット、日記調査など)

◆対応国例

アメリカ、オーストラリア、ドイツ、中国、韓国、台湾、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、アフリカ・中東

◆社内&海外現地パートナーによる手厚いサポートで安心してお任せいただけます

調査票やインタビューフローなどの作成や翻訳をする際は、現地の方の感覚に合った言葉選びが非常に重要となります。また、調査目的が同じ場合でも、現地の環境に合わせて実施方法を変える必要があります。当社には上記のような現地の特色を熟知したスタッフが在籍し、調査の企画や設計をサポートさせていただきますので、海外調査に慣れていないお客様でも安心してお任せいただけます。

◆調査事例

■日本・中国・アメリカ ネットリサーチ 各国500サンプル
・ 調査目的: 電子機器の利用実態について調査
・ 対象条件: 指定の商品の現ユーザーと非ユーザー

■中国(上海) デプスインタビュー 10名
・ 調査目的: 宿泊先や航空会社を選定する際の基準や優先事項をヒアリング
・ 対象条件: 頻繁に海外出張に行く機会がある中国企業ビジネスマン/出張時、宿泊先と航空会社の決裁権あり

■アメリカ(NY) 会場調査 100名
・ 調査目的: 国内で展開している食品を試食してもらい、受容性を調査
・ 対象条件: お子様を持つ母親、普段からお子様の食生活に気を遣っている方

https://media-radar.jp/detail7505.html

ネットリサーチならマクロミル | 株式会社マクロミル

マクロミルは、高品質・スピーディな市場調査を提供する、
マーケティングリサーチのリーディングカンパニーです。
ネットリサーチ日本国内・海外トップクラスの実績があります。

アンケートの種類
・Webアンケート
・日記形式アンケート
・オンラインインタビュー調査
・商品モニター
・座談会
・会場調査

サービス特徴
・お申込みから納品までリサーチ開始後、24時間以内に納品。お申込みからは最短で3営業日。
・マクロミルモニタ120万人のほか、提携パネルのYahoo!リサーチ・モニター、
GMOリサーチのJAPAN CLOUD PANELなど、他社のパネルを利用した調査も可能。
(日本国内リサーチ対象パネル 1,000万人以上)
・海外自社パネルは28カ国1,000万人、提携パネルを加えると90カ国11,000万人以上の
パネルネットワーク。

https://media-radar.jp/detail8258.html

MT Proネットリサーチ | 株式会社メディカルトリビューン

医師向け専門情報サイト「MT Pro」の登録会員を対象としたネットリサーチサービスです。勤務形態(勤務医、開業医)、診療科目、年齢、地域など、クライアントニーズに応じたセグメントが可能で、調査の設計から集計までを行います。低コスト・短期納品が大きな特徴です。

https://media-radar.jp/detail2699.html

飲食店を対象とした調査・リサーチなら「飲食店リサーチ」にお任せください! | 株式会社シンクロ・フード

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、外食業界は大きなダメージを受けています。
事前予約のキャンセルが相次いだり、夜の繁華街が閑散としたり、
大幅に来客数が減り、売上が前年比で大きく落ち込むお店も多く存在します。

「飲食店リサーチ」は、飲食店に対して調査・リサーチを行えるサービスです。

飲食店経営者・運営者に対してインターネットリサーチや定量調査(インタビュー)を行い、マーケティングデータを取得することができます。
商品企画、ニーズ調査、試作品の検証、テストマーケティング、自社ブランドの認知度調査、商品の改善、営業やプロモーションの戦略立案、営業資料へのデータ引用など、様々な用途でご活用していただいております。

<飲食店リサーチの特徴>
①様々な飲食店の中から調査対象を絞れる!
…多くの飲食店モニターを抱えているため、業態や決裁権の有無での絞り込みだけでなく、そのお店で提供しているメニューや使用している商品・サービスなど、様々な絞り込みが可能です。

②飲食店へのサービス提供の知見により調査をサポート!
…『飲食店.COM』では、飲食店に対し20以上のサービスを提供しており、飲食店に対するマーケティングの知見があります。その知見をもとに、調査手法や調査設計などについてもサポートさせていただきます。

③商品のプロモーションまで一気通貫で実施可能!
…約17.6万人の飲食店会員基盤を持つ『飲食店.COM』や、飲食店経営者向けWEBメディア『Foodist Media』におけるプロモーションの事例も多数ございます。新商品・新サービスの認知や顧客獲得までサポートすることも可能です。

外食業界の現状を把握し、今後の事業構築・戦略策定に活用したいとお考えの会社様は是非お役立てください。

https://media-radar.jp/detail6625.html

業界最大級のリサーチプラットフォーム。豊富な若年層のモニターにアンケート配信。 | LINE株式会社

※同業他社にあたる調査会社様のダウンロードはご遠慮ください。

LINEリサーチは、業界最大級のリサーチプラットフォームです。
保有するアクティブモニターの総数は約530万人以上。10-20代の若年層が豊富です。
また、他社アンケートモニターへ「登録していない」フレッシュサンプルの割合は約7割。

【LINEリサーチの特徴】
①スマホ時代にあうモニター組織
②豊富な若年層のモニター
③LINEならではのスピーディーな回収

【目次】
01_サービス概要
・LINEリサーチとは
・LINEリサーチモニターデータ

02_リサーチメニュー
・リサーチメニューについて
・サポートコースとは
・サポートコース 写真提出機能について
・サポートコース サブパネルについて
・サポートコース 料金
・サポートコース ご利用フロー
・ライトコースとは
・ライトコース 料金
・ライトコース ご利用フロー
・定性調査とは
・定性調査 料金
・定性調査 ご利用フロー

03_よくある質問・お問合せ
・LINEリサーチについて
・サポートコースについて
・ライトコースについて
・定性調査について
・お問合せ

————————————————————————

#LINE #LINE広告 #LINEマーケティング #LINEアンケート #LINEリサーチ #スマホ調査 #市場調査 #ミレニアム世代 #若年層 #JKDK #高校生 #スピード回収 #効果測定 #可視化 #純広告
#バナー広告 #位置情報広告 #ジオターゲティング広告 #社会人 #OL #ファミリー #主婦 #主夫 #シニア #高齢者 #高所得 #富裕層 #経営者 #接触ログ #ブランドリフト調査 #広告認知デイリー調査

https://media-radar.jp/detail11975.html

課題と目的別:マーケティングリサーチ手法の選び方 | 株式会社ネオマーケティング

マーケティングリサーチには、インターネットリサーチ、会場調査、インタビュー調査、ホームユーステストなど、様々な手法があります。
どのように適切なマーケティングリサーチの手法を選べばよいのでしょうか。

今回は、課題や目的ごとにどのようなマーケティングリサーチの手法が有効なのか、ということをホワイトペーパーでご紹介します。

マーケティングリサーチの経験が豊富な方であれば、抱えている課題や目的に合わせて、必要な手法を選択できることができるでしょう。
手法ごとの注意点、得られるデータの特性、その後の活かし方までが企画の段階で考慮されているからこそ、適切な手法で効果的なマーケティングリサーチを行うことができます。

しかし、マーケティングリサーチの経験がそこまでない方の中にはいま抱えている課題や目的ごとに適した手法の種類や、手法ごとに取得できるデータの違いを十分に理解しきれていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

課題や目的に対応したマーケティングリサーチの手法が知りたいという方はぜひご覧ください。

https://media-radar.jp/detail9201.html

ブランド認知度調査(Webアンケート/ネットリサーチ)で戦略策定の指標を作る! | 株式会社アスマーク

競合ブランドとの差別化のため、自社のブランド・アイデンティティの見直しを行なうことで、現在のブランド認知度を把握し、戦略策定の指標とすることができます。
ブランド認知度調査はブランディングの基礎データとなるものであり、実施により下記のデータが得られます。

①ターゲットにおける、ブランドの認知とそのきっかけ・使用状況の把握、及び、トラッキング
②ターゲット市場におけるブランドのイメージ・ポジションの把握
③ブランドの選定要因

◆ブランド認知度調査が必要な理由
⇒消費者の商品/サービス購入までのフローにおいて、「認知」が不可欠

・まずは自社を知っていてもらうことが大前提
・自社の商品ブランドをきちんと認知してもらう事が非常に重要
・Aという商品を思い出すのに外部から何かアシスト(POPや広告等での刺激)が必要かどうかで、購入する割合が大きく異なる

◆ブランドの定期健診
⇒人間が年に一度健康診断を受診するように、ブランドの健康状態も定点的に診ておくことが望ましいです。
定点的にブランド認知度調査を実施することにより、現状の問題点を正しく捉えることができます。定期的に実施することで、鈍化の予兆をいち早く察知することができます。

・上市時に設定したセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングに対して、市場に変化がないかどうか、またその影響がないかどうかを調べる
・ブランドの売れ方・買われ方を確認し、当初のブランド設計図と合致しているか、競合と比較してのブランドの強み・弱みは何かなどを整理する
・商品カテゴリーやブランドに対する消費者の意識を探り、商品認知からのプロセスに沿った浸透状況と、その事象の理由を把握する

総合的に分析し、要因を明確にし、打つべき対策・施策の方向性を明らかにしましょう。

https://media-radar.jp/detail6319.html

定性調査(インタビュー調査)でペルソナ構築、ユーザーのニーズを理解する! | 株式会社アスマーク

定性調査(インタビュー調査)とは「ターゲットの意識や行動レベルに関して意見を中心に情報を収集」する調査方法であるため、「どうしてその行動を取るのか?」という意志決定に至るまでの動機や理由を明らかにすることができます。
定性調査(インタビュー調査)でペルソナ(「売りたい」人の具体的な人物像)を描くことで、「何を」「どこで」「どのように」売れば良いのか戦略を立てやすくなります(=具体像がないと戦略がぼやける。)

定量調査(数値)に対し定性調査(言葉/情報)は調査結果をどう活かせば良いのか、分析方法がより専門的になります。
リサーチ初心者にもわかりやすく定性調査(インタビュー調査)の特徴と、成功させるポイントをご紹介します。

https://media-radar.jp/detail6322.html

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る