最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト

メディアレーダー
メディア担当者のつぶやき・めでぃつぶ
アンダーライン
公開日:2019年01月04日 更新日:2019年01月04日

プレスリリース配信関連のサービスの比較、一覧、まとめ

プレスリリース配信関連のサービスの比較、一覧、まとめプレスリリース配信関連のサービスの比較、一覧、まとめ

プレスリリースとは

プレスリリースとは、文字通り新聞社(プレス)へ発表(リリース)することを意味しており、報道関係者への情報提供のことを指します。ただ従来は上記のような意味で用いられていましたが、近年はインターネットの発達に伴いWebサイト上での発表も総称して呼ぶようになりました。またこれらを「ニュースリリース」と別名で呼ぶこともあります。

プレスリリースを報道関係者へ送る方法はいくつかあります。例えば、郵送・FAX送付・メール送付・サイトの専用フォームからなど様々です。また官公庁など公共性の高い団体からのプレスリリースは記者クラブでの投げ込みという形で行われることもあります。

プレスリリースのメリット・デメリット

≪メリット≫
①絶大な宣伝効果がある
新聞や、有名ウェブサイトなど名の知れた媒体にプレスリリースが掲載されることで、一度に多くのユーザーに自社を知ってもらえることができるのです。

②費用がかからない
基本的にプレスリリースは取材や記事出稿などを無料で行ってくれます。新聞や有名サイトに掲載するには通常であればかなり高額の広告費がかかるため、プレスリリースをしてもらえれば広報の宣伝費を抑えることができるのです。

③信頼がある
新聞などは世の中から圧倒的な信頼を得ていますので、そこに掲載される内容も自ずと信頼の高い情報だと認識されます。プレスリリースをされることで世の中から信頼のあるサービスとして認識されるでしょう。

≪デメリット≫
①確実にプレスリリースが掲載されるわけではない
プレスリリースは情報を提供すれば必ずしも採用されるわけではないのです。広告はお金を払えば確実に配信してもらえるため、それと比べると掲載される保証がないというリスクがあります。

②記事の内容の決定権が報道側にある
広告であれば記事の内容は基本的に広告主が主導権を握って編集します。しかしプレスリリースは新聞社などの報道側が記事を作成するため、記事の内容をコントロールすることが難しいです。

プレスリリースを採用してもらうには

新聞社には毎日のようにプレスリリースが届きます。その膨大なプレスリリースの中から、記者が「これは世の中に発信する意味がある」と価値を感じたもののみ記事として世の中に発信されていきます。しかし多くの方はこのことをよく理解していないのです。

「プレスリリース」を無料で行ってくれる宣伝と勘違いし、新サービスなどの情報を提供すればいいと思っているのです。実際にプレスリリースは先ほどのメリットでも述べたように絶大な宣伝効果を持ちます。しかし、宣伝のことだけを考えたプレスリリースを送っていては、新聞社は「宣伝をしたいなら、お金を払って広告をだしてください」と思うわけです。新聞社はプレスリリースをボランティアとして行っているわけではなく、世の中に興味を持ってもらえるプレスリリースを配信することで、自社の媒体の価値を上げているのです。

そこでここでは新聞社に採用してもらえるようなプレスリリースについてお話していこうと思います。

≪採用されるポイント①一目でわかる構成で書く≫
先ほども述べましたが、新聞社には毎日膨大にプレスリリースの情報が送られてきます。それを全て読んでいては記者の方は仕事が回りません。記事の方はプレスリリースの内容をすべて読んでいるわけではなく、ポイントを絞って読んでいます。伝えたいことを端的に、またA4一枚にまとまる程度の情報量で構成を考えることが重要です。

≪採用されるポイント②独自性があるポイントを盛り込む≫
「うちで○○サービスをリリースすることになったんです!これすごいでしょ。」
といった宣伝の強い内容は嫌われる傾向があります。

では記者の方にはどういった内容のものであれば紹介したいと思ってもらえるのでしょうか。
それはそのサービスや商品を発信することは世の中にどれくらい影響力があるのかで判断されます。世の中に既にあるようなありきたりなものをわざわざ発表しても、世間の人は食いつきませんし、一昔前のトレンドのようなものに対して興味関心をいただくことは少ないのです。

その商品やサービスに人の心を動かすようなストーリー性があったり、世の中の流行のものであったり、逆に斬新で今までにないようなものだったりと、独自性がなければいけません。自社の商品やサービスにはこんな機能がある、特徴があるというよりも、プレスリリースをすることによって世の中にどのような影響があるのかを主張して書くことが記者の心をつかみやすのではないでしょうか。

≪採用されるポイント③写真やタイトルで印象付ける≫
これは最初のポイントと重なるところがあるのですが、記者に印象付けることが重要です。文字だけのものよりも写真付きの方が印象に残るのは当たり前ですし、また何と言ってもタイトルはとても重要になります。タイトルを読んでどんなものかある程度イメージができることもあり、タイトルで判断されていると思ってもいいでしょう。また印象付けることで、その時は採用されなくても今後また何かをプレスリリースしたい際に採用される可能性があります。

脱日本語直訳! 海外メディアに掲載されやすい「英語プレスリリース作成サービス」 | ENGAWA株式会社

今までとりあえず日本語リリースを英語に直訳して海外メディアに配信してきたけど、掲載されたためしがないという企業様も多いことかと思います。

英語のプレスリリースと日本語のプレスリリースではフォーマットが全く異なり、日本語のプレスリリースを直訳しても海外メディアには目を通してもらえないどころか、理解されていないことすらあります。

ENGAWAのプレスリリース作成サービスでは、日本で45年以上の歴史を持つ英字誌「Tokyo Weekender」編集部がプレスリリースを直筆いたします!
毎日プレスリリースを受け取る英語メディアならではの目線から、海外メディアに「刺さりやすい」プレスリリースを書き上げます。

http://media-radar.jp/detail5171.html

グローバルPRへの第一歩! 在日海外メディア向けPRのご案内 | ENGAWA株式会社

とにかく外国メディアに自社ニュースを取り上げられたいが、何から手を付けていいかわからないという広報ご担当者様へ!
日本にて外国語で発信するメディアや、駐日海外メディアが150媒体以上もあるのはご存知ですか?

まずは日本に拠点を置く外国籍メディアにPRし、外国語で記事を書いてもらうことで、現地メディアに取り上げられたり、SNSで拡散され話題沸騰につながったり、インバウンド対策に繋がったりと、よりスケールの大きなグローバルPRの足掛かりとなります。

ENGAWAの在日海外メディアPRパッケージでは、英語や中国語のプレスリリース作成から、外国語での取材、露出対応、PRイベント招致やメディアキャラバンまでしっかりサポート。
社内に外国語が得意な人がいなくても安心です。

http://media-radar.jp/detail5130.html

ソーシャルメディアにも強い!プレスリリース配信サービス「@Press」のご案内 | ソーシャルワイヤー株式会社

@Pressは、プレスリリースをお客様に代わってメールやFAXでメディアにお届けする「広報支援サービス」です。

@Pressでは、基本サービスの中で「原稿の校正」「プロスタッフによる配信先メディア選定」「メールとFAXによる配信」を行っております。

雑誌・新聞・ニュースサイト・通信社・TV・ラジオ・フリーペーパーetc、
@Pressが保有する登録メディア数は8500以上。
国内No.1の圧倒的なメディア数を誇ります。

http://media-radar.jp/detail3123.html

プレスリリースプラットフォーム | 株式会社リアライズ

WEB上の記者クラブサイトを運営させて頂いております。
(報道関係者しか見れないクローズのサイトになってます)
・3,300名、870媒体の報道関係者様のご登録。

懇意にしている記者しか見れないサイトなので
サイトの中身は、お伺いさせて頂いた際にお見せさせて頂きます。
クローズドメディアだからこそ記者さんから
取材の依頼であったり、リサーチのご相談を頂戴しております。

http://media-radar.jp/detail2617.html

【元記者らが貴社のリリースを執筆・マスメディアに配信】 クラウドソーシングPR | 株式会社プラップジャパン

ネット上だけで完結するクラウドソーシングの仕組みを使い、プレスリリースの書き起こしからマスメディアへの一括配信、ウェブメディア掲載までを委託できるサービスです。

執筆には、元記者や元PR会社スタッフ、現役ライターなどが担当いたしますので、メディア向け特有の文書作成には長けています。

リリース配信を中心にしているサービスよりも一気通貫でサービスできるため、ご担当者様の手間を大幅に軽減しながら、主要メディアをケアしていくことが可能です。

http://media-radar.jp/detail3134.html

PR TIMES | 株式会社 PR TIMES

全上場企業の19.44%が利用する国内No.1プレスリリース配信サービス

http://media-radar.jp/detail2776.html

その他、メディアレーダーに掲載されている
新着資料・人気資料は、以下のページよりご確認できます。

◇新着媒体資料一覧
https://media-radar.jp/ad_list_new_p1.html

◇人気媒体資料ランキング
https://media-radar.jp/ranking.php

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る