国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,075件  会員数89,651人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2019年01月04日 更新日:2022年05月19日

SEO対策とは?仕組みから施策・ツールまで徹底解説

SEO対策とは?仕組みから施策・ツールまで徹底解説SEO対策とは?仕組みから施策・ツールまで徹底解説

そもそもSEOとは

SEOとは、検索エンジン最適化をあらわす「Search Engine Optimization」の略です。GoogleやYahoo!のような検索エンジンにおいて、自社が作成したWebサイトを上位に表示させることを目指します。 ユーザーは悩みを解決したり、欲求を満たす方法を探したりするために検索エンジンを利用します。これはユーザーのニーズが高まっている状態です。ニーズが高まっているユーザーに最適な商品を紹介するサイトを表示すれば、コンバージョン率も高くなります。 しかし、単にWebサイトを作れば上位に表示されるわけではありません。「Optimization=最適化」の言葉どおり、検索エンジンで上位表示させるには必要とされるテクニックがあります。一般的にSEO対策・SEO施策と呼ばれるこれらのテクニックは、Webサイトを作成・改善するときに必須のテクニックです。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、コンテンツマーケティングの手法のひとつです。商品を露骨に売り込まず、まずはユーザーにとって有益なコンテンツを提供することで興味を持ってもらうことを目指します。 提供するコンテンツは、ブログ形式の記事コンテンツが一般的です。 コンテンツSEOでもっとも大事なことはコンテンツのクオリティです。ユーザーが知りたいことや興味のあることに応えられる内容で作成する必要があります。また、継続してコンテンツを配信する継続力も必要です。

YouTubeSEO

YouTubeSEOは、YouTubeのプラットフォーム上の検索結果で自社の動画を上位に表示させる施策です。YouTubeの検索順位も、Googleが総合的に判断して決定しています。 YouTubeも検索エンジンと同様に、検索結果で上位に表示される動画が多く視聴されます。そのためYouTubeSEOは、自社でYouTubeに動画を投稿している企業にとって避けては通れない施策と言えるでしょう。 特に動画全盛の現代ではYouTube上でのライバルは非常に多いと考えられるため、しっかりとした対策が必要です。

SEO対策とは

まずSEOとは「Search Engine Optimization」の略で検索エンジン最適化という意味を指します。文字通りGoogleやYahoo!の検索エンジン上で自社のサイトが最適化されて検索上位に表示されるための活動のことです。日本のメインの検索エンジンはGoogleとYahoo!ですが、およそ8割のユーザーが検索エンジンとしてGoogleを使用しています。大多数のユーザーがGoogleを活用しているので、Googleの仕組みを理解することがSEO対策の第一歩となります。 例えばユーザーがGoogleなどで「車 中古」と検索したとします。その際にこのキーワードに関連するウェブサイトが一覧で出てくると思います。ここでいかに上位に表示されるかでユーザーの流入数は大きく変わっていきます。そのため、関連するキーワードで検索されたときに上位表示されるよう、自社サイトを検索エンジンに対して最適化していく必要があるのです。

SEO対策に役立つ資料や、SEO対策に関する資料をまとめています。SEO対策の資料はこちらから無料ダウンロードできますので、ぜひご活用下さい!

SEO対策とリスティング広告の違い

SEO対策に似たものとして、「リスティング広告」というものがあります。リスティング広告は簡単に言ってしまえばお金を払って、上位表示をさせる活動のことです。SEOは自社で最適化し上位表示をさせる、リスティング広告は広告費と引き換えにGoogleなどの検索結果ページ上位表示をさせるのです。SEO対策はお金は掛かりませんが、最適化できるまでの時間と工数が掛かります。一方でリスティング広告では広告費を掛けたら、手間も時間もかからずに直ぐ検索結果ページの上位を占めます。時間と費用のトレードオフ関係にありますが、いつ広告効果を得たいか考えて施策を講じることをお勧めします。

SEO対策と検索順位の仕組み

Googleが欲しがっているのは「ユーザーにとって有益な情報を掲載しているサイト」であり、そのサイトを検索アルゴリズムによって検索時の表示順位を決定しています。これもユーザーファーストというGoogleの方針から考えられているもので、日々改良されていき、検索アルゴリズムアップデートされ続けています。
例えば従来検索順位はPCサイトのコンテンツを元に決定されていました。しかし、近年スマートフォンの普及により携帯による検索が増えていきました。そこでPCよりスマートフォンからの検索が多いのであれば、そちらを基準に順位を決めたほうがいいという判断をし、スマートフォンで閲覧しやすいサイトかどうかというのもランキングに影響されるようになりました。
検索アルゴリズムに関する要素は200以上あると言われていますが、すべてが公開されているわけではなく、また検索アルゴリズムは完璧なものではありません。2016年はたった1年で1600もの変更を行ったと公式で発表しています。このように常に検索アルゴリズムはアップデートを行っています。検索アルゴリズムを理解しさらに日々のアップデートに対応してSEO対策をしていかなければいけません。
また、SEOの検索順位は、サイトのクロール→サイトのインデックス→ランキングづけの順番で決まります。これらの手順を理解しておくことは、自社サイトのSEO対策を行ううえでも重要です。ここからは、クロール・サイトのインデックス・ランキングについて詳しく説明していきます。

クロール

クロールとは、検索エンジンのクローラー(順位を決めるための情報を収集するロボット)がWebサイトの更新部分や新規記事などの内容を取り込むことです。クロールが実施されなければ、サイトの新しい要素や新規コンテンツが反映されません。 クロールが実施されるにはある程度の時間がかかると言われており、クローラーがサイト内容の取り込みを行った日をクロール日と言います。 外部リンクの多いWebサイトやひんぱんにコンテンツを更新するサイトはクローラーが来訪しやすい傾向にあります。

インデックス

インデックスとは、検索エンジンにWebページが登録されることを言います。インデックスされなければ、ユーザーの検索結果に表示されることはありません。 インデックスは、クローラーがWebページの新規要素をデータベースに登録することで完了します。登録される情報は、Webページのジャンルや画像・動画ファイルの内容などを分析したものです。この作業が完了して、Webページが検索結果に表示されるようになることを「インデックスされる」と言います。

ランキング

ランキングされたコンテンツやWebサイトは、短期間で上位に表示されることは稀であると考えておいたほうがよいでしょう。一般的に、インデックスしたばかりのものが上位に表示されるようになるには3ヶ月~6ヶ月かかると言われています。 また当然のことながら、検索エンジンから評価されない低品質のWebサイトやコンテンツが上位に表示されることはありません。 Webサイトやコンテンツを更新し、一定期間様子を見て、もし上位に表示されていなければ改善点を探して手直しする必要があります。

SEO対策に関する会社比較

下記ではSEOとSEO対策のツールやサービスを提供している企業の資料を以下に掲載しています。SEOに特化した企業やSEO対策に成功している企業なども紹介しているので、SEOを始めたいマーケターの方は必見です。SEO対策に役立つ資料を集めていますので、ぜひご活用いただけたらと思います。また資料はいくつでも無料でダウンロードができます。

関連記事【2021最新】SEO対策会社8選|選び方のコツを徹底解説



SEOに強いオウンドメディアの作り方と運用方法【CV数70倍の成功事例あり】 | 株式会社CINC

SEOに強いオウンドメディアの作り方と運用方法【CV数70倍の成功事例あり】

企業のマーケティング活動において、「オウンドメディア」は運用次第で強力な武器になります。
Googleといった検索エンジンからの集客を増加させるSEO、SNSで接触したユーザーを商品・サービスの購買へ導くための情報掲載先、見込み顧客をファンにするブランディングなどなど活用途は様々です。

当ホワイトペーパーでは、オウンドメディアの基本をおさらいしながら、SEOに強いオウンドメディアの立ち上げから、SEO記事の書き方、運用方法、さらには、実際に大きな成果を収めたオウンドメディアの成功事例もあわせて紹介します。

これからオウンドメディアを作ろうと考えている方、オウンドメディアの方向性を見失っている方などはぜひ参考にしてみて ください。

--こんな方におすすめです--
・Webマーケティング担当者様
・オウンドメディアの運営者様
・コンテンツマーケティングを推進したい担当者様
・SEOを学びたい方
・検索エンジンで集客したい方


---目次---
・はじめに
・オウンドメディアの基本
・オウンドメディアの作り方
・SEO記事の書き方
・オウンドメディアの運用方法
・KeywordmapACADEMYの運用成果
・オウンドメディアの成功事例
・Keywordmapサービス紹介

中小企業向け】売上アップにはSEOとコンテンツ強化!サクラサク流SEOメソッド | サクラサクマーケティング株式会社

中小企業向け】売上アップにはSEOとコンテンツ強化!サクラサク流SEOメソッド

本資料は、広告に頼らないSEOとコンテンツマーケティングで貴社の売上にコミットする「サクラサク流SEOメソッド」の資料です。

こんなニーズはありませんか?
・DX化したい!
・WEBマーケティングを改善したい!
・SEOを強化したい!
・コンテンツを作りたい!

上記のニーズがある方はぜひ資料をご覧ください。

■サクラサク流SEOメソッドとは
サクラサクでは広告に頼らないSEOとコンテンツマーケティングのノウハウを駆使してお客様に伴走しながら売上が伸びる仕組みを構築するためのメソッドです!

①広告に頼らないことで競合優位性を生み出す
②SEOとコンテンツでWEBの要所を固める
③売上が伸びる仕組みを構築することに集中

■強み
①SEO専業16年プロコンサル集団
②コンテンツを知り尽くした記事制作チーム
③難しいことをわかりやすく顧客視点のサポート

■サービス内容
・SEOコンサルティング
→KW戦略策定、サイト内部HTML改善、競合サイト分析、アクセスログ解析、ファインダビリティ調査

・コンテンツマーケティング
→記事ごとの企画設計、記事に応じたライターの選定・管理、ライティング、記事に必要な画像の制作、記事の校正・編集、SEO要件を満たしているかのチェック

・内製化支援サービス
→貴社内、SEOとコンテンツマーケティングのノウハウをインストール。ツール提供とコンサルティングの双方で支援。


■料金参考データ
・SEOコンサルティング:月額30万円前後(Min15万円~Max80万)
・コンテンツ制作:1記事6万円前後(Min3万~Max20万)
※予算と現状の課題を伝えるだけで、専門のコンサルタントが最適なプランをフルカスタマイズで提案させていただきます。

SEOで広告換算額月間1,000万円超!オウンドメディア最新事例 | 株式会社スマートメディア

SEOで広告換算額月間1,000万円超!オウンドメディア最新事例

【集客、ブランディング…企業が今必要としている情報発信のすべてを】

cookieレス化で大きな変動が予想されるデジタルマーケティング。
ユーザーとダイレクトなコミュニケーションが可能で、そのデータ活用まで視野に入れることができるオウンドメディアは、改めて注目を浴びています。


今回は、広告換算額月間1,000万円を超える案件を多数抱える弊社の中でも、いくつかの事例をピックアップしてご紹介いたします。

【無料診断】SEOで問合せを増加させるWeb集客のコツ!SEOで競合を突き放せ! | 株式会社CTN

【無料診断】SEOで問合せを増加させるWeb集客のコツ!SEOで競合を突き放せ!

この資料ではSEOの仕組みを解説しております。
Web初心者の方から具体的にサイトの調査している方までを対象にしております。

■Web担当者のお悩み
-----------------------------------------------
・広告とSEOどちらに注力すれば良いかわからない!
・SEOはすぐに効果が出ないから投資できない!
・コンテンツマーケティングってなに?
・コンテンツマーケティングに力を入れたいがリソースが足りない。
-----------------------------------------------

■SEOの考え方
前提としてほとんどのサイトではSEO流入が多い割合になっているのではないでしょうか?
SEOでは、予算は関係なくどれだけユーザーと向き合うかによって大きく成果が異なります。

長期的な事業計画を考えると、
・メディアにずっと広告を出稿するのか?
・広告を出稿しつつ、自社がメディアとなる体制を整えていくのか?
どちらが良いでしょうか?

1~2年は少し予算が増えるかもしれませんが、事業は1~2年で終わらないでしょう。
2年後には、広告を辞めても問合せがくる仕組み、社内でのSEO体制ができます。
2年以降には徐々にプラス転換される。
こういった長期的な事業計画を見るとSEOの重要性は非常に高くなるでしょう。

■コンテンツマーケティングとは?
コンテンツとは情報の事を指しております。
ユーザーにとって有益なコンテンツを提供する事で認知度の向上やリードの獲得を目指すマーケティング手法になります。
コンテンツマーケティングは広告では無く、価値のある有益な情報になります。
良くSEOコンテンツと言われたりしますが、少し異なりコンテンツマーケティングは有益なコンテンツを使用し
検索エンジンだけでなく、SNSやメルマガなど様々な媒体で活用するマーケティングとなります。


■当社のSEO対策
当社では大きく分けて「サイトの内部改善」・「コンテンツマーケティング」を実施しております。
現状把握から競合と市場分析を行い戦略立てを行い、理想の姿へ近づける施策を展開いたします。
そんな当社のSEOの考え方を簡単にまとめた資料となっております。

コンテンツの質をグッとUPする!SEOライティング外注のポイント | 株式会社イノーバ

コンテンツの質をグッとUPする!SEOライティング外注のポイント

このような方におすすめです!
・ ユーザーにとって有益なコンテンツを提供したい
・ 社外のプロライター募集のポイントや依頼方法が分からない
・ 作成した記事をブラッシュアップするコツを知りたい

【代理店様向け】BtoBの新規リード獲得に有効な『ferret One』のご紹介 | 株式会社ベーシック

【代理店様向け】BtoBの新規リード獲得に有効な『ferret One』のご紹介

ferret Oneは、企業が行うBtoBマーケティングの効率化を目指すWebマーケティングツールです。
誰でも簡単にページのレイアウトや編集ができるCMS機能で、これまで外注にかかっていたコストをカット。
ツールをまたがずに、メールマーケティングやLP制作など必要な施策実行できる環境と、BtoBマーケティングの戦略サポートにより、マーケティング担当者の課題を解決いたします。

【解決できる課題】
・Webサイト経由での売上拡大をしたい
・Webサイト経由でのお問い合わせを増やしたい
・デジタルマーケティングを強化したい
・サイト改善をしたい
・従来型の営業が効かなくなり、困っている

■こんな代理店さまにおすすめ
・クライアント自らサイトを改善できるサービスを探している
・クライアントの集客を支援しているが、改善できるソリューションが欲しい
・中長期的なクライアントとの付き合いができるサービスを探している

■パートナー代理店さまの声
・サイト制作だけでは無くマーケティング全般をカバーしたソリューションを探しており、ferret Oneを紹介、クライアントのマーケティング効率化に寄与している。
・デジタルマーケティング領域は得意では無いが、クライアントからの相談が増えており、自社の既存の広告事業と合わせることで提案の領域が広がった。

※取り組みの座組はお問い合わせくださいませ。
※代理店手数料もご用意しております詳しくはお問い合わせくださいませ。

【SEOインハウス化での成功実績多数】SEOツール「SEARCH WRITE」 | 株式会社PLAN-B

【SEOインハウス化での成功実績多数】SEOツール「SEARCH WRITE」

分かるにとどまらず、SEOが「誰でもできる」状態にすることを実現するツールです。
ツール利用を通して誰でもSEOのPDCAを回し、成果をあげることができます。

■こんな方におすすめ
・オウンドメディアからの売上を伸ばしたい方
・記事を書いているのに上位表示がされない方
・効果の出るSEOツールをお探しの方
・SEO対策をインハウス化したい方
・SEO対策を行っているが、上手く運用できていないと感じている
・広告やSNSでの集客に限界を感じている方

■SEARCH WRITEの特徴
・誰でも簡単に直観的に操作可能
・流入・CVを生む
キーワード・記事が分かる
・上位表示される
記事の書き方が分かる
・施策ごとに成果が見えて
次にすべきことが分かる
・リライトで成果をさらに伸ばす仕組みを導入できる
・カスタマーサクセスが、累計5,000社を支援したノウハウから「できる」まで無償でサポート

【最新版】SEOチェックリスト完全版【全100項目】 | 株式会社CINC

【最新版】SEOチェックリスト完全版【全100項目】

【ホワイトペーパー概要】

対策が推奨されるSEOのポイントを簡易的にチェックできるよう項目ごとにまとめています。
「ほとんど知見はないが今後SEOを行っていきたい」という方には、微力ながらではありますが、ご参考にしていただけるかと存じます。

―目次―
・はじめに
・キーワードの最適化
・コンテンツ
・リンク
・CTRの最適化
・ユーザービリティ
・クローラビリティ
・ツール



◇◆◇ Keywordmap ◇◆◇

コンテンツマーケティング、リスティング広告運用の改善案を驚くべき速さでご提供

Keywordmapは、国産ツールとして世界最大量の日本語データを保有しています。
あらゆる単語・キーワードを網羅したハイレベルな調査分析が評価され、精度の高いデータ抽出にこだわる企業に導入されています。


--Keywordmapの機能--

▼自社・競合サイトのSEO調査分析

自社サイトや競合サイトの流入キーワード・流入獲得ページの調査分析できます。


▼コンテンツの設計支援

集客につながるコンテンツ設計に必要な要素を定量的に抽出します。

▼Web広告の調査分析

リスティング広告やディスプレイ広告のキーワード・クリエイティブ・LPが調査分析できます。

▼ユーザーニーズの可視化
検索ワードの背景にあるユーザーの悩みや興味・関心などを視覚的に理解できます。


--Keywordmapの強み--

▼圧倒的なデータ量から導かれる戦略

Keywordmapは圧倒的なデータ量を保有しており、網羅的に競合サイトの分析が可能です

▼レポーティング機能が充実

抽出した各種データをダウンロードすることで、そのままレポートとしてのご利用も可能です。
今まで掛かっていた競合調査の時間を10時間から2分へと削減致します。

▼調査対象サイトの制限なし

自社サイト・競合サイト問わず、何サイトでも調査分析が可能なので、より効果的な運用に役立ちます。

▼インストール不要・すぐ利用が可能

インストールや既存のデータと連携させる必要が無い為、面倒な作業を行うことなく、すぐに利用できます。

あのWebサイトはなぜ成功してる?サイト流入を増やすためのコンテンツSEO事例 | 株式会社CINC

あのWebサイトはなぜ成功してる?サイト流入を増やすためのコンテンツSEO事例

Webマーケティングに必須のスキル、SEO領域、とくにコンテンツSEOで成功をおさめているWebサイトを調査、分析!

■概要

実際にコンテンツメディアとしてWebサイト・メディアを成功させ、Googleなどの検索エンジン上での影響力を高めている企業のWebサイトを…

・コンテンツ
・キーワード
・流入数
・UI/UX

といった要素からデータに基づいて調査、分析しています。また、

・さらにユーザーの検索意図(ニーズ)に答えるに?
・競合や市場を調査し、相対的に更に評価を上げるには?

といった点を中心に簡易的に改善案についても考えてみました。

他社の成功事例を参考にすることで、自社に足りない要素を洗い出し、
改善案を導き出すことが可能です。ぜひ、貴社の今後のコンテンツマーケティングにお役立てください。

■目次

・食料品
・美容
・出版・印刷
・教育サービス



◇◆◇ Keywordmap ◇◆◇

コンテンツマーケティング、リスティング広告運用の改善案を驚くべき速さでご提供

Keywordmapは、国産ツールとして世界最大量の日本語データを保有しています。
あらゆる単語・キーワードを網羅したハイレベルな調査分析が評価され、精度の高いデータ抽出にこだわる企業に導入されています。

--Keywordmapの機能--

▼自社・競合サイトのSEO調査分析

自社サイトや競合サイトの流入キーワード・流入獲得ページの調査分析できます。

▼コンテンツの設計支援

集客につながるコンテンツ設計に必要な要素を定量的に抽出します。

▼ユーザーニーズの可視化
検索ワードの背景にあるユーザーの悩みや興味・関心などを視覚的に理解できます。

--Keywordmapの強み--

▼圧倒的なデータ量から導かれる戦略

Keywordmapは圧倒的なデータ量を保有しており、網羅的に競合サイトの分析が可能です

▼レポーティング機能が充実

抽出した各種データをダウンロードすることで、そのままレポートとしてのご利用も可能です。
今まで掛かっていた競合調査の時間を10時間から2分へと削減致します。

▼調査対象サイトの制限なし

自社サイト・競合サイト問わず、何サイトでも調査分析が可能なので、より効果的な運用に役立ちます。

SEO対策のメリット

SEO対策は独自のコンテンツを掲載し続けたり、検索アルゴリズムの更新があるたびに最適化したりなど手間がかかる手法です。その手間を惜しんででもSEO対策をするメリットは一体何でしょうか?

質の高いユーザーの流入

そのキーワードを検索しているユーザーはそのキーワードに関する情報、その先の商品やサービスを購入する意欲があります。検索順位を上げることでサイトにこのような質の高いユーザーを流入させることができます

費用をかけない無料で効果の高い集客

リスティング広告は広告費を払うことで検索上位に表示させることができます。検索上位に表示させることはできてもかなり高額になりますし、またキーワード単位での購入になるため狙ったキーワードで検索されない限り表示されることはありません。さらに「広告」という表記がされるため、広告を嫌うユーザーからはリンクを踏まれない可能性があり、また表示されることに費用が発生するため費用対効果が高いとは言えません。その一方、SEO対策は自社の社員が基本的に行うため大きく言うと人件費しかかかりません。また上位表示をさせることができれば、流入数は長期的に見込めるため、費用対効果が高いと言えるでしょう。

ユーザーから信頼を得やすい

検索した際に上位に表示されるサイトは、Googleが高評価されている安心できるサイトという暗黙の了解があるため、ユーザーにとって信頼できるサイトになりやすいです。特定の分野での信頼が得られるとブランディング効果も生まれます。そのブランドをさらに確立させることによって信頼やブランド力を強めることができます

資産になる

リスティング広告などのようにお金を払って広告を出稿させるやり方は、お金を払わなくなると跡形もなく消えてしまいます。しかしSEO対策によって構築されたコンテンツは、自社で削除しない限り永遠とサイトに残ります。そのため情報がストックされていき、自社の資産になるのです。

SEO対策のデメリット

自社でSEO対策を行うときは、デメリットをしっかり認識しておく必要があります。 特に短期間で成果が出ないことや、状況によってはまったく成果が出ないことも十分にあり得ると知っておかなければリソースを無駄に消費します。

時間がかかる

SEO対策は、成果が見えるまで時間がかかることが大きな難点です。しかも、どれくらいかかるのか、という期間もケースバイケースです。そのため、一般的なビジネスの施策のように時間をかければ上手くいくと考えるのは危険であると言えます。 特にSEO対策をはじめたばかりの時期は、かけたリソースに対して目立った成果が出ないことが多いでしょう。「SEO対策は成果が出るまで続けるもの」という長期的な目線で取り組む必要があります。

成果が出ない可能性がある

SEO対策は、やみくもに実施しても成果にむすびつかない可能性があります。そもそも、SEO対策に明確な正解はなく、一般的に有効と考えられている施策を行います。そのため、他社のケースでは成果にむすびついても、自社のケースでマッチするかどうかはやってみないとわかりません。 SEO対策では、他社事例や一般的な施策を実践しつつ、臨機応変にタグやリンク構造、サイトデザイン、メタディスクリプション、コンテンツなどを最適化していく必要があります。 また、自社のサイトの種類によって最適なSEO対策が異なることもおぼえておきましょう。

SEO対策とGoogleについて

SEOとは冒頭でも述べたように、「検索エンジン最適化」を意味します。ということはSEO対策をしたいのであれば、まずは検索エンジンを理解することが重要なのです。
ではGoogleはどのような検索エンジンなのでしょうか。そこでまずGoogleの検索に対する方針を見ていきましょう。

Googleの3つの評価基準

Googleの検索品質評価ガイドラインには3つの最重要評価基準『E-A-T』が掲載されています。この『E:Expertise(専門性)』『A:Authoritativeness(権威性)』『T:Trustworthiness(信頼性)』の3要素は検索結果上位に位置するために必ず必要な項目となります。

Expertise(専門性)

検索エンジンに専門性を認められるには、自社のWebサイトがなんらかのジャンルに特化していることを示す必要があります。たとえば、服のショッピングサイトの場合、メンズ・レディース両方を取り扱うECサイトより、メンズ専門やレディース専門といった形で特化しているほうが専門性は高まります。 特化することで、ユーザーのニーズを的確に早く満たせるのです。

Authoritativeness(権威性)

権威性は「誰が発信しているのか」を重視します。 一般常識として、金融関係の情報では銀行が運営するブログに権威性を感じ、病気についての情報は病院が運営するブログに権威性を感じるものです。検索エンジンもこのように判断します。 多様な情報を扱っていても、検索エンジンが情報の正しさを判断することは不可能です。そのため、ユーザーにより正確な情報を提供するために「発信者自身の権威」を重要視しています。

Trustworthiness(信頼性)

信頼性は、情報・Webサイト・運営者などが信頼できるかどうかです。 たとえば、ある商品のレビューを調べるときに、実際に使用した感想を書いたレビューと商品スペックを見て想像だけで書いたレビューでは信頼性に大きな差があります。 また、運営者情報をくわしく載せているショップサイトと、会社名すら載せていないショップサイトでは、どちらに信頼性があるかは言うまでもありません。

Googleの理念

Googleが掲げている方針の一つに「ユーザーを最優先する」というものがあります。Googleは「有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指す」と掲げており、常にユーザーファーストである検索エンジンなのです。それに伴い、「低品質のコンテンツや関連性の低いコンテンツが検索結果に表示されないよう絶えず取り組んでいる」としており、ユーザーにとって低品質な情報は排除し、有益な情報のみを掲載し続けているのです。つまり、Googleで上位表示をさせたいのであれば小手先のテクニックよりも「ユーザーにとって有益な情報を提供する」必要があると分かります。

googleが掲げる10の真実

SEO対策において、検索エンジンの大部分のシェアを占めるGoogleの方針を知っておくことは非常に重要です。Googleは、自社の大指針とも言える「10の真実」を公表しています。 現在、さまざまなSEO対策が広まっていますが、テクニックにばかり目が行ってしまうと本質を見誤ることになります。10の真実を熟読し、Googleが重視していることをしっかり理解すればおのずと結果はついてくるでしょう。 また、Googleが検索エンジンをどのように発展させていくかを予想することもできます。

SEO対策とYahoo!について

日本の検索エンジンのシェアはGoogleが多くを占めていますが、Yahoo!も15%前後のシェアを持っています。GoogleとYahoo!は検索エンジンの仕組みも非常に似ており、クローラーのような検索用ロボットがサイトやコンテンツの内容を確認して順位を決定します。
順位を決定する要素も、「ユーザーが検索するときのニーズに合わせたサイト・コンテンツを提供する」「情報の鮮度を常に最新に保つために更新頻度を高める」などを重視する点は同じです。 つまり、Yahoo!のSEO対策はGoogleの対策と同じようにすればいいわけです。検索アルゴリズムもGoogleのものを採用しているので、GoogleのSEO対策を実施すればYahoo!でもおおむね同じような検索結果になります。

GoogleとYahoo!の違い

GoogleとYahoo!の検索結果画面はおおむね同じようになりますが、異なるケースもあります。 まず、Yahoo!の検索結果画面にはヤフオク!やYahoo!ショッピング、Yahoo!天気、Yahoo!知恵袋などのサービスが表示されます。Googleにはこれらのサービスは表示されません。
また、Googleはユーザーの所在地・検索履歴・訪問履歴などによって検索結果を最適化する「パーソナライズド検索」があります。この機能が有効になっている場合、GoogleとYahoo!の検索結果にちがいがあらわれます。

Yahoo!にのみ表示される検索結果とは

YahooとGoogleの検索結果はおおむね同じようになりますが、検索環境によっては検索順位の入れ替わりが起こる可能性があります。 また、Googleは通常1ページに10サイト表示されますが、Yahoo!では12サイト表示されることもあります。これは、検索キーワードによっては、Yahoo!の検索結果にYahoo!が提供するニュースや知恵袋などのサービスを表示するケースがあるからです。 そのため、Yahoo!とGoogleの自然検索結果(オーガニック検索)の画面がちがって見えることがあります。

SEO対策とブラックハットSEO

「検索アルゴリズムは完璧ではない」これを逆手にとって検索アルゴリズムでは処理できない部分で、検索順位を上げる悪質なSEO対策が横行していました。例えば検索順位が上がる要素の一つ「被リンク」を利用したものです。
被リンクとは簡単に言うと他のサイトで自社の記事などのページを紹介してもらうことです。「他社から紹介したい思えるサイト・コンテンツ=良質なサイト・コンテンツ」と認識され、ランキングが上位に表示されやすくなるとされていました。しかし本来の被リンクの価値を無視し、被リンクをお金で買い、関係のないサイトや文言とともにリンクを張ってもらう手法が横行しました。
これはGoogleが被リンクに価値があるかどうかを判断することができないことを利用したものです。
このような検索アルゴリズムの完璧ではない部分を悪質に利用したSEO対策は「ブラックハットSEO」と呼ばれることがあります。
近年検索アルゴリズムは高精度なものになってきているため、上記のような手法は通じなくなってきましたが、今もなおブラックハットSEOのような手法を取り扱う企業が存在します。
しかしこのような手法に対し、Googleは年々厳しく取り締まるようになり、ペナルティを与えるようになりました。そのためブラックハットSEOのような手法を用いて簡単に検索順位を上げても、短期的な成果にしかなりません。SEO対策をするにあたって、ブラックハットSEOというキーワードは注意しておくといいかもしれません。

SEO対策のやり方

SEO対策と一口に言っても様々な方法があり、これをやれば正解という解決策があるわけではありません。しかしほとんどの対策は「内部対策」「外部対策」という二つに分類することができます。内部対策とは、サイト内のコンテンツの質を上げる様々な対策のことを指し、外部対策とは他サイトから質の高い被リンクを獲得することを指します。

SEO対策の外部対策

SEO対策の外部対策とはサイト外からサイト評価を得る方法です。

被リンク対策

被リンクとは外部サイトに掲載された自社サイトやコンテンツにアクセスできるURLのことです。信頼性の高いサイトから被リンクを貼ってもらうことでGoogleからは有益な情報を掲載していると認識されやすくなります。そのため、他社でも紹介したくなるようなコンテンツを掲載することで被リンクが集まりやすくなります。効果的な被リンク掲載サイトは関連ページ、権威性の高いページ、良質なページです。
しかし、リンクを購入したり信頼性の低いサイトから被リンクを掲載されたりすると、評価を受けるどころかペナルティを食らいます。先述のブラックハットSEOのような悪質な手口は必ず取り締まられます。そのため、必ず正攻法で外部対策を講じる必要があります。

サイテーション

サイテーションとは、「他サイトやSNSでブランド名やサイト名が記載されている状態」を言います。 もっと平たく表現すると、「他のサイトやSNSでよく話題にのぼるサイトやブランド」という意味です。似たものに被リンクがありますが、サイテーションの場合、リンクを貼る必要はありません。

SEO対策の内部対策

SEO対策の内部対策とは自社サイト内で施策を講じてサイト評価を得る方法です。内部対策を行うことでユーザーのUXの改善とGoogleのクローラーが巡回しやすいサイト構造の形成に繋がります。

HTML・ソースコードの整理

SEOに影響するのは、ユーザーが見えている画面だけではありません。サイトの裏側、つまりサイトの設計図も影響していきます。h1~h6まで構造化しながら順番にコンテンツを整理する必要性があります。これは読みやすさだけでもなくサイトを評価する検索エンジンの機能である「クローラー」にサイトの構造を理解してもらうためにも必要です。このクローラーが集めた情報はGoogleのデータベースに登録され、これを「インデックス」と呼びます。hタグなど主要な部分のみインデックスしているので、ターゲットのキーワードを入れることが大切です。

UIの整備

SEO対策よりなにより第一にユーザーにとって見やすいWebサイトでないと、中長期的に集客ができません。ユーザーにとって見やすいサイトを心がけて作ることが大切です。また、近年UIのデザインが悪いとSEO評価が下がるようになりました。デザインだけでなくサイトの読み込み速度も影響します。Webの技術的な観点になりますが、サイトそのものについても気に掛けることが重要です。また近年のスマートフォンの普及に伴い、PCだけでなくスマートフォンに適した構成にすることも大切です。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは記事をクリックする前にメイン部分のコンテンツ文が数行読める部分のことです。ユーザーにもクローラーにもクリックさせて読みたくなるような文章を記述することが大切です。

独自コンテンツの充実

ユーザーにとって「有益な情報」があるかが検索順位の基準になってきますが、有益な情報を掲載するために独自のコンテンツを掲載することが重要になってきます。なぜかというと、どのサイトにも載っているような情報は、有益な情報と判断されにくく、他サイトとの差別ができないからです。独自のコンテンツが充実していることで、このサイトでしか入手できない情報となり、ユーザーにとって価値のある情報になるのです。

検索キーワードの把握

自社のサイトに関する検索キーワードを把握することが重要です。 例えば中古車を掲載しているサイトでSEO対策をしたいと考えたとします。
「中古車」という検索キーワードは一体どのようなキーワードと検索されているのか、キーワードプランナーやYahoo!知恵袋などを使用して把握することで、ユーザーのニーズを知ることができます。
もし「中古車」と一緒に「店舗」と調べられていたら、中古車が売買されている店舗を知りたがっているユーザーが多いとわかりますし、「中古車 トラブル」などのキーワードであれば、中古車に関するトラブルの事例や解決方法を掲載すればユーザーのニーズを満たすサイトを作ることができると分かります。
このように自社のサイトに関する検索キーワードを分析することで、ユーザーのニーズに合った情報は何かを知ることができるのです。

ページスピードの改善

SEO対策では、Webページの表示スピードの速さも重要です。事実、2018年のアップデートにおいて、ページスピードがおそいサイトはGoogleの評価が下がると発表されています。 また、ページが表示されるのに3秒以上かかるサイトは、ユーザーの離脱率が高まるとも言われています。SEO対策で成果を出すためには、Google・ユーザー双方の評価を高めることが必須です。 もし、自社サイトのページスピードが3秒以上なら即改善することをおすすめします。

モバイル対応

現在、スマートフォンの日本国内の普及率が90%を超えています。Webサイトやブログはもちろん、YouTubeなどの動画もスマートフォンで視聴する人が増えています。持っているデバイスはスマートフォンのみという人も多いです。 このような現状では、SEO対策におけるモバイル対応は必須と言えます。サイトの構築段階ではレスポンシブ対応、ブログの記事を更新するときはモバイル端末でも読みやすくなるような工夫が必要です。

SEO対策の進め方

この項目では、SEO対策の具体的な進め方を解説していきます。

分析ツールの導入

SEO対策を進めるうえで、まず分析ツールを導入する必要があります。最適なSEO対策を実施するためには、現在の自社サイトの状況を正確に把握することが欠かせないからです。ツールを使えばサイトのパフォーマンスを数値で確認できるため、問題がある部分を見つけやすくなります。 代表的な分析ツールにGoogleアナリティクスとサーチコンソールがあります。これらはGoogleが提供している優れたツールで、無料で利用可能です。

現状把握

サイトの現状把握をするとき、見るべきポイントは「十分なサイト流入数はあるか」「コンバージョン率が低過ぎないか」の2つです。 流入数は、どれだけのユーザーがサイトを訪問してページを閲覧しているかがわかります。これは自社の目的であるコンバージョンに大きく関わる数値です。この数値が低い状態は、お客さんが来ない実店舗と同じです。 コンバージョン率は商品購入、サービス申し込み、資料請求といった自社がゴールと定めたアクションまで進んだユーザーの割合です。ゴールにいたる前に離脱するユーザーが多い場合に低くなります。

施策の選定・実施

自社サイトの問題点が把握できたら改善策を考えます。 流入数が少ないときは、サイト内のコンテンツ数や内容に問題がないかを確認します。競合とも比較して、コンテンツ数や内容が物足りない場合は、新規記事の追加投入やリライトなどの対策が必要です。 コンバージョン率が低いときは、コンバージョンへの導線見直しや資料のクオリティを向上させることが考えられます。特に商品購入やサービス加入といった売上に直結するアクションの場合は、購入ボタンの配置を最適化させるだけで十分効果が見込めます。

SEO施策の効果計測

SEO施策の効果計測は、施策の結果を数値で計測したものになります。具体的には、SEO対策を行う前と行った後の数値をくらべてその効果を確認します。 効果測定には流入数やコンバージョン率といった指標を使うのが一般的です。また、コンバージョン数、アシストコンバージョン数、イベント数、キーワードの順位などの指標も効果測定でよく使われます。 また、離脱率、直帰率なども重要な指標です。これらはWebサイトのページスピードやコンテンツの内容が最適であるかを判断するときに使います。

施策結果のまとめ

SEO施策の結果が出たらそれをレポートなどにまとめます。これらは貴重なデータとして後々役に立つでしょう。 また、さらにWebサイトのパフォーマンスを上げるために効果測定の結果を元に新たな仮説を立てます。そして、その仮説が正しいかどうかを確認するために新たなSEO施策を実施していくのです。 このように常に問題点を探し、改善のための仮説を立ててSEO施策を実施し続ければ、Webサイトはより成長していきます。

初心者におすすめのSEO対策

SEOツールを使って対策を取る

無料でSEO対策を行うには、無料のSEO対策ツールを使い自力で順位向上を目指す必要があります。この対策ツールには大きく分けて下記の7つがあり、手間と労力こそかかるものの、これらを上手く活用することで、料金が発生することなく効果的なSEO効果を得ることができます。
・検索順位チェック
・キーワード選定
・コンテンツ診断
・被リンクチェック
・コピぺチェック
・Webサイト内部診断

SEO会社へ業務を委託する

ホームページの作成からコンテンツ制作、ブログ運営やその後のマーケティングレポート作成なども、コンサルティング会社やSEO会社に依頼すれば一括して請け負ってくれます。また、分割して特定の工程だけ代行してもらい、他の作業は自社で行うことでSEO対策を取るといった選択肢もあります。
この場合、支払いは月額報酬、または成果報酬など、依頼する内容や会社によって変動します。

SEO対策に役立つツール10選

この項目では、SEO対策で非常に有用なツールを10個紹介します。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、その名のとおりGoogleが提供している解析ツールです。無料で利用できます。自社サイトへのアクセスについて、さまざまな視点で分析できます。 具体的には、訪問してくれたユーザーの属性(年齢・性別など)や、Webページの閲覧回数、広告のクリック数などを確認・分析できる非常に役立つツールです。 ただ、難点としてGoogleからマニュアルが提供されていないため、担当者が自分で情報を集めて学習する必要があります。

Google search console

search console(サーチコンソール)もGoogleから無料で提供されているツールです。自社サイトの検索順位の推移や、ユーザーが何のキーワードで検索したときに自社サイトが表示されたかなどを確認することが可能です。 このように、ユーザーがサイトへ訪問する前のさまざまなデータを取得できます。 これらのデータは、SEO効果の測定に使えるだけでなく、ユーザーが検索しやすいキーワードも予測できるようになります。流入検索キーワードを予測する精度が上がれば、コンテンツ制作にもおおいに活かせるでしょう。

Page speed Insight

Page speed Insight(ページスピードインサイト)もGoogleが提供している無料のツールです。自社サイトがパソコンやスマートフォンで表示されるときの速度を0~100の数値で測定してくれます。 サイトのURLを入力するだけで測定でき、改善ポイントを確認可能です。ページスピードは、検索順位を決定するときの重要な要素であるとGoogleが公式に発表しています。そのため、ページスピードインサイトもSEO対策で必須のツールと言えるでしょう。

Googleキーワードプランナー

GoogleキーワードプランナーもGoogleが提供しています。特定のキーワードの月間検索数を調べたり、広告を掲載するときの入札単価を調べたりするためのツールです。コンテンツ作成でねらうためのキーワードのほか、関連キーワードに関する情報、競合サイトについての情報なども手に入ります。 本来はGoogle広告を使う人に向けたツールですが、一部の機能は登録すれば無料で利用できます。ただ、広告を出稿せずに利用する場合、キーワードの月間検索数に関する詳細な数値は確認できません。あくまでも1万~10万といったあいまいな数値で表示されます。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、基本的に無料で利用できるツールです。コンテンツ作成のために必要なキーワードに関する情報を、URLを入力するだけで調べられます。キーワードリサーチツールとして非常に有名です。 入手できる情報は、メインキーワードに対するサジェストキーワード、Yahoo!知恵袋、Googleトレンド、共起語、見出し抽出、同義語など、多岐にわたります。 月額990円の有料プランに加入すれば、より多くのキーワードを調べたり、キーワードの月間検索数を確認できたりします。

ahrefs

ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人が利用している有料のSEO分析ツールです。 自社サイトの分析だけでなく、競合サイトのオーガニック検索数や検索順位を確認できるサイトエクスプローラーという機能があります。 また、SNSで反応が多い投稿やバズった投稿を調べられるコンテンツエクスプローラーや、キーワードの検索ボリュームや難易度を確認できるキーワードエクスプローラーという機能も実装しています。 さらに、14兆ものデータを駆使した精密な被リンク分析も可能です。

Moz

Mozは、アメリカの企業が提供している基本的に無料で使えるSEOツールです。非常に有名で利用者が多く、Webサイトやブログの現状分析、競合サイトの調査、キーワードの調査などに役立ちます。 具体的な機能として、キーワードの分析に使えるKeyword Explorerや被リンク調査で使えるLink Explorerなどがあります。 アメリカの企業が提供するサービスなので公式サイトも英語が使われていますが、日本の利用者も多いです。

TACTSEO

TACTSEOは、キーワードの検索ボリュームやGoogle広告のクリック単価、関連語などを調べられるキーワード調査ツールです。 具体的には、どのようなキーワードを検索してユーザーが対象サイトを訪問しているかを調べられます。また、競合サイトのドメインやURLを利用して、流入検索キーワード、検索順位、対象キーワードで上位表示しているWebページなどの調査をすることも可能です。 基本的に有料のツールですが、流入キーワード調査はフリープランでも回数の制限付きで利用できます。

ferretone

ferretoneは、有料のBtoBマーケティングツールです。初期費用10万円、月額10万円から利用できます。株式会社ベーシックが提供しており、無料のデモ体験もあります。 HTML・CSSなどの専門知識がなくても、デザインを選んで素材を貼り付けるだけで簡単にコンテンツを作成可能です。 また、コンテンツ作成だけでなくSEO対策ツールとしても有用です。15種類のアクセス解析ツールがあり、検索順位やサイト訪問者数をグラフ化して分析できます。

SEARCH WRITE

SEARCH WRITEは、有料のSEOツールです。必要な施策、コンテンツ作成、成果の測定、といったSEO対策で重要な作業をこのツールひとつでこなせます。 具体的には、対策すべきキーワードや施策案をツールが提案してくれたり、自社サイトの内部構造の問題点を調査して改善点を提案してくれたり、といった機能が実装されています。 また、競合サイトのコンテンツを分析してタイトルや見出しを抽出することで、ライバルサイトのコンテンツ構成を一覧表示で確認可能です。

ライタープロフィール

メディアレーダー 運営事務局株式会社アイズ
国内No.1媒体資料ポータルサイト「メディアレーダー」を運営中。
「めでぃつぶ」では、広告業界の方、マーケター必見のマーケティング知識・ノウハウを発信しています。

公式Twitter:@mediaradar_jp
中の人Twitter:@mediaradar_
TEL:03-6427-6331
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録

めでぃぱす

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る