国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー

導入事例 株式会社ニューステクノロジー三浦様

アンダーライン
メディアレーダー導入事例・株式会社ニューステクノロジー三浦様

メディアレーダーを導入した経緯、またその効果について、
株式会社ニューステクノロジー 代表取締役 三浦様にお話を伺いました。

株式会社ニューステクノロジー
代表取締役 三浦純揮 様

どのようなサービスを運営されていますか?

当社のデジタルサイネージ事業では1.1万台のタクシーと連携したモビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」、高級ヘアサロンと連携したヘアサロンサイネージ・メディア「THE TOKYO SALON VISION COVER」などを運営しています。

媒体の特徴は、「可処分所得が高い人」に対してダイレクトに接触できることです。タクシーサイネージではタクシーの利用者層である経営者や決裁者、ヘアサロンサイネージでは顧客単価2万円以上のサロン来店客がターゲットです。これを実現するために媒体の展開エリアを東京都内に限定しています。

媒体の強みはモーメントを捉えたターゲティングです。
「ビジネスのために移動している」「外見を綺麗にしてもらっている」間に同じ文脈の商材を訴求するので、利用者のモチベーションが高い中でアプローチすることができます。このような瞬間的な行動に焦点を当てたターゲティングはオフラインのサイネージならではのアドバンテージであると考えています。

メディアレーダーを導入されていかがですか?

subImg

メディアレーダーを導入して、顧客層を広げながら効率良くリードを獲得できるようになりました。

メディアレーダーに媒体資料を掲載したことで、アウトバウントやHP経由のインバウンドでは全く接点がなかった潜在的なクライアントとのコネクション形成ができました。実際にメディアレーダー経由で大手コンビニチェーンのクライアントと繋がり、1,000万円の案件受注に成功しました。

さらに、メディアレーダーはSEO対策を実施しているため顕在層のリード獲得も可能です。特に「タクシー広告」の検索結果はメディアレーダーのページが1位なので、自動的に確度の高いユーザーが当社の媒体資料に到達します。自社でのSEO対策にかかる工数を省きながら強いニーズを持つリードを獲得できるので一石二鳥です。

メディアレーダーのメリットとして感じている点を教えてください。

subImg

1件当たりのリード獲得単価2000円の完全成果報酬型課金なので低予算で利用できます。

さらに、コストを抑えられるだけでなく安定したリード獲得が可能です。
エンドクライアントのリード獲得という直接効果に加え、代理店のリードを経由し時差で案件受注できる間接効果もあり、コストパフォーマンスが高いです。

安い費用で安定的にリード獲得ができるので、媒体を運営している人は全員メディアレーダーに登録することをお勧めします。

メディアレーダー活用のコツがあれば教えてください。

メディアレーダー活用のコツは媒体資料にこだわることです。
媒体資料のデザインを整えることで他社との差別化を図りながら、媒体のニュアンスや雰囲気を伝えることができます。
さらに媒体情報以外の関連コンテンツを多く掲載することで、資料DLユーザーにより強い興味を喚起し受注確度を高めることができます。媒体のターゲット毎にコンテンツのテーマと内容を変えて高い頻度で更新すると、リード獲得数が膨れ上っていきます。

また、媒体資料掲載だけでなく自社セミナーの集客も可能なので、自社の目的に応じて柔軟に活用すると良いと思いますよ。

会員登録はこちらから
提携企業登録(無料プラン)提携企業登録(通常プラン)

株式会社ニューステクノロジー

[本社]
〒107-0052 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ13F

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る