国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数6,994件  会員数82,477人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

【めでぃぱす】クチコミサービス『トラミー』 / 株式会社アイズ

アンダーライン
【めでぃぱす】クチコミサービス『トラミー』 / 株式会社アイズ【めでぃぱす】
株式会社アイズ『トラミー』

株式会社アイズ
クチコミ事業部
小池祐太様

サービスの概要について教えてください。

当社は日本最大級のクチコミサービスの『トラミー』を運営しています。
トラミーは、OL・ママ・主婦を中心とした11万人以上の会員に商品やサービスの体験を依頼し、個人のSNSやブログにその感想やクチコミを投稿してもらうサービスです。
広告主はトラミーを利用することで、クチコミ投稿を火種とした拡散から認知・売上の促進へと繋げることができます。

商品やサービスの体験募集や会員のコントロール、投稿内容の審査などの会員の投稿までにかかる工数は、トラミーの運用担当が負担するため、クライアントに負荷をかけずにモニター施策を行うことができます。

さらに会員が投稿した画像やコメント、アンケートの二次利用が無料で可能なので、その素材をLPや広告、POP等へ展開することができます。

事例について教えてください。

化粧品メーカーの事例では、「元々商品のクチコミが少ない」「他メーカー商品との比較がしづらく購入に繋がらない」というクライアントの課題に対し、トラミーを活用したクチコミ投稿を行ったことでメーカー商品に対するポジティブなイメージの創出に成功しました。
一例で、ルルルンを展開する株式会社グライド・エンタープライズ様やNOVを展開する常盤薬品工業株式会社様に活用いただいています。

この事例では、トラミー会員にメーカー商品を送付、実際に体験してもらいInstagramで投稿をお願いしました。
投稿内容は商品の説明文を書くだけでなく、「その商品を使ってどのような感想を持ったか」の記入をお願いしているため、商品購入時に参考になる「実体験の声」を伴ったポジティブなクチコミを露出することができました。
更に薬機法のチェックや投稿内容の確認などの運用管理を丁寧に行うことで、「より質の高いクチコミ」の収集に成功しました。

しかし、このような口コミ投稿だけで終わらないのがトラミーです。

クチコミ投稿してもらったら終わるはずではありませんでしたっけ?

ここからは契約外のお話になってしまいますが、Instagram投稿だけで終わらず。
会員自身が自発的にその他のサイトやSNSへメーカー商品に関するクチコミを投稿する「UGC投稿」が増加しました。
この事例では7~8割の会員が自発的に他メディアで投稿し、予想よりも多くのクチコミを増やすことができました。

また投稿の質が高い会員が多いため、投稿用写真の画角を工夫して綺麗な写真をアップしてくれる、詳細な体験レポートを書いてくれるなど、クライアントの想像を超える出来栄えの投稿をアップすることが多いです。

そのため「またトラミーにお願いします!」「予定にはなかったですが、投稿を二次利用させてもらいます!」と喜びの声も多くいただいています。

トラミーを活用した他の事例もありますか?

食品メーカーの事例では、自動販売機で販売されている冷凍食品を会員に購入してもらいクチコミを投稿していただいたことがあります。

「通常スーパーなどで販売されている冷凍食品が自動販売機で購入できることについて」の認知が低いことが課題でしたが、コロナ禍という状況も功を奏し、「非対人形式の販売が面白い」「人との接触がなくて良い」という販売方法の側面のクチコミも投稿されました。
また会員に購入させることで、「どの場所でどのように自販機で冷凍食品が売っているか」の認知形成に繋げることができました。

その後クチコミ投稿を契機に認知が加速し、コロナ禍のアイデアとしてメディア露出が増加しました。
それに伴い、冷凍食品の売上も右肩上がりとなりクライアントに大変喜ばれました。
こちらの事例は、今話題の「餃子の雪松」様です。

トラミーはどのような広告主にオススメですか?

トラミーは、有形・無形問わず商材を持っている企業様に是非活用していただきたいですね。
中でも、女性商材を扱っている企業様は会員属性と非常にマッチするので特におすすめです。
トラミーは実施オプションの選択肢も豊富なので様々な条件下のクライアントニーズに応えるができます。
多くのクライアントや会員の信頼を積み重ね、15年以上の歴史を持つトラミーを是非ご活用ください。
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る