「調査資料」の資料一覧

検索結果:5件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/04/27

YouTube全体の視聴回数は年々増加しており、YouTuberを起用したプロモーションが注目されています。ここ最近では芸能人のYouTube参入も多く見られ、YouTubeの影響力はさらに高まっています。
まだまだ伸び代があり注目されているYouTubeですが、その中でも多く行なわれているYouTuberタイアップの市場について調査を行いました。

この資料では、kamui trackerで独自に収集しているデータをもとに2016年〜2019年のYouTuberタイアップ市場について調査し、その結果を業界ごとにまとめてご紹介します。

弊社ではYouTuberキャスティング内製化のサポートやYouTuberのキャスティングをさせて頂いております。

今ならkamui trackerの【無料トライアル】を実施しております。YouTube施策をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/22

※当サービスは広告主様限定でお申込みが可能です。広告代理店様・代理販売をご希望の企業様はダウンロードをお控えください。



株式会社プリンシプルが提供する
サイト改善のための「ハイブリッド診断」の事例紹介です。

Google Analyticsやヒートマップツール、ユーザーテストを行いながら
WEBサイトの課題と伸びしろを発見し、具体的な改善施策を提示するサービスです。

コロナ状況下では、サイト改善が最優先事項です。
サイトのどこにボトルネックがあるか発見し対策を打つことにより、デジタルマーケティング全体の底上げを狙います

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/04/06

テレビを賑わす、いわゆる「オネエ」タレントの方々の活躍。女性視聴者を中心に圧倒的な支持を得た、田中圭さん主演のドラマ『おっさんずラブ』や、西島秀俊さん主演の『きのう何食べた?』の大ヒット。日本でも約6兆円市場とまで言われる、「LGBT(性の多様性。女性同性愛者(レズビアン)、男性同性愛者(ゲイ)、両性愛者(バイセクシュアル)、トランスジェンダーの頭文字をとった言葉)」の流れなど、「中性化」するニッポンを象徴するような現象が、取り沙汰されることが多くなってきました。

今回ご用意した資料は、ただ「日本も成熟して、価値観が多様化したから、いろんな指向が認められる社会になったよねー」ではなく、さまざまな「モノ」から「中性化」を読み解いていく連載コラムのダイジェスト版です。

例えば、2019年1月に「ハイヒールの強制を禁止して欲しい」というツイートがきっかけで始まった「#KuToo」運動。性被害やセクハラを告発する「#MeToo」運動と、「靴」「苦痛」を掛け合わせた造語だとされています。この現象について、バブル崩壊とともに、男性側に金銭的・精神的余裕がなくなったことや男女平等教育の影響もあり、女らしくいれば奢ってもらえるといった「ヒールを履く(猫をかぶる)"メリット"」が薄れたから、と読み解きます。

つまり、女性にハイヒールを強要する職場や恋人は、良し悪しや男女差別云々より前に、もはや「時代遅れ」。なぜなら、職場やデートの現場が、既に「中性化」しているからです。

その他、「モテたい」から「嫌われたくない」へ変化した香りにまつわる中性化、恋愛も洋服も「ゲット」より「レンタル」「シェア」する消費の中性化、ドキドキ・キュンキュンより「癒されたい」男女の中性化、女性がリードする妊活の中性化、タピオカブームと中性化の深い関係など、全6テーマで、社会情勢に合わせて変化する男女のココロを比較しながら紹介しています。

人々がSNS等で「ゆるつながり」を得る中、男性的な消費は下降し、女性的なちょこちょこ消費へシフトしています。そして今後AIは恋愛市場に何をもたらしていくのか。これからのマーケティングにおいて「異性のココロ」を知ることは必須となってくるでしょう。
ぜひダウンロードしてご覧ください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/01/08

◆直販のみとなっているため代理店、調査会社の方のDLはご遠慮ください◆

=====================================
・成果報酬!
・最短2週間!
・利用期間無期限!
=====================================

特徴をダイレクトに伝える「No.1!」のキャッチフレーズ
No1リサーチ、No1調査についてのご提案です。

様々な広告やホームページなどで「No.1」という表記を目にすることがあるかと思います。
「No.1」「第1位」というキャッチフレーズは、貴社のブランドやサービス・商品の特徴を効果的に伝えることへの貢献を期待できます。

ですが、「自社調べ」や調査専門会社ではない名義での調査結果なども含まれており、
全ての「No.1」を信頼できるとは言えないという実態もあります。

根拠が無い場合や曖昧な場合など、不当景品類及び不当表示防止法などの規定に基づいて、関係省庁からの罰則対象となることもあるようです。

弊社では、今まで培った「企業やサービスの検証・診断力」を用いて、
貴社のブランド・商品・サービスで「No.1」と言えるポイントを確認・検証することが可能です。
インターネットリサーチの仕組みを用いて第三者機関の調査会社として検証を致します。

検証後には、貴社の広告やホームページで「No.1」の表記をご利用いただけます。

東証1部上場企業(株式会社クロス・マーケティンググループ)100%子会社で、
10年以上の企業・サービス力の診断事業を行っているショッパーズアイで、信頼できる調査エビデンスを取得していただけます。

貴社でもインパクトが強い「No.1」のキャッチフレーズを取得されてはいかがでしょうか。

【調査方法】
インターネットリサーチ

No.1検証コンサルタントが取得キャッチフレーズのご提案や、
データ分析まで一貫してご提供致します。

1位取得が出来ない場合には費用は発生いたしません。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2020/05/05

日本一の大学生イベント「UNIDOL(ユニドル)」の運営や、日本最大級の学生イベント団体「AGESTOCK(エイジストック)」との提携等、全国1,000名以上の大学生コミュニティを有する若年層のプロならではの調査やキャスティング、企画メニュー。
・オンラインインタビュー
・若年層アンケート調査
・おうちキャスティング
・ハッシュタグリレー

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メディアレーダー
特別割引
資料掲載について

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top