「炎上対策・風評被害対策」の資料一覧

検索結果:7件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2019/07/25

■デジタルリスク・WEBリスクを放置する企業は機会損失している!?

・社名を検索したら「ブラック」等のネガティブなキーワードが表示されている

・クチコミサイトや掲示板サイトに「ユーザーからの誹謗中傷」が表示されている


上記のような状態を放置していると、
求職者はもちろん、エンドユーザーや銀行の融資担当は不安材料として認識し、
検討候補から除外してしまいます!

■悪影響は気づかないところで発生している

『ブラックって出てたので面接を辞退します』
『悪質って書いてあったので、そのサービスは使いません』
『デジタルリスク・WEBリスク面での不安要素が大きいので融資額を下げます』

このように、直接言ってくれる方はどれくらいいるのでしょうか?
ほぼ、0%であると言えます。

国内には様々なサービス・企業であふれています。
消費者にとっても、求職者にとっても、たくさんある企業のうちの1社が貴社です。

検討初期段階での見込み離脱、そして入社確定・利用確定間近での離脱は、貴社の知らないところで起きています。

ソルフェリオーナのシノビでは、上記のようなデジタルリスク・WEBリスクの
発見~分析、そして改善を目的としたコンサルティングが可能です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/07/17

□□ネット炎上補償サービスとは□□
・ネット上に投稿された「炎上」してしまう恐れのあるキーワードを24時間監視します。

・危険性が高い情報が発見された場合、専任担当者がリスクを調査、分析、随時報告。その後の解決策のご提案やサポートまで一括して行います。

・Twitterや口コミサイト、掲示板、ブログを含むWebサイト、検索エンジンに表示される予測キーワードもすべて監視!

・情報が拡散されて「炎上」してしまう前に鎮静化を行います。

・万が一、「炎上」してしまった場合は謝罪、対応方法のコンサルティングから、再発防止のためのコンサルティングまで行い被害を最小限にとどめます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/05/21

【炎上補償サービス】は担当者による目視と弊社独自のシステムで24時間ネット上をモニタリングし、
万が一問題が発生したときの対応方法までコンサルティングするサービスです。

平成29年度総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると国内全体の71.2%がSNSを利用しています。
ネットを利用する人々が年々増加していく中で、不用意な書き込みから誰しもが被害者、加害者になりうる社会になっているのです。


①監視
法人様に対してのネガティブな投稿・情報を監視いたします

②緊急アラート報告
危険性の高い投稿は発見次第、ご報告いたします

③レポート
毎月、投稿内容をまとめたレポートをお送りします(ご要望に応じて週次・日次のレポート送付も可能です)

④分析
過去3,300社以上(2018年11月現在)の取引実績、年間1,000件以上の炎上分析事例に基づいて
投稿された情報のリスク調査、分析をおこないます

⑤コンサルティング
分析結果から投稿への対策方法や再発防止に向けたコンサルティングを行います


【主な導入理由】
・自社で目視監視はおこなっていたが、人件費削減のため導入を検討。
・既に他社で監視サービスなど利用していたが、費用対効果を考えて乗り換え。


どんなに対策をおこなっていても、炎上するときは炎上してしまいます。肝心なのは炎上後に適切な対応をとることです。
弊社では、専任担当による炎上後のコンサルティングによって企業のイメージアップに繋げます。
この機会にぜひ一度ご検討頂けると幸いです。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2018/07/11

国内におけるSNS利用率が71.2%まで上昇している近年において(※)、デジタル広告がTVの予算を超えて行く中、ソーシャルメディアマーケティングの重要性は日々高まっております。その一方で、企業のリスクをはらむネガティブな因子も増加しております。所謂、炎上事案です。

企業の不祥事、社員・アルバイトのモラルハザード、情報漏えいなど、内容は様々です。多くの企業にとって、もはや他人事ではなく、いつでも、どの企業にも起こり得る問題として認識されるようになりました。しかし実際には、自社に炎上が発生して初めてその重要性に気づくのが実情で、事前に体制を整え、準備している企業はまだまだ少ないのが現状です。本プログラムは、仮想空間上で炎上を擬似的に発生させ、企業の経営者や担当者が実際に対応を行う様子を評価することで、現在の対応レベルを知り、弱点の克服や体制強化、ポリシーの策定などにお役立ていただくことを目的に、無償で提供致します。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2018/07/11

店舗や施設、オフィスなどで働く人が原因となったSNS上の様々な炎上事案を、スタッフがスマートフォンの画面上で疑似体験できる教育プログラムです。

受講画面では、SNSやニュースサイトを模した画面が自動的に展開され、自分が当事者となった炎上が進行していきます。演習の途中には受講者に対し、「このような時あなたならどうするか?」などの質問が投げかけられ、選択した回答によりシナリオが分岐する、リアリティを重視した内容です。どのような言動や投稿がWeb炎上の火種になるのか、また自分の行動を契機にWeb炎上がどのように発生するのか、その影響範囲、スピード感、自身に降りかかるであろう結末を知り、Web炎上を“自分ごと”として意識づけ、自らの行動を振り返ることを促すことで、Web炎上リスクの軽減に繋げます。

>>資料の詳細を見る

企業のリスクマネジメントのための ソーシャルモニタリングツール e-mining

資料更新日:2018/07/11

インターネット上にあふれる情報の中から、
クチコミ・評判・風評などのリスク情報を効率的に発見します。

>>資料の詳細を見る

マーケティング・炎上対策WEB監視ツール【レジリエンスメーカー】

資料更新日:2017/07/20

自社商品がネットで炎上!?
気づいた時にはあっという間に拡散されちゃって、不買運動、、、株価暴落、、、。膨大な被害額。
そんな恐ろしい企業の炎上に対して貴社は対策してますか?

炎上対策には、まず大炎上前の「火種」の段階での迅速な対応が最も有効な手段です。

【レジリエンスメーカー】では、Twitterや大手掲示板の投稿を24時間自動監視し、企業名×ネガティブワード、サービス名×ネガティブワード等の投稿をいち早く発見し、メール等でお知らせします。 早期発見で炎上前に対策、対応することが可能となります。

【レジリエンスメーカー】は、ソーシャルメディアの炎上監視だけでなく、導入いただいた企業様に、大きなメリットをご提供できます!

◆素早く察知
炎上前の火種の投稿をメールで素早くお知らせ

◆しっかり監視
火種投稿を繰り返すTwitterアカウントを登録し、監視

◆じっくり分析
自社ブランドのマーケティングツールとしても活躍
消費者のSNS上での口コミが分かります。

現在、1週間無料トライアルキャンペーン中につきまして本番同様の環境で1週間ご利用が可能となっております。
是非とも、この機会に無料トライアルをお申込み下さいませ。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top