炎上対策・風評被害対策とは


炎上対策・風評被害対策とは、自社や個人に向けたネガティブで批判的な発信、いわゆる「炎上」が起きないようにする対策の事。炎上や風評被害は軽率な投稿内容のみならず、ユーザー対応の内容や作成したコンテンツの表現など些細なきかっけで起きネット上に拡散されてしまう事があります。炎上の予防対策として、SNS・WEB監視サービスの活用、SNSアカウント運用者へのリスクマネジメント養成、炎上しやすい内容の教育、炎上が起きてしまった後のフロー制定などを取り入れながら、万一起きてしまった場合にいち早く察知して、迅速で誠実な対応を出来るようにしておくことが大切でしょう。



「炎上対策・風評被害対策」の資料一覧

検索結果:9件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/06/30

●エフェクチュアルの提供する「オンライン評判管理対策」には、主に3つの施策があります。●

①【ネガティブサイト対策】
自然検索上にネガティブサイトが存在すると、ユーザーの新規獲得数の低下に繋がります。
この問題を解決するため、検索下位のポジティブ・ニュートラルサイトを上位表示することでネガティブサイトを押し下げるサービスです。

②【ネガティブキーワード対策】
企業名を検索した時に、検索エンジンの入力補助(サジェスト)・関連検索箇所にネガティブキーワードが表示されることがあります。
このネガティブキーワードを非表示化するサービスです。

③【レビューモニタリング】
Googleマップ上のレビューに、明らかに風評被害な内容を書き込まれるケースがあります。
こうしたネガティブなレビューコメントが投稿された際に自動通知するサービスです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/06/25

企業が意図しない悪評により、採用時の内定辞退の増加、潜在顧客の購入意欲の低下や他社商品への乗り換え、企業イメージ低下による売上減少及び取引先の減少など多くのリスクを潜めているのが、インターネット上の風評被害・誹謗中傷です。

目に見えぬ機会損失・遺失利益を発生させているひとつの要因として、企業のリスクマネジメントの一環としてランディングの一環としてインターネットにおける悪評対策を行うことが、企業の更なる成長へのきっかけ作りとして、当社はサービス提供を行います。

インターネット上でのお客様の情報のモニタリングから始まり、問題発生の対処、その後のブランドイメージ向上までワンストップで提供いたしております。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/30

※※競合調査や情報収集目的でのダウンロードを禁止します※※

マーケティング担当者が競合の製品調査や、キャンペーン動向などを探ったり、営業担当者が見込みクライアントの価格調査等をする上で、競合のWebサイトやベンチマークサイトに更新や変更がないか定期的にモニタリングする必要があります。
これは重要な業務である一方で、地味で、人間の目で見るだけでは
細かい変更や、ソースレベルの変更になかなか気づけません。

そこで、独自のクローリング技術や画像・テキスト解析技術を用いて、競合サイトや、ベンチマークサイトの変更のモニタリングをオートメーション化できたらいかがでしょうか?本資料では、それを可能にする最先端ツール「Asari Monitoring」をご紹介します。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/03/24

※弊社と競合関係にあたる企業様のダウンロードはご遠慮ください。
____________________________________
どうしたら多くのユーザーにコンテンツとしての「嫌われない広告」を届けることができるのか。

およそ900サイトの法人運営に限定された優良なメディアをネットワーク化し、
プレミアムかつ国内最大規模のネイティブアドプラットフォームを構築するpopInが
これまで取り組んできたアドベリフィケーションに関する取り組みを資料で簡潔にご紹介します。

■popInアドベリフィケーション推進プロジェクトが実施する主な活動
・自社及び第三者の技術による安全性が担保されたネットワークの構築
・第三者によるネットワーク診断結果の定期的な公表
・第三者によるPre-Bid対応の更なる強化(近日リリース予定)
・アドベリフィケーションに関する登壇やコンテンツ制作などの啓発活動
・広告主様・広告代理店様および媒体社様を交えたケーススタディの作成 など

popInは2018年11月、Integral Ad Science Japan株式会社、日本オラクル株式会社、Momentum株式会社のソリューションを採用することを発表いたしました。
現在は、Momentum株式会社の対策ソリューション「HYTRA API」を活用したアドフラウドの排除、および上記3社によるネットワークおよび個別キャンペーンのモニタリングが可能です。

今後弊社は、ネットワークの健全性・透明性を保ち、広告主様に安心して出稿を頂くため、定期的に第三者による診断・測定結果を公表することを宣言いたします。これはJAAの「アドバタイザー宣言」において推奨された「第三者によるメディアの検証と測定」にのっとったものです。

popInは今後も広告主様・パブリッシャー様、そしてすべての生活者様にとって心地よいコミュニケーションが生まれる社会を目指し活動して参ります。

#ネイティブアドネットワーク
#日本アドバタイザーズ協会
#JAA
#アドベリフィケーション
#ブランドセーフティ
#ビューアビリティ
#「デジタル広告の課題に対するアドバタイザー宣言」
#アドバタイザー宣言

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/11/21

「最適なテクノロジーを駆使し、世界中の課題を最速で解決する」
を企業理念に掲げる弊社。

その言葉の通り、
お客様のお悩みにあった最適な施策を提案し、
尚且つそのお悩みを最速で解決します。

【サービス内容】

◆誹謗中傷対策施策
 ・該当記事の削除コンサルタント
 ・関連キーワード対策
 ・オウンドメディア制作


◆SNS運用代行
 ・アカウント初期構築
 ・ターゲット層の分析
 ・SNS活用プランニング
 ・ターゲット選定
 ・進捗共有やレポート定例会


◆WEB広告運用代行
・Instagram(SNS広告)
 ・Facebook(SNS広告)
 ・Google(リスティング広告)
 ・Yahoo!(リスティング広告
※他媒体での運用も可能。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/07/17

■■ネット炎上補償サービスとは■■
・ネット上に投稿された「炎上」してしまう恐れのあるキーワードを24時間監視します。

・危険性が高い情報が発見された場合、専任担当者がリスクを調査、分析、随時報告。その後の解決策のご提案やサポートまで一括して行います。

・Twitterや口コミサイト、掲示板、ブログを含むWebサイト、検索エンジンに表示される予測キーワードもすべて監視!

・情報が拡散されて「炎上」してしまう前に鎮静化を行います。

・万が一、「炎上」してしまった場合は謝罪、対応方法のコンサルティングから、再発防止のためのコンサルティングまで行い被害を最小限にとどめます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/05/21

【炎上補償サービス】は担当者による目視と弊社独自のシステムで24時間ネット上をモニタリングし、
万が一問題が発生したときの対応方法までコンサルティングするサービスです。

平成29年度総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると国内全体の71.2%がSNSを利用していることがわかっています。
ネットを利用する人々が年々増加していく中で、不用意な書き込みから誰しもが被害者、加害者になりうる社会になっているのです。
早期対応し、リスクを最小限に抑えるためには「炎上補償サービス」が効果的です。


①監視
法人様に対してのネガティブな投稿・情報を監視いたします

②緊急アラート報告
危険性の高い投稿は発見次第、ご報告いたします

③レポート
毎月、投稿内容をまとめたレポートをお送りします(ご要望に応じて週次・日次のレポート送付も可能です)

④分析
過去3,300社以上(2018年11月現在)の取引実績、年間1,000件以上の炎上分析事例に基づいて
投稿された情報のリスク調査、分析をおこないます

⑤コンサルティング
分析結果から投稿への対策方法や再発防止に向けたコンサルティングを行います


【主な導入理由】
・自社で目視監視はおこなっていたが、人件費削減のため導入を検討。
・既に他社で監視サービスなど利用していたが、費用対効果を考えて乗り換え。


どんなに対策をおこなっていても、炎上するときは炎上してしまいます。肝心なのは炎上後に適切な対応をとることです。
弊社では、専任担当による炎上後のコンサルティングによって企業のイメージアップに繋げます。
この機会にぜひ一度ご検討頂けると幸いです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/05/30

ホームページ健康診断は、セキュリティ対策の第一歩という位置づけで、対象となるホームページの脆弱性を認識していただくための診断となります。診断結果は、セキュリティ対策方針の検討材料としてのご活用を想定しています。 WEB上の被害の兆候などサーバ外の調査も行います。サーバ内を対象にした診断方法については、診断技術者がホームページ内の攻撃に利用されやすいページなどを選択し、簡易診断を行います。

レポートには検出された脆弱性のみを記載するため、記載する項目がホームページによって異なる場合があります。 また網羅性を保証するものではありません。「指摘なし=脆弱性なし」ではなく、脆弱性の組み合わせによってはリスクが発生する可能性があります。

リスクの度合いを表現するため、以下の評価基準にて採点して、脆弱性報告に記載しています。

いうまでもなく、被害に遭ってからでは損害が大きく、永遠に残る問題も発生します。ログを見ればどこのホームページも攻撃を受けていることがわかります。有名になればなるほど攻撃量が増え、委託業者や担当者が想像もつかない攻撃手法が日々考え出されています。過去の被害調査では委託業者や担当者のミスが起因することが多く見られます。

≪原因の例≫
・要件にないため存在しないセキュリティ、新たに登場してきた攻撃を防御する機能がない。
・委託業者や担当者の気づかないミス。

≪一次被害の例≫
・情報漏えい、改ざん、営業妨害が行われる。乗っ取りにより他への攻撃に利用される。
・急な対応にかかる超割り増し調査・構築費、損害賠償を支払う。
・ブラックリストに登録され、セキュリティソフトや検索エンジンで警告表示される。

≪二次被害の例≫
・流出した情報、改ざんされたページの情報、などネットから消されない事実として残る。
・何年たっても風評被害が再発する。風評被害を抑えるためのラーニングコストがかかり続ける。

ホームページの稼働に影響は与えない範囲で、攻撃者と同じように攻撃の前段階の作業を行います。さらに、SEOで集客効果を下げる等のサーバ外の攻撃、その耐性も調査します。

>>資料の詳細を見る

マーケティング・炎上対策WEB監視ツール【レジリエンスメーカー】

資料更新日:2017/07/20

自社商品がネットで炎上!?
気づいた時にはあっという間に拡散されちゃって、不買運動、、、株価暴落、、、。膨大な被害額。
そんな恐ろしい企業の炎上に対して貴社は対策してますか?

炎上対策には、まず大炎上前の「火種」の段階での迅速な対応が最も有効な手段です。

【レジリエンスメーカー】では、Twitterや大手掲示板の投稿を24時間自動監視し、企業名×ネガティブワード、サービス名×ネガティブワード等の投稿をいち早く発見し、メール等でお知らせします。 早期発見で炎上前に対策、対応することが可能となります。

【レジリエンスメーカー】は、ソーシャルメディアの炎上監視だけでなく、導入いただいた企業様に、大きなメリットをご提供できます!

◆素早く察知
炎上前の火種の投稿をメールで素早くお知らせ

◆しっかり監視
火種投稿を繰り返すTwitterアカウントを登録し、監視

◆じっくり分析
自社ブランドのマーケティングツールとしても活躍
消費者のSNS上での口コミが分かります。

現在、1週間無料トライアルキャンペーン中につきまして本番同様の環境で1週間ご利用が可能となっております。
是非とも、この機会に無料トライアルをお申込み下さいませ。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top