国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,833件  会員数100,870人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2023年01月13日 更新日:2023年01月13日

【2023年版】ビジネスメディアおすすめ23選!特徴、資料まとめ

【2023年版】ビジネスメディアおすすめ23選!特徴、資料まとめ【2023年版】ビジネスメディアおすすめ23選!特徴、資料まとめ

ビジネスメディアとは

ビジネスとは、businessと記し、仕事や職業、事務の意味です。しかし一般には仕事にかかわる周辺事情を含む包括的な概念として使われ、経済活動全般を示します。 メディアとは、mediaと記し、伝達手段や媒体の意味です。株式会社電通が毎年発表している「日本の広告費」によれば、メディアとは、「マスコミ4媒体」「プロモーション・メディア」「インターネット」の3つに分類されます。「マスコミ4媒体」とは、新聞・TV・雑誌・ラジオを意味し、「プロモーション・メディア」とは、屋外広告や折込チラシ、DM、フリーペーパーなどです。従って、ビジネスメディアとは、経済活動全般の情報を扱うマスコミやWebサイトを示します。こうしたメディアは、収益源別に「広告モデル」や「直接課金モデル」、「ECモデル」に分けられます。「直接課金モデル」とは、有料会員やサブスクリプションを収益源とするメディアモデルで、「ECモデル」とは、ビジネスメディアで集客したユーザーに直接コンテンツを販売したり、自社サイトへ誘導し商材を販売したり、するメディアモデルです。ビジネスメディアは、ニュースや情報、インタビュー、ビジネスノウハウなどで一般的に構成されています。ターゲットも経営者層から新社会人、転職希望者など幅広く、特定業界に絞り込んだメディアも多数存在します。

ビジネスメディア23選

ここでは、ビジネスメディアのうち、インターネットを通じたWEBメディアを紹介します。 「日本の広告費」 によれば、2019年インターネット広告費がTVCMを上回り、メディアの主役がマスコミからWebに移行しました。 また、Webメディアは「広告モデル」や「直接課金モデル」だけでなく、コンテンツやテンプレートを直接販売・配布できるなどユーザーとの強いコミュニケーションがとれる点が魅力です。さらに、テキストだけでなく動画や音声など、単なるマスコミのWeb版に収まらず、ユーザーメリットが進化し続けています。
メディアレーダー上に掲載されている場合、各メディアの広告媒体資料もまとめていますので、ご興味のある方はぜひダウンロードしてご活用ください。

ITメディアビジネスオンライン

ITメディアビジネスオンラインは、ITとその周辺領域では国内最大級の規模を誇るインターネット専業のメディア企業「アイティメディア株式会社」が運営するビジネスメディアです。 「メディアの革新を通じて情報革命を実現し社会に貢献する」ことをミッションとし、「経営に価値あるDSXの視点」から情報提供しています。 そのため、情報は毎日更新され、ニュースや専門家の記事の他に、ウェビナーやバーチャルイベントなどの開催、市場調査なども取り扱い、トップページには3種類のDX項目を設置し、経理や総務、人事、マーケティング等部門ごとの専用ページを設けている点が特徴です。

ツギノジダイ

ツギノジダイは、中小企業の課題解決に向けて情報提供する、朝日新聞が運営するWebメディアです。 後継者不足など中小企業の様々な課題を解決するため、実際に売上アップに成功した事例や事業を承継した経営者のインタビューを通じて実践的なノウハウや選択肢を紹介すると共に、海外の最新ビジネストレンドも取り上げ、新規事業のアイデア創出に役立つ情報も提供して、イノベーションを促すことにも貢献しています。 また、補助金や法令改正情報、DX、Defiなど最新のビジネス用語解説、ビジネステンプレート提供を通じて、読者と共に考えていくことを目指しています。

中小企業向けWEBメディア「ツギノジダイ」/次世代を担う全てのビジネスパーソンへ | 株式会社朝日新聞社

株式会社朝日新聞社の媒体資料
https://media-radar.jp/detail12722.html


現代ビジネス

現代ビジネスは、講談社が運営するWebメディアで、週刊現代と署名記事のポータルサイトです。 サイトは、政治及び経済・企業、国際、社会、ライフ・スポーツ、本・教養の6つで構成され、週刊現代の転用記事や高橋洋一や野口悠紀雄、永濱利廣などの専門家、林真理子などの著名人の記事を閲覧できます。 他のビジネスメディアと異なり、政治に対する明白な意見を表明することが多いことが特徴で、スポーツ記事やエンタメ情報、毎日更新されるマンガ記事が多数掲載される点も魅力です。有料会員登録すれば2万点以上の良質な記事が読み放題になります。

現代ビジネス媒体資料~ビジネスジャンルNo.1の3.5億PVで広くお届けします~ | 株式会社講談社

株式会社講談社の媒体資料
https://media-radar.jp/detail14806.html


プレジデントオンライン

プレジデントオンラインは、アッパー層をターゲットとする雑誌「プレジデント」発行者が運営するWebメディアです。 同じ読者層に向けて改めて記事を選び抜き、ビジネスやマネー、政治経済、キャリア、ライフ、社会の6分類で構成され、プレジデントからの転載記事の他、オンライン編集部独自の記事や他のビジネスメディア記事も掲載されています。 無料の会員を登録するだけで、メールマガジンの受領や記事の印刷機能を利用できるほか、大前研一氏や藤巻健史氏など著名人の記事など2万本以上の記事が、閲覧できる点が他のビジネスメディアには無い魅力です。

【経営者層、ビジネスマンにリーチ】PRESIDENT Onlineユーザーデータ | 株式会社プレジデント社

株式会社プレジデント社の媒体資料
https://media-radar.jp/detail5967.html


日経ビジネス電子版

日経ビジネス電子版は、1969年創刊され、国内経済誌として国内最大の読者を有する「日経ビジネス」が運営しているメディアです。 こうしたレベルの高い経済記事を閲覧できるだけでなく、動画やウェビナー、双方向のオンラインイベントなど「体験できる」コンテンツが充実している点が特徴です。 また近時は、取材の裏側を音声で聞ける「日経ビジネスAUDIO」やデジタルブックが読み放題になる「日経ビジネスBOOKS」が開始され、ポータルサイト機能が益々拡充しています。有料会員になることで限定メルマガを受け取れるだけでなく、記事のブックマークやレーダーチャート機能を使って、サイトを有効利用できるようになります。

日経ビジネス電子版 | 株式会社日経BP社

株式会社日経BP社の媒体資料
https://media-radar.jp/detail8043.html


AMP

AMPは、アンプと読み、20歳代から40歳代中盤までのミレミアム世代とZ世代に向けて、Web3やSDGsなど最先端ニュースやインフルエンサーインタビューなど、知的好奇心を刺激する情報を提供することをミッションとするビジネスインスピレーションメディアです。電通PRコンサルティングが運営していることから、充実したクロスメディアプランが用意され、最新トレンドがいち早くキャッチアップされることはもちろん、マーケティングに関するコンサルティングやKOL(中国版インフルエンサー)とのアサインサービスがオリジナル動画の解説付きで提供されている点が特徴です。
https://media-radar.jp/detail14850.html

【Z世代・ミレニアル世代へ情報を拡散】若年層向けビジネスメディア AMP | 株式会社電通PRコンサルティング

株式会社電通PRコンサルティングの媒体資料


News Picks

News Picksは、「経済を、もっとおもしろく。」をミッションに、分かり易くニュースを伝えることに力を入れている国内最大規模の経済ニュースプラットフォームです。 ユーザーがニュースを深く理解できるように、専門家や有識者の解説をオリジナル動画や図表、イラストを加えて、経済情報を提供しています。また、最前線の現場で指揮をとっているビジネスマンのコラムが充実し、ニュースも厳選されるだけでなく1日に何度も更新され、最新のトレンドを知れる点が魅力です。 さらに専門家とのマッチングや法人・団体向けサービスが設けられているなど、このサイトを起点としてビジネスを拡げる道筋が多数設けられています。

【NewsPicks】ユーザー数792万人のソーシャル経済メディア | 株式会社ニューズピックス

株式会社ニューズピックスの媒体資料
https://media-radar.jp/detail3666.html


BUSINESS INSIDER JAPAN

BUSINESS INSIDER JAPANは、新社会人となる20代前半から30代後半までのミレミアム世代のための経済メディアとしてニューヨークで2007年創刊されました。 全世界で約3億人のユーザーを持ち、日本版も2017年に開始されたばかりの新しいビジネスメディアです。次世代リーダーをターゲットとして、ストーリー性のある署名記事がメインで、ビジネスやテクノロジー、働き方、サイエンス、政治、国内、国際の7分野で構成され、特集テーマはYouTube動画が併設され理解が高められる工夫がされています。 有料(プレミアム)会員になれば、限定記事も読めるようになる他、プレミアムランキングなど意識の高い読者層の興味のあるテーマも分かるメリットがあります。

Business Insider Japan(ビジネスインサイダージャパン) | 株式会社メディアジーン

株式会社メディアジーンの媒体資料
https://media-radar.jp/detail10728.html


東洋経済オンライン

東洋経済オンラインは、毎週特定テーマを特集する「週刊東洋経済」を発行している東洋経済新聞社が運営する経済ニュースに力を入れているメディアです。 ビジネス及び政治経済、マーケット、キャリア・教育、ライフ、鉄道、自動車の7分野でサイトは構成され、ユーザーのステータスごとに閲覧できる記事が細かく分けられていることが特徴です。有料会員になるメリットが多く、専用メルマガや週刊東洋経済電子版の最新刊とバックナンバーが閲覧できるだけでなく、限定セミナーなど様々な学びの機会が設けられています。 また、アクセスランキングも月間から週間、24時間、1時間と細かく分かれ、時間軸ごとのトレンドが明白になる便利なサービスとなっています。

東洋経済オンライン | 株式会社東洋経済新報社

株式会社東洋経済新報社の媒体資料
https://media-radar.jp/detail873.html


Manegy

Manegyは、30年以上にわたり、士業と企業を結びつてきた株式会社MS-Japan(エムエス ジャパン)が運営し、「企業の管理部門と士業をつなぐ」ことをミッションとするビジネスメディアです。経理や財務、人事を含め企業の管理部門、公認会計士、税理士など専門性の高い業務に従事する人をターゲットとしており、そのニーズに対応できるよう、企業の課題解決に役立つテンプレートや資料、マニュアル、ウェビナー動画が大変充実している点が強みとなっています。専門性が高いにもかかわらず毎日更新され、法令改正の情報を速やかに手に入れられる点も魅力です。

経理、人事などに効率的にリーチできる「Manegy」広告メニュー 一覧表 | 株式会社MS-Japan

株式会社MS-Japanの媒体資料
https://media-radar.jp/detail16159.html


キャリコネニュース

キャリコネニュースは、「働き易い職場を増やす」をミッションに、キャリアやビジネスの今を伝えるビジネスWebメディアです。終身雇用制の後退や非正規社員・外国人労働者の増加、新しい労働時間制度など、大きく変わろうとしている職場環境の今を伝えるため、ターゲットと同世代である20代・30代を中心とした編集部が、企業の内部情報や業界の深掘り、求められるスキル、充実した社会人ライフスタイル、気になるエンターテインメントなど実用的で興味をそそる情報を毎日更新しています。そのため、就活生や転職希望者を中心にメルマガ読者が65万人を超える人気サイトになっています。

月間630万UUの若手ビジネスパーソン向けニュースメディア「キャリコネニュース」 | 株式会社グローバルウェイ

株式会社グローバルウェイの媒体資料
https://media-radar.jp/detail7265.html


経営プロ

経営プロは、名前通り、経営者から部長、現場リーダーなど、先頭に立って企業を運営するビジネスマンをターゲットに、経営課題解決に向けて必要な情報やノウハウ、資料を提供しているビジネスWebメディアです。ニューストレンドや連載コラム、キーマンインタビュー、事例紹介、市場調査資料が豊富で、部署別やビジネスカテゴリー別、キーワード別など、知りたい情報やテーマ、最適なサービスを探すのに便利な検索機能が充実している点も魅力です。特に組織や人材活用に関する記事の深掘りが優れており、経営者向けフォーラム「経営プロサミット」も開催され、読者との深いコミュニケーションを図っています。

【経営層・部長~リーダー層のリード獲得を実現する】経営者向けメディア「経営プロ」 | ProFuture株式会社

ProFuture株式会社の媒体資料
https://media-radar.jp/detail18935.html


産経ビズ

産経ビズは、「発想力×ナレッジで新たな価値を創造する」ことをミッションとする産経新聞グループの産経デジタルが運営する経済情報サイトです。「自分を磨く経済情報サイト」として、ビジネスパーソンの仕事やキャリア、自分磨きのための知的好奇心を満たすためにコンテンツが厳選されている点が特徴です。枠にとらわれない発想力で価値あるソリューションを生み出すため、実務者及び学者とも新進気鋭の考えや経験を有する人に絞り込み、記事が提供されています。そのため、他のビジネスメディアとは異なる視点で経営環境を分析できることがこのサイトの強みとなっています。

ダイヤモンド・オンライン

ダイヤモンド・オンラインは、ビジネスパーソンのオンとオフをサポートすることをミッションに掲げ、週刊ダイヤモンドを出版するダイヤモンド社が運営するビジネス情報サイトです。ダイヤモンド編集部の記事だけなく、提携している学者や専門団体のコンテンツが充実している点が魅力です。ほとんどの記事が有料会員限定ですが、会員となることで週刊ダイヤモンド最新刊や11年分のバックナンバーが閲覧できるだけでなく、ダイヤモンド社のベストセラーの電子ブックや動画も見放題となり、記事の印刷サービスも利用可能になるなど、多くのメリットを享受できるようになります。

Forbes Japan

Forbes Japanは、ビジネス及びスタートアップ、テクノロジー、政治経済、インベストメント、キャリア・教育、エンタメ・スポーツ、ライフスタイル、UNDER30、WOMANの10分野で構成されるビジネスメディアです。ビジネスからカルチャーまで幅広い分野のオピニオンリーダーを公式コラムニストとして認定し、専門性の高いコラムを提供しています。Forbes salonでは、個人に焦点をあてたインタビューが充実し、Forbesキャリアでは、転職情報やある職業に焦点をあてた記事が満載です。Brand Voiceでは特定企業の深掘り記事が魅力で、SERIESでは世界情勢からお勧め本までテーマごとの記事が連載されています。


ビジネスジャーナル

ビジネスジャーナルは、独自の視点の深掘り記事が充実した雑誌「月間サイゾー」編集部が運営するWebメディアです。「ビジネスの本質を理解」してもらい「ビジネスパーソンとして向上してもらう」ことをミッションに、2012年にスタートしました。ビジネスの本音に迫るため、既存のビジネスメディアでは焦点のあたらなかった経済ニュースから社会人のプライベートライフまでの実用情報を扱い、経済の論理の裏側や現場の本音を浮き彫りにすることを目指しています。そのため、サイト構成には「ジャーナリズム」というページが設けられ、編集部独自の深掘り記事が特集されている点が特徴です。

techable

techableは、テッカブルと読み、プレスリリース配信サイトで有名な「PR TIMES」と同じ会社が運営するWebメディアです。そのため、サイトの構成も、レビューやリリース、ストーリーなど、新製品レビューや製品開発ストーリーが他のビジネスメディア以上に充実しており、知的好奇心が刺激されることがこのサイトの魅力です。こうした記事に関連したテック情報も満載で、最新テクノロジーがどこに向かっているか知ることも出来ます。さらに、国内外のスタートアップベンチャーなど、現代ビジネスの最先端モデルと人材にも触れられる点が強みとなっています。

新R25

新R25は、「これからの時代を生きる若者」をターゲットに、仕事と人生をより楽しむための情報を届けるWebメディアです。そのため、「ビジネスバラエティメディア」を標榜し、サイトは、若者の仕事術や転職情報、新社会人の生活全般はもちろん、恋愛やカラダも特集され、有名人や著名人のエンタメ記事も充実し、他のビジネスメディアと差別化を図っています。また運営会社の株式会社CAMがサイバーエージェントグループであるため、記事を紹介するのに刺激的な写真が使われたり、他のビジネスメディア以上に充実した動画記事を併設されたりしている点が特徴です。

Biz/Zine

Biz/Zineは、企業記事が充実し、多彩な経営ノウハウが閲覧できるWebメディアです。運営主体である翔泳社は「質の高いコンテンツを集積させ、新しい出版ビジネス」を目指すことをミッションに、最新テクノロジーをメインとして、ビジネス文化やデザイン、従業員教育分野に力を入れています。こうした情報を紙媒体のみでなく、Webや通信教育、リアルイベントなどユーザーに最適なチャネルで提供している点が特徴です。Biz/Zineもクロスメディア戦略の一環として「Leadership ☓ Innovation」を行動バリューとしてビジネスの変革・創出を目指す事業開発者をターゲットに記事が厳選されています。全て無料で会員サービスを利用できる点も魅力です。

Biz/Zine | 株式会社翔泳社

株式会社翔泳社の媒体資料
https://media-radar.jp/detail3228.html

Adver Times

Adver Timesは、株式会社宣伝会議が運営する広告・CM関連情報をメインとし、マーケティングに重点を置いた広告界の情報プラットフォームです。新着CM情報や広告業界の第一線で活躍する識者のコラムの他、誰もがAdver Timesユーザーにオピニオンできる「アドタイ会議」など独自のコンテンツをテキストやウェビナー動画で提供しています。また編集部独自の調査資料やマーケティング資料もこのサイトを通じて獲得できる点が強みです。こうしたサービスが現在、全て無料で提供されているのです。FacebookやTwitterなどSNSも積極的に利用され、リアルタイムで記事タイトルが配信されたり、ユーザー同士の交流の場も設けてられたりしています。

ZUU Online

ZUU Onlineは、富裕層向けフィンテックプラットフォームを構築し、金融機関のフィンテック化支援している株式会社ZUUが運営しているサイトで、経済・金融・投資専門のビジネスメディアです。「個人が自分の人生を経営する時代」を生きるために必要なお金と時間の情報やノウハウを提供することを行動バリューとして、令和時代の資本主義必勝法や金融リテラシー、時間の使い方などの情報をまとめている点が特徴です。特に金融リテラシーをテーマとする記事が充実しており、個人版のPLやBSなど個人の挑戦を加速させるためのノウハウが満載です。金融メディアのため、サイトの情報が毎時更新されていく点もこのメディアの強みです。

bizSPA

bizSPAは、20代から30代の若いサラリーマンに人気のエンタメ情報誌「週間SPA!」編集部が運営するビジネスWebメディアです。創刊30年を超えるSPA!で常に若者に寄り添い一番読みたい情報を届けてきた経験から、マンガコラムやエンタメ情報はもちろん、bizSPAでは、他のビジネスメディアとは異なる、親しみやすく誰かに話したくなるような視点でニュースやトピックスを捉えて提供している点が強みです。また、生まれた時から経済が低迷していたため、決して高望みしない今の若者にマッチしたビジネスニュースのリアルな本音を伝えてくれる点も人気の理由となっています。

Web担

Web担は、経営者の「やりたい」を即カタチにするため、「成果を出すWeb戦略」を実践するため、Web担当者を育成することをミッションとするビジネスWebメディアです。Web担当者育成のため、サイト作成やグラフィックデザイン、WordPress、オンラインマーケティング、補助金活用に関する情報やノウハウはもちろん、経営者を含めたWeb研修や講座を多数設け、「体験できる」サイトになっている点が特徴です。また、「Web担」運営会社自ら、サイト制作や広告・広報業務の代行しているため、扱われる情報は実践的なものに絞り込まれ、紹介されるノウハウや資料は実際に使えるものが豊富である点も強みです。

ビジネスメディアに関する資料

紹介したビジネスメディアの他にも、経済誌や特定の業界に特化したビジネスメディアなどがあります。 下記にビジネスメディアに関する媒体資料をまとめていますので、気になった方はぜひダウンロードしてお役立てください。

インプレス ビジネスメディア | 株式会社インプレス

インプレス ビジネスメディア

インプレスのビジネス向けメディアに出稿できるメニューです。
具体的なシリーズは下記となります。

<インプレス ビジネスメディア>
IT Leaders
DIGTAL X(デジタルクロス)
ドローンジャーナル
クラウド&データセンター完全ガイド
クラウド Watch
INTERNET Watch
Web担当者Forum
ネットショップ担当者フォーラム
Think IT
ニューズレター

【サイネージ×グノシー配信】経営者&ビジネスマン&若年女性層などへ大規模リーチ | 株式会社Grill

【サイネージ×グノシー配信】経営者&ビジネスマン&若年女性層などへ大規模リーチ

こんなことでお悩みはないですか?
----------------
・おうち時間が増えている今だからこそプロモーションを頑張りたい
・オンラインにはいないユーザーへのリーチを行いたい
・ビジネスマン向けサービスのPR強化を行いたい
・新商品のリリースのタイミングでPR強化したい
・自社商品の認知が全然ない、でも認知の広め方がわからない
・動画広告を試してみたいけど、初期費用が高いからなかなか取り組めずにいる
----------------
弊社動画サービスは、グノシーが取材した動画や、クイズ番組、人気芸人が番組でご紹介等、
生活者に寄り添った情報を届ける事で、従来の広告サービスとは異なる”自然な広告”としてマーケティングが可能です。

弊社動画サービスで御社商品をPRすることができるので、ターゲットとなる顧客に対して、各ファネル(認知、興味関心、比較検討、購入)に応じて、商品の魅力を届けることができます!

また、グノシー/SNSを用いたオンライン上での配信はもちろん、デジタルサイネージでの配信も可能に!
・オンライン上にいないユーザーに対してのリーチ最大化
・タクシー広告(交通広告)を用いたBtoB商材のPR強化
・エレベーターやロビー等、生活環境に近い場所での配信
など、上記のような販促やPRにもご活用いただくことで出来、B2Bのプロモーションに最適です!

また、撮影・編集した動画は、二次利用無償で利用可能*!
御社側でのプロモーションにも転用が出来るサービスです!
※一部インフルエンサーを活用した動画の場合、二次利用期限がある場合がございます。

サービス詳細に関しましては、ぜひ媒体資料をご覧ください!
----------------
■導入実績
某大手消費財メーカー様
某大手食品メーカー様
某マザーズ上場人材紹介企業様
某SaaS系ベンチャー企業様
某人気アプリ開発企業様
など多数!
----------------

新規就農・若手農業経営者へのライフ&ビジネスメディア「AGRI JOURNAL」 | 株式会社アクセスインターナショナル

新規就農・若手農業経営者へのライフ&ビジネスメディア「AGRI JOURNAL」

農業が日本を元気にする!次世代の農業人へ役立つ情報をお届けします!
〜いま市場のキーポイントとなる、
「常に業界の最新情報を求める、30~40代を中心とした若手農家」がターゲット〜

最新アイテムやファッション、
6次産業化のアイデアや最新技術を取り入れた取り組み事例など、
農業ライフに役立つ情報をわかりやすくお届けします。
ウェブサイト・SNSのほか、全国にフリーマガジン5万部を配布・設置箇所を拡大中。

〜ウェブサイトのメリット〜
●製品/サービスのメリットを的確にお届け
● 農業分野に詳しいメディアだからこそ、ニーズに応じ読者に刺さる構成
● ドメインパワーとSEO対策でPR商品・サービスへの長期的流入
● ターゲット層へどれだけ認知拡大されたか、結果を可視化できる

〜フリーマガジンのメリット〜
● ビジュアルを重視したデザインで制作
● 記事風に仕上げる事で広告感がなく、読みものとして読者にお伝えします
● 「AJ見たよ!」の問い合わせ多数!製品/サービスのメリットを的確にお届け
● 2次利用も承ります!展示会でのPOPやHP掲載など、販促資料としてもお役立ていただけます!

運輸・交通関係者のためのビジネスメディア 「Merkmal(メルクマール)」 | 株式会社メディア・ヴァーグ

運輸・交通関係者のためのビジネスメディア 「Merkmal(メルクマール)」

「Merkmal」(メルクマール)は、「交通・運輸・モビリティ産業で働く人やこの業界へ進出したい人が、明日に役立つ気づきを得られるニュースサイト」です。MaaS、CASE、環境対応、自動運転技術などなど……変革著しい「交通・運輸・モビリティ産業」にまつわる最新ビジネス情報を扱います。

 新商品や新技術だけでなく、まちづくりや海外の動向、安全・危機管理、IR・働き方、そして異業種やスタートアップの取り組みまで、交通・運輸・モビリティ産業にまつわるビジネスパーソンひとりひとりにマッチする情報を、独自の視点で切り取ります

ビズキャリonline(大手ニュースサイトにも提携配信する経済ニュースサイト) | 株式会社アミー

ビズキャリonline(大手ニュースサイトにも提携配信する経済ニュースサイト)

ビズキャリonlineでは経済や政治にまつわる最新ニュースを専門家の意見も交え独自の切り口で解説しています。
舛添要一氏などの政治家や有識者などの各界の著名な著者が、記事を執筆することも多くビズキャリonline独自のコンテンツが豊富です。
また、最近では某ニュースサイトへの配信も開始しており、弊社で公開を行う記事はかなり多くのユーザーさまにご覧いただいております。

日本経済新聞電子版 | 株式会社日本経済新聞デジタルメディア

日本経済新聞電子版

2010年にサービスを開始した「日経電子版」はビジネスの情報源として、
忙しい日々を送るビジネスパーソンやビジネスエグゼクティブから高い信頼性と支持を得ています。
また、掲載広告にも「信頼感」や「一流感」などのイメージを持つことから、
企業のブランドイメージ向上や認知獲得に寄与するクオリティーの高いメディアとして注目されています。

日経電子版の健全性として、
第3レクタングルも含め70%超と高いビューアビリティ(広告の可視性)に加え、
低い不正インプレッションとブランドリスクによって安心・安全かつ健全な広告掲載を実現します。

日経電子版は、スマートデバイスでも快適に閲覧できるWEB版とアプリを提供しています。
広告メニューも「日経電子版モバイル」と「日経電子版アプリ」上それぞれでご用意しています。

電子版会員の多くは大都市圏に住む30〜50代男性、
電子版有料会員の多くが関東圏に暮らす30〜50代男性です。

ライタープロフィール

メディアレーダー 運営事務局株式会社アイズ
国内No.1媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」を運営中。
「めでぃつぶ」では、広告業界の方、マーケター必見のマーケティング知識・ノウハウを発信しています。

公式Twitter:@mediaradar_jp
中の人Twitter:@mediaradar_
TEL:03-6427-6331
SNSマーケティングの一括DLバナー セミナー動画用バナー 事例記事バナー No.1訴求用バナー
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
めでぃぱす
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る