国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー

2021 年 3 月 のアーカイブ

導入事例 株式会社ニューステクノロジー三浦様

2021 年 3 月 30 日 火曜日
導入事例 株式会社ニューステクノロジー三浦様 メディアレーダーを導入した経緯、またその効果について、 株式会社ニューステクノロジー 代表取締役 三浦様にお話を伺いました。 株式会社ニューステクノロジー 代表取締役 三浦純揮 様 どのようなサービスを運営されていますか? 当社のデジタルサイネージ事業では1.1万台のタクシーと連携したモビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」、高級ヘアサロンと連携したヘアサロンサイネージ・メディア「THE TOKYO SALON VISION COVER」などを運営しています。 媒体の特徴は、「可処分所得が高い人」に対してダイレクトに接触できることです。タクシーサイネージではタクシーの利用者層である経営者や決裁者、ヘアサロンサイネージでは顧客単価2万円以上のサロン来店客がターゲットです。これを実現するために媒体の展開エリアを東京都内に限定しています。 媒体の強みはモーメントを捉えたターゲティングです。 「ビジネスのために移動している」「外見を綺麗にしてもらっている」間に同じ文脈の商材を訴求するので、利用者のモチベーションが高い中でアプローチすることができます。このような瞬間的な行動に焦点を当てたターゲティングはオフラインのサイネージならではのアドバンテージであると考えています。 メディアレーダーを導入されていかがですか? メディアレーダーを導入して、顧客層を広げながら効率良くリードを獲得できるようになりました。 メディアレーダーに媒体資料を掲載したことで、アウトバウントやHP経由のインバウンドでは全く接点がなかった潜在的なクライアントとのコネクション形成ができました。実際にメディアレーダー経由で大手コンビニチェーンのクライアントと繋がり、1,000万円の案件受注に成功しました。 さらに、メディアレーダーはSEO対策を実施しているため顕在層のリード獲得も可能です。特に「タクシー広告」の検索結果はメディアレーダーのページが1位なので、自動的に確度の高いユーザーが当社の媒体資料に到達します。自社でのSEO対策にかかる工数を省きながら強いニーズを持つリードを獲得できるので一石二鳥です。 メディアレーダーのメリットとして感じている点を教えてください。 ...
カテゴリー: case

週間人気資料ランキング2021.03.22~2021.03.28

2021 年 3 月 29 日 月曜日
週間人気資料ランキング2021.03.22~2021.03.28週間人気資料ランキング2021.03.22~2021.03.28 週間人気資料ランキング2021.03.22~2021.03.28 2021年3月22日から2021年3月28日までに人気のあった資料をまとめてみました。 気になる資料がありましたら、ぜひダウンロードしてみてください。 1位:【徹底比較】各SNSの特徴と広告活用ガイド | テテマーチ株式会社 【認知から購買まで、フルファネルで施策が展開できるSNS広告の比較資料です】 ・ 自社の課題解決の為にはどんなSNSの広告配信をすればいいの? ・ SNS広告配信で重要視するべきポイントがわからない...。 ・ SNSって認知しかできない媒体でしょ?購買に繋がらないなら検討できない ”そんな課題をお持ちのマーケティング担当者様、必見です!” 数多くある広告媒体の中でも、 フルファネルで効果を発揮しやすい3媒体に絞って広告活用について解説した資料です。 ━━━━━━━━━━ ▼目次 ━━━━━━━━━━ 1. SNSの必要性 ・ SNSプロモーションの立ち位置 ・ SNSを活用するメリット 2. SNS広告で解決できる課題 ・ SNS広告を活用するメリット 3. 各SNS広告媒体の特徴 ・ Twitter ・ Facebook ・ Instagram 4. 各SNS広告媒体のメリット・デメリット 5. 一気通貫したSNSマーケティングのサポートとプロモーション支援事例 フルファネルでのSNS活用と広告の活用をご検討の際は、ぜひご参考いただければと思います。 【関連キーワード】 マーケティング/ブランディング/PR/コンテンツマーケティング/SNS/Instagram/Twitter/Facebook/ツイッター/インスタグラム/インスタ/フェイスブック/アカウント運用/キャンペーン/インフルエンサー/広告運用/認知向上/フォロワー獲得/コンサルティング/レポート/コミュニケーション/UGC/SNS広告/Instagram広告/Twitter広告/Facebook広告/ツイッター広告/インスタグラム広告/フェイスブック広告 https://media-radar.jp...

アドワーズ(現Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツ

2021 年 3 月 26 日 金曜日
アドワーズ(現Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツアドワーズ(Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツ アドワーズ(現Google広告)とは アドワーズとは「Google Adwords」というGoogleが提供するクリック課金型のインターネット広告の総称です。アドワーズは2018年の8月から「Google広告」という名前に変更されています。アドワーズを使用することでGoogleの検索結果表示ページや提携Webサイトに自社広告を配信することができます。Googleの広告アカウントを作成し、管理画面で広告予算やターゲティング設定を行い広告を配信します。広告の設定は管理画面のみで完結するので出稿の手順は非常に簡単です。 アドワーズ(現Google広告)の種類 アドワーズでは「検索広告」、「ディスプレイ広告」、「動画広告」の3種類の広告配信が可能です。 検索広告 Googleの検索エンジンに入力された検索クエリに応じて検索結果表示ページの上部または下部にテキストの広告が表示されます。SEO対策で検索結果表示ページの上位位置を占めることはサイトの質を高めることに時間がかかるので、キャンペーンの集客などの急ぎの場合はコストをかけて出稿するとすぐに反映されるので効率的です。検索クエリを入力する顕在層にアプローチできるので特にコンバージョンに強く導入したい場合に効果的です。 ディスプレイ広告 Googleのディスプレイ広告は「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」の名称で呼ばれています。GDNは広告配信システム「アドネットワーク」の一種であり、アドワーズからGDNに出稿します。これを利用することでGoogleとの提携ウェブサイトやアプリにバナー上の広告を配信することができます。コンテンツ連動型なのでWebサイトやアプリの属性によって関連性のある適切な広告が表示されます。Googleは大手の媒体から個人サイトまで300万以上のWebサイトやアプリと連携しており、配信先は豊富です。関連性の高いサイトに配信されるため、潜在層の興味を集めてアプローチできます。 【関連記事】Google広告の種類や設定手順について徹底解説! 【関連記事】アドネットワークとは?仕組みや特徴、サービス一覧 動画広告 動画広告は主に動画共有プラットフォーム「YouTube」で配信されます。YouTubeの見たい動画コ...

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧

2021 年 3 月 26 日 金曜日
DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは 「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は「進化していくデジタルテクノロジーが浸透することで人々の生活を豊かに変化していく」という概念で2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱されました。 経済産業省の定義するDX 上記は広い意味で概念的に捉えられた言葉ですが、近年ビジネスシーンにおいて「DX」という言葉が具体的にが解釈され始めています。経済産業省が2018年12月にまとめた「DX推進ガイドライン」では ”「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争性の優位を確立すること」”(出典:経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」平成30年12月) と定義づけられています。つまりIT技術を活用し既成概念を根底から覆すような商材のデジタルイノベーション、業務の効率化を図り新しい付加価値を生み出していくことと捉えられます。 DXのメリット DXのメリットをご紹介します。 業務の生産性の向上 非生産的な業務を自動化し、生産性の高い業務に時間を当てることができます。また、人の手による単純作業はミスが起こりうるものでしたが、正確にプログラミングされた自動化システムでは作業の精度も向上します。 新規ビジネスの創造 オフラインで成しえなかった新しい概念のビジネスを創造できます。インターネットやデジタル技術を活用して人々の暮らしはより効率的に便利に改善しています。デジタル技術ではAI分析などより緻密な分析が可能なので、人々の生活に寄り添ったより便利な商材を開発することができます。 DXツール一覧 マーケティングにおけるDXツールのサービス資料や関連資料を下記に掲載しています。資料ダウンロードは無料で可能なので、企業のDX化をご検討中の方は是非お気軽にご活用ください。 コロナ禍で急成長中のNewsDigestでDXマーケティング! | 株式会社JX通信社 <サービス> 国内のニュース速報や事件・災害情...

“やりっぱなし”で終わらない、フェリカネットワークスが提供するレシートキャンペーン

2021 年 3 月 22 日 月曜日
“やりっぱなし”で終わらない、フェリカネットワークスが提供するレシートキャンペーン【提携社インタビュー】 フェリカネットワークス株式会社様 フェリカネットワークス株式会社 プロダクト&サービス部 レシートサービス推進課 マネジャー 橋場 仁様 綱島 章恵様 澤木 亮様 御社について教えてください。 当社は2004年に設立された、ソニー・NTTドコモ・JR東日本の合弁会社です。交通系ICカードや電子マネーなどのタッチ決済における非接触ICカード技術方式「FeliCa」の開発・運営を主事業としていて、この「かざす」だけで利用できる技術で「おサイフケータイ®」の実現を支えてきました。 そして2017年頃から、新規事業としてレシート関連ビジネスを開始しました。レシートを購買証明として実施する「レシートキャンペーン」と、日々のお買い物レシートをデータ化し、マーケティングリサーチに活用する「レシートデータ分析」の2軸で展開しています。 御社サービスと、その強みについて教えてください。 それぞれについてお話しすると、まず「レシートキャンペーン」事業では、スマートフォンなどでレシートの写真を撮り、それを購買証明として応募できるマストバイキャンペーンの仕組みを提供しています。メーカーや小売の企業はもちろん、商業施設などにも利用いただいていて、応募後に当落がわかるようなシンプルなキャンペーンから、スタンプラリーのような形式など、様々な形のキャンペーン企画に対応しています。 ここ1年ほどはコロナ禍の影響もあり、ハガキによる懸賞キャンペーンや店頭でのサンプリング企画の代替策として利用されています。スマートフォン・オンラインで完結させられる上、すでに発行されているレシートだけで応募できるので、シリアルコードなどの発行が必要ない点が支持されているようです。 当社はクライアントの意向を汲み、キャンペーンを最適な形にコーディネートできます。例えば、「電子マネーによるキャッシュバックキャンペーンを行いたい」や、「集めると絶対当たるスタンプラリーキャンペーンを行いたい」、「とにかくキャンペーン応募数を増やして盛り上げたい」など、様々なニーズに応えられる、この「キャンペーン対応力」が当社の強みです。 またキャンペーン後には、応募に使われたレシートの分析も可能です。例えば、対象商品とよく一緒に買われている商品は何なのかを調べる...
カテゴリー: インタビュー

週間人気資料ランキング2021.03.15~2021.03.21

2021 年 3 月 22 日 月曜日
週間人気資料ランキング2021.03.15~2021.03.21週間人気資料ランキング2021.03.15~2021.03.21 週間人気資料ランキング2021.03.15~2021.03.21 2021年3月15日から2021年3月21日までに人気のあった資料をまとめてみました。 気になる資料がありましたら、ぜひダウンロードしてみてください。 1位:【徹底比較】各SNSの特徴と広告活用ガイド | テテマーチ株式会社 【認知から購買まで、フルファネルで施策が展開できるSNS広告の比較資料です】 ・ 自社の課題解決の為にはどんなSNSの広告配信をすればいいの? ・ SNS広告配信で重要視するべきポイントがわからない...。 ・ SNSって認知しかできない媒体でしょ?購買に繋がらないなら検討できない ”そんな課題をお持ちのマーケティング担当者様、必見です!” 数多くある広告媒体の中でも、 フルファネルで効果を発揮しやすい3媒体に絞って広告活用について解説した資料です。 ━━━━━━━━━━ ▼目次 ━━━━━━━━━━ 1. SNSの必要性 ・ SNSプロモーションの立ち位置 ・ SNSを活用するメリット 2. SNS広告で解決できる課題 ・ SNS広告を活用するメリット 3. 各SNS広告媒体の特徴 ・ Twitter ・ Facebook ・ Instagram 4. 各SNS広告媒体のメリット・デメリット 5. 一気通貫したSNSマーケティングのサポートとプロモーション支援事例 フルファネルでのSNS活用と広告の活用をご検討の際は、ぜひご参考いただければと思います。 【関連キーワード】 マーケティング/ブランディング/PR/コンテンツマーケティング/SNS/Instagram/Twitter/Facebook/ツイッター/インスタグラム/インスタ/フェイスブック/アカウント運用/キャンペーン/インフルエンサー/広告運用/認知向上/フォロワー獲得/コンサルティング/レポート/コミュニケーション/UGC/SNS広告/Instagram広告/Twitter広告/Facebook広告/ツイッター広告/インスタグラム広告/フェイスブック広告 https://media-radar.jp...

Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連資料のまとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連資料のまとめ Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連媒体資料のまとめ Twitter広告とは Twitter広告(Twitter Ads/ツイッター広告)とは、Twitter内で配信される広告のことを指します。ユーザーは10~30代が特に多いとされており、若年層をターゲットとしたマーケティング戦略の場として、個人や企業を問わず多くの人から活用されています。Twitterは、LINEやInstagramをはじめとした主要なSNSの中でも拡散性が高く、広告出稿をした後ユーザーによって引用ツイート、リツイートなどがされることによって二次的な情報拡散が期待できる点に大きな活用メリットがあります。 この記事ではそんなツイッター広告の特徴や種類、広告出稿における設定方法や費用などについて解説していきます。 Twitter広告の特徴 繰り返しになりますが、Twitter広告の特徴は二次拡散性が高い点です。二次拡散とは一度公開された広告が第三者によって拡散され、その後に再び拡散がされることを言います。二次拡散に繋がるアクションはリツイートや引用ツイート、そしていいねボタンを押すことです。これらのユーザー行動によって投稿がユーザーのフィード上に表示される割合が増え、情報が拡散する要因となります。 Twitter広告の費用が発生するポイント Twitter広告の費用は基本的にユーザーがその広告キャンペーンに対しクリックなどの特定の行動を起こした際に発生し、定額で発生することはありません。ここでは具体的にどのようなポイントで費用が発生するのかを解説します。 フォロワー数が増えたとき 広告を通じてアカウントのフォローが発生した際に広告費が課金されます。広告を介さずフォローが発生した場合には料金は発生しません。 リンクがクリックされたとき 広告に連結させたリンクに対してクリックが行われた際に費用が発生します。広告の投稿のみをクリックした際はカウントされません。 動画が再生されたとき 広告内の動画が再生された際に費用が発生します。動画が再生されたと判断される条件には再生時間が3秒以上かつ動画の100%の画面表示がされる、再生時間が2秒以上かつ50%の画面表示がされる、また再生時間が6秒以上かつ50%以上の画面表示がプレロール動画内で行...

Google広告の種類や設定手順について徹底解説!関連資料の比較・まとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
Google広告の種類や設定手順について徹底解説!関連資料の比較・まとめ Google広告の種類や設定手順について徹底解説!関連資料の比較・まとめ Google広告とは Google広告とはGoogle社が運営する広告主向けの広告出稿サービスのことを指し、2018年にGoogle Adwords(グーグルアドワーズ)から名前を変更して現在の名前になっています。広告は検索エンジンであるGoogle上、またはGoogleが提携するWebサイトなどに出稿され、広告の種類にはGoogleリスティング広告(GSN/Google Search Network)、Googleディスプレイ広告(GDN/Google Display Network)、Google動画広告(YouTube広告)などがあります。 Google広告の費用形態 Google広告の費用形態にはCPC(Cost Per Click/コストパークリック)と呼ばれるクリック型課金型、CPM(Cost Per Mille/コストパーマイル)の2つがあります。 クリック課金型(CPC/Cost Per Click) クリック課金型とは、ユーザーが広告をクリックした際に料金が発生するシステムです。CPC課金型と呼ばれ、広告のクリック数によって支払い金額が決定します。1クリックの単価は品質スコアと広告ランクによって決まるため、出稿前に確実な合計金額を割り出すことはできませんが、クリックされた分しか料金が発生しないために費用対効果は高いと言えます。 インプレッション課金型(CPM/Cost Per Mille) インプレッション課金型とは、広告がユーザーの利用画面に表示された回数を基準として料金が発生するシステのことです。CPMはMilleがラテン語で「1,000」という意味を持つことに紐づけて、1,000回表示ごとに課金される課金形態として名付けられました。ディスプレイ広告のような視覚に与える情報に重きを置くものに採用されていることが多く、Google広告でも同じようにディスプレイ広告に適用されています。 Google広告の種類 Googleで出稿できる広告には、主に下記のような種類があります。 リスティング広告 リスティング広告とは検索連動型広告ともよばれ、ユーザーが検索したキーワードに応じて検索結果上位箇所に広告を表示させる広告手法です。...

検索順位チェックツール5選!SEO対策方法、関連サービス資料のまとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
検索順位チェックツール5選!SEO対策方法、関連サービス資料のまとめ検索順位チェックツール5選!SEO対策方法、関連サービス資料のまとめ 検索順位チェックツールとは 検索順位チェックツールとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上で、そのWebサイトが検索で何位に出てきているかを確認するツールのことを指します。順位は検索結果ページの一番上から数え、Webサイトの順位が上であればあるほどユーザーの流入数を増やすことができます。この他にも、検索順位を上げることによって安定した集客が期待できるほか、Web集客において高い費用対効果が出せる点などに大きなメリットがあります。この順位向上対策はSEO(Search Engine Optimization)対策とも呼ばれ、Web集客が必須と言われるようになった現代において、最も注力すべきWebマーケティング対策の一つであると言えます。 この記事では、SEO対策を行う上で必要となる検索順位チェックツールの紹介、使い方、また検索順位に関連するサービスの資料などについて触れていきます。 検索順位・SEOを上げるには 検索順位を上げると一口に言っても、何か一つアクションを起こせば順位が劇的に向上するかと言えばそうではありません。Webサイトの持つ情報や市場での引き合い、キーワードとの関連性など、複合的な理由から検索順位は変動します。常に順位を確認しながら様々な方法を試していくことで、SEOの効果が得られます。 対策の順序としては、まずはサイトの順位チェック、そこから細かなSEO対策を取っていきます。具体的な対策方法には下記のようなものがあります。 ・被リンク対策 ・HTMLの整理 ・UIの整備 ・メタディスクリプション ・独自コンテンツの充実 ・検索キーワードの把握と最適化 ・スマホ対応をおこなう ・表示速度を改善する ・キーワードをタイトルや見出しに盛り込む Google検索ランキングの調べ方 Googleでの検索ランキングを調べるには、目視でチェックする方法と「Googleサーチコンソール」という、Google社が無料で提供している順位チェックツールを使ってチェックする方法の二つがあります。 目視で確認する際は、Googleのブラウザでシークレットウィンドウなどを使いCookie上などに何も情報がない状態でチェックを行います。キーワードを入力...

CRMとは?SFAとの違いやおすすめツール、関連資料の比較・まとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
CRMとは?SFAとの違いやおすすめツール、関連資料の比較・まとめ CRMとは?SFAとの違いやおすすめツール、関連資料の比較・まとめ CRMとは CRMはCustomer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)の略で、顧客管理、顧客関係管理などと訳されます。CRMは企業の顧客マネジメント手法の一つで、組織が持つ顧客情報を一か所に集約し管理することで、顧客のタイプに応じてそれぞれ適切なアプローチを可能にするものです。「顧客」をベースとして考える一つのマーケティング施策でもあり、企業と顧客間でのコミュニケーション、または関係性を向上することによって顧客生涯価値(LTV)を生み出します。従来はこのマネジメント手法そのものをCRMと呼称していましたが、現在ではCRMの機能を持ったITツールのことも含めてCRMと定義するようになりました。 CRMマーケティングとは CRMマーケティングとは、その名の通りCRMを活用してマーケティング戦略を打ち出すことです。 CRMマーケティングを実施する際にはほとんどのケースでCRMツールの導入が必要となり、そこで管理される顧客情報を部門内、社内全体などで共有することではじめてCRMマーケティングの準備が整います。また、このツール内で集約された顧客データは複数ではなく、一つのフォーマット上でまとめて管理することによってスムーズな情報共有ができるようになります。 こうして情報がフラットに集約されれば、その後はそれらの顧客情報の分析やセグメンテーションを行います。セグメンテーションによってグループ化された顧客情報は具体的なマーケティング施策の選定や、その後の改善策の打ち出しに役立てることができます。 これらのステップを経て得られるメリットとしては、データの細分化によって可視化された顧客情報を活用することによって効率よく顧客の育成が行えること、そしてこれまでの営業方法の課題発見ができることなどがあげられます。 SFAとは SFAとはSales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の略であり、営業支援、営業の自動化などと訳されます。わかりやすく言うとSales Force、いわゆる営業部隊に対して、自動化された支援を行うシステムのことを指します。SFAでは、見込み顧客から既存顧客までに関する担当...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る