最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト

メディアレーダー

2019 年 7 月 のアーカイブ

【デジタルサイネージとは】出稿のメリットと機器の仕組みを解説!

2019 年 7 月 24 日 水曜日
【デジタルサイネージとは】出稿のメリットと機器の仕組みを解説!【デジタルサイネージとは】出稿のメリットと機器の仕組みを解説! デジタルサイネージとは デジタルサイネージとは、屋外・店頭・公共空間・交通機関など、あらゆる場所で、液晶ディスプレイ(通称:LCD)やLEDディスプレイなどの電子的な映像表示装置を使い情報を発信するシステムの総称です。電子看板、サイネージ、デジタル看板とも呼ばれます。 デジタルサイネージのメリット デジタルサイネージのメリットは大きく2つ挙げられます。 リアルタイムでの掲載切替が可能 ・場所や時間、ターゲットとなる人に合わせて ディスプレイ内容を変更 ・今までの広告の最小掲載単位が「日単位」だったのに対し「時間単位」での掲載や更新 ・一日の中でも目的とするターゲット層の多い時間に効率的に広告を掲載 注目を集めやすい ・従来の広告や看板と比べて視認性が高い(アイキャッチ効果がある) ・音声を流せる デジタルサイネージもあり、音による訴求 デジタルサイネージの利用目的 デジタルサイネージはターゲティングの一環としても利用されます。 以下、設置個所ごとのターゲティング事例です。 ・高層マンション(富裕層ターゲティング・エリアターゲティング) ・交通公共機関(時間帯によりターゲット層変動・エリアターゲティング) ・産婦人科(妊婦・ママターゲティング) ・ネイルサロン・脱毛サロン(キャリアウーマン・女性ターゲティング) REALデータのOOH(屋外広告)効果測定 行動履歴から「OOH接触者」を推測 | シナラシステムズジャパン株式会社 OOH(屋外広告や交通広告、大型ビジョンなど)は、枠によっては数千万円かかる大きな投資です。しかし、その投資額の大きさの割には、担当者の主観で選ばれる場合が多く、ROIの評価もあいまいな印象が、他の媒体と比べて印象強いです。定量調査を行っても、特定のエリアにおける広告認知について聴取することはサンプルが少ないため難しいようです。 また、売上との相関分析については、“Call to Action”が中心で短期間集中型のチラシや、リーチが広いTVCMの場合はわかりやすい結果が出るものの、屋外広告の場合、特に他媒体と並行して実施していると、なかなか貢献度合いを測るのが難しいです。 ...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る